読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brightnesses

大好きなものたちをつらつらと。

160906 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ

 

 

 

■2016年9月6日

KちゃんNEWS

 


■オープニング

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、9月に入りまして皆さん通常営業といったところでしょうか、この夏、忙しかったでありましょうシゲちゃんでございます!

加藤 どうも~。

小山 さぁさぁシゲちゃんもね、レギュラー番組やりながらも、ドラマの撮影も2本があって。

加藤 まぁ結果的にね。

小山 上半期、まぁ下半期に入ってるけどもう上半期怒涛だったね。結構、忙しかったでしょ。今年は。

加藤 そう、ね~。

小山 ね。

加藤 でもなんか、やっぱさぁ、(小山 うん。)元がさぁ、そんな忙しくなかったからさぁ、忙しくなっても、忙しいって思わないんだよねなんか。

小山 うん。

加藤 仕事が好きなんだな~と思って。

小山 (笑) わかるわかる。

加藤 小山さんはほら、月木とか月金で大変だから、(小山 うん。)う~んもう俺なんかより忙しいんだろうなぁと思うけど。

小山 まぁまぁでもね、なんか、忙しい~方が、プライベートも上手くいったりするもんで。

加藤 俺もそうだよ(小山 ね。)時間を丁寧に使うようにはなるよね。

小山 そうそうそう。

加藤 だから逆に、ドラマ終わってから、もう、燃え尽き症候群みたいな。なってた。

小山 あ~そうかぁ。

加藤 なってたけどもう一回マッチすったけど。 (笑)

小山 だからドラマのね?あの監督の方と打ち合わせを僕が実はしたときに、(加藤 うん。)シゲちゃんに伝えといてって言われたんだ。

加藤 うん。

小山 もう一回、シゲちゃんのお芝居を見られるのが嬉しいっつってたよ。

加藤 あ~嬉しい。

小山 そうそう。だから、そこに、小山くんも入ってくれて、まさか、シゲちゃんと、小山くんの共演を、僕が、演出できるっていうのは、嬉しいって言ってくれてた。そうそうそう。

加藤 監督もね、すごく前向きな人だからすぐ切り替えてそう言ってくれた、小山のこと可愛いって言ってた。

2人 (笑)

加藤 可愛いってw

小山 あぁほんとw

加藤 彼年上っすよっつって。

小山 打ち合わせ入った瞬間に、出来るよ。大丈夫全然。とか言ってくれてなんかもう、

加藤 そうそういう人なのよ。

小山 そうそうそう。という感じで。

加藤 でちょっといじってくるから。

小山 あほんとに?

加藤 うん。

小山 まぁでも楽しく、(加藤 うん!)やりたいと思いますが。

加藤 せっかくだからね。

小山 さぁここで一通読んでいきましょう、か!「夏のこの時期、まちょっと過ぎましたがサンダル履きますよね。私は裸足でサンダルを履くと、足が汚れてしまうのが嫌なのと、足元が冷えるので必ずと言っていいほど靴下を履きます」

加藤 えっ?

小山 え?「ワイルドなシゲちゃんはサンダルを履いたときの、足の汚れは気になりませんか」

加藤 いやごめんサンダル履いてなかったよりによって。

小山 いいよ。全然いける。

加藤 でも靴下からのサンダル?(小山 いやそういう、)あーでもあるねそういう人。なんか白いさぁ、ソックスでさぁ、

小山 いるいる。スタッフさんとかでいるよねたまにね。なんかね。

加藤 いやでもあっちの方が汚れて気になんない?

小山 俺でも自分でサンダル履いて家入ったらもうそのまま風呂行くわ。

加藤 なるほどね。

小山 う~ん。

加藤 俺あんま気になんないなまぁ、洗いたい、ときもあるけど。ファッションでやるならいいけどね。汚れ気にして、って言ったらそっちの方が汚れてんじゃないかな、っていう。

小山 でもサンダル……まっすーのサンダル今年見てないわ俺。

加藤 まっすーってサンダル履くっけ。

小山 履かないわ。スニーカーだねいつもあの人ね。

加藤 やなんじゃない?

小山 やなんだろうね。いや~そうだわ。

加藤 ちょっと汚れんのが。

小山 そうだわ。まぁね。まぁしょうがないわな。その辺はな。さぁここで一曲いきましょう、NEWSで「4+FAN」!

♪4+FAN


ふつおた

小山 ふつおたです。え~「昨日先輩と男性に手料理をどう褒められると嬉しいかという話をしていました。私は美味しい、超美味しいとテンションが上がってくれれば嬉しいんですが、先輩は、スパイスが効いてて美味しいね~隠し味はゴマかな、など具体的に褒めてほしいといいます。慶ちゃんとシゲアキくんは、女性の手料理を食べたらどう褒めますか」シゲは後者じゃないの。

加藤 うん。ちょっとは言うね。

小山 うん。

加藤 いやでもわかんないときもあるじゃん。隠し味だってわかんなくない?逆に聞くかも。これなんでこんなに、柔らかいのとか。

小山 あ~、喜ぶね。

加藤 すごい美味しいけどこれ何したの?とか。まぁ普通に俺もするから興味があるってのもあるし。

小山 そうだね。

加藤 うん。あんまり、上からいくのもさぁ、(小山 そうねぇ。)ちょっとねぇ。

小山 俺完っ全に前者だわ。
 
加藤 美味しいのみ?
 
小山 うめぇ〜!マジうめぇなんだよこれ!
 
加藤 いや〜、嬉しいんだけど、俺つくってこれ言われたらさ、ほんとかなって思うよ。
 
小山 (笑) だから、
 
加藤 もうその一択しかないじゃんワードが。
 
小山 どこが?ってだから聞いてくれたら、
 
加藤 ちょっと、味わってる?っていう。
 
小山 そうね。いや柔らかぁい!
 
2人 (爆笑)
 
小山 馬鹿みたいなw
 
加藤 もうダーツ、(小山 そうだねぇw)0円食堂かな俺見たんだけどさぁ、なんかスイカ貰って重ぉい!って。
 
小山 あ〜。あれね。あれダーツの旅だそれ。
 
加藤 ダーツかぁ。

小山 そうそうそうそうそうそう。

加藤 あダーツだぁ。
 
小山 じゃ仮にさぁ、ちょっと美味しくありませんでしたと。
 
加藤 うん。
 
小山 そういうときは加藤さんどういう風に言ってあげんのよ。言うっていうかまぁリアクション?食べました。
 
加藤 美味しいって言うよそれでも絶対。美味しいって言うけどぉ、なんかもうちょっと、美味しくなる気がする。とか。もっと美味しくなると思うとか。
 
小山 なるほどね。
 
加藤 で、なんか。一緒に考えたりとか。
 
小山 あ〜。
 
加藤 つくるからね。
 
小山 あ〜。

加藤 あとまぁそんなに気になんない、美味しくはないけど不味くもなかったら別にそんな。
 
小山 まぁそうね。
 
加藤 ただ気に入ってまたつくられたときに我慢してストレス溜まってくのこっちじゃん。

小山 (笑) そうね。
 
加藤 お互いじゃん。
 
小山 どうすんだろ俺。うまぁい!うめぇ!

加藤 でもそれ自分、それは、言った方がいいんだよ絶対。
 
小山 美味いけど前の方がもっと美味かったぁ!
 
加藤 駄目駄目駄目!
 
小山 (笑)
 
加藤 女心わかってないわあなた。

小山 (笑) 駄目だな。むずいな。そうだな〜。気をつけなきゃいけないな。はい。続きまして、「突然ですが私は人が口をつけたものに口をつけることが苦手です」あまっすーじゃん。「ペットボトルの回し飲みも、スプーンや箸やフォークなど回し使いも苦手です」
 
加藤 いや、小山さんいけんだよねそこ結構。それは大丈夫っしょ。回し飲み、
 
小山 そうなんだよねぇ〜。これ意外と大丈夫。「どうやって断ればいいのかそれとも我慢した方がいいのか、宜しければ教えてください」っていうことで、まぁ回し……飲みが嫌なんだろうねぇ!まぁどうしたら、いいのかってことだよねぇ。
 
加藤 拭いたら?
 
小山 とかー。もうまっすー、

加藤 ウェッティーで。
 
小山 まっすー、それまっすーじゃんw
 
加藤 (笑)
 
小山 もうねぇ、あからさまにね、言った方がいいけどねぇ別に、そういう人だって、わかれば僕らも、(加藤 そうそうそうそう。)増田さんになんとも思わないから。
 
加藤 別にやだとも思わないからね。
 
小山 そう。あそういうタイプの人?ってなるけどね。
 
加藤 うん。

小山 いや〜、でも全然、俺それは大丈夫だわ。

加藤 それ大丈夫なんだ。スプーンもいける?カレー、いける?

小山 あ〜い、う〜ん。何それ普通に、

加藤 メンバーならいける?

小山 あメンバーならいける。うん。メンバーならいけるなぁ。
 
加藤 ガイさんは?

小山 ガイさんギリ駄目。

加藤 (爆笑)

小山 うん。ギリ駄目だわ。うん。うん。出来ればやだ。
 
2人 (爆笑)
 
小山 出来れば、やだねぇ。
 
加藤 それちょっと面白い。
 
小山 いける?
 
加藤 俺も出来ればやだなんかw
 
小山 やでしょ?

加藤 ガイさんなんか、

小山 出来ればやでしょ?や〜難しいとこだよねぇいんだよ別に言っちゃいなよ。ちょっと私そういうのちょっと、ちょっとね〜みたいな。まっすー的なとこあって、みたいな。
 
加藤 まっすーw まっすーの、几帳面そこまで浸透してるかわかんないけど。
 
小山 (笑) そうそう。まぁまぁまぁ。もう一枚ぐらいいきますか?「私はよく友達と今度また一緒に遊ぼうと言って、友達が、うん、また連絡するね、と言ってから、いつもそこから連絡がないんです。だから結局いつも自分から誘うんですが、あまり自分からいくのもどうかなと思い待つのですが、全然連絡がありません。やはり自分から誘った方がいいですか?」シゲちゃんどっち派よ。

加藤 いや〜誘わないんだよなぁ〜俺、もう決まった、人としかあんま会わないから、そんないま、いないじゃん。
 
小山 わかるわ。
 
加藤 けど。近年、急に後輩、が増えたりとかさ。
 
小山 いや〜。そうね。
 
加藤 まぁ、後輩が後輩連れて来てまた飲みましょうとか。
 
小山 うん。
 
加藤 そういうのいろいろあるじゃん。

小山 うん。

加藤 だからちょっとこう先輩っぽいことしたいなぁと思うんだけど、正直俺ほら、休みの日は本書いたりするしー、
 
小山 そうねー。
 
加藤 ちょっと、息抜きはもう、決まった仲間でやる、とか知り合いと話したい、からぁ、なかなかこう、新しい人と飲みに行くのってさぁ、
 
小山 体力使うしねぇ。
 
加藤 って思っちゃうんだけどぉ、
 
小山 そうなんだよ。
 
加藤 まぁ、でもそれがさぁ、逆に、良かったりするときもあるじゃん。後輩、(小山 そうね。)刺激になったりとか。小山さん割とそういうのしないの?
 
小山 僕もねぇ、もう、知ってる人、になっちゃうんだよ。

加藤 だんだんね。

小山 いや~、そうよ。
 
加藤 そういう人がいるっていうことも大事だけどね。
 
小山 まぁまぁね。
 
加藤 いつだって、気楽に会える仲間っていう。

小山 ごしさんは最近ね、もうJr.を大勢引き連れてね、お食事行ったらしいっすよ。
 
加藤 へぇ〜。
 
小山 大勢。バーベキューしたっつってたかな。
 
加藤 なんか、そういう方がいいんじゃない?(小山 あぁ。)彼は。なんかびっちり、マンツーってよりは。

小山 シゲマンツーいけるしょでも。いっちゃえば。俺意外とね、後輩人見知りっていうのあって。
 
加藤 うん。えっ、俺もあるよ。

小山 ある?
 
加藤 うん。
 
小山 俺けっ結構あんだよねぇ。マンツーはちよっと苦手なんだよなぁ。
 
加藤 マンツーは後輩マンツーだからさぁ、丸山くんすげえなぁって思ったの丸山くんが、小瀧と二人で飲んでるから来ない?とか。あの人すっごい、変わるのかねどっかでこう、さんじゅう〜さんしで。
 
小山 うん。
 
加藤 変わるかもよ。
 
小山 そうね。いやなんかまだ〜、こう、行ったら回さなきゃ、いけないのかなとか。俺、発信?トーク?みたいなの。
 
加藤 そうなんだけど、後輩って、後輩が回すのも違くない?
 
小山 そうなんだよね。だから、そういうの考えるとやなの。
 
加藤 わかるわかる。だから、4人ぐらいの、(小山 うん。)ジャニーズだったらいいでしょ?
 
小山 そうそうそうw 4人いたらいい。
 
加藤 で回す奴いて、
 
小山 そうそうそう。
 
加藤 ときに自分が話したいこと話して、
 
小山 うん。それ一番だ。俺、プライベートはもう、まわ、さないからね。誰か喋っててほしいのよ。

加藤 でも、小山、さんは気が合うと思うんだよみんな。俺とかさ、基本、気は合わないからね。
 
小山 まぁね。後輩からしても、ちょっと癖ある人と食事来たなって思ってるはずだよ。シゲと飯食って。
 
加藤 そう、だから、こないだはそのあとに、丸山くん、小瀧、俺で飲んでて、そのあとに、丸山くんはマクベスって舞台やってたんだけど、その演出さんを呼んだの。
 
小山 うんw
 
加藤 初対面よ俺ら。俺と2人。
 
小山 うん。
 
加藤 でもまぁまぁ、気さくな人でまぁ、4人で、飲んでたんだけど。
 
小山 うん。
 
加藤 途中でこうまぁ、俺も、その最初はマクベスの感想を聞いたりとか。
 
小山 うん。
 
加藤 にはぁ、まぁ、小瀧がときどき入ってくるんだけど、なんか……シン・ゴジラの話んなって、俺がバーー喋り出して、3人とも見てないんだけど、その演出家の人は、シン・ゴジラの話聞きたい、みたいな。
 
小山 うん。
 
加藤 2人でバーーって喋り合ってた、ときにちらっ、て見たらもう、どーしようかなって顔してて小瀧が。
 
小山 (笑)
 
加藤 あ、あ、なんかごめんと思って。
 
小山 いやそうだな。
 
加藤 ごめん俺の火、俺がゴジラに、ギャイーーン!みたいになってて。シゲ・ゴジラが。
 
小山 そうだな。
 
加藤 シン・ゴジラならぬシゲ・ゴジラが。
 
小山 いや〜そうだよ。
 
加藤 始まってたから、
 
小山 小瀧以外がみんな気に、ねぇ。もう、3人いるわけだから。
 
加藤 もう、口から火ぃ吹いて背中からピーン!ビーム出てたから俺も。危ない危ないと思って。

小山 う〜ん。そりゃそうよ。

加藤 あれ危ないね。

小山 オッケオッケ。では、ここで一曲いきましょうNEWSで「weeeek」。

♪weeeek


■エンディング

小山 さぁお別れの時間ですが、エンディングにもう一通いきましょう、え~「最近抱き枕を買いました。でも気づいたんですが、抱き枕って寝るとき一瞬抱きついてるだけで、結構早い段階で抱きつくのやめちゃいませんか。抱き枕というより、一緒に寝てる感じです」シゲちゃんなんか持ってたよね。
 
加藤 俺持ってるチンアナゴとか。
 
小山 出たチンアナゴ
 
加藤 2つぐらいある。

小山 それはなにどういう状態でベッドに存在してんの?イン?ちゃんと抱っこして寝んの?それ。
 
加藤 抱っこして寝る。最初はね。
 
小山 チンアナゴを?
 
加藤 チンアナゴを。

加藤 だから抱っこして寝て、どうなってるかなぁ、そのままんときもあるけどね。

小山 チンアナゴのあのカーブがちょうどいいのか。身体に。
 
加藤 ちょうどいい。
 
小山 チンアナゴ、洗うタイミングあんの?

加藤 チンアナゴ、こないだ友達が、来て、お酒をこぼして、

小山 うん。チンアナゴに?

加藤 うんチンアナゴに。したら、それ誕生日前だったんだけど、誕生日プレゼントにチンアナゴくれてw
 
小山 (笑)
 
加藤 今俺2代目チンアナゴ
 
2人 (笑)
 
小山 チンアナゴブラザーズだ。
 
加藤 チンアナゴとランニングマンしてんだよ。
 
2人 (爆笑)
 
小山 マジか〜。
 
加藤 うん。 (笑)
 
小山 面白いな。さぁ、ということで、皆さんからの(略)。お相手はNEWSの小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでした~。

小山 ばいばい!

加藤 ばいばい!



■もう9月かぁ~。夏終わっちゃうね。別に夏そんなに好きじゃないしまだ暑いけど。コヤシゲは安定の可愛さです。チンアナゴとランニングマンwww