読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brightnesses

大好きなものたちをつらつらと。

160209 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ KAT-TUN



■2016年2月9日
KちゃんNEWS


■オープニング

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です!ゲストは、加藤シゲアキくんです!

加藤 はいどうも!

小山 どうもシゲちゃんどうもどうも!

加藤 2月9日ですってよ!

小山 そうなんです。肉の日なんてね。

加藤 肉の日、はいはい。

小山 えー、今度の日曜日がバレンタインとなります。

加藤 ほう。

小山 今年はだからでも日曜日なのよ。

加藤 あっそっか。

小山 だから、なんか、every的な、調査では、義理チョコを、あげなくていいんじゃないかと。会社がないから。

加藤 なるほどね!お~。

小山 日曜日で。

加藤 本、命の人と過ごせるんだじゃあ。

小山 そうそう。

加藤 上手くいけば。

小山 まあ月曜日に渡すのもおかしいしまあ金曜日、とかになるのかなちょっと日曜日なんでーなんつって。

加藤 うん。うんうんうん。んー。

小山 どうなんですか?そのバレンタインデーってことで友達等々(とうとう)から、貰うでしょ。

加藤 貰わないでしょw 

小山 貰わない?

加藤 友達から貰うの?

小山 友達、

加藤 ええ!?

小山 そんなアナゴさん風にいきます?

加藤 (笑) スタッフさんですよ。だから大体くれるのはお仕事一緒じゃなかったら日曜日でも僕別にレギュラーとかも今んとこ基本ないですし、

小山 うん。

加藤 もしかしたら取材とか入るかもしれないですけど、そんなことなければ……

小山 友達貰わないすか?僕男の子の友達もなんか、

加藤 ええ!?

小山 ……そのリアクションでいくならもう今後疲れてくるよ。 (笑) いや僕は、

加藤 例えばどういう友達くれんの。

小山 スイーツ好きっていうのをみんな知ってるから、

加藤 ああ。

小山 こうバレンタイン付近で、友達とかと飲むと、

加藤 うん。

小山 くれるんすよ。

加藤 うん。

小山 なんか。なんかバレンタイン別にー、女子だけのものじゃないだろと。

加藤 うん。

小山 男同士であげてもいいだろってことで。

加藤 ああ楽しいね。

小山 結構くれますねえ。

加藤 割とね僕甘いもの好きじゃないイメージがあるからね、

小山 あっ、加藤さん。今日ね、僕ね、everyで、

加藤 はい。

小山 あのー、ウイスキー入りのチョコを、

加藤 あーっ嬉しい!ちょうだい!

小山 ちょっと、見る?

加藤 好き好き。

小山 あのー、某、NHKさんで有名になった、

加藤 あ~!

小山 あのー、

加藤 なんで?どうしたの?

小山 いや今日、おね、

加藤 うわっすごい木箱に入ってる、

小山 お値段のコーナーでね、

加藤 おう。

小山 やったのよ。でー……

加藤 今日のお値段?

小山 今日のお値段で。やって、

加藤 生チョコじゃん!

小山 いやわかんねえけどちょうだいっつったらくれたの。

加藤 すっげえ!

小山 そう。だからどうしてんのこれ。

加藤 開く。こっち押す。

小山 え?あ、ここかw あすげえなあ。

加藤 すげえ!

小山 すげえしょ。俺一個食ったんだけど。

加藤 一個食ったんかい。

小山 いや一個食ったよ。

加藤 ちょうだいちょうだい。

小山 食べたいしょ?

加藤 食べたい。

小山 ちょっちょっと興味あるしょ。

加藤 開いてんのじゃあそれ。

小山 おっ、おニューだ!

加藤 ……おニューだ。

小山 おニュー!おニューじゃーん。

加藤 えー!

小山 うわあ気ぃ遣って新しいのくれたんだ。食う?ちょっと。

加藤 うん。食べる!生チョコ大好きよ。美味そう。

小山 はい。あ、あーんしてあげる。

加藤 ちょうだい、マジでちょうだい。

小山 (笑) 2個いる?

加藤 1個でいいとりあえず。

小山 あ結構、香り嗅いで?ほら。ウイスキー

加藤 お~ウイスキーだ!

小山 ウイスキー

加藤 あっ、ちょっと木の香りがさ、

小山 ね。

加藤 移ってるちゃんと。

小山 あーん。はい、あっあっあっ、

加藤 はい。

小山 木までいっちゃった。どうすか。

加藤 あ~美味しいね!大人な味ですねえ!

小山 (笑) 美味しい、美味しいよねこれ。

加藤 うん。あっ、

小山 あ、ビターだね!

加藤 ビターだね。

小山 うーん。手きったね。

加藤 (笑)

小山 あ、うまーい。

加藤 マジうめえじゃん。

小山 これさあ、これでウイスキー飲んだらお、いいんだろうね。

加藤 小山さん飲まないでしょウイスキーww

小山 うーん!飲んだらいいんだろうなと思って。

加藤 よくあのー、

小山 ハイボール

加藤 お酒とか貰って、俺に譲られるもんね。

小山 俺お酒貰うとね。

加藤 うん。

小山 日本酒は飲むんですよ、絶対家の、冷蔵庫に日本酒はずっと、あるんですけど、

加藤 うん。

小山 ウイスキーまでいくとちょっと大人すぎちゃって。

加藤 うん。

小山 ハイボールは好きなんすけどね。

加藤 いやうめ、ウイスキーほし。あ、でも結構、あっぱぽってする。ぽっぽ。アルコールの。

小山 これさほんとに、

加藤 小山さん酔っちゃうんじゃないこれw

小山 俺すぐ酔っちゃうから。

加藤 (笑)

小山 最近さあ、シゲと飲んだわけ。

加藤 あ、その話しちゃう?

小山 しようよ。飲んだんだよね。

加藤 どこでも言ってないよ俺。

小山 あほんと?

加藤 うん。

小山 いいじゃん別に。まあ、まもとを言えば、ちょっとこの話していい?

加藤 いや増田っすよ。

小山 増田ですよ。ちょっと説明して?

加藤 もう増田がいきなり夜のね、

小山 うん。何時?あれ。

加藤 12時間際ぐらいにね。

小山 そうですよ。そうまっすーが、12時前ぐらいに、あのー電話が来たんですよ急に。

加藤 だからスタッフと飲んでたんだね。

小山 そうそうそう。

加藤 ツアーとかやってる衣装とかで。で、

小山 で僕に電話して手越に電話してシゲに電話して。

加藤 うん。

小山 とにかく来てくれと。今から飲みたいと一緒に。あいつ誘うときちょっと酔ってたんだろうな。

加藤 酔ってましたよ。

小山 うん。

加藤 いやだって僕、いや~、俺友達と飲んでたからさ。

小山 俺も友達と飲んでたよ。

加藤 いやそっち行くの?みたいな感じで

小山 そうそうそう。

加藤 いや絶対来て!みたいな、したらスタッフからもいっぱい電話鳴って、

小山 うん。

加藤 あ、じゃちょっと行ってくるわみたいな。

小山 うん。

加藤 でなんかそしたら今度小山さんと一緒に飲んでた後輩からも、加藤さん何時に行くんですか加藤さんが行くなら行くって小山さんが言ってますみたいななw なんでみんな俺をさ、俺を頼りにしてるの、みたいなw

小山 (笑) そうなのそうなの。

加藤 行きますけどね、っつって行って。

小山 そう。で俺もさ、その時点で結構

加藤 だいぶ気持ちよくなられてましたよ。

小山 お酔いになられてたわけですよ。

加藤 気持ちよくなってました。

小山 気持ちよくなってました。そうそう。

加藤 も~~、でそれでまあスタッフとかも含めて3人で、手越はちょっとなんか、地方にいたんだよね。

小山 合宿してたの。サッカー合宿。 (笑)

加藤 サッカー合宿してたんでしょ?

小山 そうそう。

加藤 だから、さーーもーしたらもー、うるさかったわ2人!

小山 (笑)

加藤 俺はさ、飲んでたけど、そんなにさ、ハイに、な感じじゃなかったからさ。

小山 俺がもうフルスロットルで、着いたんだよね、店に。

加藤 いやあ俺はシゲが好きだねみたいな。

小山 (笑)

加藤 俺は増田いいよお最近!みたいなもうなん、はいはい出ましたと。もう泣くやつじゃん。

小山 (笑) いや俺まっすーとあんなにハグした日はないもんね。

加藤 うん。

小山 なんか最近の、増田への愛を全部語ったわけよ。

加藤 もうすーぐ語ったよね。なんか俺はしっとりー、

小山 うん。

加藤 いろんなこと語んのかと思ったけど、感情だけだったもん。

小山 そう。もうずーーっと。

加藤 もう知らんがなと思って横で。

小山 まっすーと握手しながらまっすーのいいとこ喋ってた。

加藤 帰りたかったー俺あのときもー。

小山 (笑) でそのあとに、あ、シゲが嫉妬してるかなと思って、

加藤 嫉妬してな、嫉妬してない、嫉妬してない、

小山 シゲだいじょぶだよ、だいじょぶだよ~って、

加藤 もう早く隣行って、つって。なんか、でっかいテーブル跨いで握手してるからさあ。

小山 (笑)

(机叩く音)

加藤 隣行って来なよ、っつってもう。

小山 いや楽しかったねえ。

加藤 俺スタッフと喋ってるからさっつって。

小山 そう。で次の日俺さ、また夜手越に飯行こうと思って誘ったのにまだ合宿しててさ。

加藤 あ~誘ったんだ。

小山 うんそうそうそうそう。

加藤 偉いね。

小山 行こうよ今度だからまた。4人でね。

加藤 4人でね。うん。

小山 えっこれって最初のトークだよね。

加藤 うん。だいぶ膨らんだな。

小山 じゃ1曲いきましょう、NEWSで「whis・per」。

♪whis・per



小山 ふつおた~。なんかオープニング喋りすぎて、

加藤 うん。

小山 人生の法則できない。

加藤 でもそういう話の方が聞きたいんでない?皆さん。

小山 まあまあでも最近のね、一番リアルな、NEWS事情ですからねえ。参りましょう。「先日の少年倶楽部拝見しました」。見た?

加藤 見た見た。

小山 見たよね。「接戦の末、NEWSの皆さん優勝おめでとうございます。いつもと違ったNEWSの4人の姿が見られてハプニングに笑わせてもらったり、皆さんの仲の良さもわかり、大変楽しかったでーす」ということで。あのメダルどうしましたかみたいなこと書いてありますけど。

加藤 うーん。

小山 んーメダルはね、えーNHKさんが持ってますね。

2人 (笑)

加藤 そうっすね?

小山 うん。まあ運動会したんだよね!

加藤 運動会しましたよ。

小山 KAT-TUN対NEWSで、運動会をしたんですよ~。

加藤 うん。

小山 これがねえ、楽しかったなあ。

加藤 楽しかったね。なんか。

小山 シゲの成長がね。

加藤 シゲの成長よ。

小山 伸びしろがすごかったからね。

加藤 シゲの伸びしろあるね。

小山 うん。俺結構、

加藤 伸びしろですねえ!

2人 (笑)

小山 なんでだよ。

加藤 じゅんいちダビットソン、シゲアキダビットソンでしたよ。

小山 (笑)

加藤 伸びしろですねえ!

小山 伸びしろですねえ!w

加藤 うん。

小山 やってんじゃんそれ何回か。もうやり慣れてるでしょ。

加藤 やってないやってないw 初めてやった。

小山 ほんとw

加藤 初めてやった。

小山 ほんとですか。やでもね、あの~……KAT-TUNのね、皆さんと一緒にね、

加藤 うん。

小山 ああいう風にわいわいやることっていうのもそうないですから。さっき下で田口に会ったわ。

加藤 あっそう。

小山 うん。

加藤 へえ~。

小山 あっ!っつって。ゆって。

加藤 なんか……なに?

小山 電話してた。

加藤 あっそうw

小山 なんかちょっと、申し訳ないときに声かけちゃった。

加藤 でもさあむかーしさ高校ぐらいからお互いデビューしてるわけじゃないすか。

小山 うん。

加藤 昔はもうちょっとさ、こうライバル意識がさ、

小山 あーわかるわかる。

加藤 あったけどなんか、

小山 KAT-TUNとNEWSってね。

加藤 なんか、あんとき、お、なんかそういうのじゃなくてみんなで頑張ろうみたいな空気だなあ、って思ったね。

小山 そうね。

加藤 今、

小山 当時だから

加藤 You&J

小山 SUMMARY

加藤 うん。

小山 っていうのをさあ、NEWSとKAT-TUNでやったときにさあもう、なんかちょっとこう、負けないようにとか。

加藤 なんかね。

小山 あーなんかちょっとこう、

加藤 強がってたというか、

小山 うん。今はね、なんかこう一緒に頑張っていこうっていうね、

加藤 うん。感じになりましたよね。

小山 大人になったんですかね。

2人 うーん。

小山 はい。まあ楽しかったですけどね。またやりたいですね、あったらね。

加藤 うん。

小山 えー「私はリア充という言葉を、恋愛だけに使うのはおかしいと思います」

加藤 ほう。

小山 「リアルが充実、自分の身の周りのことが充実していれば、恋愛してようが、関係ないと思います。皆さんどう思いますか」教えて、先生的にどうなんすか。

加藤 もうその通りだと思います。

小山 リア充

加藤 なんかこのね、

小山 はい。

加藤 いや恋愛は素晴らしいと思うし、恋愛が楽しい気持ちいいってわかるんですけど、

小山 うん。

加藤 あのー、恋愛して、なんか恋愛が全てじゃない人だっているじゃない。

小山 まあそれはそうですよね。

加藤 人生の主軸がさ。

小山 うん。

加藤 別にそれはその人のさ、好きなものがあってさ、

小山 うん。

加藤 俺が別にさ、釣りと恋愛してるような気持ちだとしてもいいじゃない別に。

小山 釣りとリア充だもんね。

加藤 釣りとリア充ですよ。

小山 うん。

加藤 小山さんどうなんすか。

小山 俺メンバーとリア充なんで。

加藤 (笑) いやごめんなさいちょっと一方通行ですけど。

小山 ええっw

加藤 (笑)

小山 こや充の方が。

加藤 ごめんなさいこや充。

小山 こや充は一方通行で。

加藤 趣味はどうなんですか最近。

小山 趣味はねえ、まあ、もう、

加藤 今年の目標とかどうしてんすか?

小山 今年の目標ですか。

加藤 はい。

小山 それ聞かれるよねえ。

加藤 なんかないの。

小山 今年、でもね俺はやっぱevery3年目なのよ。

加藤 はいはいはい。

小山 帯としては。

加藤 おっ。もう3年目ですか。

小山 そう。やっぱ、石の上にも3年ってことで

加藤 うん。

小山 3年やると、ちょっと認識してくれる人が増えるっていう風に、

加藤 思うよ。

小山 言われていて、なのでやっぱりこのー、なんだろうな、現状維持っていうのは、意外と難しいんじゃないかと。

加藤 あーそうだね!

小山 そうそう。

加藤 羽鳥さんがよく言ってるよね、あのー、

小山 俺と羽鳥さんはね、ある人から、その話を受けて、

加藤 うん。下りのエスカレーターだって話でしょ?

小山 そうそう。

加藤 人生は

小山 人生は下りのエスカレーターだから、こうー、ちゃんと前に進んでないと下っちゃうし、

加藤 そもそも現状維持することだって、歩みを止めてはいけないってことなんでしょ?

小山 そうそう。それはね、まさにそうだと思いますよ。

加藤 うん。

小山 まあとはグループとしてはさ、もちろん、

加藤 いろんなこと挑戦したい、

小山 いろんな方に知っていただきたいとか、バラエティー出来たらいいなとかありますけど。

加藤 なんか個人的にこれやる!とかって具体的なのないの。

小山 具体的に?俺さやっぱさ時間がさあ、

加藤 うん。

小山 まあないんですよ。

加藤 まあない。

小山 まあないわけですよ。

加藤 あっでもじゃああれにしなよ、小説。読んでるじゃん最近。

小山 俺すげー読んでる。だからあっ、なんかね、

加藤 俺より読んでるんじゃない?最近全然本。

小山 本を……読むっていうのは、一個掲げてます。

加藤 俺だからさ小山さんと意外とそういう真面目な話をさ、

小山 うん。

加藤 あのメンバーの話とかするけど、

小山 うん。

加藤 なにかについて語るとかやってみたいのどっかで。

小山 なるほどね。

加藤 だから、小山さんとおんなじ本を読むから、

小山 あほんと?今俺2冊目もう終わるよ。

加藤 その次なんか、

小山 月2冊をめ、ペースにいきたいと思ってる。だからあ、

加藤 あ、じゃあ年間

2人 20……

加藤 冊超えすればいいんじゃない?

小山 だから20冊を、

加藤 ほんとは30ぐらいいけばいいんだよ。

小山 いやそれはだから多分、もうちょっとすると速く読める、

加藤 なってくる。

小山 ようになってくるじゃん。

加藤 あとまあでも、まあ冊数じゃないよね。ページ数じゃんだって。

小山 そうそうそうそう。だってね、すごいページ数のやつもあるからー、

加藤 カラマーゾフとかね!

小山 あの、教団、X。

加藤 教団、教団Xはすぐ読めますよ。 

小山 あんな分厚いのに?

加藤 全然すぐ読めます。

小山 そう今のはサスペンス読んでて、そうそう1冊目の、

加藤 聖母でしょ?言っていいんじゃない?

小山 聖母。

加藤 聖母。

小山 そうそうそう。

加藤 うん。面白いですか?

小山 その前は朝井リョウさんの、

2人 世にも奇妙な

小山 君物語。

加藤 うん。

小山 を読んで、そうそう。

加藤 ジャケ読みするじゃん。

小山 僕はやっぱジャケットで買いますからねえ。

加藤 俺とかもうさあ、なんか、あっこれ読んだらこれだな~ってなんとなくもう決まっちゃうのよ。だからそれが羨ましいの!

小山 なるほどね。俺本屋にいる時間すっげえ長いよ。

加藤 楽しいよねでも本屋さん。

小山 超楽しい。で最初のさあ、1ページぐらい読むじゃん。

加藤 うん。

小山 いや、どうしようかなってなるとねえー、

加藤 割とでもミステリー系が好きでしょ、展開ある系が。

小山 でもね、普通にさ、左から右に例えばちょっとずつ進んでいくと、シゲちゃんと出会うわけ。

加藤 ん?

小山 シゲちゃんと出会うわけ。

加藤 ああああ、俺の本が置いてあるってこと?

小山 ぽっとするの、あっ、

加藤 なんでだよw その話にしなくていいよ別に。

小山 違う違う、いたっ!ってなる。

加藤 ああ、なるの。

小山 いやなんかねあんし、やっぱ、なんつうの、数々の作家さんの中に、

加藤 うん。

小山 急にシゲ現れると、

加藤 うん。

小山 こいつやっぱ続けてるな~っていうね。

加藤 あ~嬉しいですね。

小山 そうそうそうそう。

加藤 ちょっと減ってたりしますか?ちゃんと。

小山 いや減ってる、だからやっぱ今、

加藤 あ、送ってきたもんね、なんか一回ね、

小山 そうそう、俺すぐ写真撮っちゃうから。

加藤 (笑) よく写真撮れるよねw

小山 最近ね、あの仙台の、駅の中の本屋さんで、こうモニターに、

加藤 うん。

小山 シゲのインタビューと、

加藤 (笑)

小山 あのー裕翔のインタビューが出てたのよ。

加藤 うん。

小山 でーやっぱこう、新幹線通るから結構音がしてるんですよ。

加藤 うん。

小山 どーー考えてもね、シゲの声がね、聞き取れないのよ。

加藤 (爆笑)

小山 あのーw いや結構なボリュームは出てるんだろうなと思って、いやでももしかすると、なんかボリューム落として、

加藤 うん。

小山 シゲが喋ってるだけみたいなこー、感じで、

加藤 じゃなかった?

小山 かなと思ったら次裕翔出てきたの。

加藤 うん。

小山 ものっすごい聞こえるわけよ。

加藤 (笑)

小山 裕翔のインタビューはw でまたシゲに戻んの。聞こえないの俺。

加藤 あれしかも今流れてる「ピンクとグレー」のインタビューだからー、ほんとに当時なのよ。多分4年前とか。だから俺もさあ、ちょっとこうなんつうの?慣れてないし、多分りあ、トーン的に、

小山 うん。

加藤 そうっすねあの~ほんとに、

小山 (笑) そうなのよ。

加藤 この「ピンクとグレー」っていうのは、こういう気持ちで……っていうのをしゃべ、このトーンだから、

小山 ちょっと暗い中の、

加藤 俺オンで出してないわけよ。

小山 ソファーに座ってる感じで、でテロップも出ないの。

加藤 最初すごいねえ、

小山 うん。

加藤 俺言っちゃあれだけど嫌だったのよ。どこにまずこれ使われるのかわかんないし、

小山 あーわかんないんだ。

加藤 自分でまとめてっていっても、正直自分のさ、本のテーマとかってさわかんないのよ。そういうのでつくってないからさ。

小山 なるほどね。しっかりと、そこの、あの映像を僕は写真撮りまして、

加藤 うん。

小山 4人の、グループのやつに送って、どうやらシゲの声が聞こえませんという。

加藤 しかもシゲ掠れてんもんなみたいな増田と小山の、異常な盛り上がりね。

小山 (笑) まっすー早かったなあ。

加藤 あぱーっていう手越ね、

小山 そうそうそうw

加藤 なんだこれ、カオスじゃねえかっつって。

小山 あぱーの意味わかんないよね。さあ「ピンクとグレー」、まあ絶賛公開中ということで、

加藤 ありがとうございます。そろそろ行ってくださいよ小山さんも。

小山 いやいやだから今4人で観られるのかみたいなことちょっとね、

加藤 うん。いやでも行ってくれよ。映画館で。うん。

小山 4人で観るのが面白いじゃん~。

加藤 4人で観れないよお。

小山 いやうるさいのあの2人が。行けねえと。4人で観られるんだったら観るみたいな感じで言ってますからねえ。

加藤 うーん。

小山 そうそうそう。さあということで1曲聴いてください、NEWSで「Touch」。

♪Touch


■エンディング

小山 さーてお別れの時間ですが、来週はスペシャルウィークということで、まあ多分まっすーだと。

加藤 やっとね。

小山 なに?あ~。まっすーにメッセージがある方はね。ああ、ああ、シゲちゃんから?

加藤 あ、僕ですか?なんすか、

小山 どうすか最近のまっすー、まあ飲んだこともあって、なんか伝えたいことあれば。

加藤 最近伝えたいこと?特にないですけどw だってまあ会ってるし、

小山 でもほらまっすーのさ、なんて言いますか、一生懸命さっていうかさ、

加藤 まあ頑張ってるなとは思いますけどね。

小山 頑張ってるよね~。

加藤 うん。

小山 そうそう。それ踏まえ、

加藤 でもなんか楽しそうだよね、まっすー。

小山 楽しそう。

加藤 一時期はいろいろ悩んでたんだろうけど。

小山 今だって打ち合わせで最後まで残ってるもんね。NEWSの。

加藤 うん。3人先に帰ったりするからねww もう、まっすーしかわかんないっつって。

小山 まっすーしかわかんない演出あるわ今。

加藤 うんw

小山 まあ聞いていきましょうねそれも。

加藤 うん。

小山 番組では皆さんからのハガキ、(略)からも投稿できます。さあ、えー先週も言いましたが、NEWSのアルバム「QUARTETTO」が、

加藤 はい。

小山 3月9日リリースとなりまーす。

加藤 はーい楽しみにしてくださーい。

小山 はーい。特典もね、いろいろと考えておりますので。

加藤 ツアーもありますのでね。

小山 うん!

加藤 はい。

小山 盛り沢山で。楽しんでいきましょう!

加藤 はい。

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでしたー。

小山 ばいばい。

加藤 ばいばい。


■がつーんと同じく時間経ちすぎたので感想は簡潔にします。

アナゴさん風加藤くんかわいすぎるし本屋で加藤くん見つけてぽってなっちゃう小山くんもかわいすぎ。結果こやしげのかわいさはほんとに半端ない。