読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる君が好き

161004 KちゃんNEWS(手越)

 

 

 

■2016年10月4日

KちゃんNEWS

 

 

■オープニング

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、(手越 おいっす。)10月に入りまして~、学生の皆さん夏服から、冬服に。

手越 なるほど。

小山 なったということで、手越さんどうなんすか夏から冬にかけてのファッション、どんなファッション、ま夏のが好きなんすかどうなんすか冬でも好き?

手越 冬も好きっす。

小山 あのニットみたいなの好きでしょ?

手越 ニットふわふわでニット帽とか被って。

小山 あ~。

手越 可愛いっすね。

小山 ゆるゆる。

手越 そうっすね。

小山 う~ん。

手越 僕ニット帽、そういいっすね。

小山 ごしさん裏切らないからね系統がね。

手越 いやもう俺わかりやすいですよ。

小山 う~ん。

手越 う~ん。

小山 夏。どうでしたか今年の夏はまぁ、我慢したこともあるでしょプライベートと、

手越 たくさん我慢しましたよ。

小山 でも楽しんだことは楽しんだ?

手越 いやどうかな。

小山 うん。

手越 かき氷は食ったけどね。

小山 (笑) まそんくらいだわな。

手越 いやほんとだってもう24時間テレビモードだったからさ。どうも。見て、パツキン、

小山 もうね、マイクドン当たっちゃってるから。

手越 (笑)

小山 マイクがドーンなっちゃってるから。

手越 (笑) えー、ゼンハイザーゼンハイザー。オーケイ。

小山 (笑) もう。メーカー?なに。なんの話してんの。

手越 (笑)

小山 なんの話してんの。

手越 ゼンハイザー

小山 メーカーね、マイクのメーカーの話してんの。

手越 俺らのライブ、ゼンハイザー

小山 オーケイオーケイ。一緒なのね?

手越 一緒。

小山 いいね。

手越 セイムワン。ゼンハイザー

小山 わかったわかった。気に入んじゃねぇよ黙れ。

手越 (笑)

小山 いきますよ。まずは群馬県の、マリオ(↑)さん。

手越 マリオ?

小山 いやだからもう、

手越 プーン。

小山 だからw 飛ぶな飛ぶな。

手越 (マリオの音)

小山 死ぬな死ぬな。

手越 (笑)

小山 行くぞ。

手越 はいどうぞどうぞ。

小山 え~、毎週楽しみに聴いていますと「私は小6のときに、NEWSのデビュー会見に行ったその日から、(手越 おっ!すげぇ。)手越くんのことがずっと大好きです」

手越 あれあんときいたんだじゃあ。

小山 そう!

手越 えぇ!

小山 「手越くんはこれまで、女子高生女子大生社会人の魅力をお話してくださいましたが、(手越 はいはいはいはいはい。)是非、主婦になった私たちにも希望をください」

手越 主婦。

小山 ということで。

手越 はいはいはい。

小山 そのとき見た、女の子小6のときに見た女の子が、今じゃ主婦になってると。

手越 は~!じゃ、俺と同い年ぐらいなのかなぁ。

小山 にーよんですねでも。

手越 あっ、にーよん。

小山 にーよんなので。

手越 あらま~!日本テレビどうもありがとうございます。

小山 いやいやw 24時間テレビにーよんと言いますけども。

手越 (笑)

小山 さぁ、主婦の魅力。

手越 主婦の魅力かぁ。

小山 今まで言ってきました女子高生女子大生社会人の魅力言ってきました(手越 はい。)主婦の魅力。旦那さんがいらっしゃいます。

手越 はいはいはい。主婦の魅力か。

小山 はい。

手越 でもなんかさぁ、なんだろ。俺の中の主婦って、やっぱ料理が出来る。

小山 料理が出来る。

手越 で、

小山 家庭的だよね。

手越 で、家帰った、旦那さんに向かって、お風呂にするる食事にする?あなたどっちがいい?

小山 あぁ。

手越 この、台詞ってやっぱねぇ、

小山 うん。

手越 俺の中ではもう永遠の、憧れなのよ。

小山 ほしい?やってほしい?

手越 やってほしい。

小山 あぁ。

手越 で朝起きたら、コンコンコンコンね。台所から。

小山 朝はね。

手越 まな板の音で。起きて。であなた~。あなた、って言ってほしいね。

小山 (笑) いいね。

手越 あなた~。ご飯つくってるわよ。

小山 うん。

手越 うん。ありがとう。あれ。味付け変えた~?なんて言っちゃって。

小山 (笑)

手越 変えたわよなんて言っちゃって。で、旦那さんがね、仕事行ってるときには、家でさ、それこそレタスクラブみたいな雑誌を見てさ、

小山 うんw

手越 こうさ、一生懸命、旦那のことを想いながら、料理を研究する。

小山 うん。

手越 ね?で、束の間の、女子会カフェ。そういうのいいよね。

小山 しっかり妄想出来上がってるね。

手越 えぇ。

小山 しっかりと出来てるね。

手越 そういうのいいのよ。

小山 最近さ、手越さん一緒に車なんか乗って移動してると、ボソッと、あの、溜息みたいに、子供欲しいっていうのやめてもらっていいっすか。

手越 (笑)

小山 あれなんなんすかw 

手越 いや今俺もうね、MAX子供ほしいモード。

小山 子供ほしいってなんなんすか。

手越 いや、俺やっぱさ、周りがたまたまなんだけどここ1、2年に、結婚出産が多かったの。すごく多かったの昔からの俺の仲間が。

小山 だって最近も、うちのレコード会社の、担当の家行ったんでしょ?

手越 いや行ってきました。行って子供、が2歳の子と、今もうほんと数ヶ月の子、がいて抱っこしてさ。

小山 うん。

手越 めっちゃ可愛いのよ。

小山 いい?

手越 で俺泣かれないのよ子供にあんまり。

小山 あそうなんだ。なんなのキャラクターみたいのかなぁ。

手越 割とあやせるのよ。

小山 うん。

手越 で子供に慣れてるねぇ、ってぜっ、必ず言われるわけ。

小山 うん。

手越 結婚は正直俺まだ、ゆうても興味ないのよ。

小山 うん。

手越 でも子供とは、あんまり年の差が離れたくないなっていうのがあんの。

小山 なるほどね?あんまこ~、年を重ねてから、パパんなるよりも、なるべく、若いうちに。

手越 若いパパとかさ、一緒にスポーツもやりたあしさ。

小山 うん。うん。

手越 もう子供、ちっちゃい子がサッカーのスクールで一生懸命ボール蹴ってんの見るだけで今最近キュンキュンして愛おしくなっちゃうもん。

小山 でも手越!っていう苗字だったら、もう苗字強いから名前も考えなきゃなぁ~。

手越 ね。

小山 そうだよなぁ~。

手越 えぇ~。

小山 お互いパパんなる日がね?

手越 来るんだよいつか。

小山 いつかね。

手越 いつか来んだよ。

小山 うん。そうね~どうすんの?自分の~息子が金髪でさ。

手越 うん。いや、息子は、もう好きにしてくれって感じ。

小山 あぁ~。

手越 もうほんとに、罪を犯さずに、体の病気さえ気をつければ、俺なにやってもいいと思う。

小山 なるほどね。

手越 飲みに行ってもいいし、いろんな女の子とお付き合いして、いろんな男の子と、いろんな経験して。

小山 うん。

手越 俺もう、好きにやってくれと。

小山 うん。

手越 伸び伸びと。

小山 うん。

手越 ただ女の子だった場合。

小山 だった場合。

手越 パパと。ちょっとクラブ行ってくる。

小山 うんw

手越 待て待て待て待てと。

小山 (笑) そこは厳しいんだ。

手越 待て待て。ダメダメダメダメ!

小山 パパぁ。ハロウィンのイベントでクラブ行ってくるね~。

手越 うわ~~~!ゾンビになってついてく~!

小山 (爆笑)

手越 (爆笑) って感じですよ。想像どう?息子娘の場合。

小山 絶対やだよ。

手越 娘で?息子?

小山 いや息子だったらマジどうなにしたっていい!

手越 あぁ。

小山 勉強しなさいとももしかしたらそんな強く言わないかもしれない。

手越 はいはいはいはいはい。

小山 いや~娘は駄目だ!

手越 駄目だよな。

小山 あ~~自分の娘がなんかこ~やりだしたらやだね!

手越 やでしょ?

小山 俺スカート短くてもやだかも女子高生で。

手越 飲み会とかもちょっと、ほんとに。

小山 いや~、立ちこめてなぁ。

手越 飲み会とかほんと家政婦のミタばりにこう外から。

小山 (笑) パパいるよ、なんつって。

手越 娘にテキーラなんか煽った日にはもう入ってく。

小山 (笑)

手越 おいこの小僧!こらっつって。俺の娘にテキーラ煽りやがってこの野郎っつってお前。許さんぞそんなんお前。

小山 わかったもう曲いくね。

手越 うんw

小山 NEWSで「I・ZA・NA・I・ZU・KI」。

手越 いざなっていざなって。

小山 ゲダウェイだよお前が。うん。

手越 (笑)

小山 (笑)

♪I・ZA・NA・I・ZU・KI


ふつおた

小山 さぁふつおた参りましょう。

手越 う~~ん。……ふつおたぁ!?

小山 いやいやいや驚くな。毎回やってんだよ。

手越 あ~ありがとうございます。

小山 はい。

手越 はい。

小山 「私の高校では先日バレーボールのクラスマッチがありました」

手越 ほう!

小山 「祐也くんの口癖である、オ~ケ~イ、ナイスぅ~を、応援で、多用したところ、クラスのみんなにも伝染してしまい、(手越 (笑))みんな手越語で、クラスの応援をしていました。

手越 あいいっすねぇ。

小山 「結果は高校生最後のクラスマッチで優勝することが出来ました」

手越 お~すご~い!すばらすばら。

小山 「これは祐也くんのおかげといっても過言ではありません。ありがとうございました!」ということで。

手越 すばら!
 
小山 はい!オーケーナイスーがもう伝染しています。

手越 いや~~、嬉しいっすね。
 
小山 うん。
 
手越 それはもうやっぱり。心のどこかで、僕が生きている、っていうことをしょうか、証拠ですから。
 
小山 そうですねぇ。
 
手越 えぇその子たちの中、体の細胞の一部に手越が入り込んだってことですから。それは嬉しいっすよ。

小山 (笑)
 
手越 どうでしょう。 (笑)
 
小山 はい。すばらです。
 
手越 すばらでしょ。いやすごいですね高校最後の思い出、オーケーバレーオーケー!オーケおっぱいバレーオッケイ!
 
2人 (笑)
 
小山 綾瀬さんがやったまぁ映画だからまぁいいですけどね?

手越 そうですよ見に行ったことありましたから。
 
小山 あ見に行ったことあるんすかw
 
手越 あれ昔見に行きましたw おっぱいバレーを。
 
小山 あそうですか。共演されてましたっけ?
 
手越 あぁ僕ホタルノヒカリで。
 
小山 あっ、そうっすね。
 
手越 まぁその当時は、共演する前だったので、そのバレーの前についてる4文字のおっぱいっていう文字だけで見に行きましたけど。
 
小山 あぁエロの方が働いたわけだw
 
手越 正直はいw 高校生か大学生ぐらいでしたから。
 
小山 まぁまぁまぁありますねそんなことはね。
 
手越 えぇ。そうですそうです。
 
小山 静岡の、えなさん。
 
手越 うんオッケイ!
 
小山 うん。「私には好きな人がいるんですが、その人には、7歳年上の、彼女がいることが、最近わかりました」
 
手越 なるほど!
 
小山 「このとき、手越くんは好きな人に自分の気持ち伝えますか?」
 
手越 はいはいはいはい。
 
小山 「それとも伝えずに自分の気持ちが消えるまで待ちますか」
 
手越 なるほど。
 
小山 いるんです。
 
手越 なるほど。
 
小山 彼女がいるんです。
 
手越 彼女がいる。
 
小山 どうでしょう。
 
手越 よし!一つだけですね。もうアドバイスは。
 
小山 おぉきました?
 
手越 はい。奪え。これです。
 
小山 出たw そうなんだよ。ごしさんに聞いたらもうそれしかないもん。
 
手越 もう俺は関係ないですから。相手に彼氏、かの、彼氏?がいても、全くもう、もうほんと、ハードルのハの字にもならないから。
 
小山 自分がすごい好きで、可愛い子がいました。
 
手越 はい。
 
小山 いや手越くん実は私ね、彼氏がいて、もう3年ぐらい、結構いい感じなんですよね〜。
 
手越 うんうんうん。

小山 でも手越さんどうしても好き。どうすんの。いい感じなんて言われちゃってるわけよ。

手越 はいはいはい。

小山 それでも?
 
手越 いや俺にしかない、その3年付き合ったっていう彼氏にはない、刺激をいっぱい与える。その、刺激だらけにする。

小山 なるほどね。
 
手越 やっぱり、安定と刺激ってこう両極端じゃん。
 
小山 うん。
 
手越 ま結婚生活は俺安定でいいと思うんだけどお付き合いはやっぱ刺激が必要だと思うの。
 
小山 うん。
 
手越 やっぱり3年も付き合ってると、やっぱりいろんなことがマンネリ化っていうの人間だからしちゃうじゃん。
 
小山 はい。
 
手越 そこを突いて、いろんな刺激、その彼氏が見せてないこの景色とか。
 
小山 うん。

手越 っていうものを、見せます。

小山 なるほど。

手越 はい。絶対奪います。
 
小山 でも、そこ3年付き合ってても例えばそこで手越と会う環境にある時点で、全然隙間あるもんね。

手越 ま脈アリですよ。
 
小山 う〜ん。
 
手越 狙った獲物は逃がさない、そう神出鬼没の大泥棒ワオ!オッケーーイてごいろクローバーです。帰ります!

小山 帰んなよ!w なんだの今。なんなのそれ。
 
手越 なにがw
 
小山 発作みたいな。なんなんだよお前。
 
手越 (爆笑)
 
小山 なんだなんだ。なんなのお前。

手越 なにがなにがw
 
小山 お前一緒に飲んでるときもそういうときあるからな。
 
手越 なにがw
 
小山 ぱって(?)帰ります。帰んじゃねぇぞ。

手越 (爆笑)
 
小山 飲めっつんだよ。
 
手越 (爆笑)
 
小山 そうなんなんだよお前。

手越 そうっすかw

小山 まぁでもね、彼は、楽しいと思うよ。一緒にいたらずっと喋ってんだから。うるっせぇうるせぇ。ずっと喋ってんだよ。
 
手越 うるさいかな俺やっぱ。
 
小山 いやいやまぁいいですよ楽しいですからね。
 
手越 うん。
 
小山 もう一枚いきますか。

手越 はいワ~ンモアタ~イム♪オーケイ。
 
小山 オーケーイ。いきますよ?w 「私は最近困ってることがあります。それはナンパです」

手越 ナンパちゃん。おぉ。

小山 「俺と、お茶しようよとよく声をかけられます。私は結構ですと言って断るんですが大体断ったあともしつこく声をかけてきます」

手越 なーるほどそれはうざいですね。

小山 「手越くん是非ナンパの対処法を教えてください」19歳女子大生。

手越 なるほど。

小山 JDの方です。

手越 えーと対処法ですか。

小山 はい!

手越 僕がその子をナンパしましょう。

小山 いやいやだからだからw だからw 違うそういうことじゃないw

手越 そういうことじゃない?そういうことじゃない?

小山 そういうことじゃないんだよ。

手越 そういうことは違うの?

小山 それでオッケーじゃないんだよ。

手越 あっ違うんすかw

小山 オッケーなるかもしんないけどそれはそれで。

手越 ほんと?ほんと?俺でもね、こw こんな性格だけど、絶対ナンパ出来ないからね。

小山 絶対無理だね。

手越 俺マジ無理。

小山 手越声かけらんないね。

手越 なんかシゲが一回さ、なんか番組でやってたじゃん。

小山 やってたやってた。

手越 あのアレクと。

小山 アレクさんとね。うん。

手越 俺絶対に無理!でもさ俺ナンパ思うんだ、海行ったりとかさ、街とか歩いてたりナンパ結構してる奴とかいるじゃん。

小山 うん。

手越 まぁ下手だよね。

小山 まぁそうだね。どんな、普通のってどんなのさ、街、

手越 や、普通俺ね?

小山 うんうん。

手越 なんでこんな言い方するのかって思うんだけど、海とかでさ。

小山 うん。うん。

手越 ねぇねぇ2人?

小山 うん。

手越 なに、2人だけ?

小山 うん。

手越 あ、マジ?あのさ、友達来るから一緒に飲まない?ねぇ。

小山 あ~~。見る見る見る見る!うん!

手越 これね!これよくあるじゃん。

小山 うん。

手越 これ大体、こういう感じなのよ。

小山 うん。

手越 俺そういうのを、こう海の家とかから見てて、そんな言い方引っかかるわけねぇじゃねぇかよ。

小山 (笑)

手越 女の子の気持ち考えろや!って思うわけ。

小山 ごしさんだったらもし、(手越 俺だったら、出来る性格だったらどういうこと?

手越 俺だったら、俺だったらもう下手にいくよ。

小山 うん。

手越 別に上からとかじゃなくて、普通に、すいませ~んって言って、今お二人で来てるんですか?って言って、僕だったら僕今ちょっと友達と一緒に来てるんですけど、もし迷惑じゃなかったらでいいんですけど、迷惑じゃなかったら、一杯でも、あのもしよかったら乾杯、したりとかしませんか?奢るんで。
 
小山 おぉw
 
手越 ってここ、腰低くいくよ。
 
小山 嫌な気しないもんね?別に。
 
手越 だってさ、やっぱさ、ねぇねぇっていくとやっぱさ、
人間なんだからさ、
 
小山 構えるわな。

手越 構えるじゃん。
 
小山 うん。
 
手越 構えさせちゃ駄目なわけじゃん。ナンパって。
 
小山 うん。
 
手越 で俺見てて、俺出来ねぇけど、へっただな〜なんでこんなイケイケな感じ出していくのこいつら、って思いながら見てる。
 
小山 だからそれがナンパの仕方っていうのがもう、
 
手越 そう女心を勉強出来てないよね。そういう奴ら。もっと勉強してからナンパしろよって話よ。

小山 (笑)
 
手越 もうやんだったら。やん、どうせやんだったら、成功率を上げる努力をしろよって思う。

小山 そんなあなた出来ないんでしょでも。

手越 出来ないw 

2人 (笑)
 
手越 悔しい!悔しいです!
 
小山 出た出たw カッチカチや!久々に!
 
手越 (笑)

小山さぁここでいきましょうw 一曲NEWSで「ライフ」

手越 生きてこ。

♪ ライフ


■エンディング

小山 さぁお別れの時間ですけれども一通読みます。こんばんは私の悩み聞いてください。

手越 オーッケ来い。
 
小山 私は昔からカラスと鳩が怖いですと。
 
手越 なるほど。
 
小山 まいろいろ書いてあるんですけれども、カラスや鳩に勝てる方法を手越くんに考えてほしいと。

手越 勝てる方法?
 
小山 うんw
 
手越 解決シフトしてんの?
 
小山 そうそうそう。や、や、飛んできたり鳴いたり、驚くじゃん。
 
手越 うん。
 
小山 カラス、と鳩が飛んできたら、なんて言うかだよね。バタバタバタバタバタバタバタ!

手越 カァ~!カァ~!カァ~!
 
小山 (笑) そっち?w
 
手越 カァ〜!これですw
 
小山 え自分もカラスになんの?
 
手越 もう自分もカラスになっちゃいましょうw
 
小山 自分もカラスなの?w
 
手越 えぇ、えぇ。そう。や、異種の感じがするから怖いから、

小山 鳩来ましたポウポウポウ!
 
手越 ポッ!ポッ!ポッ!ポッ!ねぇwねぇKちゃんNEWS今度さ、映像入れて?マジでw 俺すげえ動いてんだけど全然伝んねえじゃん。
 
小山 (笑)
 
手越 いつも思うんだけど。映像入れてくんね?KちゃんNEWS今度から。マジでw
 
小山 マジカラスと、鳩に勝つには、自分もカラスと鳩になんなきゃいけないの?
 
手越 なるしかないっす。
 
小山 いやマジか〜。
 
手越 もう同類化する。同類化したら怖くないから。
 
小山 いや〜、
 
手越 えぇ。一緒の、仲間んなるから。同類化すれば。
 
小山 面白かった〜。
 
手越 これですね。
 
小山 うん。俺今日一番笑ったわ。
 
手越 (笑)
 
小山 あ〜面白い。
 
手越 これです。
 
小山 葉書とメールお待ちしております。(略)
 
手越 今日も疲れたわ。今日も疲れた。
 
小山 え〜〜、ここでね。僕たちNEWSからのお知らせでございますけども!え〜頑張ってやってきましょうという感じでね。
 
手越 はい。
 
小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、
 
手越 はぁい手越祐也でしたぁ。
 
小山 あカラスカラスとカァーカァーカァクワァ!
 
手越 ケー!ケー!
 
小山 (笑)
 
手越 ケ、映像入れよう。
 
2人 (笑)
 
小山 ばいばい。
 
手越 ばいばいw
 
 
 
■何回聴いても小山さんのぱっとのあとなんて言ってるか聞き取れなかったんだけど、てごいろクローバーからの帰りますの手越さんやばい(笑) どうした(笑) ごしさんさすがです。