読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる人が大好きです。

160830 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ

 

 

 

■2016年8月30日

KちゃんNEWS

 


■オープニング

 

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、8月も残すところあと1日、ということんなりましたゲストは加藤シゲアキくんですお願いいたします!

 

加藤 どもども!24時間テレビ終わったね!

小山 終わりましたw

 

加藤 (笑) お~!無事に!

 

小山 いやいやほんっとにw

 

加藤 無事に、ね!

 

小山 無事だった!

 

加藤 無事、無事!

 

小山 いや~!

 

加藤 無事、か?まぁ、いや、いろいろあったよ?

 

小山 うん。

 

加藤 いろいろあったけど、(小山 結果的にね?)結果これ無事に終わったね。

 

小山 そうね。

 

加藤 (笑)

 

小山 まぁ、

 

加藤 という、願望。 (笑)

 

小山 そうね。そうね。まぁ今、正直言って24日でございます。

 

加藤 (笑)

 

小山 あの~なので、まここからね、加藤さん今日も番宣でたくさん言ってたけど、チーム一丸となってやってこうと。

 

加藤 う~ん。

 

小山 まぁシゲちゃんが一番大変だとほんとに思いますけれども。

 

加藤 うん。

 

小山 なんとかね。

 

加藤 そのチームにまさかあなたが入るとはね。

小山 まさかの。

 

加藤 (笑)

 

小山 ということでまぁわたくしもしっかり務めさせていただきたいと思いますので明日、朝、一からシゲちゃんとのシーンを、

 

加藤 いや、僕も、フォローできる限りは。

 

小山 撮り直して、いきますので、頑張ります。

 

加藤 そうっすね~いやほんとに。

 

小山 うん。

 

加藤 まぁでも、僕も出来る限りはやりますし。

小山 お願いいたしますね。さぁ、ということでまぁ夏休みももう終わってる方もいるかもしれませんけれども、まぁ学校によって違うと思いますが、一枚読んでいきましょうか。まずはこちらでございます。え~「いきなりですが、私は、恋という感情がわかりません」

 

加藤 ほう!

 

小山 「男の人を見て、あの人かっこいいとか思ったことはありますが、好きと思ったことは一度もありません。友達に聞くと、恋したことないのと馬鹿にされそうなので、聞けません。もう中学生なので、恋愛したいという気持ちが、すごくあります。なので恋とはどんなものか教えてください」。「恋を知らない君へ」、ね。この、

 

加藤 (笑) なんでそ、なんでそんな素敵なメールを選ぶのよ。

 

小山 いや、だから、この夏の終わりにね、もう中学生なのでってナチュラルにもう中学生、はい。

 

加藤 でももうわかんない俺だって初めて人を好きになったのなんてさ、もう幼稚園とかさ、小学校ぐらいから人のこと好きになるじゃん。

 

小山 加藤さん、恋ってなんすか。

 

加藤 ……なんなの?

 

小山 なんかさw 恋ってなんすか。

 

加藤 やっぱその……考えちゃうってことだと思うんだよ。会ってない時間に。

 

小山 あぁ。

 

加藤 あれが恋だと思うね。

 

小山 こう別に考えよう、ってはしてないときに、気づいたら、

 

加藤 つい考えてしまう。

 

小山 う~ん。

 

加藤 その人のことを。っていうのが、やっぱ恋した瞬間ね。

 

小山 そうね。

 

加藤 あれ、気づいたらあたしあの人よく見ちゃってる、とかね。

 

小山 ドキドキしてるとか?

 

加藤 ドキドキしてるとか。

 

小山 いいねぇ~まぁ中学生でしょ?

 

加藤 うん。

 

小山 すぐ来るよそんなときは。

 

加藤 うん。

 

小山 まぁ中学、ま高校なんて入ってもまたすぐに気持ちは変わるからね?

 

加藤 あブレーキかけてるんじゃないかって問題もあるね。あれ、あたしあの人のこと別に好きじゃないただ、ただなんかなんとなーく、(小山 うん。)夢に見ちゃっただけーみたいな。こともあるわけじゃん。

 

小山 でもそれが恋の可能性ありますからね~?

 

加藤 あるあるある。

 

小山 う~ん。

 

加藤 一歩踏み出して欲しいね。

 

小山 さ、そんな、みさとさんに聴いていただきましょう。NEWSで、「エンドレス・サマー」。あw 全然関係ないw

 

加藤 違うの?「恋を知らない君へ」だろそこは!

 

小山 そうそうそうw そうそうw

 

加藤 嘘だろ。

 

♪エンドレス・サマー

 


ふつおた

 

小山 ふつおた参りましょう。さぁ、まずはこちらです。「私は先日原宿で慶ちゃんの好きなスイーツをたくさん食べました。その中でクレープを2回連続で食べました。クレープはとても美味しいんですが生クリームが多すぎて気持ち悪くなりました。スイーツ男子慶ちゃんは、スイーツを食べ過ぎて気持ち悪くなったことありませんか?」っていう可愛い11歳からいただきました!

 

加藤 う~ん。

 

小山 シゲちゃんは甘いもの(言い方ふにゃふにゃしてる)食べて、

 

加藤 なるよ。

 

小山 (笑) 早いよ!11歳聞いてくれてるんで。

 

加藤 大体ショートケーキ一つ食ったらもう大体ね、はんぶ、半分ぐらいでなるよ。

 

小山 加藤さん最近甘いもんだったら何がいけんの?最近の。加藤シゲアキ事情として。

 

加藤 いや、俺でもね、俺、甘いもの好きじゃないってざっくり言ってきたけど、

 

小山 うん。

 

加藤 あっ、プリン好きだなって思った。 (笑)

 

小山 危ね!w

 

加藤 (笑)

 

小山 あぶ、お前一番プリンっていう言葉似合わないね。

 

加藤 (笑)

 

小山 危ねぇ今!

 

加藤 あっ、シゲプリンっ結構好きなんだな~って思っ。

 

小山 シゲプリン好きなの?

 

加藤 シゲプリン好きだ。

 

小山 いや、プリン、

 

加藤 シゲ、チョコ好きだったじゃん。

 

小山 うん。

 

加藤 チョコ好きでプリン好きんなったら、

 

小山 プリンもでも、あのスイーツ界ではさ、たくさんプリンもあるじゃないですか。

 

加藤 うん。

 

小山 それこそ焼きプリンなめらかプリン、

 

加藤 あ~!いいね焼きプリン。焼きプリン好きだった~!俺。

 

小山 (笑) いやw

 

加藤 焼くよねあれ!表面!

 

小山 いや、焼くのは天才ですよ。

 

加藤 焼いたときびっくりした。

 

小山 コンビニの焼きプリンで最早美味いもんね。

 

加藤 ちょっと違うけど、あの、なんっだっけあの上焦げてるやつ。パリッパリの。

 

小山 あ~え~っとクリームブリュレ?

 

加藤 クレームブリュレ

 

小山 (笑)

 

加藤 好き好き。好き好き好き。

 

小山 あれいいね。あれ多分バーナーでいってんだろうね。

 

加藤 あれバーナーでいったらバーナーで、バーナー持ってるもん俺。

 

2人 (笑)

 

小山 それ魚用バーナーでしょ?

 

加藤 そうw 炙りしめさば用w

 

小山 (笑) いやいやそう、(加藤 クレームブリュレ、)あ意外といけんだね。

 

加藤 う~ん生クリームと、

 

小山 そうね~シゲ生クリームあんま得意じゃないもんね。

 

加藤 あとフルーツもだから、半分ぐらい、あんま駄目なものもあるから。

 

小山 フルーツだって梨派だっけ?

 

加藤 梨派。

 

小山 そうだよね~。

 

加藤 芋、栗、だから栗駄目でしょ、

 

小山 あ~そうね。

 

加藤 柿、とかもあんま好きじゃないし。

 

小山 でもそれこそ栗のプリンとかありますよ。

 

加藤 それ、もうだからモンブランとか全然わかんないわけよ。だからそっちにいかれると、かぼちゃとかの。

 

小山 うん。

 

加藤 そっちにいかれるとなんだかな。

 

小山 モンブランわかんないっすか?

 

加藤 モンブランわかんない。

 

小山 なんで。美味しいよ。

 

加藤 い~や美味しいんでしょうね。

 

小山 うん。 (笑) 駄目だ。興味ない。

 

加藤 もうなんかあれをさ、なんかあんっなちっちゃいもんで、世界的な山の名前つけるなんてセンスがおかしいだろ。

 

小山 (笑)

 

加藤 どうかしてるよあれ。

 

小山 やめよう。好感度が低くなりそう。

 

加藤 (笑)

 

小山 シゲの好感度失いそうだ。

 

加藤 小山さんどう、

 

小山 僕は食べ過ぎることはね、まぁ、でも、毎日、最近毎日アイス食べてます寝る前に。あの~、

 

加藤 うっわ~寝る前にアイス食う人だ~。

 

小山 いや、最近ね、酒飲むでしょ。寝る前に。

 

加藤 うん。

 

小山 酒飲んで、なんかもう、酔ったら最後アイス食べたいんだね。

 

加藤 それがわかんないんすよね~。

 

小山 う~ん。アイス、食べたいんだねぇ~。

 

加藤 だったら氷でロックで飲めばいいじゃん。

 

小山 いやいやいや甘いもんで、終わりたいんだよね~。

 

加藤 なにの、なにアイス?

 

小山 バニラ、の、こういう棒のやつに、チョコがこう、コーティングされてるそこにナッツがついてるっていう、

 

加藤 あ~w あるねw

 

小山 あるでしょあのw あれまぁ食べますけどねぇ~。

 

加藤 俺やっぱねぇ、(小山 う~ん。)あの~、なんか、ジャリジャリしたシャーベットみたいなやつ好きなのよ。

 

小山 あ~!まぁそうだね。

 

加藤 レモン乗ってるやつ。

 

小山 シゲっぽいわ。

 

加藤 ああいうのじゃないとねぇ、

 

小山 もう昔ながらだね。昔からあるじゃんそれ。

 

加藤 うん。みぞれ、っぽいやつああいうの好きだったね。

 

小山 さぁ、続きまして「先日、ジャニーズウェブのジャニーズWESTの連載ページを見たところ、小瀧くんが、シゲさんから、誕生日プレゼントを貰ったという話が、書いてありました。シゲさんは小瀧くんに、赤ワインをプレゼントしたと書いてありましたが、詳しく聞かしてください」。そんなことしてたんすか。

 

加藤 そういうのを自分で説明しないようにこっそり裏でやってんの。

 

小山 いやいやいや、僕は聞きますよ。

 

加藤 それはだから、ジャニーズWESTのラジオに送りなさいよ。

 

小山 (笑) いやだから、

 

加藤 NEWSサイドに送るなって。

 

小山 いや、小瀧くんファンからしたら、なぜこう、赤ワインをあげたのか、もしくは何故その誕生日を知っていたのか。まぁこうえん、共演もあるでしょうけど。

 

加藤 あ~。

 

小山 小瀧くんとどういう会話をしたのか、知りたいわけですよ。

 

加藤 誕生日を知ったのは、一緒に、最初の出会いっていうかが、(小山 うん。)ドラマの撮影じゃなくて、雑誌の取材だったわけ。

 

小山 うんうん。

 

加藤 確か。

 

小山 うん。

 

加藤 で、いくつなの?って話になったら、今週で二十歳ですみたいな?

 

小山 え小瀧くん二十歳になったの?若いんだ。

 

加藤 二十歳になった。二十歳かぁ!っつって。

 

小山 そんな若いんだ。

 

加藤 それ聞いちゃったらさ。

 

小山 まぁそうだね。

 

加藤 まぁなんかあげたいねぇと思うわけじゃない。

 

小山 二十歳だしね。

 

加藤 二十歳だからぁ、まぁお酒、デビューして、ま二十歳だったら生まれ年のワインとかがさ、

 

小山 うん。

 

加藤 持っとくと、まぁ記念にいいかなみたいな。

 

小山 うん。

 

 

加藤 そんなもんですよ。別に。

 

小山 赤ワインを。

 

加藤 赤ワイン、まぁだから、初心者用、っていうよりは割とちゃんと大人の味をね。

 

小山 うん。

 

加藤 何年か、それ俺こないだね、それで。まぁ丸山くんが、(小山 うん。)と3人で飲んだのよ。

 

小山 うん。

 

加藤 小瀧と。

 

小山 うん。

 

加藤 でさ、その答え合わせみたいなのを、だから俺は、ポンってあげただけだったわけ、メイクしたときに、ごめん、誕生日おめでとう!っつって。

 

小山 うん。

 

加藤 で渡して、別に俺はその、開けたとことか見ずに。

 

小山 うん。

 

加藤 楽屋帰ったから。

 

小山 うん。

 

加藤 あの台詞もあったし。

 

小山 うん。

 

加藤 それで、こた、きが。

 

小山 うん。

 

加藤 丸山くんに、あの誕生日プレゼント貰ってみたいな話して、赤ワインあげた、貰ったんすよみたいな。

 

小山 うん。

 

加藤 でそうそうそうあげたんすよっつって。

 

小山 うん。

 

加藤 ま僕知り合いに、ワイン詳しい人がいるから、その人にちょっといいものね?探してもらって、でまぁ、せっかくだから、俺もおんなじもん買ったわけ。

 

小山 うん。

 

加藤 自分も好きだから。

 

小山 おぉ!

 

加藤 だから2つ買ったのね。

 

小山 だからその、小瀧くんの生まれ年のを2本買ったってこと?

 

加藤 そう。美味しいっていうし、まぁ味も知りたいし。

 

小山 まぁまぁまぁまぁ。飲みたいよね。

 

加藤 いつかなんかあったときに開けようと思ってて、まだ飲んでないんだけど。

 

小山 うん。

 

加藤 で、小瀧に、どうしてんの?っつったらどっか、どっかに保存してんの?って聞いたら飲んじゃいました。って言ったわけ。

 

小山 えーー!

 

加藤 お前w いやいいんだよ。

 

小山 いやいいんだ、いいけどね?

 

加藤 いいけど、(小山 うん。)こいつ、なかなかやるなぁと思って。

 

小山 (笑) ちょっと置くよね。普通はね。

 

加藤 普通、なんか、(小山 うん。)5年後とか。

 

小山 そうね。

 

加藤 30とか。かな~と思ってたの俺のイメージね。いや美味しかったです飲みましたっつってお前w

 

小山 (笑)

 

加藤 面白いなみたいな。

 

小山 逆に飲むことが、

 

加藤 全然いいんだけど。

 

小山 礼儀だと思ったんじゃない?もうすぐ、

 

加藤 いや我慢できなかったって言ってた。

 

小山 あぁ、じゃあお酒はじゃあ、挑戦してみたかったんだね、昔からね。

 

加藤 そうかもしんない。

 

小山 だから赤ワインデビューを、もしかしたらシゲので出来たから、それはでも一番記念すべき一本なった可能性あるよねぇ。

 

加藤 かもしんないほんとに美味しかったとは言ってくれたんだけど、

 

小山 うん。

 

加藤 (笑) 面白い子だなぁとは思ったよ。

 

小山 そうだね。

 

加藤 ちょっとだって置いとくでしょ自分の生まれ年貰ったら。

 

小山 いや、だし、なんかもう、僕も生意気にワインセラーなんてものを買ってみた、からさ、(加藤 うん。)ちょっと、置いといてさ、ちょうどいいときに、とかやってみたいけどね。

 

加藤 なんか記念にとかね。

 

小山 うん。なんかこうタイミングで。でもまぁ小瀧くんからしたら一本目だった、って可能性はありますからね。

 

加藤 そうそうね。うん。

 
小山 さぁそしてもう一枚、「先日、ある雑誌でシゲくんの髭を見ました。髭は不潔なイメージがあり、あまり好きではなかったんですが、シゲアキ、あ、ヒゲアキくんは、むしろ、逆で、(加藤 (笑))大人の色気プンプンでかっこよく、また、惚れ直してしまいました。最近、シゲくんのイケ化が、激しくて、夜しか眠れません」

 

加藤 なんでそういうメールを選ぶの。

 

小山 「どうしたらいいですか」

 

加藤 なんでそういうメールを選ぶの。

 

小山 夜しか眠れないらしいっすよ。

 

加藤 寝れてんじゃねぇかよ。

 

小山 (笑)

 

加藤 しっかりと。

 

小山 (笑) 髭を、ご披露されたんですか。

 

加藤 つけ髭ですよ。ドラマで。

 

小山 あぁあぁ、

 

加藤 あだってやって、見てたしょ今日。

 

小山 見たよ。見たよ。

 

加藤 あれあれ。あれよ。

 

小山 あの~、僕、何も、まさか自分が出ると思わず見た、ドラマで、(加藤 うん。 (笑))泣いてたんですけど。

 

加藤 あ見たの?もう。

 

小山 いや~もちろん感動し、全部、は、あの~見てな、(加藤 あ~。)その要するに、自分のところ、は、自分のイメージでいきたいから、逆に、

 

加藤 あ自分のとこだけ飛ばしたの?

 

小山 だからあんまり見ないようにして、そこはなんか、さーっていう感じでw

 

加藤 え、昨日?

 

小山 そう。帰ってからもう一回続き見るけど。

加藤 あ~途中まで見て。そこでもう泣いたの?w

 

小山 泣いたの。

 

加藤 あよかったいやよかった嬉しいっすよそれは。

 

小山 そうそうそうそうそうそう。いやなんか、もうシゲ、として見てなくて。ほんとに、もう、

 

加藤 それ最高の褒め言葉じゃないすか。もう2ヶ月ぐらいはもうほんっとそのドラマのことしか、まぁ、もちろん他にも合間に変ラボの24時間とかあるから、(小山 いや~そうだよ。)その仕事はやってたけど、

 

小山 うん。

 

加藤 それ、がベース、考えることはもうそれ、みたいな。

 

小山 まぁそうだね。

 

加藤 映画とか小説とかもほとんど。読まずに見ずにやったけど。

 

小山 そうそうそうそうそうそう。

 

加藤 そうそうだから髭はつけ髭だったんだけど。

 

小山 う~ん。

 

加藤 生やすつもりはあったんだけどねぇ、やっぱこう、スケジュール的にもね、ちょっと難しかった。

 

小山 そうだよね。まなんかあの、スタッフさんの話だとドキュメンタリーも、ずっと回っていたようなので。シゲちゃんのやつもなんかちょこちょこは。

 

加藤 うん。

 

小山 その辺も今後ね、はい、よろしくお願いします。さぁここで一曲聴いてください、NEWSで、ここでいきましょう、「恋を知らない君へ」。

 

加藤 今?

 

小山 そうそうw

 

♪恋を知らない君へ

 


■エンディング

 

小山 さぁお別れの時間ですが、一枚短めのメール読んでみましょう。「突然ですが、お二人はスイカに塩をかける派ですかかけない派ですか」。すいませんこんなw (笑)

 

加藤 すぐそんな。いいけどね。

 

小山 いやいや。もういろいろあんだよ。か、いろんな派が今あるじゃちょっと、み、みっつ書いてあるからすぐ答えて。スイカに塩をかける派ですか。

 

加藤 かけない派。(食い気味)

 

小山 はい。す、スイカ派ですかメロン派ですか。

 

加藤 スイカ派。

 

小山 え~スイカですか梨ですか。

 

加藤 梨。

 

小山 ありがとうございました。

 

加藤 そのスイカと梨はさ、(小山 (笑))違くない?尺度が。りんごは梨じゃない?

 

小山 まぁまぁ比べていいんだ。

 

加藤 ねぇ。

 

小山 え?スイカとメロンはあり?比べんのあり?

 

加藤 ん、まぁまぁ見た目がちょっと似てるからね。違うけどね?違うけどね!?

 

小山 (笑)

 

加藤 なんだそれは。

 

小山 俺もそう思ってるよ。番組では(略)。ということで、え~今夜のお相手はNEWSの小山慶一郎と、

 

加藤 加藤シゲアキでしたー。

 

小山 ばいばい!

 

加藤 ばいばい!

 

 

 

■始まってすぐ台風情報入って、戻ったら24時間テレビのドラマ明日撮りますみたいな話してたから一瞬私タイムスリップしたかと思ったw ヨシノリ先生すごい良かったよー!!素敵なドラマをありがとうございました!!そして私エンドレス・サマーはNEWSでトップ5には確実に入ってくる大好きな曲なので!!嬉しかった!!

 

プリントークでテンション上がる加藤さんが可愛すぎました。