読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる君が好き

161025 KちゃんNEWS(加藤)




■2016年10月25日

KちゃんNEWS

 

 

■オープニング


小山 さぁ!こんばんは加藤さん。

加藤 もう選んだの?メール。

小山 ペンパイナッポーアッポーペンの方で今日いきましょうか、加藤さん。

加藤 あ〜、はいはいはい。

小山 盛り上がっていきましょう加藤さんw

加藤 そうですね。

小山 どうもNEWSの小山慶一郎でございます、ゲストはこの方加藤シゲアキくんですぅ(↑)!

加藤 どうも加藤シゲアキです(↑)!

小山 どうも!

加藤 うん。

小山 加藤さん寝起きですか。

加藤 俺移動中にいっつもちょっと

小山 あほんと?盛り上がっていきましょうペンパイナッポー?

加藤 アッポーペン。

小山 オ〜ケ〜〜イ!いきましょう!じゃあ、え〜w 加藤さんね、久々に来られたということで。

加藤 なんで俺一回とんだの?そういえば。すっげー久しぶりだな。

小山 え?違う24時間テレビの前に来たんだっけ。

加藤 すげー久しぶりだね。

小山 そうか〜久々だな〜!シゲちゃんさぁ、まぁ、僕ら、その間にもNEWSな2人とかあってまぁ話しましたけどー、ま世の中の方からするとやっぱ鼻血が心配だと思いますよ。

加藤 そうっすね。

小山 僕なんかは、昔から加藤さん知ってるから、よ〜〜く鼻血出されるの知ってるんだけど、

加藤 そうでしょ。だからなんもせずに出たからねほんと。鼻触ってないのにつっとこう出るのは怖いよね。自分でも。

小山 あるけどね。俺も風呂入ってても、

加藤 あるよある。

小山 ポタポタッ、あっ!ってなるもんね。

加藤 あるある全然もうだから。まぁ僕はね、その、心配かけましたけど小山さんいつ知ったんすか?僕が鼻血を出したことを。

小山 僕ネットニュースで見たんすけど。

加藤 なんで。自分で調べて?

小山 いやまぁまぁ、一応いろいろと、あの〜、ネットニュース見るじゃないすか。いろんな事件どこまでどう進んでるかななんて見てたら、

加藤 朝から。うん。

小山 なんかNEWS加藤シゲアキ、鼻血で、ビビッとなんか、遅刻みたいな感じで書かれてて、えどうしたの!?と思って読んでたらさぁw これ加藤さんにも言ったんすけど、これ嘘みたいにほんとの話なんだけど、それを読んでるときに、ちょっと鼻を押さえたら、僕の手に、血ついたんすよ。 (笑)

加藤 怖いよそれ。

小山 いやマジ怖い。

加藤 マジ怖い。

小山 いや俺もよく鼻血出すんです実は。

加藤 うん。

小山 僕ら鼻血出すじゃない。

加藤 うんw 

小山 で、シゲちゃんはほんとに垂れるレベルで出るけど、俺は

加藤 地味で、地味な出方すんの?

小山 それは、中で留まってる鼻血だから、そんなに気づかれないんだよ。

加藤 あそうなんだ。なん、なんで中で留まるその、ちょっとした鼻血がw

小山 俺ライブ中とかもあるからね、中で留まってる鼻血。

加藤 マジで?

小山 ちょっと触ってやべぇ鼻血出てきたって思うけど一曲始まっちゃうじゃん。はけてがぁ!鼻かんだらまぁ止まるみたいな。

加藤 あ〜そういうときもあんだけどね俺もあの日はもう全然駄目だったね。

小山 でもさ生放送中に出ちゃうってちょっとテンパるの?やっぱり。

加藤 テンパるけどー、まさすが太一くんがね、やっぱ面白くしてくれるよやっぱさすがだよ先輩。ほんとに。

小山 いやそうですよね〜。まぁまぁ今日はちょっとまだテンション上がってないと思いますけどね。

加藤 上がってる上がってる。

小山 こっから上がっていきながらね、

加藤 イェイイェイっつって。

小山 イェイイェイということで進めていきましょうかじゃあまずは一通読みましょう、「シゲアキくん小山さんこんばんは!

加藤 はーい、こんばんは!

小山 お。先日、手越くんファンの友達がラジオが読まれたと言っていたので、その回のラジオを聴いたんですが、シゲアキさんのラジオと温度差がありすぎてびっくりしましたと。友達が送った、祐也くん大好きですという言葉に、手越くんは、ありがとうと返すやりとりが羨ましくてなりました。シゲちゃん、今夜だけは、手越くんが出る回のような甘いKちゃんNEWSにしてくださいみたいな感じのことが書かれています。でも今あの〜、こんばんは〜なんて言ったらこんばんはって返してくれたんで、

加藤 こんばんは。ありがとう!

小山 最後に書いてあります。シゲアキさん大好きです!

加藤 ありがとう〜!

小山 (笑) 大好きです!

加藤 まぁほんとに好きかわかんないよねでも。

小山 やめとけw 捻くれんなそこで。そこで捻くれんな。

加藤 (笑)

小山 17歳の、リオさんが頑張って、伝えとんのよこれ。

加藤 ほんとに好きって、どれぐらい好きかわかんない。

小山 どうやってやんの。

加藤 私のことどれぐらい好き。

小山 あー!きたー!

加藤 (爆笑)

小山 これぐらい?これぐらい?

加藤 (爆笑)

小山 そういう女嫌ーい!

加藤 (爆笑)

小山 やだ〜。

加藤 (爆笑)

小山 そうねぇ。まぁまぁまぁ、でも、これが読まれて、今シゲちゃんのリアクションあったわけですから。

加藤 はい。やりましたいかがでしょう。次!

小山 ま手越まっすーなんかラジオネーム読んだりすんだよ例えばだから、埼玉県のリオさん。リオさん。みたいなね。

加藤 あ〜。

小山 うん。

加藤 うん。その時間がもったいないね。

小山 いやいやもったい、食いでこいや。

加藤 (笑)

小山 埼玉県、リオさん。

加藤 リオさん。

小山 シゲアキくん大好きです。

加藤 ……どれぐらい?

小山 (笑) やめろ。めんどくさいw どれぐらいじゃ続いちゃうから。じゃあリオさんこれどれぐらい好きかメール送ってください。

加藤 どれぐらい大喜利待ってますわ。 

小山 しかも大喜利のせんの?

2人 (笑)

小山 ここで一曲NEWSで「BE FUNKY」

♪BE FUNKY



小山 ふつおた参りましょう〜、神奈川県、オコメさん。

加藤 オコメさん。

小山 お〜。「最近自分が見たいと思っていた映画や、ドラマを見る前に、ネタバレされてしまいます。親しい友達なら、それ見たいから内容言うのやめてほしいなどと言えますが、授業中にクラスメイトが大声で話しているので言えません。なにかいいアドバイスありませんかね」と。まぁまぁ、意図せぬところで入ってきちゃうとこだね?

加藤 早めに見ればいいんじゃない?誰よりも早く。

小山 なるほど?もう、ネタバレ前に、

加藤 そうね。それしかなくない?だってそれ

小山 公開日。

加藤 それ不可抗力じゃん。もう。

小山 うん。そうね。

加藤 友達だったら言わないでとかさ、言うけど。

小山 そうねぇ。

加藤 教室から聞こえてくんのすら嫌ならさぁ、もう。

小山 うん。

加藤 ノイズキャンセルのイヤホンつけるか、早めに見るかしかもう。

小山 (笑) 現実的。いやでも、その早めに見るっていうので、ものすごい僕だんだん今納得した。間違いないわ。それしかねぇわ。

加藤 (笑) まさかの納得したw

小山 納得した。で、俺だったらちょっと嫌な奴だから、俺。

加藤 ネタバレ嫌いな人でしょ?

小山 うん。俺が、クラスで、ネタバレする方に一回なっちゃう。こんな気持ちなんだよ。

加藤 あ〜〜。あ〜〜。

小山 うん。

加藤 なるほどね。

小山 ゴジラこんなんだったっていうのをさ、

加藤 俺はね別にいいのネタバレ聞いても全然大丈夫なの。

小山 マジで?

加藤 全然大丈夫。

小山 シゲこそ怒りそうなのに。

加藤 俺はどういう結末に向かってどうやって組み立てるのか、っていうのでも楽しめるから全然。

小山 内容、

加藤 ただ、知らない方が楽しめるってものもある。実際。

小山 まぁまぁそうだよね。

加藤 うん。

小山 なんかさ、一回見に行って、あれこうこうこうだったってもう一回見るとかあんの?

加藤 あるあるあるもちろん。ざらに。

小山 え〜!あるの。

加藤 その伏線回収、

小山 そうね。まぁ、気づかないうちにってとこありますからね。

加藤 う〜ん。

小山 さぁ続きまして、静岡県の、セラちゃん。

加藤 ……セラちゃん。

小山 (笑) ごめんねみんな慣れないからまだ。加藤さん。ちょっと間出来ますけど。

加藤 いる?この時間。

小山 いるいるいる。「この前映画を見に行ったんですが、 エンドロールの途中に立ち上がる人を見て、もったいないな、映画は全て見てなんぼだよなぁと感じてしまいました。映画通の加藤さん、エンドロール中に席を立ってしまうことってありますか?またNEWSのメンバーの皆さんはエンドロールを見る派ですか見ない派ですか」どうなんすか。

加藤 200パー見る。

小山 お200パー。じゃあもう客観的、

加藤 あの時間で、例えばじゃあ、日本人だったらスタッフ見るよ。あの誰が、例えば撮影やってんのかなとか。

小山 は〜!

加藤 見るし、海外でもまぁでもわかんないよね。それも、音楽、誰やってんのかな〜とかはあるから音楽って最後の方じゃん。

小山 うん。

加藤 あとロケ地とかわかるときもあるし、例えばインド映画とかも全く読めないときとかあんじゃん。そういうときは、もうその時間は考える時間みたいな。

小山 なるほどね。

加藤 見てるときあんのよ俺が。前通る人とかほんと信じらんないよね。

小山 まぁあるわな〜。

加藤 なにに、そんな、時間が、忙しいってのはわかるけど、あと最近はほら、あの〜、海外は、エンドロールあとにもうちょっとついたりするから、

小山 あるんぁ。あれ困っちゃうんだよ。

加藤 でもそれもね、大体わかるよ。こういう映画は、つくなぁとか。

小山 えわかるの?

加藤 わかるわかるマーベルDCはつくなって、それはアメコミとかはつくの絶対。

小山 え〜!

加藤 次の伏線になるから、し、まぁ基本見てりゃいいじゃん、ピクサーとかも。

小山 そうねぇ。

加藤 見ないの?

小山 いやいや、う〜ん、一回立ち上がって、後半あるかな、一回座る。

加藤 そういう人はもう一番外に座ってほしい。

小山 えそうっすかぁ?

加藤 うん。

小山 いやただね?あの〜、やっぱり、映像側で出てるときがあるじゃんま映画は出たことないけど、なんか、どれぐらいのスタッフの皆さんが関わったのかとか、

加藤 そうそうそう。

小山 どのぐらいのこう〜、ほら映ってないところでたくさんの方が頑張ってるからもしかしたら知り合いとか出てんのかなとか、知り合いのスタッフさんいるのかなっていう見方するけど、かい……

加藤 だから、それはちょっとその作り手のあれもあるよね怠慢っていうか面白くさせるべきではあるよね。

小山 そうね。

加藤 だからバクマンのときはさ、あのコミックが全部スタッフの名前になってたのコミックの感じで。

小山 あ〜なるほどね!うんうんうんうん。

加藤 単行本みたいなあれはもうすごかったよね。

小山 わ〜!ってずっとね。

加藤 あれそれだけでも、ずっと見れちゃう。

小山 エンドロールが、見られるエンドロールにするっていうのも、いっこあるんですかね。

加藤 うん。結構あると思う。

小山 あ〜。

加藤 海外とかはまぁ、やってるところも多いと思う。

小山 そうだよな〜。海外だとすぐ立っちゃうな俺。

加藤 う〜ん。

小山 う〜ん。さ、ま立てない映画もあるけどね。結果。ドーン!ってきて。立てない!みたいな。

加藤 そうそうそうだからその時間考える、

小山 うん。

加藤 時間にしちゃった方がいいよね。

小山 うん。東京都ユキさん。

加藤 ……ユキさん。

小山 「この前一人でパスタ屋さんでお昼ご飯食べたときのことです。大学生かと思われる男性2人が来店して、どれ食べる?う〜ん迷うな、じゃあ2皿頼んで、シェアしよっか!という会話をしていたのですが、正直引きました。女性なら、まだわかるんですが、男性でもシェアする人がいるんだなと内心びっくりしました。皆さんはご飯をシェアする男性についてどう思いますか」

加藤 えっ全然いいよね。

小山 全然する。

加藤 え全然するよ。

小山 俺多分シゲと2人で行ったらそうするわ。えっ、パスタとかで、それ?俺じゃあこっちにするわみたいな感じで。

加藤 そういうのあったよね。

小山 全然あるよね。

加藤 全然、え、少クラんときとかみんな割とそうしてない?

小山 あ〜あるあるある。

加藤 えでも少クラんときはあれか、誰かが美味しそうなもん食ってておんなじもん頼むってときも多いか。

小山 あそうだね。まっすーが先に食ってるから、それを頼むとかあるし。えっ、でもまぁ、これ、あるよ。

加藤 全っ然あるよね。

小山 だしその方が、楽しいじゃん別に。

加藤 う〜ん。ただまぁそのシチュエーションがないか。あんまり。男同士で、別もん頼むってあんまないか。

小山 男2人でなんか行く、まぁパスタなら分けるのわかるなぁ、まラーメンとかはありえないけど。

加藤 やっぱさ男2人でパスタ屋行かないじゃん。

小山 まぁね!

加藤 ラーメンとかさ、全部、みんな一緒のもん頼むだろうし。

小山 あ〜まぁパスタ屋はないかもな確かにw

加藤 行かないんだよそう言われてみたら。夜とかはほら、シェアするじゃん普通に。みんなで大人数だったら。

小山 パスタ屋、そうだな〜。

加藤 弁当でもみんな大体肉魚って大体好きな方決まっちゃうし。

小山 ま確かにそういうシチュエーション、

加藤 どっちかっていうと小山さんの弁当を俺が食ってるってことのが多いと思う。

小山 あのあなたメインを食べんのやめてくんない?

加藤 (笑)

小山 違う違う、いいんだよw 弁当なんかちょっと食べんのはいいんだけどメインをもってくの、

加藤 からあげ弁当3つのうちいっこ食べる。

小山 いっこほんとからあげ3つしか入ってない弁当でいっこなくなるって結構だからね。三分の、

加藤 ご飯のバランス崩す、よね。

小山 そうだよだって、

加藤 そのあとどうやってご飯のバランス取り戻すかも、ふまえて面白い。

小山 面白くねぇ。

加藤 (笑)

小山 からあげいっこでさぁ、ご飯も三分の一ずつ進んでいきたいのにさぁ、そうね。だから了解とってからなんてガイさん今それ聞きますけど了解なんてないあたしに了解なんて。

加藤 まぁ半分そのほら、悪戯心もあるから。

小山 いやいやそうだけどほんとにお腹空いてるとき結構悲しいんだよ。

加藤 うん。

小山 あぁマジかと。でさぁもうあなたのまた取り戻すともうあなた全部食べ終わってたりするからさぁ。

加藤 (笑)

小山 なんだよっつって。ありますけど。はい、じゃあここで一曲いきましょう、NEWSで、「CRY」。

加藤 泣いちゃった?

小山 泣いちゃったよ。

加藤 泣いちゃった。

♪CRY


■エンディング

小山 神奈川県の、マオたん。

加藤 ……マオたん。

小山 オーケイ。「突然ですが、2人に質問です。お茶は、緑茶と麦茶どっち派ですか」

加藤 知らんがな!

小山 (爆笑) やっぱりね。俺とガイさんでそう予想したんだよ。シゲは知らんがなって言うんじゃないかって。

加藤 ケースバイケースだよ。

小山 いやいや。どっちかっつとどっちよ。緑茶か麦茶。

加藤 夏は麦茶!その他、その他緑茶。

小山 (笑) え季節分けっすか?

加藤 麦茶冬飲まねぇべよ。

小山 いやいやいやまぁそうだけど。まぁそうだね。麦茶は家ではパックでつくってた人ですか。それとも、ペットボトルで買ってた人ですか。

加藤 実家は、つくってた。

小山 (笑)

加藤 今はあんまり飲まない。

小山 実家でつくってるパターンの麦茶の、家の人好き。

加藤 大体つくってたでしょ。

小山 あのパックでつくってる家好き。

加藤 うん。パックでつくってたね。

小山 う〜ん。

加藤 ノンカフェインだからね麦茶は。

小山 そうそう。これ13歳が聞いてるから許してあげてよ。13歳に知らんがなって言うなお前!

2人 (笑)

小山 一回りも上で!お前!

加藤 知りたいの、知りたい?

小山 聞けお前東京都の、

加藤 13個上のさぁ、41歳の緑茶か麦茶かどっちが好きか聞きたい?

小山 東京都の、◯◯も聞いてる「エビフライは尻尾まで食べましたか」

加藤 知らんがな!

小山 (笑)

加藤 何歳そいつは。23歳知りたいか!ケースバイケースだよそんなもん!

小山 尻尾食べるんですかじゃああなた。食べる?

加藤 食べるときもある!

小山 夏は食べるんすか? (笑)

加藤 夏は食べる。

2人 (笑)

小山 なんの話だこれ。さぁ番組では(略)。えー今夜の相手はNEWSの小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでしたぁ!

小山 ばいばーい。



■仕事早いぞ、私!やっぱコヤシゲ回一番好きだわ〜って改めて思いました。かわいすぎか!