読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる君が好き

170321 KちゃんNEWS(手越)




■KちゃんNEWS

2017年3月21日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、学生の皆さんそろそろ春休みでしょーか、ゲストはこの方手越祐也くんでーーーす!

手越 どーも!スプリングてごです!

小山 どーもスプリングてご春の手越ということでねぇ、

手越 うーん。

小山 ま4月1日から札幌で始まりますけれども、(手越 はい。)ま札幌。というと、(手越 はい。)まぁ、手越さんいつも札幌何してるっけなぁ。

手越 いや、

小山 サッカーもやってるっけ。

手越 札幌ねぇ、俺、なんかなんとなくの去年の記憶なんだけどさぁ、あのーみんなで飯食ったあとに、俺ちょ飲み過ぎて、帰りエレベーターん中でみんなにキスした気がすんだよね。

小山 いや、あ~~、されたような気がする。

手越 あれ札幌じゃなかったっけ。

小山 されてるかもしれない。

手越 先に俺とシゲ行ってて、飯屋行ってて、

小山 うん。

手越 で遅れてきて、

小山 あー!そう、あっそう、で寿司食べて、(手越 うん。)そうだ。

手越 あれ札幌だよね?

小山 そうだ俺めっちゃ手越とちゅーしたんだ。

手越 そうそうそうそう。

小山 まっすーにもしてたじゃん。

手越 そうよ。エレベーターの中で。

小山 きついよ~。

手越 メンバー3人、15年~ぐらい一緒にやってるメンバー3人の全員に俺は口にキスをする、(爆笑)

小山 きついぜ本当に。でもごしさん!

手越 ええ?

小山 今回から、(手越 はいはいはいはい。)2日目に2回なんすよ。

手越 ねえ!

小山 だから、

手越 ほんっとにありがたいことよね!

小山 ありがたいけど、初日終わって、そこそこ、管理しないと、(手越 そうね。)これなかなかよ。

手越 やばいやばい。

小山 頑張りましょうね。

手越 そうよねでもありがたいね毎回2日目2公演、っていうスケジュールはほんとにこれ。

小山 いや、そう。だから今回ほんとに追加公演たくさんやらせていただいて皆さんありがとうございます!

手越 はいはい。ねえほんとありがとう!

小山 はい楽しんでいきましょう!

手越 うーん!

小山 まずは、NEWSで「Brightest」。

手越 なるほど!

♪Brightest


ふつおた

小山 さぁ今お聴きいただいた楽曲ですけどねぇ、これはもうm-floの、LISAさんと。

手越 はい。そうですね~。

小山 TAKUさんが。

手越 はい。

小山 提供してくださって。

手越 うん。

小山 かっこいいね。

手越 ええ。(歌う。英語?)

小山 どこどこそれw

手越 ちなみに今のVERBALさん。

小山 VERBALさんw

手越 (爆笑) そうですね。だってもう俺らの世代だからもう。

小山 そうでしょ?

手越 m-flo超聴いてたぜ?

小山 いや聴いたよね。

手越 ええ。

小山 だからさぁ、仮歌がLISAさんだったじゃん。

手越 そうよ。

小山 もうm-floの曲聴いてるみたいだったもんね。

手越 お~だからなんか一緒に歌う機会あったら嬉しいよねぇ~!

小山 いや~~これ、

手越 夢だよね!

小山 叶ったらすごい絵だよね。

手越 ねえみんな歌ってた、かーなーわーない♪ってみんな歌ってたもんね。

小山 そうよ。

手越 ね、let goとかね。

小山 let goね。come againとかね。

手越 そうですねぇ。

小山 さぁ、それではふつおた、読んでいきましょう~。

手越 うん。いくのいくのいくの~?

小山 岡山県の、イチゴさん。

手越 お、桃太郎ランド。

小山 w ゲームやってるからね。

手越 ええ桃鉄の話します。

小山 はい。

手越 ええw

小山 アルバムの収録曲のタイトルが発表されましたが、慶ちゃんのソロがニャン太になっていてとてもびっくりしました。

手越 ほうほうほう。

小山 また、3人のソロ、の感じも教えてほしいですということで、

手越 ほうほうほうほうほう。

小山 ま、発売したので、

手越 はあはあはあ、あの小山さんの思うちょっと3人の解説してよw

小山 マジで?いいよ。

手越 おう。

小山 手越は、あの久々に攻めたというか、(手越 はい。)ずっとこう、やっぱバラードいくのかなと思わせといて、あとやっぱりいききるじゃん。

手越 そうですねぇ。

小山 だからぁ、あの~、手越の、そのライブパフォーマンスと、一緒になったらよりこう、かっこいいんだろうなっていうのが。

手越 うん。

小山 あのダッダッダッ!っていうのが、こう結構、気持ちいいよね。

手越 はい。

小山 こうどきどきする。

手越 そうなんです。

小山 来る来るみたいな。

手越 ギターマーティン・フリードマンに弾いてもらったんですよ。

小山 マジ?

手越 そうなのそうなの。

小山 すごいね。

手越 うん。

小山 お願いしたの?

手越 うんそうそうそうそう。

小山 やば。

手越 めーちゃくちゃかっこいい。

小山 そうだからねぇ、その、勢いというか迫力を感じましたねあとねシゲちゃんのあやめはもうね、これいっつも言うんだけど、シゲちゃん。

手越 うん。

小山 なんかシゲね。

手越 うん。

小山 あともう、あの~、途中からラップみたいになって、あの言葉を紡ぐのがやっぱ上手い人だよね。

手越 はあはあはあ。

小山 世界観がさ。

手越 なるほどね。 (笑)

小山 まっすーは、カバーだけど、

手越 ええw

小山 やっぱりねぇ、達郎さんの、

手越 うん。

小山 あの透き通る声と、あの~、なんだろうなあの独特の世界観っていうのは、こうまっすーのまぁ綺麗な声だからこそ、

手越 はいはいはいはい。

小山 いけたのかなっていう。

手越 お~。俺あの曲知らなかったの。

小山 あそう。

手越 知らなかったの。知ってた?

小山 俺知ってたよ。

手越 俺だから初めて、車のだから運転中に聴いたんだけどさぁ、(小山 うん。)だから俺の中ではもうだから、増田さんの曲になっちゃってんのよw

小山 あそうかそうか!

手越 原曲を知らんから。

小山 いや、だからねぇ。いや原曲も知ってるから、やっぱさ、原曲が、すごいいい曲だと、

手越 達郎さんだからね。

小山 カバーする、プレッシャーあったと思うけど、まっすーはまっすーで落とし込んだんだなと思ったしやっぱ達郎さんとのコミュニケーションまっすーはすごく、あ~の~取っているし、

手越 そうねぇ~。

小山 仲が良い、風に聞いてるので。

手越 うんうんうんうん。

小山 そういう意味では達郎さんも、増田に、是非、っていう風に言ってくれたんだろうなぁと思いましたね。

手越 ライブもねぇ、一度見に来てくださったことがありますしねぇ。

小山 うん!是非ね、来ていただきたいっすねぇ。

手越 うん。うん。

小山 いやでもね、聴きごたえあるやっぱねぇ、4人バラバラなんだよ。

手越 そうねソロ曲はねぇ。

小山 そう!でもこれで手越がもしバラードやっちゃってたら、なんか、結構、

手越 良かった俺激しい曲やって。

小山 結構さぁw

手越 ぬるっと流れる、ときは、かまされた良かった俺激しい曲やってw

小山 ダッダッダッ!で良かったよ本当に。

手越 良かったよ~。

小山 さぁ、ということで、ふつおたまた読んでいきましょう。

手越 はいはいはいはい?は~いつ?

小山 え~、私は、高校、3年生で4月から大学生となり、(手越 あぁいいじゃないいいじゃない。)新生活が始まります。

手越 しんせいかーつ?

小山 w そこでどうしても手越くんに教えていただきたいことがあります。

手越 教えましょう。

小山 それは自分の選択を後悔しない方法です。

手越 なるほどなるほどなるほど。

小山 これから、一人暮らしをするので、住む家を選んだり、大学での授業や、サークルを選んだりと選択を、迫られる機会が一気に増えてきます。

手越 うんうんうん。はいはいはい。

小山 私は決断するのは結構早いですが、そのあとで自分の選択を間違えてしまったのかもしれないと後悔しがちです。

手越 うん。

小山 自分で決めたのに、今更変えられないことで悩んでしまいます。そこで、ポジティブ師匠の手越くんに是非とも、自分の選択を前向きに捉えられる考え方を、伝授していただきたいですよろしくお願いします。

手越 ほお~。選択かぁ。

小山 ごしさんは自分でさぁ、洗濯迫られるとき今までもあったと思うけど、それはまぁどっちかチョイスして生きてきたわけじゃない。

手越 うん。

小山 そんときに、振り返る?あー、あんときああしとけばよかったなとか。

手越 俺ね振り返ることをしないね俺。

小山 あそう。

手越 うん。

小山 そこねぇ、教えてほしいわ。どうすんの。

手越 振り返らないよねだって、過去を考えて、タイムマシン持ってるわけじゃないんだから、例えば過去を後悔するじゃん。

小山 うん。

手越 あっちの方が良かったなと思うじゃん。で悩むじゃん。

小山 うん。

手越 それでじゃ悩んだからって未来変えられんのかって話よね。

小山 まぁまぁそうよね。

手越 今を変えられんのか。

小山 うん。

手越 もう無理なわけじゃん。

小山 うん。

手越 過去に、決断したってことは。だったら、今出来ることの中の、最高にいいパフォーマンス、最高にいい最善の方法を、尽くすしかないわけじゃん。

小山 うん。

手越 で、それがね最善の方法をずーっと探しながら、前向きにやってたら、それがねぇ、結局いい方法だったっていつかなるから(小山 うん。うん。)いい選択肢だったっていつか変わんのよ。

小山 うん。うん。うん。

手越 でも、過去のその選択肢なんてもうポーンて忘れる日が来るわけさ。

小山 なるほどね。

手越 そう。で今に満足する瞬間が今を突き詰めていったら絶っ対にいつかは訪れんのよ。

小山 ほうほうほう。

手越 そうなったときに、あれ?なんであんとき私、あんときの、あれもういっこの選択肢の方が良かったと思うんだろう。今となっては絶対こっち正解、ねえ正解だったじゃん。って、いう瞬間が絶対に来るから。

小山 うんうんうん。

手越 もう過去をね、もう振り返らないことよね。

小山 なるほどねぇ?

手越 思い出にしたのは大事だと思う。人間として。あんときの例えば、あ~アルバム見てみよううかな~とかっていうのはすごくいいと思うけど、後悔して過去を見るっていうのはただの俺の中ではもう時間の無駄。

小山 なるほどね。

手越 だったら、次の新しいエッセンスを勉強した方が絶対にいい。

小山 じゃ、今その選択、この人が選択してきて今ある状況は、もうそれは受け入れてそこで最善策をとってくと。

手越 うん。自分がね、信じた道っていうのはもう失敗じゃないんだよその時点で成功だよ。

小山 なるほどね。

手越 だから成功の中で、成功の中の出来を、いかに高めていくかっていう作業をした方がいいと思うわ。

小山 よっ師匠!

手越 (笑)

小山 さすがポジティブ師匠。

手越 そうそうそう。失敗なんてないから。

小山 なんだろうね。なんかこう~、リノちゃんの相談なのに、俺も元気出るっていう。

手越 (笑)

小山 謎の現象。

手越 謎の現象ねw

小山 うん。うん。

手越 ええ。

小山 さぁ。続きまして、この前友達と、ご飯に出かけたときに、食事中なのにケータイをいじっていました。一人でご飯を食べているならまだしも、お店に来て、しかも一緒にご飯を食べているのにケータイいじるの?って思っていたのですがなかなかやめよう、とは言えず困っています。

手越 うん。

小山 なんといえば、環境を壊さず注意出来ると思いますか?言わないほうがいいのでしょうか。是非お願いします。

手越 あ~。

小山 どうすか食事中に、2人でご飯食べてんのに、う~ん。そうだよね~なんていうのは。

手越 あのさぁ、一回さぁ、ホンマでっかTVでさぁ、なんかみんなが俺にクレームみたいにさぁ、

小山 はいはいはいはい。はい。

手越 お前かっこ悪いよ、って言えっていうのあったじゃん。

小山 うん。

手越 俺ちょっと近いんだけど、お前それやったら異性にマジモテなくなるからねって俺だったら言う。

小山 なるほどね。

手越 例えば異性にモテるっていう人っていうのはやっぱり優しいとかかっこいいもそうなんだけどやっぱり一緒にいて空気読めるって一番大事だと思う。

小山 うんうんうん。

手越 いくらイケメンでも、じゃ、その場で例えばカラオケしてて、つまんなそうにケータイいじってたらみんなやっぱイケメンだろうがは?って思うわけ。

小山 うんうん。

手越 だったら、みんなのこと一生懸命盛り上げようとしてくれてる?人の方がやっぱモテるわけよ。最終的には。

小山 うん。

手越 だったら、そうやってケータイいじるとかも別にいいと思う。

小山 うん。

手越 自分で楽しむわけだから。じゃあ、そういう人はだからその、駅の中とか、電車の中とかで、こうやって化粧してる人も俺おんなじ理論なんだけど、いいとは思うの。

小山 うんうん。

手越 でも、それをやってる自分を周りがどう評価するかって他の人の目を、気にしないような美意識しかそいつは持ってないっと俺は思うわけ。

小山 なるほどね。

手越 だからケータイいじんのはいいとおもうけど、それすることによって、まぁそんときはたまたま同性の友達だからいいかもしれないけど例えば恋人とか、男女みんなで一緒に飯食ったときとかに、なんなの?って、心ではみんな思うわけじゃん。

小山 うん。うん。

手越 多分言わないと思うけどね。そういう風に思われるお前でいいのかっていうのを言う。

小山 そうね。

手越 うん。それ損するぞっと。

小山 そうね。

手越 うん。

小山 まぁそれ友達だからこそ言ってあげられるしねぇ。

手越 言ってあげられるじゃん。あと俺絶対言うと思うどんなに例えば可愛かったとしても、つまんなさそうに例えばさぁ、歌歌ってるときとかカラオケ行ってるときとかケータイいじってたらなんだこいつって正直思うもん。

小山 う~んうんうん。

手越 俺は、逆に気をつけるしね。そういうタイミングではいじらないように。

小山 そうだわ。そうね。

手越 そういうちっちゃいところの、このなんだろうちっちゃいことが集まって、その人の人間性とか、モテ度に絶対繋がるから。

小山 そうね。

手越 そういうところを、ちゃんとこう、磨いてほしいよね。

小山 言っちゃう。俺も言っちゃう。

手越 言うしょ。

小山 うん。

手越 やじゃない?なんか。

小山 やだやだだから。ま今そう、まだからあとで見たらいいんじゃない?みたいな。まぁ、手越みたいに、言ってあげる方がでもわかりやすいよね。なんで駄目なのかっていうか、駄目っていうか、そう見えてるよ、っていうことね。

手越 うん。そうそうそう。

小山 教えてあげるっていうのは。

手越 駄目じゃなくて、もっとポジティブにこうしたらなれるよっていう方に導いた方がいいよね。

小山 そうね。駄目だとちょっと、えっ、は?みたいになるから、

手越 そうそうそう人間絶対そうなるから。

小山 そうね。

手越 うん。

小山 さすが。

手越 かなぁ。

小山 以上かな。じゃあ曲いきますか?ここで。

手越 なになにいくの?何いくの?

小山 NEWSで、「NEVERLAND」。

手越 ぬあ~あ!

小山 (笑)

♪NEVERLAND


■エンディング

小山 さぁお別れですけれども、え~、まずは、突然ですが、私ビッグになりたいんですと。

手越 お~いい~すばらすばらすばら。

小山 芸能界で活躍してるジャニーズを見てふと思いました。極普通の、女子高校生ですが、(手越 あぁいいじゃない。)何か、いい案はありますかw

手越 いい案がありますか。

小山 (笑)

手越 いややっぱり~、なんだろどういう風になりたいかじゃん?アイドルになりたいのか女優になりたいのか。

小山 うん。なげ、最後投げたなぁ。ある?

手越 いややっぱり、武器がいっぱいあった方がいいと思うの。

小山 うん。

手越 お芝居を、芝居したいなら芝居を見る。歌歌いたいならやっぱ歌上手くて損ない。踊り上手くて損、上手くて損、ってことはいっこもないから、別にカラオケレベルでもいいし、なんか、上手い、周りに友達がいるなら習うでもいいから、とりあえず自分のスキル?いろんな材料貯めをしとく。

小山 うん。うん。うん。

手越 っていうのは、絶対、まぁ例えばオーディションとか受けることになるわけじゃないすか。

小山 うんうんうん。

手越 武器があって損はないから、一つでも多く武器を持ってた方がいい。

小山 なるほど。

手越 で今女子高生でしょ?

小山 女子高生。

手越 もしかしたら芸能界入ると。

小山 うん。

手越 あ~~ん~~そんときはよろしく。

小山 いやいやいやいやw 何がよろしくなのw

手越 なにw

小山 なんのよろしくかわかんない。

手越 いやいや運命なんてわからないじゃない。

小山 いやわかんないこの子と出会うかもしれないしねぇ。

手越 出会うかもしんないそれこそだって今回これからのツアー始まってさぁ、(小山 うん。)ね?今客席で見てくれてる子?ともしかしたらどっかで運命的な出会いをして、(小山 それはあるな。)付き合って結婚して、子供お願いしますって今お願いしときます!

小山 (笑)

手越 将来のだって、ね、奥さんがいないって、(小山 いや間違いない。)言い切れるか?

小山 それは間違いないよ。

手越 どこでそんな運命の歯車がさ、そういえばやってたね運命の歯車ってね、コーナーね。どー、ぐるぐるぐるぐるぐるぐる久しぶりに来ましたぐるまで~す。 (笑)

小山 マイクとの距離感。

手越 (笑)

小山 ぼそぼそぼそって言ってるから途中で。

手越 そうですか?w そうですか?w どこで出会うかなんてわかんないんだからその準備をしといてほしいのよ。であとやっぱ、そうビッグになるっていう夢があるんだったら絶対にいける!

小山 戻った戻ったメール。う~ん良かった俺途中でどっかいっちゃったと、思ったけど。

手越 チャレンジした方がいい!チャレンジしな!

小山 うん。でもいいよね。ビッグになりたいですって思ってるさぁ、

手越 いやめちゃくちゃいいよね。

小山 ねぇ。

手越 俺も昔ジャニーズのね、振付師にすごい怒られたときにおめえ将来何になりたいんだぁ!って言われてビッグです!って言ったらしいのよ。

小山 (爆笑)

手越 おんなじ感じ。同じ同じ。いいじゃん!

小山 確かになぁ。

手越 うん。

小山 番組では(略)。ここで僕たちからの、お知らせです。

手越 およよよよよよよよなになになに?

小山 およよよよよよw NEVERLANDが、え~、発売されまして、(手越 ほう。)10日後には、ツアーと。

手越 か~~。

小山 是非とも皆さん楽しみにしててほしいなと、思います!

手越 はい。

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

手越 てごにゃんでしたぁ!

小山 ばいばーい!

手越 オーケイちゃんのり~~!

小山 ちゃんのりw



■NEWS世代じゃないけど昔借りたいろんなアーティストの曲入ってるCDにlet goも入ってて、その頃いい曲だな〜ってよく聴いてたから嬉しかったし懐かしい ^_^ しばらく聴いてなかったから久々に聴いてみようかな!