読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる人が大好きです。

160426 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ



■2016年4月26日
KちゃんNEWS


■オープニング

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、春爛漫、いい時期に来てくれましてこの方です、加藤シゲアキさん。

加藤 はいどうも(小山 どうもどうもどうも~)加藤シゲアキです~。どうぞどうぞよろしくお願いします。

小山 今日もまぁるい眼鏡をされてね、(加藤 はいはい。)知的で可愛いななんて思いまして始まっておりますけれどもー。

加藤 ありがとうございます。知性の塊です。

小山 そうですね。知性がもう溢れ出てるからねぇ~。

加藤 はいごめんなさい出ちゃって。

小山 怖いよね~もう。

加藤 怖い怖い。

小山 歩く辞書。参りましょ。あのね、手越くんから、(加藤 うん。)メッセージが、毎回こうリレー形式みたいにメッセージいただいてるんですけどー、読みますね。

加藤 うん。

小山 ツアー先の、静岡で、夜みんなで和食を食べに行ったとき、俺がお醤油を入れてあげたのに、ありがとうの言葉がなかった。

2人 (笑)

加藤 ちっちぇえw

小山 いや、これはねぇ、かなり力説してたよ。

加藤 毎回言うもんねぇ手越は俺に。挨拶、あれがないって。お礼がないってね。

小山 そう。で、手越的には、普通に駄目出してた。

加藤 いや全然、それはほんと善処するし、まあほんと、以後気をつけますよ。

小山 ね。

加藤 でもこれやめた方がいいよ仲悪くなるからリレー形式。

小山 や、別にだってほら、いいメッセージも来るわけだから。たまたま今回気になったのがここだったから、今後やっぱ、以後気をつけていく、方がいいんじゃないですかだから、これは手越に。

加藤 まあ別に、思ったら言うよありがとうって。

小山 うわ~~、出た~。

加藤 醤油をさ、(小山 うん)見返り求める?醤油で?手越ありがとうって言うかな。あ~ありがと。(ふざけてる感半端ない)でしょ?あいつの言うありがと。

小山 そうね。

加藤 あ~ありがと。

小山 照れ隠しも入ってるからねでも奴の、ありがとうは。

加藤 うん。気持ち全然籠ってないよあいつの、あ~ありがと、ってやつでしょ?

小山 シゲさんこれ僕ー手越さんからお話いただいたときに、僕もいっこ気づいたんすけど、

加藤 うん。

小山 最近僕バナナジュースつくってるんすよ。

加藤 うんw

小山 でー、バナナジュース、楽屋でコンサートんときつくってて、まミキサーに、バナナ入れて、牛乳入れて、で途中にシゲも飲みたいって言ったから、

加藤 うん。

小山 快く。まバナナね、あのー、お腹のもちもいいし。2人分つくって、

加藤 そうね。つくってーって言ったからね俺も。

小山 でコップもさ、もう急須からお茶を入れるかのように、こうしっかりとね、量もわけて、シゲさんに渡しました。ありがとうがない。

加藤 手越に関しては、正直あの俺は、全く忘れてたよ。

小山 うん。

加藤 ゆっ、ゆってなかった?そんな感じって思ってるけど、あれに関してはわざと言ってない。 

小山 えっ!?

加藤 あの、小山さんに、俺は、ありがとうを言わないプレイを。言わないゲームやってんの。

小山 うわぁ~w ゲームされてんだ今まで。

加藤 だからあんときに、(小山 うん。)突っ込んでほしいわけ俺は。

小山 あっ、なに?

加藤 ありがとう言えよ待ちしてたのよ俺。

小山 でもツンとしてるじゃん、なんかこう、

加藤 だから、だから、その感じ出してんの。

小山 マジ?

加藤 っていう、プレイ。プレイだよ。

小山 だとしたら、俺楽しい!

2人 (笑)

加藤 小山さんに関してはね!

小山 あそうなんだ。

加藤 ありがとう、だろ、っていう、突っ込み待ちやん。

小山 でも俺ねえ、別にありがとうっていうことをさぁ、メンバーにしてあげるの当たり前だと思ってるからー、

加藤 でも今言ってるわけじゃん。もうその時点で負けだわ小山さんの。

小山 手越に、がこの話出たときに、

加藤 あいつもw

小山 確かにそういうときあるなみたいな。

加藤 小山さんに関しては、そのちょっと俺、一人で、

小山 なんだよゲームか~。

加藤 突っ込んでほしかった。悲しかったあんときは。

小山 じゃあちょっと今後さ、

加藤 俺がほんとに悪者みたいになっちゃうじゃん。

小山 そうだな。ごめんごめんじゃじゃ、俺が悪かったなごめん!

加藤 (爆笑)

小山 俺か!

加藤 (爆笑)

小山 ごめんごめん!ごめん!

加藤 あんとき小山が言わないからぁ!(小山 そっか!あっ、そっか!)俺がなんか悪者みたいに。

小山 ごめん、なんか、ありがと。

加藤 (笑)

小山 あれ。楽しいな。そうそうそうそう。じゃあここで一曲いきましょう、NEWSで、「MR.WHITE」。

♪MR.WHITE



小山 さあふつおた参ります。「こんばんはー先日いきなり学校の食堂で、お~、久しぶり、イエーイ!と言って、私が一番苦手で、嫌いなテンションの男子が、すれ違い様にハイタッチをしてきました。流れで、おっとハイタッチをしたものの、誰かわからず、相手の学年すらわかりません」

加藤 マジか。

小山 「私は人見知りで同じクラスの男子の名前も覚えていないくらい、男子と接点がないので、絶対に相手の人間違いだと思うんですが、こんなときどうするのが正解ですか」

加藤 つらいなそのシチュエーション。

小山 うい~!(テンション高い)

加藤 いい。(テンション低い)

小山 いやいや違うじゃんw いやいやいや。

加藤 いーや。すげえ。(声小さい)

小山 シゲどうすんの?おっ、うえい久しぶり!うえいうえい!(テンション高い)

加藤 うえい久しぶりっす~。うえいすっす~。あちょっとすいません、時間ないんですいません、また、あとで。(テンション低い)

小山 ちょっとー、迷惑そうな顔すんだちょっと。

加藤 やでもさぁ、あれでしょ?全く話したことないんでしょ?

小山 そう、

加藤 普通にシカトだよねんなの。

小山 えじゃ全く知らない人にさ、うい~久しぶりうい~!は?

加藤 あれじゃん?それだってなんつーの?街中でティッシュ配ってる感じだからさそれはもう。

小山 街中でティッシュ配ってる感じなの?w

加藤 ティッシュ配ってる方いるじゃん。

小山 でもほら同じ、

加藤 その方からティッシュもらわないこともあるじゃん。

小山 うん。

加藤 そのときに、申し訳なさそうにするか、もう、気づきませんでした、って顔をするかじゃん。

小山 えでももう見るからにシゲの目に入っててさ、うい~!ってやってきてんだよ。

加藤 え~同級生?

小山 うん。しかも同じ学校の、

加藤 もう転校する。

小山 しょく、えっ?

加藤 そんな奴がいる、(笑)

小山 そんなにやだ?

加藤 (笑)

小山 そこまでして避けたい?

加藤 いやまあ実際別に、男だから俺は。そんな、そのシチュエーションもないし。

小山 軽くやんのかなシゲだったら。あ、おいっすみたいな。でも別に、

加藤 どうしたどうした、って言うかもしんないけど。

小山 あ急なテンション

加藤 どうしたどうした、って。落ち着け?っつって。

小山 そうか。あ冷静になっちゃうのね?

加藤 うん。

小山 俺どうだろ、あ久しぶり、うえい、うえ~い!かな俺。

加藤 うん。いくだろうな。

小山 うえい!うえ~い!だね。

加藤 うえいうえ~い!だよね。

小山 うえいうえ~い!だね。

加藤 うん。

小山 なーに食べんの。っつって。

加藤 (爆笑)

小山 聞いちゃうね。逆にこっちの方がテンション高かったっつって、(加藤 チャラい。ちゃーれぇ。)そっちを凹ませたい。

加藤 ちゃ、凹ませてえんだ。最終的には。

小山 そ。やなんか、ちょっといらっともするの私でも。

加藤 うん。

小山 うえ~いってきたら。いやいやそんな知らないしね。だったらこっちうえ~いっつってなに食べんの、でだんだん困らせて、

加藤 うん。

小山 やーべこのテンションついていきたくないって思わせて、僕は帰る。逆に。テンション勝ち。

加藤 (笑) 新しい。新しいな。

小山 そうそうそうそうやなのよ~。俺もちょっといらっとするときありますからそれはね。「この前友達と男のこの前で好きな食べ物を答えるとき、可愛いと思われる食べ物はなんだろうって話をしました」ってことで、ここにまあそのなあぽぽが考えた可愛い食べ物があんだけどー、

加藤 食べ物?全部?

小山 そう。俺とシゲで可愛いと思う食べ物せーので言おう。

加藤 ええ~?

小山 可愛いだよ。

加藤 なにが?女の子が食べてたら?

小山 そう女の子が、これ好きだって言ったら、可愛いやつ。

加藤 え~?全然出ない。

小山 女の子、が、好きな食べ物なに?って聞いたら、なんとか!あ可愛いねお前!

加藤 あでもいいよ。

小山 いい?

加藤 うん。

小山 せーのでいきますよ。

加藤 うん。

小山 せーの、

加藤 焼肉!

小山 小籠包!

加藤 小籠包w

小山 (笑)

加藤 いーや全っ然可愛くないじゃん。

小山 焼肉?なんで焼肉なの?

加藤 なんか肉大好きって言うの可愛いじゃんいっぱい食べそうで。

小山 がっつり食べますみたいな?

加藤 うんうんうん。

小山 あ~そっち。あれ小籠包、

加藤 小籠包やばい。

小山 え小籠包、

加藤 好きな食べ物に小籠包って書くやつどっちかっていうと嫌いだわ。

小山 (爆笑)

加藤 (笑)

小山 小籠包可愛いじゃん、噛んで、は、熱い、熱いうわあ熱い!

加藤 そういう感じやだわなんか。嫌だよ~。

小山 熱いやだもう!(高め)

加藤 一番だよ。一番好きな食べ物小籠包って。

小山 可愛いと思って狙って言ってるものだからね。好きな食べ物じゃない、可愛いと思ってー、答えたものが小籠包だったら、音も可愛いしね。小籠包!

加藤 や馬鹿っぽいじゃんなんかw

2人 (爆笑)

加藤 いや好きだよ俺も小籠包好きだけど、

小山 うん。

加藤 すげえ急に馬鹿っぽかった今。

小山 可愛いで焼肉?

加藤 可愛くない?なんか逆にその、シュークリーム!とかよりも、クレープ!とかよりも、

小山 そうだねぇ。

加藤 なんか、焼肉!っていうのがなんか、可愛いじゃん。

小山 スイーツであってほしくないしょ。可愛いからって。安易に。

加藤 だったら栗饅頭とか言ってほしい。

小山 栗あ~!いいね確かに。

加藤 宇治金時とか。まあ俺は食べないけど。

小山 いいね。信玄餅!とかね。

加藤 いいね。可愛いね。

小山 ちなみにね、あのスイーツって言ってほしくないねって言っちゃったんだけど、なあぽぽ達はパフェに落ち着いたらしいw

加藤 まあでもそうだろうね!

小山 う~ん。まパフェは絶対可愛いよ。

加藤 いやまあそうなんだよ。そこは避けたいんだよでも。

小山 うん。そうそう。そこ避け、て、その、選んでほしい。

加藤 可愛いでしょ、が香っちゃ駄目じゃん。

小山 狙っ、てる感があるもんね。

加藤 なんか。

小山 結果可愛いだもんね。

加藤 結果可愛いだよ。

小山 うん。え~じゃあ逆に、男の子が、かっこいいって思われ、女の子に思われる食べ物ってなんだろうね。

加藤 や、お母さんのご飯とかだよ。

小山 やめとけよw それは、好感度は上がるよ。でもそれこそ狙ってる感が、

加藤 でもそういうのが。狙ってる感あるねw 

小山 狙っ、だって好きな、好きな食べ物なんですか。お母さんのつくったご飯。って俺、もう、普通の顔で言ってる人いたらちょっと疑うもんね。

加藤 でもなんも言えないよ。否定することは絶対出来ないし、

小山 やでもなんかノリでさ、まーた!にならない?

2人 (笑)

加藤 や、お~。

小山 マジで?w

加藤 って終わらない?それが一番かっこいいんじゃない?

小山 喋るテンションだよね。

加藤 じゃなによ。例えば。

小山 かっこいい!鯖!

加藤 えそういうこと?

小山 やわかんない例えば。

加藤 逆に、蟹、トマトクリームパスタ。とか?

小山 あ~シャレオツの方ね。

加藤 そっちかな。

小山 やシゲの顔だったら、それいいわ。でもちょっと、もっかい、なんだっけ。なに?トマト、

加藤 蟹のトマトクリームパスタ。

小山 やクリームパスタはやだわシゲが。

加藤 あ~。(加藤 やっぱまだバジル、)オイル系であってほしい?

小山 バジル系とかそっちの方でいってほしいなシゲの印象だったらね。

加藤 あ~。クリーム系じゃなくて、

小山 うん。

加藤 トマト系でもなくてー、

小山 うん。

加藤 オイル系がいいんだ。

小山 オイル系だったらシゲかっこいいやっぱ。

加藤 ボンゴレ

小山 あっ、

加藤 ビアンコw ちょっとかっこよくないなw

小山 そうだなw 音が悪いなそれな。

加藤 なんかもっとなかわかんないやつがいいんでしょだから。

小山 そうそうそう。えっそれなんですか?みたいな。やだからこういうので、みたいな。

加藤 リングイネ、とかそういうことでしょ。

小山 あ~リングイネってなんだっけ。

加藤 パスタの種類。

小山 かっこいいね!みたいなこと?リングイネ

加藤 (爆笑) ほんとリングイネ

小山 お前リングイネ!超リングイネ

2人 (爆笑)

小山 超リングイネお前。

加藤 冴えてますね小山さん今日。

小山 え冴えてないっすよ。

加藤 冴えてるわ~。

小山 いやいやいいないいな。

加藤 超リングイネ

小山 リングイネにしよう。

加藤 超リングイネ

小山 今後男がかっこいいと思われるのリングイネにしよう。

加藤 ただだせぇけどね俺からしたら。

小山 リングイネ

加藤 リングイネ

小山 お~リングイネ!っつってね。え~続きまして

加藤 ミネストローネ?

小山 ミネスト、リングイネ

加藤 (爆笑)

小山 韻を踏むな!韻を。続きましてw 

加藤 面白いな。

小山 え~「突然ですがお二人は、メールなどのやりとり、自分が送って、終わりたい派と、相手から受け取って自分で終わらせたい派どちらですか」

加藤 どっちでもいいけど、

小山 あとさ、立場にも寄るよね。目上の方のパターンとさ。

加藤 うん、うんうんうん。あと、なんかすげえ向こうが、自分で終わらせたいなって空気あるじゃん。

小山 あるあるある。

加藤 すげースタンプ送ってくるとか。

小山 やわかるわ。

加藤 小山さん割とそうでしょ?

小山 俺は大体、シゲの冷たい返事に、スタンプで返す。で終わる。

加藤 冷たい返事はいらないじゃんw

小山 (笑)

加藤 なんで冷たい返事いらないじゃんそこ別に。

小山 一言。

加藤 なになに、みんなのやつの話?

小山 や僕ら二人んときも。

加藤 二人んときそんな冷たい、くないしょ。

小山 や冷たいよぉ~。

加藤 なに、

小山 え?

加藤 冷たいw なんで今個人的なw 私情をさw 入れてきたのw そこなんか、

小山 シゲのー、

加藤 すげえ不平不満言うじゃん今日いちいち俺に。

小山 やシゲのメールはー、わかってる、もうどういう人かわかってるから別にいいんだけど、なにも絵文字もなければ、顔文字もないやっぱシゲちゃんは。

加藤 ないよ。

小山 こう活字がどんと来て、わかった、とか、ありがとうとか。

加藤 うん。

小山 それに関して俺は、こう~、返すわけじゃん。

加藤 スタンプとかね?

小山 そうそう。

加藤 すげえハッピーなやつね。

小山 や~!みたいなやつは~い!みたいなやつ。まあなんか俺はそれでいいと思うシゲちゃんとの方法は。でも他の友達、

加藤 でも冷たいって言っちゃったw 冷たいって思ってんじゃんw

小山 冷たいと思ってんだけどー、(加藤 (笑))もう一回スタンプ俺送るじゃん、

加藤 送るねぇ。

小山 そしたらもう一回スタンプ返ってこないかなって思う。

加藤 マジで?

小山 うん。

加藤 くっそめ、しちくそめんどくせぇな。

小山 それもう一回スタンプ送ろうかなとか。

加藤 しちくそめんどくせぇわ。

小山 うん。

加藤 マジかよ。

小山 そうそうそれちょっと思ってるわけよ。意外とね、まっすーって可愛いんだよねメールね。

加藤 意外とね。マメだね。

小山 マメ。ちゃんと絵文字も使いますし。シゲと、手越は使わないね~。

加藤 絵文字なんてどこにあんのかわかんないわ。

小山 いやいやいや教えるよぉ~。

加藤 いやいいけどおさえ、教えなくて。

小山 いやいや、

加藤 絵文字どこにあんのっていう。使うシチュエーションがない。

小山 そうだな、使わないな、なかなかな~。までも、これ、目上の方だったら、(加藤 まそれは自分が、まそれはもちろんそうですけど。)自分で終わるのがベストだと思いますし~。うん。その辺はね、ちょっと臨機応変にっということで。続きまして「最近マスクをつけていたときにパンを食べようとして、思いっきりマスクの上から口の中に突っ込んでしまいました」

加藤 これ小山じゃなくて?

小山 ねえ!俺の話?これ。自分のことながら、思わず笑ってしまいましたと。「小山さんがマスクの上から飲み物を飲もうとしたというエピソードをずっと、いくら天然とはいえありえない!と思っていたのですが、これからは考えを改めます。すいませんでした」

加藤 ないの?最近。(小山 や)最近あれらしいじゃん。なんか、とあるジャンクフード屋さんにやってるか確認しようとして、

小山 うん。

加藤 電話した、ら、

小山 うん。

加藤 あのw その、お店に電話して、

小山 うん。

加藤 はいもしもし、って出た人に対して、やってますかって聞いたらしいじゃん。

2人 (笑)

加藤 やってるよね出てんだから。

小山 (笑) そうだな。俺そういうとこあるわ。

加藤 うん。

小山 確認の電話で、そうなんだよ。出たときに。

加藤 突っ込まれたらしいじゃん。やってるわ!って。スタイリストに。電話出てんだからやってるわ!って言われたらしいじゃないすかw

小山 あそれかぁw

加藤 (笑) チクリ入ってくんすよ。

小山 あったわ。早いなやっぱ同じスタイリストだと早いな。

加藤 早いんすよ。チクリが入ってきますよ。

小山 そうだスタイリストもね、的確に突っ込んでくんだ俺に。それやってるでしょ!って。

加藤 (笑)

小山 ああ!そうか!ごめんごめんっつって。

加藤 うん。

小山 まあそんな、でも俺、わかんないんだよ。自分で、なにが、天然なのかが。だから。

加藤 (笑) 怖ぇw

小山 わかんない。

加藤 怖ぇよメンバーが。

小山 怖ぇよ俺も。うん。いいっすかじゃあここで一曲いきましょう、NEWSで「ヒカリノシズク」。

♪ヒカリノシズク


■エンディング

小山 さあ、もうお別れの時間ですけれども、まあふつおたで、今後もやっていく感じでいきましょうね。

加藤 みんなそうなの?

小山 やふつおたの中にー、だから今までのコーナー的なものがこう加味されたものが入ってくる可能性ありますけどね、

加藤 うん。ま全然いいけど。みんなそうなってんの?

小山 みんなそうなってる。

加藤 あ終わらせたんだ。

小山 皆さんの、妄想キッスシチュエーションすらも、最終回を迎えました。

加藤 あっ、よかったじゃん。

小山 (笑) はい、なので。

加藤 はい。

小山 どんどんふつおた、送ってください。

加藤 うん。

小山 葉書の方は(略)。ここで、えー僕達NEWSからのお知らせですけれども、まあ今絶賛、アルバムも、DVDも、「WHITE」のDVDも(加藤 はいはい。)発売中ということで

加藤 DVDとBlu-rayね。

小山 Blu-rayも。そうですねぇ。そして、次は、福岡で!

加藤 はい。

小山 コンサートになりまーす。楽しみにしててください!お相手は、NEWSの小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでしたー。

小山 はいオケーイリングイネオケーイじゃあね!

加藤 (笑) ちゃれぇw 



■コヤシゲコヤシゲコヤシゲ。可愛すぎるぜコヤシゲ。コヤシゲっていちいち可愛いよね。語彙力ないから上手く言えない。いちいち可愛いの。わかってくれる人いるかな。

あ!加藤くん!ありがとうとごめんねはちゃんと言わなきゃダメなんだぞ!(誰)

ていうかしちくそめんどくさいってなに!?しち!?しちってなに!?って調べたらなんかちゃんとあるんですねそういうの。初めて聞きました。私聞き間違いかと思って何回聞き直したことかそこの部分w それにしても、私遅かったり早かったり極端ですね。

小山さんお誕生日おめでとうございました!!