読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる君が好き

170103 KちゃんNEWS(手越)




■2017年1月3日

KちゃんNEWS

 

 

■オープニング


小山 皆さん、あけましておめでとうございます、NEWSの小山慶一郎です、今年もどうぞよろしくお願いします。新年一発目、この方に来てもらわないと始まらないんじゃないでしょうか手越祐也くんです!

手越 うきー。

小山 おっとー。

手越 うきききー。

小山 忘れてきた?

手越 うきー。

小山 年明けてんのにうきー来るの?

手越 どうでしょう。どうでしょう。申年じゃなかったっけ。

小山 酉年になったw 申から酉w 

手越 あっw あれっw 次酉年?

小山 まだから、なんならもうそれもう、そういうの年末いっぱい見たでしょ。

手越 あっ、酉か!

小山 そうだよもう、申と、申よみたいなことあさって(?)、こう、いろいろとこう、

手越 コケーコッコッコッコッコケーコッコッコッコッ。ゴー。ゴー。

小山 いいんだよ合ってんだよ。ニワトリだから。

手越 うん。

小山 今日さ、

手越 い~やごめん。そのまま、エピソードの前に一回ニワトリやってみて。

小山 なんでだよ。

手越 あれあれ、2017年は?

小山 コケーコッコッコッ。

手越 (笑)

小山 これさぁほんとに。マジでお茶かけようか迷ってんだけど。

手越 (笑)

小山 あの~、ちょっと言うねw 今日まだまぁ、まぁ変な話年明けてないじゃないですか変な話。

手越 えぇ。えぇ。

小山 今日ね、あの木原さんと天気コーナーで、さぁ小山くん問題ですと。来年は何年でしょう。

手越 うん。

小山 って言われてw 俺そらジロー見て。酉でし、酉年です!って言ったら。そらジローなんだと思う?あいつ。

手越 アヒル!

小山 (笑) アヒル?鳥ん中でもアヒル?

手越 そらジローアヒルじゃないの?

小山 いや、大枠のジャンルは鳥?

手越 鳥じゃない?

小山 って思うじゃん。

手越 うん。

小山 怪獣なんだって。

手越 あそうなの?

小山 うんw

手越 えっ、あいつ怪獣なの?

小山 そうw で俺も、ま知らなかったら申し訳ないんだけど、俺鳥だと思ったから。

手越 うん。

小山 酉年ですって言ったの。

手越 うん。

小山 なんかこうなんか、ちょっとざわついちゃって木原さんw

手越 あなるほどね。

小山 うんw いやいや違うとw 怪獣なの。あっ、それは失礼しましたと。

手越 うん。

小山 だからちょっとびっくりしたんすけど、

手越 あ怪獣なの。

小山 だからまぁ今日はそらジローは怪獣なんだっていうのを、知った年、

手越 あ、そう。ちょっと怪獣なんだったら、ちょっと地球やばいからちょっと俺退治するわ今度。

小山 いやいや駄目なんだよw

手越 え?w

小山 いやでもね、今年は2017年ま手越さんとしては30になるということでねぇ~~。

手越 そうなのそうなの~。

小山 なんかどんどん若返ってる気もしますけどねぇ~~。

手越 そう?

小山 やっ、見た目とかね?思うる(?)部分はそうですけどテンション的なものがどんどんこう若返ってるか、でもねぇ、俺がさなんか、いいなぁって思う、40代50代の、ちょっとやんちゃなおじさんと空気が似てんだよお前。

手越 あ俺?そんな感じ?

小山 何回いるじゃん。40代50代で、

手越 はいはいはいはい。

小山 この人やん、なんかもう人生楽しくて、

手越 あーわかるわかるわかる。

小山 別に奥さんとかもいるんだけど、なんか別にモテちゃって、別に変なこと売りにしてるわえじゃなくて、モテんだよな~みたいなそういう感じの、

手越 あぁはいはいはい。いるいるいる。

小山 似てんだよな~。

手越 仕事もガンガンやっててね。

小山 そうそうそうそうそうそう。

手越 あ~いるいるいる。

小山 や~だからどんな30代をね、迎えるかも楽しみですけれども。

手越 いや~どうなるんすかね~。

小山 ねえ~。

手越 えぇ~。

小山 さぁそして2017年といえば僕たちね、「EMMA」という新曲も、発売しますけれども。

手越 あ~そうなんすか。

小山 まこの話しといて今週はかけません。

手越 あ~ん!焦らし!

小山 焦らしでございますw

手越 あ~もうじゅんじゅわしちゃうじゃん。

小山 じゅんじゅわなんすけど。

手越 内側がじゅんじゅわしちゃう。

小山 じゅんじゅわなんすけど、来週、だから初オンエアですよね。

手越 なるほど。

小山 ま僕らメンバーラジオやってる中では、このKちゃんNEWSが一番、先にオンエアするのではないかと。

手越 エマッ、エマッ、エッマ。エッマ~だっよ!

小山 そんな歌だったらほんと売れないぜもう怖い。

手越 嘘w

小山 怖いよ。

手越 これが来週流れるんでしょ?

小山 それサビ?今の。

手越 うん今の、エマッ、エーマ、エマ、エーマだよ!これでいきましょう。

小山 震えるな。

手越 どうでしょういきましょう。どうすか?

小山 いやいやすごいな。

手越 まちょっとね、あのパンチある曲なんで、楽しみにしててほしいなと思います!じゃあ一曲いきますNEWSで、「Distance」!

手越 距離!

小山 (笑)

♪Distance


ふつおた

小山 ふつおたいきましょう。

手越 普通の~。そう。

小山 イエイw え~この間母に、どんな人を将来連れて来るんだろうね、と言われて、(手越 はいはいはい。)迷わず、祐也に決まってるじゃん!と言ったら、(手越 あぁ。)食い気味に、手越は駄目!絶対駄目!と言われてしまいました。

手越 なんでだ。俺のほんとの俺を、何を知ってんだ。

小山 私の母を説得してもらえませんかと。までもさぁ、しょうがないよ。

手越 うんうんうん。だからそれあれでしょ。なんか、あの~、ドラマとかでDVの男とか、殺し屋の役をやってる人見たら、その人ほんとにそういう人なんだって思っちゃいがちな人でしょ。

小山 まぁまぁだから役に引っ張られてる可能性はあるけど、(手越 あぁあぁ。)まごしさんの、その、どうなの?ごしさんはさぁ、世間一般イメージは、どういう人だと思われてると思う?

手越 チャラい。(即答)

小山 (笑) 早いなぁw 手越祐也、チャラい、金髪、

手越 金髪、サッカー。

小山 サッカー。まぁこのみっつは、あるだろうと。

手越 はい。

小山 このチャラいが、やっぱ先行してくるから、こういうことが起きんじゃないかと。

手越 なるほどなるほどなるほど。

小山 ま確かにね、僕らもうラジオスタッフマネージャー陣もそうですけど僕らもね、ま手越祐也知っとくと、いやいやチャラいっていうのは、極手越祐也の一部がでてしまってるだけで、

手越 はいはいはいはい。

小山 そんなことないって言ってあげられるんだけどやっぱこう、やっぱね、難しいよ。

手越 あ~。

小山 でもどうなの?手越祐也はやっぱこのね、例えばミユミユちゃんの実家に行きましたと。

手越 はいはいはい。

小山 で~彼女が、私の彼氏なんだよねと。

手越 はい。

小山 手越祐也を紹介するわけだ。どういう感じでお母さんとお会いするわけ?

手越 2時間。

小山 ちょ待ってw どういうこと2時間って。

手越 え?w

小山 ちょっとすいませんw なに2時間。

手越 えだからもう初めまして。

小山 あはいまずね。

手越 お付き合いさせていただいてます。からもう2時間で、もう超仲良くなってるから。

小山 2時間?

手越 向こうのパパママ。

小山 あ向こうのパパ、パパも、もう、

手越 もう、相手側のパパとかママとか、まぁ年上の人とか、俺もう仲良くなるの、スペシャリストだから。

小山 いや、

手越 秒だよ秒。

小山 上手いんだよね~手越さんね~。

手越 秒でいける。もう2時間後には、娘よろしくお願いします~とかって言ってるね。秒でいけるから。

小山 いやだからね、これはでもね、ほんと手越って天才でいるうちのかーちゃんもそうだけど、やっ、うちのかーちゃんも、手越のことやっぱねぇ、一瞬でねぇ、虜になっちゃうんだよねぇ~。

手越 (笑)

小山 いやっ、でも最初はねぇ、入り口は難しいと思うよだって何この子って感じで見られるわけだから。

手越 はい。あでも簡単なのよ。もう最初からハードルは低いの俺の場合は。

小山 なるほどね!

手越 だから、まほんとに小山さんだとしたらさ、もうキャスターやってるし、(小山 あぁまぁ、)しっかりしてるんだろうな想定で入るじゃん。

小山 そうねそうね。

手越 俺の場合は、あっ、どうせチャラいんだろうな~みたいな、想定で、ハードルは低いから、ちょっと普通の人より誠実にするだけで、もう、どん!って飛び越えるわけよ。

小山 そうか。

手越 だからもう、最初からハードル低いからもう、余裕。

小山 出た!w

手越 余裕です。

小山 その向こうのw パパママはつっ(舌ならす?)はやめてくれる?

手越 あほんとですかw 

小山 うん。

手越 余裕です。

小山 までもね、その、誠実、ちょっとでも誠実というかすげえ誠実だからね実はねぇ。

手越 そうそう。異性にも優しいしね俺。自分で言うのもあれだけど。

小山 いや~、そうなんだよ最近だから、なんかの講義を見だしてから変わってんだよな~。

手越 そうですよ。

小山 every.で小山くんと共演した際、報道番組らしくないスタジオの雰囲気に、スターはやっぱりさすがだなと思いましたと。

手越 (笑)

小山 ぱらっちてごっち~呼びも、安定して最高でした。

手越 なるほど!

小山 番組からいただいた、植物は枯れていませんか?

手越 うん。

小山 また次回も期待しています。

手越 はい。

小山 まぁかっ、来ていただいてね?every.にもね?

手越 はいこの前ね?

小山 まぁ毎年、もうCWCの時期は恒例となりましたけど、

手越 はい。

小山 いや~だから、今までのevery.で、一番、報道番組っぽくない日だったんじゃないあれ。

手越 あぁ~そうっすか?

小山 げらげら笑ってたもんねみんな。

手越 (笑)

小山 だってまずドリブルで登場すんだよスタジオに。

手越 ANTHEM歌いながらねw

小山 やばいよw

手越 (爆笑)

小山 マジであの5階の報道フロアにいてそんなことマジ、一回も見たことないもん。

手越 そうw ブラーボウィーゴーッて言いながら入ってったw

小山 いや今ね、ガイさんがね、それ台本なんですかって来たんですけど、マジないもんね。

手越 ないないない。

小山 だって、うちの報道フロアの人が、手越さんにお任せしますと。

手越 はい。

小山 俺ももう、手越に台本渡したって意味ないっすよって言ってあったの。

手越 うんうん。

小山 まぁ自由にやらせた方が絶対いいですって言ったらもうほんとにマジで、ANTHEM歌って出てきたから、

手越 (笑)

小山 なかなかこいつ、

手越 (笑)

小山 そしたらさ俺なんか報道フロアにはさ、一番偉い人5人が壁際に座ってるわけよ。

手越 はいはい。あーわかるわかる。

小山 5人。

手越 はいはいはいはいいますね。

小山 あの人たち、にすれ違うときにさ、俺、すいませんって謝ろうと思ったら、みんな、手越くん面白かったね(拍手)と。

手越 (笑)

小山 あいいんだ!と思って。

手越 (笑)

小山 いいんだ!

手越 そうすか?いや嬉しいですねぇ。そうやって言っていただけて。

小山 だからねぇ、やっぱねぇ、来年も来ていただいてでもほら、(手越 はい。)ぱらっちもね、もうぱらっちオッケー出てますから。

手越 ぱらっちオッケーぱらっちオッケー。

小山 これねありえるのは、だからこれもうコンサートを発表したじゃないっすかツアーをね。僕たちも、一回あったんすよ。

手越 うん。

小山 木原さん、そらジローと出ませんかっていう。

手越 うんうんうんなるほどw

小山 っていうのは、あのWeatherNEWSっていう曲をNEWSで出したときに、

手越 あ~はいはいはいあったね。

小山 天気の曲だから、なんかこう上手く、木原さんとそらジロー来れませんかみたいな話ちょっと通ったときがあったわけ。

手越 うん。

小山 だから、もし、なんか、こんか、今度ね、なんかチャンスがあったときには、どうかねぇ、ぱらっちに来ていただいてねぇ、手越とかと踊ってほしいよねぇ。

手越 ぱらっw ぱらっちと。お天気ダンス。

小山 お天気ダンス見たいなぁw でも面白くない?ステージ上にぱらっちいたら面白いよなぁ~~。

手越 それいいね。

小山 ちょっと是非ね、それも期待しながら。

手越 なるほどね!

小山 はい。

手越 う~ん。

小山 え~最近クラスの男子が下ネタを普通に言ってきます。

手越 はいはいはい。

小山 どんな反応をしたらいいかわからないので今のところ笑ってあげてます。

手越 はーい?

小山 どんな、ことを、すればいいですか。

手越 はーい?ナーイツ!

小山 (笑)

手越 ハーイツ?

小山 だから、

手越 ナーイツハーイツ?

小山 おん、男の子が、下ネタ言ってくるんだ、おーいミホお前谷間すげえなぁ。

手越 うん。見てー?ドキドキさせちゃうぞっ!

小山 ちょ寄せてんじゃんぐっと。

手越 どうですか?w

小山 すごいね。

手越 どうですか?

小山 おうミホお前ぶぶブラジャー透けてんぞ。

手越 ええー!だっちゅーの!

小山 (笑) 古いなちょっとw ちょっと世代出るな。 

手越 (笑)

小山 14歳だからわかんねえわ。

手越 あぁそうっすか14歳わかんないか!

小山 そう一曲いきましょうNEWSで「TEPPEN」!

手越 獲るぞ~!

小山 違うんだそういう歌じゃないんだw

手越 (笑)

♪TEPPEN


■エンディング

小山 さぁエンディングですけれども、(手越 なるほど〜。)一枚読んでいきましょう〜〜さて、私は一人っ子の16歳女子。

手越 あ〜〜。

小山 一人っ子、16という成長した今でも寂しく感じるときがあります。

手越 はいはいはいはい。

小山 お兄ちゃんが欲しいな〜と感じることもあります。そこで是非手越くんや小山くんにラジオ越しでお兄ちゃんになっていただきたいです。

手越 あぁ。

小山 どんなお兄ちゃんでも構いません!お願いします。お兄ちゃんだって。

手越 あ〜いいね。

小山 だから、イゴが、家にいるんだよ。お兄ちゃ〜ん。っつって。

手越 お医者さんごっこしよ。

小山 急に?16歳と?

手越 (笑) 俺が先生役。

小山 いや、だからそれ16歳ともうお医者さん役がもう無理なんだって。

手越 何が?

小山 いや何がじゃなくて。

手越 俺がお医者さん役。

小山 あお医者さん役?

手越 うん。

小山 でお医者さんなの?

手越 だから、来てくれんの。通院してくれてんの。

小山 通院してくれてんの?あれだよ?兄弟だからね?

手越 そうだから、兄弟が、わかんないから、

小山 だからお兄ちゃん明日、ちょっと学校行きたくない!言われたら?

手越 えぇ?お兄ちゃんとじゃあ手ぇ繋いで行こう?

小山 (笑) 仲いいんだね。

手越 そうそう。

小山 距離感は縮まってた方がいいんだ。

手越 うん。

小山 お兄ちゃんお腹空いた〜。ご飯食べたい。

手越 あ〜〜。何食べる〜〜?シースー?シースー行くー?

小山 (笑) 甘やかすなぁw

手越 みたいな。

小山 そうかぁ。

手越 うん。

小山 お兄ちゃん好きな人出来ちゃった。

手越 いやいやもう連れて来いと。

小山 (笑) 急に怖いじゃんw 急に怖いじゃん。

手越 ちゃんと見るからそこは。俺が、もう同じ男として俺が、採点するからそいつちょっと連れて来い。

小山 お兄ちゃんのことが好きすぎて金髪の人好きになっちゃった。

手越 あ〜〜。それも嬉しいねぇ。

小山 (笑) 嬉しいのかい。

手越 (笑)

小山 嬉しいのかい。

手越 (笑)

小山 (笑)

手越 あ〜〜面白い。

小山 はい。番組では(略)。ここから僕たちからの、お知らせです。

手越 はいはいはい。

小山 ということでまぁシングルはもちろんのことですね、ツアーが決まりましたぁ。

手越 なるほど。

小山 4月1日からですよ。

手越 はいはいはいはい。

小山 え〜っとだから今回、前回と違うところは、和歌山。

手越 そうね。


手越 うんうんうんうん。

小山 っていうところが増えまして。

手越 はい。

小山 なんかね、嬉しいねでも新しいとこ増えるっていうのはね。

手越 ね。

小山 あぁもちろん東京ドームもやりますけれとも札幌を皮切りにスタートしていきますんでまぁ、ライブやんのと、あとシングルね?シングルは来週かけるから。

手越 ハーイツ。

小山 だからね、だから待ってていただいてね。

手越 ハーイツ。

小山 1週間はね。じゃあ、お相手はNEWSの小山慶一郎と!

手越 手越祐也でしたぁっ!

小山 ばいば〜い!



■新年1発目は手越くん!今夜ですねEMMA!楽しみ。今年も楽しいラジオ楽しみにしています。

あっそういえば、元日くらいにテレビでのりさん見た!初めてテレビで見たのでびっくりしました。