読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる人が大好きです。

170418 KちゃんNEWS(増田)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤマス キスマイRadio

 

 

 

■KちゃんNEWS

2017年4月18日

 

 

■オープニング

 

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、やってまいりました、スペシャルウィークでございます~!

増田 イエ~イ!

のり イエイ!

小山 ゲストはこの方、まっすー!

増田 どうも~、増田貴久で~す。

小山 どうもぉ~。

のり まっすー!

小山 いやいや、のりよw

のり あっw

小山 のりよ!

増田 あれ?

のり すいません。

小山 いやいや先週も出てたし。

のり だから先週も出たから今週もいいのかなみたいな感じでノリで来ちゃう、

小山 いやいやどんだけ来んの?

増田 毎週いるんすねやっぱ。

小山 毎週、

のり いやーやっぱりそういうとこありますよ。うん。

小山 先週聴いてくれた、リスナーさんからしたらもう一週間餃子食い続けてるからね今。

3人 w

のり ほんと餃子大好きなんですよね!まっすーといいね!

小山 (笑)

のり たまたま餃子の話題今日も食っちゃってますけども、大好きですほんとに。

増田 また今日も食べてるんすね。

小山 でものりさんからしたら、(のり はい。)スペシャルウィークの重要性は、パーソナリティーやってるからすごいわかってるわけでしょ?

のり 大事です!今日はほんとにやっぱりラジオのお祭りですからね!

増田 はい。

小山 そうでしょう?

増田 まっすーの良さ引き出してくださいね?

のり まっすーの良さね!w ま任してくださいよ。

増田 はい。

のり 先週まではね、ちっさー、になっちゃったけど、

小山 あぁそうねw

のり 小さい人間だからね。

小山 う~ん。ちっさーね?うん。

のり まっすー頑張ってくださいよいきましょうよ!

増田 はいいきましょういきましょう。

のり ええ。

小山 じゃあまずメール読んでいきたいと思いますー、

増田 はいいきましょう!

小山 えーー、まずはですねぇ、

増田 スペシャルウィーク

小山 スペシャルウィークですので、以前の放送で手越さんが酔っ払ってまっすーの唇にキスをしたと聞きました。

増田 ええ?

小山 まっすーはどんな気持ちでしたか?そのときの状況を詳しく教えてください。あのー少年倶楽部プレミアムという番組で、沖縄に、行かしていただいたんすよ一周年の記念で。

増田 うんうんうん。

のり はい。

小山 で、まぁあの~、食事会を夜しまして。まそこもオンエアちょっとされたんすけど、そこでみんなちょっとね、お酒を、(増田 うん。)結構いただきまして。

のり うん。

増田 うん。

小山 まぁここまでですー、あ放送はというか、収録はってなったあともみんな飲んでて。

増田 うん。

のり はい。

小山 なかなか手越くんがね、いききりまして。

増田 うん。

のり ほう!

小山 もう、酔っ払いきりまして。

のり へえ!

小山 ま~~、彼はね。あのー、たくさん、スキンシップを求めてくるタイプですから。

のり ほぉ!

小山 ま僕~、はもちろんのこと、加藤さんもそうだけどキスされてですねぇ、まっすーにもいくわけだけどまっすーはもう、断固拒否をするっていう。

のり なんで、

増田 いやしてないす俺してないす。

小山 やっぱちっさーだから、

のり (笑)

小山 あのー、(笑)

増田 なんでそんなねぇ、手越と、なんで手越と

のり いいじゃないメンバー同士でさぁ、

小山 ねえ!

のり 俺それちょっと今

小山 そうそうそう。

のり すげえ、それ超ちっさーなとこ見ちゃったなぁ。

3人 (笑)

増田 そんなところでねぇ、奪われてたまるか

のり いーいじゃんねぇ!

小山 でもねまっすーも、結構、そんときは酔っ払ってたのよ。

のり うん。

増田 う~ん、そうですか?

小山 結構ねぇ、テンション高めで。

のり うん。

小山 なんか、

増田 なんかみんな酔っ払ってたよね、(小山 まぁね。)増田 いい感じでね。

のり うん。

小山 のりさんお酒飲む人?

のり 馬鹿みたいに飲みますね。

小山 あ、馬鹿みたいに飲むの?

のり はい。

増田 馬鹿なんだ。

小山+のり (笑)

のり そこだけとっちゃったらおかしいから。

小山 ばっかーなのね?

のり ばっかーみたい、ばっかーじゃない。

小山 (笑)

のり 馬鹿みたいに、飲むの。ばっかーです。ばっかーさん。ばかすか。

小山 (笑)

増田 オテンキばか。

のり オテンキばか。もうただの馬鹿じゃないか。

3人 (笑)

のり ただの馬鹿じゃないかそれじゃ!

小山+増田 (笑)

のり お酒飲みますよ。

小山 何一番多いんすか?

のり 僕は焼酎が一番好きですかね。

小山+増田 あ~。

のり ビールと焼酎ぐらいですかね。

増田 わかる。

のり ワインとか、なんか、よく大人が飲むじゃないすか。

小山 はいはいはい。

のり よくわかんないんすよワインの良さとか。

小山 なるほどね。

増田 へえ。

小山 焼酎が、一番。

のり はい。ほんと浴びるほど飲みますね。

増田 焼酎。

のり はい。

小山 好きそうね。よ、よ、逆に酔わない酔っ払うと手越はこうなります、のりさんは酔っ払うとどんなかん、

のり 長いっす。

小山 あ、長いんだ。

のり なーっがい。

増田 最高何時まで飲んでたんすか?

のり お昼の12時ぐらいなの。

小山 うわぁ~。

のり レコメンが1時に終わるじゃないすか。

増田 うん。

小山 はいはい。

のり そっから、飲み始めてお昼の、12時くらいだったりとか。

小山 うーわぁ~。

増田 じゃあほぼ12時間だ。

のり そうっすねたまに悲しくなりますもん。

増田 えー。

小山 やなるでしょ。

のり ねぇー。だからそれだけ人と、寂しいんでしょうね!

小山 寂しいよね。

のり だからだんだんだんだん、スタッフも飲んでくれなくなってきて。

小山 w 長いからでしょ。

のり 長いから。

増田 へぇー。

小山 さくっと終わんないんだ。

のり さくっと終わんないっすね。しつこいです。

増田 なるほどね。

小山 じゃああの、すいません。

のり はい。

小山 帰れよ。

のり えっ!?

小山 いやいやいやいやw 

のり ここからじゃないの?

小山 いやいやもう帰れよ!w 結構出たよ。だっえ先週半分以上出てるからね。

のり やった。

増田 ばかさん、ばかさん、

小山 (笑)

のり ばかさんじゃないんだって。ばかさんじゃないすから。

小山 今回も、三分の一は出てるからね。

のり ありがとうございますすいません!スペシャルウィークですからね。

小山 はい!

のり お邪魔しました!

小山 ありがとうございました!

増田 ありがとうございました!

のり ありがとうございました!

小山 このあと、このあといい感じに繋ぎますんで。

のり お願いしますね!

小山 はーいどうもー!

増田 お願いしまーす!

小山 はいじゃあ一曲いきましょう、NEWSで、「NEVERLAND」!

♪NEVERLAND


ふつおた

小山 ふつおたいきましょうー。

増田 ういー。

小山 この二週目だから、先週読んでないもんねほぼねふつおたね。だからねw 読んでいきましょう。

増田 はい。

小山 私は小さい頃から父に、さきぴょん。と呼ばれています。

増田 うん。

小山 最初はそこまで気にしてなかったのですが、そろそろ恥ずかしいのでやめてもらいたいです。

増田 うん。

小山 でも父を傷つけたくないし、どう伝えたらいいかわかりません。どうしたらいいですか?お二人も、さきぴょんって呼ばないでください、恥ずかしいので。……わかったよぉ~~。(↑)

増田 はい、呼ばないです。

小山 さき、ぴょ~~んw

増田 はい、呼ばないですけど、(笑)

小山 って言われると呼びたくなっちゃうじゃん。

増田 あ~なるほどね?お父さんに。

小山 でも呼ばないね。いやー、でもそういう、年頃になるんだろうなぁ~。

増田 でも真面目なテンションで言わなきゃいいんじゃない?別に。

小山 うん。あでも真面目なテンションじゃないと、いいって思っちゃうんじゃない?けっ、だから、や、お父さんもう、私もう中学校1年生になったから、さきぴょんって呼ばれるとちょっと、恥ずかしいんだ、ってもうちゃんと言えばいいんじゃないかなぁ。

増田 ぴょん、ぴょん、がぴょんぴょん飛んでいっちゃったらいいと思うんだ、みたいなね?

小山 あ。さきぴょんのぴょんいらないからぴょんぴょん。

増田 うんぴょんぴょんもう飛んでっちゃってぴょんぴょん。

小山 よりぴょん残りそうだけどね。

増田 ぴょんだけになっちゃったりしてw

小山 w ぴょん!って。いやー、どうだろうなぁ。

増田 うん。

小山 ちゃんと伝えたらいいんじゃない?傷つかないと思うよ。

増田 でもだってあるもんね。男の子もさ、ママって呼んでたけど、途中からお母さんに変えるタイミングみたいな。

小山 うん。

増田 意外と自然に、行くはずだけど、

小山 そうね。

増田 まお父さんがね、

小山 うん。

増田 ぴょん。どうしたらいかね。

小山 カンニングの竹山さんいるじゃん。

増田 うん。

小山 今でもママって呼んでるらしいよ。

増田 へぇ~。

小山 パパママ。もうめちゃくちゃおぼっちゃまだからあの人。

増田 そうだよね。

小山 そうそうそう。

増田 変えるタイミングがないっていうのはあるよね、でもね。

小山 そうねぇ~。

増田 なるほどねぇ。

小山 母親のことは、お母さん?

増田 うん。

小山 母ちゃん?

増田 お母さん。

小山 そうだよねぇ~。でもなんだろうねでも言えばいいんじゃない?

増田 うん。

小山 まぁさきぴょんも確かに恥ずかしくなるわな?

増田 うん。確かにね。かまぁこのメールを、あこのラジオをね、ま、き、聴いてもらうっていう。

小山 そうね。小山増田からもお願いします。さきぴょんのぴょんを、どうか、

増田 ぴょんだけにするかも、

小山 いやぴょんだけにしたらじゃ、さっきの嫌がらせでしょw

増田 うん。

小山 サキちゃんだったらいいんじゃない?

増田 あぁいいね?

小山 うん。サキちゃんにしてあげて、(増田 なるほど。)ほしいなと思います。

増田 はい。

小山 お父さんお願いします。

増田 お願いします。

小山 続いて、え~、私はこの間、見事、第一志望の高校に、合格することが出来ました~。

増田 うん。お。おめでとうー。

小山 そして私は去年、貴久くんが、言っていた、合格のご褒美はチュー以上に、もっと、感じさせてやるよ、というのを思い出しましたw

増田 ん?

小山 なので、全国の合格した受験生の皆さんに向かって、合格のご褒美、欲しいです。貴久くんお願いしますw

増田 なになに?w どういうこと?w

小山 いやだからw 

増田 ん?

小山 あなたが、

増田 うん。

小山 あなたさまが、

増田 うん。

小山 合格のご褒美は、チューとか異常に、去年ね?もっと感じさせてやるよと。

増田 うん。

小山 だからバンビーナの言葉を用いて、あの~、(増田 言ってた?)仰ったらしいのよ。

増田 俺そんなこと言ってた?

小山 うん。だから、今日はですね?あのーもっと感じさせてやるよをエコーをつけますんで、(増田 はい。)ご褒美に、ま恥ずかしい、P.S. いつも見たいに笑っちゃ駄目だよ?ほんっとにご褒美待ってます。貴久くん大好きですと書いてあるので、

増田 うん。

小山 全国の皆さんにー、

増田 うんうんうん。

小山 あのこのスペシャルウィークに、

増田 はい。

小山 こうちょっとー、ね、ご褒美あげてほしいんすよね?

増田 あー、ごめんなさい。ちょっと今日調子悪いんです。

小山 いやいや、じゃあいいよ、これは、エンディングにやろうよ。最後に。エンディングに、もうその言葉で締めよう。

増田 なるほどね?

小山 うん。

増田 一番最後にね?

小山 そうそうそう。

増田 あーオッケーっす。

小山 だからあのー、ミーチョルポさんもちょっと、寝ずに待っててね。

増田 はい。了解です。

小山 うん。最後にやるから、

増田 ちょっと調子悪いからな、今日出来ないかもな。

小山 いや調子悪くても言わせるからね。俺が絶対言わせるから。続いて、突然ですが私には夢があります。

増田 うん。

小山 それは、まっすーに、怒られることです。

増田 おう。

小山 私は、ときどきKちゃんNEWSで、リスナーの方がまっすーに、怒られているのを、聴いて、すごく羨ましいなと思っていました。

増田 おぉ。

小山 ですが、どうしたら怒られるのかが思いつかなかったので、まっすーが好きすぎる私に是非怒ってくださーい。

増田 うん。

小山 もし良かったら名前を呼んでくれるとありがたいです。

増田 お。何ちゃんだっけ?

小山 マリナちゃん。

増田 マリナちゃん。

小山 怒ってマリナちゃんに!

増田 こら!

小山 あ!

増田 マリナちゃんこら!

小山 (笑)

増田 待てこら!

小山 (笑)

増田 うん。

小山 なんかキャッ♡ってなってんの想像つく。

増田 あ〜。ねいいんですか?こんなんで。

小山 うんワッ♡てなってそう。

増田 スペシャルウィーク大丈夫っすか?今。

小山 いやいいんじゃない。俺もうちょっと本気で怒るわ。おいマリナお前よ〜みたいな。

増田 ないんすよね、そういう〜スイッチないんすよね〜。

小山 w あぁそういうブラックまっすーはいないの?

増田 いないんですよねぇ〜。

小山 マリナよっつって。

増田 いないんです。

小山 良かったねマリナちゃん。

増田 こら!

小山 マリナ。

増田 おこだよぉ。

小山 あぁ怒られてるねぇ〜。はい。

増田 怒るよ。

小山 w どう?もう一通?

増田 芦田愛菜だよ。(愛菜ちゃん)

小山 w

増田 もう一通読むよ。もう一通読むよ。(愛菜ちゃん)

小山 じゃここで、一曲いきましょうNEWSで、「U R not alone」。

♪ U R not alone


■エンディング

小山 さぁそろそろお別れの時間ですが、先程もね、あったんですけれども、あの、ま皆さん、受験勉強頑張って、合格〜した方に、増田さんが、去年ね、合格〜のご褒美のチュー以上に、もっと感じさせてやるよと。

増田 そんなこと言ったの?

小山 と、言ったんですよ。じゃあその、言ったときのオンエアを今一回流しましょう。

増田 うん。

小山 こちらです。

小山 本気でやって本気でやって本気でやって。

増田 え?w

小山 本気、本気w

増田 もっと、感じさせてww

2人 (笑)

小山 言ってるんです。

増田 いや言って、いやわかんない、聞けてないじゃん俺は聞けてないよ。

小山 いやいや言ってるんです。

増田 リスナーさんは聴けたかもしれないけど俺には聴けてない。

小山 オンエアには乗っかってるんです。

増田 ほんと?言ったかなそんなこと。

小山 なので、それをですねぇ、今日は言っていただこうと。

増田 言った?そんなこと。

小山 思います!なので、え〜〜、

増田 夢でも見たんじゃない?

小山 じゃあちょっと今、気持ちつくってつくっといてもらっていいっすか?

増田 俺そんなこと言ったか〜?

小山 えー番組では(略)。ここでお知らせですけれども、次回は、4月29日30日の静岡です。

増田 ん!

小山 楽しみにしててくださ〜い。

増田 お願いしま〜す♡

小山 じゃあまずは先にお相手はNEWSの小山慶一郎と、
 
増田 増田貴久でしたぁ。
 
小山 ではこのあとのりさんなんですが、では皆さん合格した方にですね、最後増田さんから一言、ありますので、お聞きください。どうぞ!
 
増田 もっと、勉強しろよ。
 
小山 いやいや違う違う、違うねん、違うのよ。
 
増田 うえ〜い。
 
小山 もっと、感じさせてやるよ。じゃないと終わらせない、
 
増田 いやいやもう、
 
小山 終わらせないよ?
 
増田 のりさんになってますよね?
 
小山 なってない。はい、いきましょう。
 
増田 もっと、勉強しろよ。
 
小山 (笑) まっすーっぽいな。
 
増田 うん。
 
小山 じゃあね、あの〜、ミーチョルポさん。まだ負けずにメール送ろう。じゃあ、もう言わないから、この人に言わせるw のりさん。どうぞ。



■キスマイRadio
 
2017年4月19日
 
宮田 私はこの前、舞祭組の皆さんが音楽番組で道しるべを披露していた歌や、パフォーマンス、その姿を見て、感動して思わず泣いてしまいました。
 
千賀 お〜ありがとうございます!
 
宮田 元気を貰える曲がすごく好きです。そのあと、舞祭組のパフォーマンスから最後まで見ていたのですが、気になっていたことがあるので質問します。
 
千賀 なんですかぁっ?
 
宮田 番組のエンディングで、NEWSの手越くんが、新生活を始める人にメッセージを送っているとき、その後ろに千賀くんが立っていて、すごい手越くんのことを見て、笑って、にんまりと、見ていました。手越くんが好きな友達もそこを見ていたらしく、友達と、がっつり見てるね、好きなのかな、と話していました。あのとき、なんであんなに見ていたのか教えてください!
 
千賀 いやいやいやw 俺てご担だもん。
 
宮田 (爆笑)(拍手)
 
千賀 (笑) てご担だもん俺。
 
宮田 いやそうだね!w
 
千賀 手越さん大好きだから。
 
宮田 千ちゃん好きだよなぁ〜。
 
千賀 いやでもねぇ、それねぇ、(宮田 うん。)俺もあとから見て思ったんですよなんか。
 
宮田 あぁ。
 
千賀 俺全然意識してなかったんだけど、(宮田 はいはい。)手越さんが喋るってなったらさぁ、注目しちゃうじゃん。で何言うかなぁってさ、すごい楽しみだからさぁ、
 
宮田 わかるわかる。
 
千賀 にやにやしちゃう、
 
宮田 うんうん。
 
千賀 で俺見てたらさぁ、その、手越さんを見ながら、こうにやにやしながらすげえこう、唇をペロペロ舐めてたわけ。俺。
 
宮田 (笑)
 
千賀 なんかちょっと怪しかったの。
 
宮田 いや怪しいな!w
 
千賀 いや、そういうつもりで見てたわけじゃないんだよ。
 
宮田 うんうん。うん。
 
千賀 手越さん何言うかなぁっていうのは楽しみに、こう聞いてて、まそれが、顔に、表情に表れちゃったってだけなんだけど、けど怪しい表情をしてた。
 
宮田 怪しい表情してたねw いやぁあのさぁ、楽屋もさぁ、隣だった、わけじゃない。
 
千賀 はいはいはい。
 
宮田 あのパーテーション?パーテーション一枚仕切って、隣が、舞祭組と、NEWSだったじゃん。
 
千賀 うん。
 
宮田 でこう挨拶行こう、って俺と千ちゃん2人で行ってさ、手越さん、メイク中だったじゃん。
 
千賀 うん。
 
宮田 でも千ちゃんどうしても挨拶したくて、増田くんに呼んでもらってたもんねw
 
千賀 そうそうそう。まっすーに呼んでもらったんだけど、まっすーと挨拶してないまま、手越氏を呼んでもらったからね。
 
宮田 (爆笑)
 
千賀 (笑)
 
宮田 でもねぇw わかるんだよその気持ち!何言うかわくわくするんだよねなんかねw
 
千賀 そう〜。わくわくなんかそのときもね?
 
宮田 うん。
 
千賀 なんかメイク中だったんだけど、結構時間あったじゃん。
 
宮田 あったね。
 
千賀 だけどそのメイクをしてもらいながら、弁当を食ってるっていうのも、ちょっと笑っちゃったの俺。
 
宮田 (笑)
 
千賀 なんか、その、(宮田 確かにw)別に別々にしてもね、その時間があったわけじゃない。
 
宮田 うんうん、うん。
 
千賀 すっごいドライヤーで頭乾かしてもらってるときに、なんか焼肉弁当食っててw すげえ風当たってるから、もうなんか、肉がちょっとびらびらしてるわけ。なんか。
 
宮田 おおw (笑) こないださぁ、家でね?それこそ佐久間と、うちでテレビ見てるときに、手越さんが出てたわけよ。
 
千賀 おお。なんの番組?イッテQ?
 
宮田 なんかねぇ、あの、ガヤ芸人50人が、ゲストをおもてなしするみたいな。
 
千賀 あぁあれかぁ!
 
宮田 そうそうw
 
千賀 はいはいはいはいわかるわかる。
 
宮田 で、手越さんがこう、出た瞬間に、こうアニメ見よう、って話してたんだけど、もうそれじゃなくて手越さんを見る方になんかシフトチェンジしちゃって。
 
千賀 まぁそうだよね。偉大だからね、手越さんは。
 
宮田 でもそこでもなんか、モテは場数だ、ってw モテは場数だ、っていう、
 
千賀 その場数言っちゃうんだね?いやそこがすごいよ。神だよマジで。
 
宮田 すごい面白いなぁみたいな。
 
千賀 いや名言集出したら多分相当売れると思うよ。
 
宮田 いやぁ、俺も買うもん。
 
千賀 うん。俺も買う。絶対買う。
 
宮田 ね。
 
千賀 手越さんカレンダー欲しい。
 
宮田 (笑) はいはいw
 
 
宮田 松岡修造さんの。
 
千賀 松岡修造さんの感じ。
 
宮田 はいはいはいw わかるわ〜面白いよなぁ〜。あ、そっか以前ね!あの〜少クラプレミアムに出たときも、(千賀 うん。)手越担、てご担宣言してて。
 
千賀 いやもちろんですよ。
 
宮田 なんかちょっと千ちゃんと手越さんの共演がなんか、
 
千賀 いやぁ〜、それでもねぇ、
 
宮田 したいなぁ、見たいなぁ。
 
千賀 手越さん前にしたら多分喋れなくなると思う。絶対。
 
宮田 (爆笑) なんかさぁ、あのNEWSもラジオやってるわけじゃない。
 
千賀 うん。
 
宮田 で、キスマイRadioもあるわけだからさ、なんか、共演出来そうじゃない?なんか。それで。
 
千賀 まぁでも、手越さんに聞きたいことはいっぱいあるよ。
 
宮田 おぉ〜!
 
千賀 まぁさっき言った、その、あのモテることは場数だ、っていう話をしてらっしゃったけど、その場数の部分もちょっと、掘りたいし。
 
宮田 (笑)
 
千賀 (笑)
 
宮田 あっ、そう確かにね。ちょっと気になるっちゃ気になるねw おっ、なんかちなみに、Hey!Say!JUMPの、山田も、手越さんと共演したいらしいよ。
 
千賀 あっそう!
 
宮田 (笑)
 
千賀 俺山田と仲良いからもう3人でやりたいね。そしたら。
 
宮田 なんか、いいじゃんなんか、手越担ジャニーズ集めて、(千賀 あいいねぇ。)僕たちは、手越ジャニーズですみたいな。なんか。
 
千賀 なんかこう、手越さんの後輩だけじゃなくて、あの先輩とかが手越担なってくれたら、(宮田 あ〜!)それも面白いけどね。
 
宮田 それなんかさぁ、キンキの光一くんもさぁ、いやお前すごいな!みたいな。いやお前、子猫ちゃんってよう言えんなぁみたいなさぁ、すげえいじられてるじゃんなんかw
 
千賀 いじられてる。
 
宮田 なんかそこの共演もなんか、見たいね。
 
千賀 ま確かにね。
 
宮田 うん。
 
千賀 う〜ん。
 
宮田 いやぁなんか、人集まりそうだねぇ。
 
千賀 いやぁ手越さんのその、メンタルの強さといいますか。
 
宮田 うん。
 
千賀 芯の強さ尊敬してますので。
 
宮田 (笑) なんかね、そういう共演があったら、いいですね。
 
千賀 うん!はい。
 
(略)
 
宮田 さぁ、今夜もね、お別れのお時間ですが。
 
千賀 はい!
 
宮田 今日は、手越さんの話が、だいぶ盛り上がりましたねw
 
千賀 手越さんの話と、やっぱ卒業の話?
 
宮田 卒業の話ねw
 
千賀 う〜ん。良かったねぇ、やっぱ手越さんと、共演したいですね!
 
宮田 うん。
 
千賀 うん。
 
宮田 そうだねなんかゲストで、一回さぁ、俺と千ちゃんやってるときさぁ、来てくれたよね。手越さん、ねぇ。
 
千賀 一回来てくれたぁ。手越さんとのぉ、エピソード、自分はあるんですよね?
 
宮田 はいはいはい。
 
千賀 前も言ったと思いますけど、(宮田 あぁ。)その、まぁ痴漢に遭いまして。その痴漢を、ばっと、お尻を触ってる手を!ばっと掴んで。てめぇなにやってるんだよと。
 
宮田 はい。
 
千賀 言っていただいて。えー次の駅で、手越さんとその人と降りて。
 
宮田 (笑)
 
千賀 で俺はその、電車に残って。行って。
 
宮田 やっぱ、俺たちのスターでいてほしいですね手越さんはね!
 
千賀 はい。
 
宮田 (笑) 
 
 

■増田さんの愛菜ちゃん好きだなぁ(笑) U R not alone!GReeeeNみすごいよねザ・GReeeeNだよねすごく好きです。もっと勉強しろよ笑うw
 
キスマイのラジオで手越さんのお名前出たのでちょっくら文字起こしするか!と軽い気持ちで始めたら思ったより長くて大変だったw 手越くんへの思いの熱さが伝わりましたw NEWSとKAT-TUNしかほとんど聴いてないから違うグループ新鮮!
 
 
 
 

170411 KちゃんNEWS(増田)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤマス SOUND TRIPPER




■KちゃんNEWS

2017年4月11日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、4月に入って少し!暖かくなってきましたけれどもゲストは、春も似合います増田くんでございます!

増田 どうもぉ増田貴久でぇ~す!

小山 いや~もうNEWSのコンサート札幌公演が終わりまして。

増田 はいはい。

小山 俺今思い出したわ。

増田 うん。

小山 帰りさぁ、空港でお土産買ったじゃん。

増田 うん。

小山 俺とまっすーだけ。

増田 うん。あれ、

小山 貰った?

増田 あれ、小山のやつ?やっぱ。

小山 俺w あれ家にないんだけど。

増田 あれ、小山のやつなんだ。

小山 うん。

増田 いや俺のとこにいっぱい入ってて、今日あの今日の前の仕事場の人にあげちゃった。

小山 ふざけんなよ!w

増田 (笑)

小山 やっぱそうだよ!俺今思い出したもん今!俺今喋ってて思い出したんだよ!札幌って言って!

増田 あれお土産やっぱ小山のだったの。いや俺の、俺は、あの、向こうの、札幌のイベンターさんが、最後お土産ですって言ってくれたじゃんお土産、あの。

小山 うん。

増田 ラーメンとか。

小山 あのラーメンとか、いくらとかね?

増田 そうそう。いろんなお土産をくれたの。

小山 はいはい。

増田 で、それの上に、そもそもあとで俺が買ったお土産のやつが入ってた上にもういっこ、だからおんなじやつがだから2個あったのよ。

小山 だからさらにつけ、買い足したじゃん俺ら。

増田 そうそう。俺が買い足したやつがだから、あれ元々入れてくれてた、のか、小山のやつかなぁ、って思って、

小山 うわうわうわ。

増田 元々入れてくれてたとしても、小山のやつだとしても、別に、いっかと思って。

小山 いやいやだって、俺が空港で、あの~、

増田 俺が頼んだんだよね、お土産、

小山 そう!

増田 小山と一緒に、お土産のあのこの、このお菓子とこのお菓子食べたーい、みたいな感じで、お土産買ってもらったやつが、俺の袋に全部入ってたんだ。

小山 で俺がさらに、ポテトチップスにチョコついてるやつも食べたいから、それ買ってくださいって言ったら、まっすーもそれに便乗して、あ俺も買っといて、

増田 うんうん。

小山 でないんだよ家に俺。ほんとにないんだよw

増田 あぁあげちゃった。

小山 ふざけんなよw あ~食べたかった~!

増田 あげちゃった今日。

小山 俺そうだよ俺今思い出したわ。

増田 あぁ。

小山 いやいくらは食べたのよいただいたから。

増田 うんうん。

小山 用意していただいてたから。

増田 うんうんうん。

小山 いやなんならさ、もう変な話だよ、変な話お土産だからいただけるわけですよイベンターさんに。俺それは買ってるからね自分で。

増田 ふ~うん。

小山 お菓子に関しては。

増田 あぁ買ったの?

小山 買ってるw お金出してるからね。

増田 あそうなの、あぁあの、ありがと。

小山 w くっそ~!

増田 うん。今日の現場の、人にあげちゃった。

小山 もう札幌公演は戻ってこないからw

増田 うん。 (笑)

小山 まぁいいよいいけどさ。

増田 うん。

小山 そうかやっぱまっすーんとこに入ってたのか~。

増田 入ってたんだね。

小山 そうだよだからそれを買ってくれたマネージャーさん今いないんでしょ?

増田 うん。

小山 腹減ったよ(?)まぁいいや。ということで札幌は無事に終わりまして。

増田 いやぁ楽しかったね!

小山 はい。まメール来てるんですけど、NEVERLANDツアー始まりましたねと。

増田 うん。

小山 4月1日、エイプリルフールの北海道公演で、慶ちゃんはまたメンバーに騙されたりしましたか?ということなんですけど、メンバーには騙されなかったけどなんか騙されました?誰かに。例えばメール、

増田 騙されてない。エイプリルフール今年なんもなかったな。

小山 エイプリルフール、とかっていっている、場合じゃなかったしね僕たちは。

増田 まぁ初日でね。

小山 初日でね。

増田 うん。

小山 でも僕はあの~、コンサートグッズをつくるスタッフさん、

増田 うん。

小山 がいらっしゃるじゃないですか。

増田 あぁはい。

小山 その方から朝メールが入ってて、朝起きたら、前髪が全部抜けてしまいましたって。メールが来てて。

増田 うん。

小山 あすごく仕事大変なんだなと思って、なかなか親身に、相談に。3ターンぐらい答えたわけ。

増田 うん。

小山 ほんとにしっかり思い出したそれで4月1日を。

増田 あ嘘だったんだ。

小山 ほんとに俺この人悩んでんのかなと思って。

増田 うんうん。

小山 それな、いっこもないっしょそういうの。

増田 うん。

小山 駄目だなぁ、ほんと。最後にピュアな小山が好きですってきたけど、ふざけんなと思って。

増田 (笑) ピュアじゃねえじゃんw

2人 (笑)

小山 いいんだけどさ。まぁあのどんどんね、あの~~、コンサートツアー進んでいくわけですけれども。

増田 はい。

小山 全部全力でね。やっていきたいと思いますので(増田 お願いします。)楽しみにしててください!一曲目、NEWSで「NEVERLAND」。

♪NEVERLAND


ふつおた

小山 ふつおたですけど、ふつおたにいく前に、

増田 はい。

小山 餃子が届いたんで。

増田 あ餃子。

小山 餃子食べよう。

増田 うわ食べながらやるとかもう考えられないですわぁ。

小山 いやいやもう、もう3個食べてんじゃんあなた。いただきまーす。すいません。

増田 どうぞ。ちゃんとね、食、リポ的な。

小山 んっん~~、美味しいですねぇ。

増田 いいですか?

小山 うん!噛むと肉汁がぶわぁ~!って出てきて。

増田 あぁ。

小山 う~ん!

増田 いいですね。はい、じゃあふつおた

小山 野菜のシャキシャキもね。残っててちょうどいいですねぇ!

増田 いやわかります。

小山 う~ん!美味しい。ちょっと一回これだけ読んでて。噛むから。

増田 僕が読むんすか?

小山 うん。

増田 えー、私はこの春、高校を卒業して社会人になりました。学生時代はアルバイトを禁止されていて、お給料を貰うのも初めてです。そこで心配なのがお金の使い方です。いくらかは家に入る予定、入れる予定ですがお金の使い方が荒い私は残りを全て使ってしまいそうで怖いです。そこで、NEWSの皆さんがお金を使うときに注意してることなどありますか良ければ参考にしたいので教えてください、ちなみにお金の使い道は、大半はNEWSですと。(途中でのりさん入室)(小山さん小声で喋ってる)

のり 箸ってこれですか?

小山 のり。

のり はい!おはようございます!

小山 今メール読んでんだのり。

のり あれ?なんでw

増田 箸ってこれですかで。しかもねぇ、マジミラクル起きてるよ?

のり はい?

増田 Tシャツに、米ついてる。

小山 (爆笑)

のり すごくないですか。すごくないですかこんな。

増田 俺のぎょう、

のり こんな大人なかなかいませんよね。

小山 のりよ。

のり あ、こんばんは。

小山 歩いてきたらTシャツに米がつくんだ。

のり そうなんすよ。

増田 俺の餃子を、

のり 春だしね。

増田 俺の餃子取りに来たら、

小山 春だしねの意味、意味がわかんない。うん。

増田 これ箸ありますよ。

のり すいません。

小山 春だから、これ米つかないから。

のり おはようございます!あの~、オテンキのりですすいません急にお邪魔しちゃってなんか餃子の匂いがするなと思って、

小山 いやいやするわけねえだろ。

増田 あの防音の扉閉めてんのに?w

のり (爆笑)

小山 ぎっしり閉めてんのに。どうしたのもう鼻が変態だよもう。

のり すいません鼻が変態で申し訳ないっす。

小山 うん。

のり いいすか、いっこいただいて。

増田 いっこだよ?

のり 問題がね?またこれ難しいんですけどいっこっていうのはこの、このひとパックのこと指してんのか、餃子のこのほんとに

小山 いっこ食っていい、

増田 いっこだろ、それは。

小山 (笑)

増田 いっこ食べていいよはひとパック、食べる、

のり 前それで一悶着あったじゃないすかまっすーがちいさ、小せえからほんとに。

2人 (笑)

のり まだ根に持ってて。

小山 いやいやw いや、いや、でもいっこ食べていいよってまっすーに言われたわけでしょ?

のり はい。

増田 違う違う、普通にちょっとどうぞみたいな感じで、あ、一緒に食いましょうよね?

小山 あぁ~。

増田 だから6個入りかな?

のり そう。

増田 6個入りだから、2、3個、どうぞみたいな感じで渡したら、普通にひとパック全部食ってて。

のり これだから小山くん、小山くん聞いて?

小山 え?

のり あのね?どうぞって言われて、いっこしか食べなかったら、あれ、お口に合わなかったんじゃないかなって思われたらさぁ、(小山 そっか。)悪いなぁと思うじゃない。

小山 多めに言っといた方がね?

のり すごく美味しいですねってぱくぱく食べてあげないと悪いなって僕も大人のね、

増田 いや、違うよそれだって、のりさんが食べてる、なんか弁当の、なんか、ニラ、ニラ炒めみたいなやつちょっ、ちょっと食いますみたいな。でそっちはちょっとガイさん、 (笑)

のり 小さい男ですよ!

小山 (笑) 

増田 いやいやいや、

小山 ねえ餃子1パックごときで

小山+のり ねえ!

のり ほんとじゃあいただきますねほんとに。続けてください。

小山 続けるもなにも続けづれえわ食べてくださいまずは。

増田 なに食いに来ただけ?ほんとに。

のり ほんとに、いや春のね、ご挨拶ですよ。

小山 いつから俺のラジオ勝手に入ってきていいことになってんのw

のり そこに餃子があったから。

小山 知らねえわ。

のり (笑) いただきます!

増田 ラジオとかじゃなくて

のり んん!(でかい) うま!

小山 うわぁ。うるさいなぁ。

増田 (笑)

小山 うるさい、

のり ほんとに美味しい。

増田 美味しいですね!

小山 ラジオ慣れしてる人はやっぱ声でかいんだね。

増田 うん。

のり いやそんな風に分析されると恥ずかしいです。

小山 w

のり この、餃子の、この隠し味の皮っていうんすか?

小山 うん。

のり 皮がすごいもちもちしてて、

小山 隠し味の皮?

のり なんつうんすか。

小山 隠してねえだろうね皮は。うん。

のり (爆笑)

増田 だから思いっきりもうそれで包んで、

小山 うん。

増田 うん。

のり 楽しくやりましょうよちょっとなんすかぁ!

小山 (笑)

のり 春ですよ?

小山 いやいや、

増田 餃子の番組みたいになっちゃってるねぇ。

のり ねぇほんとお久しぶりお久しぶりでございますほんとに。

増田 お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。

のり よろしくお願いします。今年も?今年も?今年度もですよね。

増田 今年度もね。

のり よろしくお願いします。

小山 じゃちょっとさぁ、

のり はい。

増田 お金の使い道。

小山 今、お金の使い方。注意してることありますか。もう今もうお稼ぎになられてるでしょ?のりさんなんかもうお金をほんとにもう、

のり 僕なんて文化放送の、(小山 うん。)レコメンのギャラなんて貰ったことないですからね。

小山 え?

増田 あそうなの?

のり 野菜とかそういうので届くんすよ僕。

小山 えっ?ちょっと増田さん!

増田 えっ?

小山 のりさん春から、ドラマだって!

増田 え!

のり いやいやほんとに、違うんですもう。

増田 4月クール?

のり そうですね、あの、

小山 どこ?

のり ボク、運命の人ですっていう。

小山 えー!亀ちゃんのやつ?

のり そうですそうです。

小山 えー!!

のり に、出させていただい

小山 山Pと?

のり 山Pと。

小山 嘘ぉ!

のり ヒロイン役で。

増田 なわけねえだろ。

のり (笑)

小山 ごめんごめんw なわけねえだろ。

のり (笑)

増田 いや自分が一番笑ってんじゃん。

のり いやすいません。わりかし面白いこと言うなぁと思って。

小山 いやいやw そうでもないw (笑)

のり おかげさまで出させていただいて。

小山 え何役ですか。

のり あの~亀梨くんの、同僚の、役で。

小山 同僚。

増田 へぇ~。

のり 木幡渡造。38歳。

増田 木幡渡造。

のり はい。食いしん坊で、明るい感じの。

増田 あぴったり。

のり まんまです。

小山 えっ、同僚ってことは、結構、でじろあんじゃないすか。

のり まぁあの会社にはいつもいますよね。

小山 そうですよね。

のり はい。

増田 へぇ~。

小山 台詞なくても、(のり はい。)映ってたりするから、(のり そうですね。)シーン的には多いんじゃないすか。

のり そうっすね背中で語っちゃったりもしますからね。

増田 へぇ~~~。

小山 (笑)

のり (笑) でも僕ね?正直わかんないんですけど、ドラマとかやったことないからわかんないんですけど、僕何すりゃいいんですか?

小山 いや芝居じゃないっすかw

増田 えっ、えっ、ないんすか?経験今まで。

のり ないないないない。

増田 ゼロ?じゃ、ゼロなの?

のり ゼロですよ。

増田 ゼロ?

のり ゼロです。まぁそれ、ネタでコントとかは、やってますけど、またのそのなんか、働いてるシーンとか僕、会社勤めしたことないし、コピーの取り方もわかんないくらいで、

小山 え?なんでのりさん、

のり オーディション受けたんすよ。

小山 え、

増田 え?

のり そうなんすよオーディション受けて。

小山 ちょ、

のり 受かって。

小山 ちょうどよかったのかなw

のり ちょうどよかったんじゃないすかね。こういうなんつうんすか?w

小山(+増田?) (笑)

のり 宴会部長的なやつ?いるよなってとこなんですかね。

小山 ちょーーどよかったんだろうね。

のり ちょーーどよかったんだと思うんすけどねぇ。

増田 へぇーー。

小山 どうなんすか撮影現場で、亀ちゃんとのシーンがじゃあ多いとか?

のり あもう多いすね。

小山 あじゃあもう撮ってる?

のり あのお話もさしていただいて撮り始めていますけど。

小山 どうなんすか?亀ちゃんの現場での。なんか裏、情報ないすか?

のり なんかねぇ、すごく、フレンドリー過ぎて、こっちが引きますよね。

小山 w

のり なんかわかります?w

小山 優しいからね亀梨くんは。

のり こっちがなんかこう、なんか緊張してるじゃないすか。

小山 うん。

のり すーっときてくれて、なんか、

増田 ういーみたいな。

のり だから話をしてくれてね。

小山 優しいからねぇ~。

増田 優しいよね。

のり 面白いすよね。あとあの~~、澤部くん。あのハライチの。

小山 はい。

のり 澤部くんがいるからまぁまぁその、僕も話しやすくていいんですけどね。

小山 あぁあぁあぁ、おー。

増田 なるほどね。芸人さんもじゃあ、出てるんすかいっぱい。

のり そうなんすよね。出てるんで。

小山 澤部さんは先輩後輩でいうとどうなんすか。

のり 澤部くんは後輩ですね、僕の。

小山 あっ、そうなんすね。

のり そうなんすだから僕すげえ先輩面するんすよ。

小山 するんすかw えそこ

増田 のりさん何年目ぐらいなんすか?

のり 僕じゅう……16年目?

小山 うお~。

のり うわ引くわ。

増田 あ一緒だ。

小山 俺と一緒。

のり 同期?

小山 いや同期、そうだね。まぁ、

増田 何年目?

小山 俺17年目だから今年。

のり あーじゃあ、

小山 ちょっと上だけどでもほぼほぼ一緒だ。

のり ……こーも違いますか。

小山 w ほぼほぼ。山Pとのシーンは?

のり 山Pとのシーンはないですね。

小山 あぁ。

のり 現場ではご挨拶はしましたけど。

小山 今山Pって呼びました?

のり 山P。へっ?

小山 面識ある?

のり 全然ないっす。

小山 (笑)

のり 全然ないっす。

小山 お金の使い道どうですか。今じゃあ、あじゃあわかった10万あります。

のり はい。

増田 うん。

小山 なんに使いますか今。

のり 10万あったら僕こないだちょうどね、洗濯機が壊れたんすよ。

小山 あ~、いいとこだなぁ。

のり だからちょうど洗濯機を買いたいなぁ。いいんですか?

増田 え、洗濯機ないんすか?

のり いや今壊れちゃったから大変ですよ。大家さんにお願いしてますもん。

小山 渡して。

のり はい。

小山 いいとこだなぁ。10万洗濯機。

のり 洗濯機ですね。

小山 何まっすー10万。

増田 え~。俺はやっぱそのー、餃子をいっぱい食べたいですかね~。

小山 マジ?10万円?

のり どんだけ?も、どんだけ?

3人 (笑)

小山 今ナチュラルどんだけ出たね。

のり ナチュラルどんだけ出ちゃったけどそんなに餃子好きなの?

増田 好きです。

小山 いや10万分てなかなかの量よ。

増田 いやそれはもうこ、小分けよ?

小山 小分け?w

増田 いっぺんにじゃないよ?

小山 いや、違う1日で使わなきゃいけないの。その日に。その日に10万円使わなきゃ。

増田 あでも、あ~。使わないっていう手も。

のり 10万円は食い切れない、いくら、や あの、

増田 絶対使わなきゃいけないってことね。

小山 うん。俺は絶対炊飯器。今欲しい炊飯器ある。

のり 10万円の炊飯器?

小山 いや、今高いんすよ炊飯器。

のり あ、確かにこだわったらすごいんすよね。炊飯器。

小山 はい。

増田 あ~、まぁ、いいのは高いっていうね。

小山 僕羽鳥さんからいただいたんすけど、今持ってる炊飯器。ちょっと壊れだしちゃったんで。

のり あ~。

増田 でもそれは壊れても使わないとさぁ。

小山 だからぁ、

のり それ、じゃあそれを俺にくださいよ。

小山 ……え、いいんすか?w

のり 壊れかけを。壊れかけを。 (笑)

小山 壊れかけの炊飯器?

のり 炊飯器。

小山 うんw

のり あ、いいなCDじゃん(?)

小山 いやいや、

のり (笑)

小山 いや~~、どう?まっすー。

のり ちょっと今食いしん坊なんか俺ってどうですか感出したでしょ。

小山 あ~。

のり こんな食いしん坊な俺どうですか?みたいな、

小山 (笑)

のり 今引いたわ。

小山 引いた、

のり なんか。やだわ~。

増田 いやいやでもそんななんか欲しいものっていうのに、

小山 10万円を?

増田 いや~、使えないね。

小山 高額よ。

のり 高額ですよ。

小山 なんかよく番組であったりするじゃないすか10万円あったらどうしますかみたいな。あれ結構家で考えたりするけど、

のり 難しいっすね。

増田 うん。

小山 なかなかその日に使い切るっていうのはねぇ~。

のり 確かに難しいかなぁ。

小山 なんでその合間で相槌みたいに餃子食うんすか。

のり 言わなきゃバレないかなと思ってw

小山 いやw バレるよ。

のり 違うのまっすー違うんだ今の。

増田 ん?

小山 いや食って食ってください。

のり 今のは違うのよ。

増田 食ってください全然、全然食ってください。

のり じゃあいたたきますね。

増田 うん。

のり あと何個ぐらい食べていいんすか?

小山+増田 (笑)

のり 食べていいですよっていうときって何個ぐらい食べていいの?俺そういうのわかんないから。

増田 ひとパックじゃなければいいよ。だからちょっととっといてくださいよそれはさすがに。

のり あと2ってことね。はい。

増田 (笑)

小山 曲いくよ?w

のり いきましょういきましょう。

小山 はい、NEWSで、「アン・ドゥ・トロワ」。

♪アン・ドゥ・トロワ


■エンディング

小山 さぁお別れの時間ですけれどもー、じゃ短めのメール読んでいきましょう。うん。

のり いや~、

小山 まだいんのかいのりさん。

のり (笑)

小山 まだいんのかい。なんだよもう~。

のり あんまり名曲(?)過ぎちゃって。すいません。

小山 そうっすね。あぁこれいきましょうかじゃまさに。

増田 うん。

小山 突然ですがまっすーは餃子が好きといつも言っていますが、タレは、側面につける派ですか、それとも焦げ目のついた、底のところにつける派ですか。

増田 あ~~、なるほどね。

小山 どっち、

増田 今は、醤油出すところがなかったんで、もう強行突破で上にかけちゃったんすよ。

小山 普段は。

増田 普段は、でもまぁ、ちょっとローリングして、

小山 ローリング?

のり うーん、なるほどね。

増田 焼き面じゃないっすよね。焼き面じゃない方を

のり 焼き面じゃない方に僕もいきますね。

増田 ですよね。

のり でもはじめのいっこめは、つけずに食べるっていうのが僕の中のルールですけどね。

増田 あそうそう俺もそう。

小山 あっ。あとは何?あるある。餃子好きあるある。にんにく入り、なし。

のり いやにんにくは入ってて、大丈夫です。

増田 うんなしからいって、ありに変えたりする。

小山 あれ?w

のり にんにくありでいきます。まずそこの、自信のあるものを、ほんとこんかい(?)ですから。

小山 あ~まずね。

増田 ん~なるほどね。

のり あとは酢に、胡椒、とか。

小山 あぁ。

増田 え~~。

のり 入れたり、しますけどね。餃子によって変えますけどね。

小山 まっすーはにんにくでちょっと匂い誤魔化されちゃうときがあるから、まずなしで食べてみましょうと。

増田 う~ん、まぁそうだね。

小山 うん。

増田 誤魔化されちゃう、というかないのでどんなんだろう、で食べたあとに、あり食べたら、さらにその、おんなじ餃子で、さらに美味しさが、やっぱよりね。

のり まっすーに聞きたいのは何個食べれます?なんなん何人前っつーの?餃子を。

小山 えじゃあさぁ、一人前がじゃあ5個とするよ。

のり はい。5個として、

小山 みんな5個としてさぁ、

増田 いや今日今日俺、今、この前の現場で、6パック食ってきたんす。

のり 6?

増田 あー間違えた。えっとー、6個入ってるやつを3パック食べてきた。

小山 お~。

増田 さぶろく18?

小山 18個。18個。

増田 で、からのこれだから。

小山 やっば。

のり 僕この間ねぇ、あのお仕事で、餃子10人前券、(小山 おぉ!)え~40人前貰ったんすよ。

増田 ほう。

のり ね。だから、で、どんなもんかなと思って、10人前食べてみたんすよ。

小山 うん。

のり 全然まだまだいけんなと思ったけど、そのぐらいにしておきました。

増田 ドヤ顔すか。すごい。

のり 10人前ってこんなもんなんだと思って。

小山 餃子10人前食うって、すごいんすか?

増田 10人前ってどれぐらいなの?

のり だから、5かける?10で、50。

小山 50個。あすげえ。

のり まままぁ2人でしたけど。

増田 えっ?

小山 えっ?

のり (笑)

小山 いやw ねぇ、後づけが

増田 後づけすげえし25個しか食ってないじゃん。

のり 25個、急に少なくなっちゃったけど。

増田 やべえめっちゃ少ねえし。

のり でもその先輩あんまり食ってないから多分俺まぁ、6人前ぐらいはいったんじゃないかなぁ。

増田 いやいやだとしてもよ。いや全然もっと俺いくよ?したら。

のり 俺あとだから30えん、30人前余ってるんすよ。

増田 うん。

のり 行きます?

小山 いやだからまっすーと食ったらなかなかいけるんじゃない?

増田 そしたら2人で30多分いけんじゃないすか。

のり いけます?途中でなんかきついとか言いそう、なんかレッスンだこのあととかすぐに言いそう。

小山 レッスンw

増田 そんな俺弱音吐かないタイプw

のり いけんのね?w

増田 (笑)

のり じゃ勝負しましょうよ。

小山 カメラ回ってなくてもそういうのやるんすか?

のり やっぱり、そういうの日々挑戦してってラジオでも報告したいですしね。

増田 う〜ん。

のり 自分の限界を知りたいですけどね。

増田 いや俺別にそんな、量よりやっぱ質のタイプ

小山+のり (笑)

小山 ちっちゃい男ですねぇのりさんねw

のり やだ、もうやだ

小山+のり ね!

小山 やだねぇ!

のり ちいさーって呼ぶ今度からもう。

小山 ちいさーw (笑)

のり もうまっすーとは呼ばないちっさーと呼ぶ俺。

増田 俺の要素なくなっちゃってんじゃん。ちっちゃいつだけだ。ちっちゃいつ。

小山+のり (笑)

小山 さぁ番組では(略)(増田 あそこもちっちゃいんだ。)(のり そこもちっちゃい。)(増田 残ったつもちっちぇえんだ。)えー今週末は、宮城県でコンサートがありますので。

のり おっ!

小山 はいー。

増田 お楽しみに。

小山 明日はドラマですか。

のり 明日は、あっ!そうかもしんない。

小山 (笑)

のり ごめんスケジュール確認しないと。大変よね。役者と、パーソナリティーのスイッチの。

小山 (笑)

増田 やばいやばい。

のり 例のやつが。

増田 ちょっと、ノリ変わってきちゃってる。

小山+のり (笑)

小山 のりさんなのに。

増田 のりさんなのに。

3人 (笑)

のり 悪のりになっちゃった。

小山 悪のり。

増田 悪のり。あっ。

3人 (笑)

のり ありがとうございます。

小山 おあとがよろしいようで。

のり おあとがよろしい。

小山 はい。

増田 喋って食うわ。

小山 はい。お相手は小山慶一郎と、

増田 増田貴久と、

のり オテンキのりで、あごめんなさい、役者入っちゃった。オテンキのりでした!

小山 じゃあこのあとは、オテンキのりさんで〜すw

増田 のりさ〜ん。

のり 頑張って〜!のりさ〜ん!

3人 (笑)


のり のりさんありがとう〜!さぁ小山くんまっすーありがとうございました。すいません急にね、餃子の匂いにつられて、お邪魔しちゃいましたけどもね、え〜次、お邪魔するのはリスナーの皆さんのおうちかもしれませんよ?鍵閉めても壊して入りますからね!楽しみにしていてください。来週もよろしくお願いしま〜す。



■SOUND TRIPPER
2017年4月11日

山下 グループでの活動はまさに調和が大事ですがNEWSのときは。いや仲良かったよすごいみんな。うんすげえふざけ、ずっとふざけてた気がするもんw めっちゃ悪戯したなぁ。うん。手越の鞄の中に、お菓子をいっぱい詰めまくったっていうのは……やったりとか~、あと、まっすーに、おもちゃの虫を、わっ!って投げたりとか、虫じゃなくてなんかキャンディーとかを、あぁ虫!ってやるとマジですごいいいリアクションしてたんだよね。子供か。子供だったね。そうそうそうw 調和を保つためにはね。はい。




■人数多いとわちゃわちゃしてて楽しいけど文字起こしが!大変です!

のりさんドラマ見たよ〜!!!誠くんと神様のやりとり最高でした!あと小山さん!!24時間テレビのパーソナリティーおめでとうございます!亀梨くんも!!楽しみだなぁ。






170404 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ




■KちゃんNEWS

2017年4月4日

 

 

■オープニング


(BGM : さくらガール)

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、えー、新、入学生、新社会人の皆さんおめでとうございます。ゲストはこの方シゲちゃんでございます。

加藤 はいどーもぉー。

小山 ということでもう皆さんもう~新社会人とか。学生もね、新しい生活始まってるわけですよ。まぁそんな時期かい。

加藤 そんな時期ですねー4月4日。

小山 桜も満開の時期ですよ。

加藤 そうか。

小山 うん。

加藤 恐らくそうでしょう!

小山 そうね~。ま北海道は、まだ、かなぁ、って感じはしますけど。

加藤 うん。

小山 うん。なるべく皆さん桜があるうちに。花見なんかね、出来たらいいですね~。

加藤 そっか。早いね1年。

小山 早いなぁ。一枚読んでいきますか?えー、NEVERLAND買いましたと。私はロックが好きなので、今回BLACK FIREのような曲が入っていてとても嬉しかったです。始まりの、てごちゃんから、えー、シゲちゃんにいくところが、すごくかっこいいです!でもシゲちゃんの喉が心配です。喉に気をつけてライブ頑張ってください!

加藤 おぉ。ま~そういうキャラになってるからねぇ!まぁまぁ、

小山 まぁ僕リハーサルなんか、出てたらわかりますけどね、加藤さん余裕で出ますここ。全然大丈夫。

加藤 鋼ののどちんこを手に入れたからね俺は。

小山 あそうなのなんかね、

加藤 鋼の。

小山 鋼のね。

加藤 金ピカだから今俺ののどちんこ。

小山 筋トレと一緒でさぁ、あの~、徐々に。

加藤 まぁそうだね。ストレッチみたいなとこもあるしね。

小山 うん。

加藤 まぁまぁまぁそうっすね。

小山 まぁまぁでもBLACK FIREみたいな曲はほんとNEWSなかったんでね。

加藤 うん!

小山 うん。なんか振り切れるというか。

加藤 うん。

小山 もうヘドバン!みたいな。うん。

加藤 そうっすね~。

小山 ライブでも皆さんぜひね、一緒にこうヘドバンしてほしいな。

加藤 してほしい。

小山 思いますけど。

加藤 うん。

小山 じゃあBLACK FIREいこうよ。一曲目ね。では、一曲目じゃあ今話にも出ましたNEWSで、「BLACK FIRE」。

♪BLACK FIRE


ふつおた

小山 ふつおた読んでいきましょう。まずはこちらです。いつも楽しくラジオ聴いています。今度体育でダンスの授業をするのですが、グループで好きな曲を一曲選んで踊ることになっています。私たちのグループはEMMAを使って踊ることになりました。ジャケットも使って同じ振り付けで踊ろうと思っています。そこで質問です。EMMAを踊るときに何か上手く踊るコツとか、あれば教えてください!

加藤 えそれ何歳?

小山 14歳!

加藤 14歳でEMMAいけるかい~?(↑)

小山 お前は

2人 悪い女ぁ~。

加藤 やるかい

小山 いけるかい

加藤 同じ振りでやるんかい~?(↑)あの腰を~?(↑)

小山 (笑)

加藤 あの腰振りをやるのかい~?(↑)

小山 (笑) やめろよw

加藤 14歳で~?(↑)

小山 14歳にそういう話し方をしたらなんか嫌らしく聞こえてくるよね。

加藤 だってそういう振り付けじゃないかい~?(↑)

小山 やめろw やめろ。いやいいよ。いやイントロむずいんじゃないかなぁ。

加藤 むずいねぇ。

小山 サビはいけると思うよ。

加藤 でもさ、ジャケット捌きむずくない?あれジャケットのサイズ感さ、ちょっと大きめにしとかないと。

小山 うん。僕らも歌番組でねぇ、まちょ、ちょこちょここう~、ジャケット落ちちゃったりとか。

加藤 うん。

小山 そこまだ肩引っかかって、ほしいとこだけど、肩から落ちちゃうとかあるからねぇ~。

加藤 あるね。お父さんにジャケット借りたらいいね。

小山 あその、

加藤 ちょっとおっきい方がいいもんね。

小山 うん。可愛いねぇ。お父さんのジャケット。

加藤 うん。

小山 逆バージョンでね。

加藤 うん。

小山 どうっすか。コツ。

加藤 思いの外ジャケットを思いきり振り回す。

小山 あ~。そうね。

加藤 結構~振り回してるよね。

小山 じゃないと、綺麗にいかないからね。ウエイトが。

加藤 そうそう。もうそこは躊躇なく。

小山 うん。

加藤 振り、払う。

小山 思いっきりね。

加藤 思いっきり。結構難しいよねぇ。

小山 でも踊れたらかっこいいなぁ。

加藤 どこが難しいかなぁ。

小山 いやでもイントロじゃない?

加藤 あとE、M、M、Aかな。

小山 あっ、E M M A(加藤 E M M @Aんとこねぇ。)はねぇ、意外とねぇ、ゆ、指、どこかわかんなくなるからね。

加藤 フルコーラスんときは手逆だしね。

小山 あ、そうそうそうそうそうw あーそうだからさ、意外とこういうのってみんなフルとかでやっちゃうじゃん。

加藤 うん。

小山 ちょっと短くした方がいいよね。

加藤 あ~、でも切れる?自分で。

小山 あ~。

加藤 出来るかなぁ。

小山 編集むずいか。だから1~番のサビが終わったらもう間奏にいくとかの方が多分見てる人は飽きないよね。

加藤 まぁね。

小山 うん。

加藤 うん。

小山 こういうなんかこう、誰かの真似をするときはね。

加藤 実際はね。

小山 うん。

加藤 うん。

小山 そうそうそうそう。そんな気もしますけど。さぁ続きまして、私はスイーツが大好きです。なので、この前プリンをつくってみようと、チャレンジしてみました。ですが、電子レンジでつくったところ、穴がぶつぶつ空いて茶碗蒸しみたいになってしまいました。加藤くんは料理をするそうですが、スイーツはつくったことはありますか?

加藤 何つくったって?

小山 スイーツ。でー、プリンつくったんだって。

加藤 あ、プリンね。

小山 うん。そしたら、茶碗蒸しみたいに

加藤 あれなんて言うんだっけその水滴。えっとねぇ、

小山 うん。

加藤 なんて言うんだっけなぁ。

小山 うんそれについてなんにも気になんないんだけど。水滴。

加藤 まぁまぁ、あのー、茶碗蒸しとか、プリンつくるときは、それもう上にキッチンペーパー引くか、こうちょっと三角のこう、水がそこに中に入らないようにするのよ。

小山 うんうんうん。そういうやり方をすると、

加藤 普通は。

小山 あっそうなんだ。

加藤 うん。だからその水滴がついてんのこうやって。落ちちゃうじゃん。

小山 あ~、なるほどね?

加藤 溜まったら、蓋したら、水滴がついちゃうの。

小山 うん。知ってるなぁ!

加藤 キッチンペーパーとかー、巻いて、蓋するとかやるんだよね。

小山 物知りだなぁ!で、スイーツつくったことあんの?

加藤 スイーツはないっす。

小山 そう。つくってよじゃあ。

加藤 ビビットぐらいかなだから。そう仕事でつくるぐらいで茶碗蒸しはあるけど。

小山 まぁつくんない、ってか食べないもんね。普段そんなに、スイーツをね。

加藤 うん。

小山 うん。

加藤 チョコレートぐらいかな。買った方が美味しいもん。スイーツは。

小山 まだクッキー好きになれない?

加藤 うん。小麦粉とあれバターだよ?

小山 最近さ、少年、いやいやいや。

加藤 w

小山 原材料いかれても。

加藤 (笑)

小山 少年倶楽部のさ、収録~の最近スタジオの前にさぁ、クッキーがいっぱい置いてあったじゃん。

加藤 うん。

小山 あれ僕はもうむしゃくしゃむしゃくしゃ食べてたんすよ。でーなんかちょっとスタジオでまだ時間あったからスタジオでも食べてたら、手越とかまっすーとかこう、ちょうだいっつって来てたけど加藤さん絶対に手出してこないもんね。

加藤 あ俺あの日でもほら、ファスティングつってほら、断食してたからもう。あの日から。ずっと。

小山 あっそうだ。ファスティング。……ファスティング!?

加藤 (爆笑)

小山 なに?ファスティング

加藤 (笑)

小山 なん、どんな字なの?ファスティング

加藤 いやか、カタカナだよ別に。

小山 あそうなの。

加藤 うん。

小山 どういう意味?ファスティングって。

加藤 断食。断食。

小山 ふぁっ、何を、ティングなの?何が、何がing形なの?

加藤 いやどうなんだろファスト?ファストしてんのかな。何をファストなんだろうね。

小山 ファスティング?でどうなの?断食期間終わったの?

加藤 終わっ、た今日で。

小山 あ今日終わって、終わってすぐ何食べたの?

加藤 いや、あの終わってから食べるものが大事なの。だからや、野菜とか、お粥とかそういうのでゆっくり、あの病院みたいに。

小山 顔シュッてしたの。

加藤 シュッとさせるためにやってた。

小山 うん。

加藤 うん。

小山 何日、食べなかったの。

加藤 4日。

小山 うーわ!駄目だ俺絶対。

加藤 もうでも全然いけるよ?もう1週間ぐらい食べなくてもいいなと思ったけど、復活が間に合わない、

小山 うんうんうん。

加藤 だからこれあれだよ、もう聴いてる人はもう真似しちゃ駄目だと思うけど、(小山 うん。)結構ちゃんとした俺あの、トレーナー専門の人に教えてもらってやったから、

小山 うんうん。

加藤 だけど。

小山 うん。その、期間中は、なに、だっけ飲んでたよねでもなんか。

加藤 酵素っていうのとか、あとサプリ?

小山 うん。

加藤 そのー、アミノ酸とか、

小山 必要最低限必要な。

加藤 うん。だから全然あの身体に負担はないんだけど。

小山 うんうんうん。

加藤 最初はでもねぇ、めっちゃ眠い。

小山 あ~。

加藤 あの慣れないからその状態足りないんじゃなくて、(小山 うん。)普段足りすぎてんのよ。

小山 うんうん。

加藤 それが、なんか、少なくなったときに、間に合わないから、

小山 うん。俺ご飯とか食べなかったらもう駄目だな~。

加藤 まぁ小山さん別にさぁ、そんな、変わんないしね体型。

小山 ファスティングする必要ないもんね。

加藤 でも、メインはダイエットじゃないんだよ。

小山 うん。

加藤 デトックスだから。

小山 身体ん中を、一回、リセットして。

加藤 だから胃腸が悪いとか、肌が荒れてるとか多分すっと治るよ。俺だから、ファスティングして、BLACK FIRE出たの。

小山 あマジ?

加藤 うん。

小山 w

加藤 すごいよねw

小山 ファスティングで出るの?

加藤 したら、まぁ出てたけど元から。

小山 うん。

加藤 めっちゃすぐ。

小山 うん。

加藤 れいー!(高め)にていー!(高め)にいけたもん。

小山 うん。

加藤 ファスティングすごいなぁと思って。

小山 すごいね。

加藤 でも、あの、おすすめはしないから。

小山 まぁまぁまぁ。それは、

加藤 良い子は真似しないでほしい。

小山 うん。まぁ、加藤さんも専門家の人の元で(加藤 専門家のそうそうそう。)やられたということで皆さんも、

加藤 ちゃんと教えてもらってやったんで。

小山 はい。じゃあここで一曲いきましょう「EMMA」!

♪EMMA


■エンディング

小山 さぁエンディングですけれどもー、私はトリマーの仕事を始めて1年目になります。毎日忙しく大変だけど、可愛いワンちゃんに癒されています。そこでシゲちゃんに質問なんですが、手越くんの飼っているスカルくんは何歳になりましたか?

加藤 知らんがな!!!(被せ気味)

小山 (笑) ありがとうありがとうありがとうw

加藤 知らんがな!(高め)

小山 ファスティングのあとの知らんがなはやっぱ、

加藤 うん。知らんがなー!!(高め)

小山 高いね。

加藤 うん。

小山 ファスティングのあとは高いのね。

加藤 うん。

小山 う〜ん。

加藤 出るよ。

2人 (笑)

小山 高いの来たなぁ〜まぁ知らない俺も知らないよこれは〜。うん。

加藤 知らんがな。せめてうちの犬を聞け!

小山 (笑) えそれはわかってんだ?いやさすがに?w

加藤 10歳ぐらいじゃない?

小山 それも若干知らんがな。

加藤 若干曖昧。

小山 うん。

加藤 ニャン太は?

小山 ニャン太?うぇ〜ん!

加藤 (笑)

小山 ニャン太ぁ!(泣)

加藤 (笑)

小山 やめろー!

加藤 (笑)

小山 さぁ、えー番組では(略)。ここで僕たちからのお知らせでーす。今週末は、マリンメッセ福岡でありますけれども、えー来る方は楽しみにしててくださーい!

加藤 はーい!

小山 来られない方も是非、アルバム聴いてくれたらなと思いまーす!お相手はNEWSの小山慶一郎と!

加藤 加藤シゲアキでしたぁ!

小山 ばいばーい!



■加藤さんの無邪気な笑い方が可愛い……ファスティングどんな字なのってカタカナ以外なくないですかw 漢字は無理だろw コヤシゲが終わってしまった……コヤシゲ二週目終わったときの寂しさ……



170328 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ




■KちゃんNEWS

2017年3月28日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、なんと今日のゲストはこの方、山田涼介くんです!山ちゃんw

山田 w どうもです!

小山 山ちゃんw

山田 いやこんばんはですか?

小山 うん。いやいやいやいや、これ、じゃファンの皆さん

山田 ゲストっていう形はw 今w 挨拶しに来たらw

小山 (笑)

山田 小山くん、

小山 ちが、今日文化放送入ったら、(山田 はい。)山ちゃん入ってるっていうから、(山田 はい。)これ5分出てもらったら、引きあるな~と思って。

山田 いやいやいや~僕なんかで、いいんですか?ありがとうございます。でも、僕先輩のラジオ出させてもらうの初めてなんですよ。

小山 今日ねこの人の回なの。

山田 ……えっどういうことっすか?

小山 加藤シゲアキさん来るんだけど、(山田 はい。)シゲちゃん今入り遅いから、

山田 あそういうことなんですか!?w (爆笑)

小山 この時間で、今山ちゃん呼んできてって言ったの。

山田 あ~なるほど!

小山 いいのマネージャーさん。いい?

山田 大丈夫ですよ。

小山 ということで、山ちゃんこう~、いろいろ聞きたいなと思うんだけど、急に来てもらったからさぁ。でも、自分のラジオいつもやってんの?

山田 いつも、自分のってまぁ、Hey!Say!7でやってるんですけど。

小山 あ回してるんだ。

山田 はい。1人でいつもやってて。

小山 マジ?NEWSアルバム出たのよ。

山田 あら。

小山 あとで持って帰って。

山田 えいいんですか?w CMですごい、見てますでも。

小山 そうでしょ。

山田 はい。NEVERLAND。

小山 もうさ、ちょっと急にこんな話だけどさ、もうずっとセンターじゃん。

山田 はい。

小山 山ちゃん。

山田 はいw

小山 NEWSセンターいないわけだけど、(山田 はい。)まセンター、なれ、なれ、もう慣れちゃうわけ?ああいうの。

山田 慣れ~~……とかではないかもしれないんですけど、多分うち~そのHey!Say!JUMPすごいやっぱり仲が良いん、ですね。

小山 ほんと仲良いよね。

山田 そうなんですよ。だから、仲が良いから、別にその、自分がセンターだからどうこう、っていうのはあんまり考えたことがなくて。

小山 そうかチームで?

山田 そうですね。

小山 戦ってるから、

山田 みんながそうですね。みんながこう、なんか、なんかあったときは、ライブのじゃあ締めの挨拶よろしくね!とか。

小山 うん。

山田 そういうのだったら、ま一応、じゃあ僕が挨拶さしてもらいますみたいな形で、やらせてもらってるんですけど、だから、雑誌の現場とか、

小山 うん。

山田 あの~バラエティの収録とかでは、所謂そのジャニーズのセンター、フロントマンの人って、(小山 うん。)やっぱりこうクールでかっこよくてみたいな方が多いと思うんですけど、そういう感じじゃないんですよね。

小山 おぉ。

山田 僕もそうなりたかったんですけど、

小山 ほんとは?w

山田 ほんとは、かっこよく、

小山 でもさ、お茶目だもんね。

山田 そう~なんですかね。

小山 山ちゃんさ。テンション上がるときめっちゃ上がるじゃん。

山田 めっちゃ上がりますね。

小山 ね。

山田 なんか、あんまり、斜に構えられないというか。

小山 いや、そこがまたいいんだろうね~。

山田 そうなんですかね。だから、なんか、手越くんがよく僕の名前を、いろんなとこで出してくれて、

小山 いや~、好きだよあの人~。

山田 いや嬉しいですね。

小山 うん。

山田 だから手越くん~が出てるバラエティーとか、よく見さしてもらうんすけど。

小山 うん。

山田 なんかで!対決したいんすよね。

小山 (笑) 何対決がいいの?バラエティー?

山田 バラエティーでなんか対決したいですね。

小山 だから。わからないけどそれこそ、アウェイかもしんないけど、イッテQとか出さしてもらうかとかだよね。

山田 あ~もう、そうすねだからイッテQで、なんかライバルは、って。多分僕も何気なく見てたら、(小山 うん。)山田~!っていきなり言われて

小山 (笑)

山田 俺先輩にいきなり山田~!とか言われるからちょっとビクッとしちゃって。

小山 うんw

山田 あぁだからもう、なんかそう思ってくださってるなら、是非。なんか機会があればやってみたい、んですけど。

小山 手越ってほんとに、なんか、まぁあいつが生意気なわけじゃなくて、ほんとに後輩のこととかって、一部の人しか話さないんだけど、山ちゃんの話はめっちゃするわ。

山田 ほんとですか?

小山 多分、気にしてんだろうね。

山田 気にしてくれてるんすか?

小山 多分。えでも連絡とか知らないしょ?別に。

山田 あ僕連絡は、知らないす。

小山 あ~。山ちゃんはどっち派?自分から、例えば。ご飯連れてってください、っていうタイプなのか。ちょっと待ってこうなのか。

山田 僕待っちゃいますねぇ。

小山 だからだ。手越も待つんだよ。

山田 あ~そうなんですね。

小山 あいつも押しに弱くて。え山ちゃん押しに弱い?

山田 押しに弱いてまぁ先輩から誘われたらもちろん、行きますけど。

小山 ちょっと言っとくよw

山田 はい。

小山 いやそれでも多分、あいつはねぇ、恥ずかしがると思うけど。

山田 ほんとですか。

小山 や~でも嬉しいわ~山ちゃん来てくれて。

山田 あ~ありがとうございますすいません。

小山 大丈夫?ごめんね。

山田 いえ全然全然。今日は、なんですか?

小山 今日は、アルバム発売して、4月1日から、俺らライブなんだけど、

山田 あぁそうなんすか。

小山 これその、3月にじゅう、はちに流すから。ライブ前。

山田 あ~!

小山 そうなのよ。だからちょうど頑張るとこなんだけど。あっ来た!

山田 あすいませんお邪魔してます!

加藤 録ってんの?

小山 録ってるよw 引きがあるかなと思って。うん。

加藤 え?引きはあるだろう俺!

小山 (笑)

山田 すいません。お邪魔してます。

加藤 やってきなよ。

小山 加藤さん車で待とうってことで。

加藤 待ってねえじゃねえか。

小山 (笑)

加藤 録ってんじゃねえか。

小山 (笑)

加藤 しっかり突っ込ませんじゃねえよ来て。来て1分で。

山田 すごいっすねなんか今日、ウエットスーツみたいで。

小山 あぁあ!あぁ!

山田 (笑) 素材がw

加藤 いじるんじゃねえ。いじるんじゃねえよパイセンを。

山田 (笑)

加藤 てめえパイセンを。

山田 すいませんw

小山 山ちゃんてめえったら効かないって聞いてるから。

山田 いやいやいやいやいや

加藤 てめえマジか。

小山 (笑)

加藤 (笑)

山田 お邪魔しました。

小山 ごめんね山ちゃんありがとう~。

山田 すいませんはい!

小山 ていうことで山田くんでしたありがとうございましたほんとに。

山田 ありがとうございました!

加藤 もう帰んの?

山田 はい!もう。失礼します。

小山 ということで山田くんでしたありがとうございました~。ごめんね急に。止めちゃって。

山田 いえいえありがとうございます。

小山 違、挨拶きてくれたところを、出ちゃいなよパターン。

山田 NEVERLANDが、3月22日に。リリースと。

小山 あ!これはありがたい(加藤 ありがたいっすねぇ!)ね~嬉しいね~ほんとに。ありがと山田くん。

加藤 ありがとありがと。

山田 はい!ありがとうございました。

加藤 うん。おつかれ~。

小山 あれ何に見えんの何着てんのあれ。

山田 あれウエットスーツ。

加藤誰が今から潜るんじゃい!

小山 (爆笑)

山田はいw じゃ。

小山(笑) はいはいはい、ということでですねぇ?え~山田くんに来ていただきまして。

加藤ははいはいはい。

小山でもこのHey!Say!JUMPのファンの皆さんもね。

加藤 いや聴いてるかわかんないけどねw

小山 聞いてくださるかもしんない。

加藤 うん聴いてくださるかもしんないね。

小山 ただ今こう~、出た瞬間にもう。急に。違う放送に、くるっくる変えられたらね。それはそれで。

加藤 ありえるよ。

小山 (笑)

加藤 ありえる。

小山 いや加藤さん。おはよ!

加藤 おはようございます。

小山 今日何してたの?

加藤 取材です。

小山 え昨日だからそれこそさぁ、まぁ4月1日からライブが始まるわけで今3月28日ということなんですけれども。昨日シゲちゃんとね、ゆっくりとリハーサルしまして。

加藤 そうね。

小山 もう是非とも。あやめ、そして、

加藤 楽しみにしててほしいですね。

小山 頑張りたいと思いますので、楽しみにしててほしいなと思います。さぁそしてあの~、初回盤にね、あの~、鍵が入っていた、ので、皆さん手に~、してくれた方もいるかもしれませんし、ま初回盤がちょっと買うことが出来なくて、鍵が手に入らなかった方もいるかもしれませんけれどまコンサートではね、その鍵を、まモチーフにした、まぁペンライト。

加藤まぁそうっすね。

小山 うん。

加藤 もあったりなんかしますしね。

小山 うん!

加藤 別に持ってなくても、ライブに来れないわけじゃないからね。

小山 そうそうそうそうそう。

加藤 うん。

小山 是非ともね、それも。グッズも、注目していただけたらなと思います。ここで!一曲いきましょうNEWSで、「ORIHIME」。

♪ORIHIME


ふつおた

小山 ふつおた読んでいきましょうまずはですねぇ、え~加藤さん嫌われる勇気の撮影お疲れさまでした。

加藤 あぁお疲れさまです。

小山 終わってしまうのが残念ですが、3ヶ月間、加藤さんの演技を毎週見られて幸せでした。

加藤 うん。

小山 打ち上げでは、土方さん役の、寿大聡さんと、硝子の少年をデュエットされたと聞きました。ちなみに光一くんと剛くんどちらのパートを歌われたんですか?他にもエピソードがあったら、教えてください。

加藤 ……あぁいや、どっちもねぇ、(小山 うん。)先に来る方あれ変わるじゃん2番で。

小山 あぁ変わるね。

加藤 変わらない、からだからどっちもやったっていうか。

小山 あ~そっかそっか。

加藤 先に、あの、やっぱりそこはなんつうの?寿大さんもいきづらいじゃん。俺、

小山 そうね。

加藤 俺~がいかないと。

小山 ……じゃあ加藤さんから。

加藤 そうっすね加藤さん、

小山 バスストップ言って。

加藤 そうそうそう。

小山 うん。

加藤 なんかねぇ、わかるあのから、二次会とかのさ、(小山 いやわかるよ。)カラオケ歌わなきゃいけないんだけど、みんな、いきたくない感じ。

小山 うんうん。まぁまず様子見る感じね。

加藤 でまぁスタッフとかが、まずチャンカパーナを入れたんだけど勝手に。

小山 うんうん。

加藤 でも、それはスタッフが歌ってんの。

小山 うんうん。

加藤 だからそれがどんずべったの。

小山 (笑)

加藤 おじさんのチャンカパーナを、なんか、なかなか、俺も、(小山 そこ、)おーいって言いたいんだけど。

小山 あぁ。

加藤 でEMMAは、

小山 EMMA残しなんだ。

加藤 EMMA残したかった。

小山 あ~~。

加藤 でもEMMA何回もやりゃあいいじゃん。

小山 うん。うん。

加藤 でもねぇ、チャンカパーナから入ったの。でそのおじさんのチャンカパーナをねぇ、で最後の、手越パートぐらいから渡されて、

小山 あぁ。

加藤 そっからやったんだけど。なんかこう、結構長かったわけ。おじさんパートが。

小山 うん。うん。

加藤 なんかこう変な空気にはなってて。

小山 えそれ一曲目?最初、

加藤 なんかみんな、だらだ、だらだらだらだら飲んでたら、急にそれが入って。

小山 歌いましょうか~みたいな。

加藤 歌いましょうかもなかった。急にちゃらちゃらちゃっ、ちゃらちゃらちゃっ、ってなって。

小山 うわぁ~~。

加藤 まぁあるあるじゃん。

小山 うん。

加藤 仲良い、チームだから、ちょっと~!とか言うんだけど、そのおじさんが、歌うことに一生懸命で捌ききれないみたいな。そんなこともありつつー、なんかね、あ、まいろいろ歌ったんだそのあとも。

小山 うん。うん。うん。

加藤 EMMAも歌って。

小山 うんうん。

加藤 なんだかんだあってでも、なんか俺ばっか歌ってんの。

小山 うんうん。

加藤 そのみんなし、いつになくシャイなの。

小山 うんうん。

加藤 若い人も多かったからかな。もう、それ請け負う係じゃん。

小山 うん。

加藤 もうこういう〜歌う人は。

小山 うん。

加藤 だからもうNEWSの曲からジャニーズ歌ってたんだけど、さすがにでも、ちょっと香里奈さん(↑)どうっすか、って言ったんだけど、いや絶対嫌って言って。やっぱやなんだろうねやっぱ。

小山 香里奈さん歌ってる〜、

加藤 歌ってほしかったんだけどね。

小山 印象確かになんかなに歌うかもわかんないしね、ちょっとね。

加藤 でも前に、意外に西野カナ、とか歌うって話をしてた、だからNEWSのweeeek、よく歌ってたんだって昔。

小山 あっそうなんだ。

加藤 で、え〜、じゃあ歌おうよって言ったんだけど、ちょっとやっぱ、恥ずかしいんだろうね。

小山 うん。そうだよね。

加藤 じゃあ、もう、主演の権限で、この人に歌ってっていうの指名して、って、

小山 あ〜、いいですね、それね。

加藤 言って、指名したのが寿大さんだったの。

小山 あ〜。

加藤 寿大さんが、じゃあ加藤くん硝子の少年って一緒にずーっと俺!w

小山 うーわぁ!結果的にね?

加藤 (笑) ずーっと俺。

小山 じゃかなり喉使ったの?その、二次会は。

加藤 かなり喉使った。まぁでも、

小山 まぁでも、仲良いチームだから、楽しそうだもんね。

加藤 それは俺、そうそう。俺の係かなぁみたいな。

小山 うん。まぁまぁでも、そのチームだったら。

加藤 そうそうそう。全然もう、なんか、俺も昔はさぁ、いやぁって思ってたんだけどさぁ、もうそういうの全然やりま〜すみたいな。

小山 うん。

加藤 人になっちゃった。

小山 うん。

加藤 もうやってかないと。人見知ってらんないっていうか。

小山 そうね。ちょっと社交性、顔見してきたんじゃん。

加藤 まぁほら、ずっといるからね。初めてじゃないしね。

小山 まぁ期間がね。急だとちょっとあれだけどね。

加藤 うんゲストだときついよね。

小山 確かに。続きまして、えーこないだの少年倶楽部プレミアム見ました。その中で、ホエールウォッチングのときに、ZAZYさんのネタをやっていたのがとても印象に残りましたw

加藤 (笑)

小山 年始のお笑い番組で見て以来、我が家では密かにブームとなっていたのですが周りはあまり知っている人がいなく残念に思っていたときだったので、NEWSの皆さんがネタをやってくれたのがとても嬉しく、(加藤 (笑))メールさせていただきました。

加藤 パパンパパン、ガトーリングパパンね。

小山 なんだっけ、ホエール

2人 ウォッチングターイム♪

小山 いやこれ、

加藤 あれさ、あの日だよね。

小山 そうだよ。あの日にシゲがなんか、見してくれて。

加藤 違う俺が、ホエールウォッチングだった知って瞬間にもうホエールウォッチングターイム♪が頭から離れなくなって、誰かと共有したくなって小山さん多分きっと好きだなと思って、ちょっと見せた。

小山 映像を見せていただいたらですね、まぁ好きでしたよね。

加藤 うん。やっぱお手元におてもとでハマる我々としては。

小山 あ〜そう。あしーもとに

2人おてーもとー

加藤 ですから。

小山 もうまだ、まだこの、おてもとを持ったときにそのみろ、メロディーが浮かぶもんねぇ。

加藤 うん。でも今やっぱ小山さんは35億なんじゃない?w

小山 いやこれよ。

加藤 (笑)

小山 も〜〜。

加藤 ま〜これはね、まだ、まだ何も言えないけど、

小山 そうまだ何も言えないけど、

加藤 いつかわかる。

小山 そう。しっかり、しっかりこう覚えました。

加藤 どこかでやられたわけですねつまりね〜〜。

小山 さ〜かもしんないですね〜〜。withB、っつってね。

加藤 うん。

小山 まぁまぁ楽しみにしててほしいなと思いますけれど。まぁ加藤さんこういう芸人さん見つけてくんの……好きね。でちょっとこう〜俺が好きそうなのわかってるからさ。

加藤 お笑いばっか見てるからね。

小山 そうだね。

加藤 うん。

小山 好きだもんね。さぁここで一曲いきましょうNEWSで「NEVERLAND」。

♪NEVERLAND


■エンディング

小山 もうお別れの時間ですが、え~今日は山田くんに来ていただきまして。ほんとにねありがたかったですねぇ〜〜。やっぱかっこいいね、来てこうパッと喋ってパッと帰るこうね〜。

加藤 意外とおしゃべり上手だからね山田さんもね。

小山 そうなんだよ〜。

加藤 ええ。

小山 なんだろう。なんか自分でも言ってたけど、なんかこう、シュッとした、かっこいい、センターには、自分は違うって思ってるんだってやっぱり。

加藤 ほんとは?

小山 うん。だからこうお茶目でなんか、

加藤 ふざけたいんだ。

小山 だから手越は気になるって。山田くん。

加藤 あ〜。

小山 そうそうそう。

加藤 なるほどね。

小山 で手越も山田くん気になってるって。

加藤 あ〜。

小山 イッテQとか出さしてもらったらいいんじゃない?っつって。

加藤 それはいいんじゃない?

小山 そうそうそうそうそう。番組では(略)。ここで僕たちからのお知らせです。え~、今週の土曜日ですね、4月1日から、いよいよ、ツアーがスタートいたしますのでね、是非楽しみにしててほしいと。

加藤 うん!

小山 思います!お相手はNEWSの小山慶一郎と!

加藤 加藤シゲアキでしたぁ。

小山 バイバイ!



■ウエットスーツみたいてどんなだろうって気にって仕方ないwww




170321 KちゃんNEWS(手越)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤテゴ




■KちゃんNEWS

2017年3月21日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、学生の皆さんそろそろ春休みでしょーか、ゲストはこの方手越祐也くんでーーーす!

手越 どーも!スプリングてごです!

小山 どーもスプリングてご春の手越ということでねぇ、

手越 うーん。

小山 ま4月1日から札幌で始まりますけれども、(手越 はい。)ま札幌。というと、(手越 はい。)まぁ、手越さんいつも札幌何してるっけなぁ。

手越 いや、

小山 サッカーもやってるっけ。

手越 札幌ねぇ、俺、なんかなんとなくの去年の記憶なんだけどさぁ、あのーみんなで飯食ったあとに、俺ちょ飲み過ぎて、帰りエレベーターん中でみんなにキスした気がすんだよね。

小山 いや、あ~~、されたような気がする。

手越 あれ札幌じゃなかったっけ。

小山 されてるかもしれない。

手越 先に俺とシゲ行ってて、飯屋行ってて、

小山 うん。

手越 で遅れてきて、

小山 あー!そう、あっそう、で寿司食べて、(手越 うん。)そうだ。

手越 あれ札幌だよね?

小山 そうだ俺めっちゃ手越とちゅーしたんだ。

手越 そうそうそうそう。

小山 まっすーにもしてたじゃん。

手越 そうよ。エレベーターの中で。

小山 きついよ~。

手越 メンバー3人、15年~ぐらい一緒にやってるメンバー3人の全員に俺は口にキスをする、(爆笑)

小山 きついぜ本当に。でもごしさん!

手越 ええ?

小山 今回から、(手越 はいはいはいはい。)2日目に2回なんすよ。

手越 ねえ!

小山 だから、

手越 ほんっとにありがたいことよね!

小山 ありがたいけど、初日終わって、そこそこ、管理しないと、(手越 そうね。)これなかなかよ。

手越 やばいやばい。

小山 頑張りましょうね。

手越 そうよねでもありがたいね毎回2日目2公演、っていうスケジュールはほんとにこれ。

小山 いや、そう。だから今回ほんとに追加公演たくさんやらせていただいて皆さんありがとうございます!

手越 はいはい。ねえほんとありがとう!

小山 はい楽しんでいきましょう!

手越 うーん!

小山 まずは、NEWSで「Brightest」。

手越 なるほど!

♪Brightest


ふつおた

小山 さぁ今お聴きいただいた楽曲ですけどねぇ、これはもうm-floの、LISAさんと。

手越 はい。そうですね~。

小山 TAKUさんが。

手越 はい。

小山 提供してくださって。

手越 うん。

小山 かっこいいね。

手越 ええ。(歌う。英語?)

小山 どこどこそれw

手越 ちなみに今のVERBALさん。

小山 VERBALさんw

手越 (爆笑) そうですね。だってもう俺らの世代だからもう。

小山 そうでしょ?

手越 m-flo超聴いてたぜ?

小山 いや聴いたよね。

手越 ええ。

小山 だからさぁ、仮歌がLISAさんだったじゃん。

手越 そうよ。

小山 もうm-floの曲聴いてるみたいだったもんね。

手越 お~だからなんか一緒に歌う機会あったら嬉しいよねぇ~!

小山 いや~~これ、

手越 夢だよね!

小山 叶ったらすごい絵だよね。

手越 ねえみんな歌ってた、かーなーわーない♪ってみんな歌ってたもんね。

小山 そうよ。

手越 ね、let goとかね。

小山 let goね。come againとかね。

手越 そうですねぇ。

小山 さぁ、それではふつおた、読んでいきましょう~。

手越 うん。いくのいくのいくの~?

小山 岡山県の、イチゴさん。

手越 お、桃太郎ランド。

小山 w ゲームやってるからね。

手越 ええ桃鉄の話します。

小山 はい。

手越 ええw

小山 アルバムの収録曲のタイトルが発表されましたが、慶ちゃんのソロがニャン太になっていてとてもびっくりしました。

手越 ほうほうほう。

小山 また、3人のソロ、の感じも教えてほしいですということで、

手越 ほうほうほうほうほう。

小山 ま、発売したので、

手越 はあはあはあ、あの小山さんの思うちょっと3人の解説してよw

小山 マジで?いいよ。

手越 おう。

小山 手越は、あの久々に攻めたというか、(手越 はい。)ずっとこう、やっぱバラードいくのかなと思わせといて、あとやっぱりいききるじゃん。

手越 そうですねぇ。

小山 だからぁ、あの~、手越の、そのライブパフォーマンスと、一緒になったらよりこう、かっこいいんだろうなっていうのが。

手越 うん。

小山 あのダッダッダッ!っていうのが、こう結構、気持ちいいよね。

手越 はい。

小山 こうどきどきする。

手越 そうなんです。

小山 来る来るみたいな。

手越 ギターマーティン・フリードマンに弾いてもらったんですよ。

小山 マジ?

手越 そうなのそうなの。

小山 すごいね。

手越 うん。

小山 お願いしたの?

手越 うんそうそうそうそう。

小山 やば。

手越 めーちゃくちゃかっこいい。

小山 そうだからねぇ、その、勢いというか迫力を感じましたねあとねシゲちゃんのあやめはもうね、これいっつも言うんだけど、シゲちゃん。

手越 うん。

小山 なんかシゲね。

手越 うん。

小山 あともう、あの~、途中からラップみたいになって、あの言葉を紡ぐのがやっぱ上手い人だよね。

手越 はあはあはあ。

小山 世界観がさ。

手越 なるほどね。 (笑)

小山 まっすーは、カバーだけど、

手越 ええw

小山 やっぱりねぇ、達郎さんの、

手越 うん。

小山 あの透き通る声と、あの~、なんだろうなあの独特の世界観っていうのは、こうまっすーのまぁ綺麗な声だからこそ、

手越 はいはいはいはい。

小山 いけたのかなっていう。

手越 お~。俺あの曲知らなかったの。

小山 あそう。

手越 知らなかったの。知ってた?

小山 俺知ってたよ。

手越 俺だから初めて、車のだから運転中に聴いたんだけどさぁ、(小山 うん。)だから俺の中ではもうだから、増田さんの曲になっちゃってんのよw

小山 あそうかそうか!

手越 原曲を知らんから。

小山 いや、だからねぇ。いや原曲も知ってるから、やっぱさ、原曲が、すごいいい曲だと、

手越 達郎さんだからね。

小山 カバーする、プレッシャーあったと思うけど、まっすーはまっすーで落とし込んだんだなと思ったしやっぱ達郎さんとのコミュニケーションまっすーはすごく、あ~の~取っているし、

手越 そうねぇ~。

小山 仲が良い、風に聞いてるので。

手越 うんうんうんうん。

小山 そういう意味では達郎さんも、増田に、是非、っていう風に言ってくれたんだろうなぁと思いましたね。

手越 ライブもねぇ、一度見に来てくださったことがありますしねぇ。

小山 うん!是非ね、来ていただきたいっすねぇ。

手越 うん。うん。

小山 いやでもね、聴きごたえあるやっぱねぇ、4人バラバラなんだよ。

手越 そうねソロ曲はねぇ。

小山 そう!でもこれで手越がもしバラードやっちゃってたら、なんか、結構、

手越 良かった俺激しい曲やって。

小山 結構さぁw

手越 ぬるっと流れる、ときは、かまされた良かった俺激しい曲やってw

小山 ダッダッダッ!で良かったよ本当に。

手越 良かったよ~。

小山 さぁ、ということで、ふつおたまた読んでいきましょう。

手越 はいはいはいはい?は~いつ?

小山 え~、私は、高校、3年生で4月から大学生となり、(手越 あぁいいじゃないいいじゃない。)新生活が始まります。

手越 しんせいかーつ?

小山 w そこでどうしても手越くんに教えていただきたいことがあります。

手越 教えましょう。

小山 それは自分の選択を後悔しない方法です。

手越 なるほどなるほどなるほど。

小山 これから、一人暮らしをするので、住む家を選んだり、大学での授業や、サークルを選んだりと選択を、迫られる機会が一気に増えてきます。

手越 うんうんうん。はいはいはい。

小山 私は決断するのは結構早いですが、そのあとで自分の選択を間違えてしまったのかもしれないと後悔しがちです。

手越 うん。

小山 自分で決めたのに、今更変えられないことで悩んでしまいます。そこで、ポジティブ師匠の手越くんに是非とも、自分の選択を前向きに捉えられる考え方を、伝授していただきたいですよろしくお願いします。

手越 ほお~。選択かぁ。

小山 ごしさんは自分でさぁ、洗濯迫られるとき今までもあったと思うけど、それはまぁどっちかチョイスして生きてきたわけじゃない。

手越 うん。

小山 そんときに、振り返る?あー、あんときああしとけばよかったなとか。

手越 俺ね振り返ることをしないね俺。

小山 あそう。

手越 うん。

小山 そこねぇ、教えてほしいわ。どうすんの。

手越 振り返らないよねだって、過去を考えて、タイムマシン持ってるわけじゃないんだから、例えば過去を後悔するじゃん。

小山 うん。

手越 あっちの方が良かったなと思うじゃん。で悩むじゃん。

小山 うん。

手越 それでじゃ悩んだからって未来変えられんのかって話よね。

小山 まぁまぁそうよね。

手越 今を変えられんのか。

小山 うん。

手越 もう無理なわけじゃん。

小山 うん。

手越 過去に、決断したってことは。だったら、今出来ることの中の、最高にいいパフォーマンス、最高にいい最善の方法を、尽くすしかないわけじゃん。

小山 うん。

手越 で、それがね最善の方法をずーっと探しながら、前向きにやってたら、それがねぇ、結局いい方法だったっていつかなるから(小山 うん。うん。)いい選択肢だったっていつか変わんのよ。

小山 うん。うん。うん。

手越 でも、過去のその選択肢なんてもうポーンて忘れる日が来るわけさ。

小山 なるほどね。

手越 そう。で今に満足する瞬間が今を突き詰めていったら絶っ対にいつかは訪れんのよ。

小山 ほうほうほう。

手越 そうなったときに、あれ?なんであんとき私、あんときの、あれもういっこの選択肢の方が良かったと思うんだろう。今となっては絶対こっち正解、ねえ正解だったじゃん。って、いう瞬間が絶対に来るから。

小山 うんうんうん。

手越 もう過去をね、もう振り返らないことよね。

小山 なるほどねぇ?

手越 思い出にしたのは大事だと思う。人間として。あんときの例えば、あ~アルバム見てみよううかな~とかっていうのはすごくいいと思うけど、後悔して過去を見るっていうのはただの俺の中ではもう時間の無駄。

小山 なるほどね。

手越 だったら、次の新しいエッセンスを勉強した方が絶対にいい。

小山 じゃ、今その選択、この人が選択してきて今ある状況は、もうそれは受け入れてそこで最善策をとってくと。

手越 うん。自分がね、信じた道っていうのはもう失敗じゃないんだよその時点で成功だよ。

小山 なるほどね。

手越 だから成功の中で、成功の中の出来を、いかに高めていくかっていう作業をした方がいいと思うわ。

小山 よっ師匠!

手越 (笑)

小山 さすがポジティブ師匠。

手越 そうそうそう。失敗なんてないから。

小山 なんだろうね。なんかこう~、リノちゃんの相談なのに、俺も元気出るっていう。

手越 (笑)

小山 謎の現象。

手越 謎の現象ねw

小山 うん。うん。

手越 ええ。

小山 さぁ。続きまして、この前友達と、ご飯に出かけたときに、食事中なのにケータイをいじっていました。一人でご飯を食べているならまだしも、お店に来て、しかも一緒にご飯を食べているのにケータイいじるの?って思っていたのですがなかなかやめよう、とは言えず困っています。

手越 うん。

小山 なんといえば、環境を壊さず注意出来ると思いますか?言わないほうがいいのでしょうか。是非お願いします。

手越 あ~。

小山 どうすか食事中に、2人でご飯食べてんのに、う~ん。そうだよね~なんていうのは。

手越 あのさぁ、一回さぁ、ホンマでっかTVでさぁ、なんかみんなが俺にクレームみたいにさぁ、

小山 はいはいはいはい。はい。

手越 お前かっこ悪いよ、って言えっていうのあったじゃん。

小山 うん。

手越 俺ちょっと近いんだけど、お前それやったら異性にマジモテなくなるからねって俺だったら言う。

小山 なるほどね。

手越 例えば異性にモテるっていう人っていうのはやっぱり優しいとかかっこいいもそうなんだけどやっぱり一緒にいて空気読めるって一番大事だと思う。

小山 うんうんうん。

手越 いくらイケメンでも、じゃ、その場で例えばカラオケしてて、つまんなそうにケータイいじってたらみんなやっぱイケメンだろうがは?って思うわけ。

小山 うんうん。

手越 だったら、みんなのこと一生懸命盛り上げようとしてくれてる?人の方がやっぱモテるわけよ。最終的には。

小山 うん。

手越 だったら、そうやってケータイいじるとかも別にいいと思う。

小山 うん。

手越 自分で楽しむわけだから。じゃあ、そういう人はだからその、駅の中とか、電車の中とかで、こうやって化粧してる人も俺おんなじ理論なんだけど、いいとは思うの。

小山 うんうん。

手越 でも、それをやってる自分を周りがどう評価するかって他の人の目を、気にしないような美意識しかそいつは持ってないっと俺は思うわけ。

小山 なるほどね。

手越 だからケータイいじんのはいいとおもうけど、それすることによって、まぁそんときはたまたま同性の友達だからいいかもしれないけど例えば恋人とか、男女みんなで一緒に飯食ったときとかに、なんなの?って、心ではみんな思うわけじゃん。

小山 うん。うん。

手越 多分言わないと思うけどね。そういう風に思われるお前でいいのかっていうのを言う。

小山 そうね。

手越 うん。それ損するぞっと。

小山 そうね。

手越 うん。

小山 まぁそれ友達だからこそ言ってあげられるしねぇ。

手越 言ってあげられるじゃん。あと俺絶対言うと思うどんなに例えば可愛かったとしても、つまんなさそうに例えばさぁ、歌歌ってるときとかカラオケ行ってるときとかケータイいじってたらなんだこいつって正直思うもん。

小山 う~んうんうん。

手越 俺は、逆に気をつけるしね。そういうタイミングではいじらないように。

小山 そうだわ。そうね。

手越 そういうちっちゃいところの、このなんだろうちっちゃいことが集まって、その人の人間性とか、モテ度に絶対繋がるから。

小山 そうね。

手越 そういうところを、ちゃんとこう、磨いてほしいよね。

小山 言っちゃう。俺も言っちゃう。

手越 言うしょ。

小山 うん。

手越 やじゃない?なんか。

小山 やだやだだから。ま今そう、まだからあとで見たらいいんじゃない?みたいな。まぁ、手越みたいに、言ってあげる方がでもわかりやすいよね。なんで駄目なのかっていうか、駄目っていうか、そう見えてるよ、っていうことね。

手越 うん。そうそうそう。

小山 教えてあげるっていうのは。

手越 駄目じゃなくて、もっとポジティブにこうしたらなれるよっていう方に導いた方がいいよね。

小山 そうね。駄目だとちょっと、えっ、は?みたいになるから、

手越 そうそうそう人間絶対そうなるから。

小山 そうね。

手越 うん。

小山 さすが。

手越 かなぁ。

小山 以上かな。じゃあ曲いきますか?ここで。

手越 なになにいくの?何いくの?

小山 NEWSで、「NEVERLAND」。

手越 ぬあ~あ!

小山 (笑)

♪NEVERLAND


■エンディング

小山 さぁお別れですけれども、え~、まずは、突然ですが、私ビッグになりたいんですと。

手越 お~いい~すばらすばらすばら。

小山 芸能界で活躍してるジャニーズを見てふと思いました。極普通の、女子高校生ですが、(手越 あぁいいじゃない。)何か、いい案はありますかw

手越 いい案がありますか。

小山 (笑)

手越 いややっぱり~、なんだろどういう風になりたいかじゃん?アイドルになりたいのか女優になりたいのか。

小山 うん。なげ、最後投げたなぁ。ある?

手越 いややっぱり、武器がいっぱいあった方がいいと思うの。

小山 うん。

手越 お芝居を、芝居したいなら芝居を見る。歌歌いたいならやっぱ歌上手くて損ない。踊り上手くて損、上手くて損、ってことはいっこもないから、別にカラオケレベルでもいいし、なんか、上手い、周りに友達がいるなら習うでもいいから、とりあえず自分のスキル?いろんな材料貯めをしとく。

小山 うん。うん。うん。

手越 っていうのは、絶対、まぁ例えばオーディションとか受けることになるわけじゃないすか。

小山 うんうんうん。

手越 武器があって損はないから、一つでも多く武器を持ってた方がいい。

小山 なるほど。

手越 で今女子高生でしょ?

小山 女子高生。

手越 もしかしたら芸能界入ると。

小山 うん。

手越 あ~~ん~~そんときはよろしく。

小山 いやいやいやいやw 何がよろしくなのw

手越 なにw

小山 なんのよろしくかわかんない。

手越 いやいや運命なんてわからないじゃない。

小山 いやわかんないこの子と出会うかもしれないしねぇ。

手越 出会うかもしんないそれこそだって今回これからのツアー始まってさぁ、(小山 うん。)ね?今客席で見てくれてる子?ともしかしたらどっかで運命的な出会いをして、(小山 それはあるな。)付き合って結婚して、子供お願いしますって今お願いしときます!

小山 (笑)

手越 将来のだって、ね、奥さんがいないって、(小山 いや間違いない。)言い切れるか?

小山 それは間違いないよ。

手越 どこでそんな運命の歯車がさ、そういえばやってたね運命の歯車ってね、コーナーね。どー、ぐるぐるぐるぐるぐるぐる久しぶりに来ましたぐるまで~す。 (笑)

小山 マイクとの距離感。

手越 (笑)

小山 ぼそぼそぼそって言ってるから途中で。

手越 そうですか?w そうですか?w どこで出会うかなんてわかんないんだからその準備をしといてほしいのよ。であとやっぱ、そうビッグになるっていう夢があるんだったら絶対にいける!

小山 戻った戻ったメール。う~ん良かった俺途中でどっかいっちゃったと、思ったけど。

手越 チャレンジした方がいい!チャレンジしな!

小山 うん。でもいいよね。ビッグになりたいですって思ってるさぁ、

手越 いやめちゃくちゃいいよね。

小山 ねぇ。

手越 俺も昔ジャニーズのね、振付師にすごい怒られたときにおめえ将来何になりたいんだぁ!って言われてビッグです!って言ったらしいのよ。

小山 (爆笑)

手越 おんなじ感じ。同じ同じ。いいじゃん!

小山 確かになぁ。

手越 うん。

小山 番組では(略)。ここで僕たちからの、お知らせです。

手越 およよよよよよよよなになになに?

小山 およよよよよよw NEVERLANDが、え~、発売されまして、(手越 ほう。)10日後には、ツアーと。

手越 か~~。

小山 是非とも皆さん楽しみにしててほしいなと、思います!

手越 はい。

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

手越 てごにゃんでしたぁ!

小山 ばいばーい!

手越 オーケイちゃんのり~~!

小山 ちゃんのりw



■NEWS世代じゃないけど昔借りたいろんなアーティストの曲入ってるCDにlet goも入ってて、その頃いい曲だな〜ってよく聴いてたから嬉しかったし懐かしい ^_^ しばらく聴いてなかったから久々に聴いてみようかな!





 


170314 KちゃんNEWS(手越)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤテゴ




■KちゃんNEWS

2017年3月14日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、アルバムの、リリースまであと1週間となりました、ゲストはこの方てごにゃんです!

手越 ああ~~どうもぉ~しーてごでーす!

小山 w ジェスチャーが大きいな。

手越 ええ。

小山 さ来週はアルバムNEVERLANDが皆さんの手元に届くんですけども、

手越 そうなのそうなの。

小山 手越的には、NEVERLANDの中で、まぁたくさん聞かれてると思うけどおすすめ曲。

手越 う~ん。

小山 どれにした?

手越 PRIVATE HEARTS PRIVATE HEARTS

小山 マジか入んだNEVERLANDに入るんだ。

手越 (爆笑)

小山 PRIVATE HEARTS入るんだ。結構重要だなそれ。

手越 ええ~あたくしですかぁ?

小山 うん。

手越 まぁ全部好きなんですけどもその中で、

小山 強いて言うなら。

手越 強いて言うかと言われたらこの11曲目のBLACK FIRE!(高め)

小山 うるさいな。声高えな。ただこの声高えけどBLACK FIRE超高えんだよ俺。

手越 BLACK FIRE、(小山 う~ん。)かっこいいね。ジュオーン。

小山 JUONさんね?

手越 ジュオーン。

小山 少年倶楽部プレミアムでも、ご一緒させていただきましたけどロックメドレーをやらしていただいて。

手越 そう。

小山 まぁあの~ドリカムの美和さんの旦那さんでございますけれども。

手越 そうそうそうそのときも弾いてくれたねこの岸田勇気さんね。

小山 はい。

手越 えーキーボードの。

小山 あっ!そうじゃない!

手越 そうだよ。岸田勇気くんもつくってくれてんだよ。

小山 そうだ。

手越 そう俺Lovin'Uをね、弾いてもらった人ですね東京ドームで。キーボード。

小山 そうだ。あっ、岸田勇気さんいた。

手越 そうなのよ~。

小山 JUONさんのね、この楽曲どういうとこが好きまロック、こんなにロック、なかったよね。

手越 なんかこう、そうだね。ジャニーズの枠を超えたロックというかさぁ、ほんまもんだなって感じするよね。

小山 すごいよね。

手越 う~ん。

小山 ま一ヶ所ねぇ、もう手越が完全に、おかしくなる場所あるからね。

手越 スパークしてますねぇ。

小山 うんw

手越 ディストーションボイスでガツンといってますねぇ。

小山 でも手越的にはこれぐらい、張れて、高くてぶわーいけるやつ、が、

手越 気持ちいいねぇー。

小山 気持ちいいんだよね?

手越 最高に気持ちいい、ですね。

小山 そうそうそう。

手越 はい。

小山 まぁあの~、もちろん、NEVERLANDコンサートでも披露すると思いますからね。

手越 はい。

小山 楽しみに、してて、ほしいなと。

手越 そうなんですよ~。

小山 思いますが、まずは、NEVERLANDがどういう、曲なのか、

手越 見て見て。BLACK FIRE。

小山 やめなさいっつんだよお前。

手越 何がw (笑)

小山 お前のBLACK FIREをそっから出すなっつうんだよ。

手越 何がw 頑張った頑張った。

小山 いややめろっつうのお前。

手越 そうそう。

小山 お前YKKさんもびっくりだわお前。

手越 がっ、(笑)

小山 やめなさいっつう。

手越 頑張ったぁ。

小山 頑張ったじゃないよ。

手越 ええ~~。

小山 まぁあの今で想像していただければと思いますけれども、まぁ今日は番組後半で、アルバムの、収録曲にもなっています、流れ星。

手越 あ~やだやだ~。(かわいい)

小山 これをね初解禁します。あ願ってる願ってるw

手越 願ってるよ。

小山 まさに願って願ってで始まりますからね。

手越 願ってるよ~。

小山 w この楽曲は、ヒロイズムと、亀田さんということでまぁフルスイングに。

手越 そうだねぇ~。すばらすばら。

小山 書いてもらってるのでw

手越 すばらチーム。

小山 なんか軽くなるからやめてもらっていいっすか?

手越 どっちがいいすばらチームチームすばらどっちがいいかな。か

小山 うんどっちでもいい。

手越 そうですか~。

小山 むしろその言葉をなくしてほしい。

手越 わかりました。

小山 では一曲目、まずはNEVERLANDがどんなアルバムなのか、この曲からスタートしましょう。

手越 は~い。

小山 NEWSで、「NEVERLAND」。

手越 きゃっ。

小山 w

♪NEVERLAND


ふつおた

小山 ふつおた参りましょう~。

手越 オーケーーイ!

小山 オーケイ。

手越 よいせっせっせっせい!行こうぜ!

小山 私は最近NEWSを好きになったんですが、それを知った彼氏が、俺も勉強するよと言ってくれました。

手越 シーカレの方が?ん?

小山 そこで、シーカレはね、初めに、曲を勧めたいんですけれども、男性におすすめのNEWSの曲、なんですか教えてください。

手越 うわっむずっ、ら、

小山 男性によ。

手越 うわ男性か~でもだからその、なにぶとかにもよるしさぁ、ちょっとわかんないからあ一回帰る帰るわ。

小山 いや帰んなよ!なんで。なんで家帰るさはってなんで思い出す。

手越 何がw (笑)

小山 あれかな、ってなんだよ。家に何があんの。

手越 (笑)

小山 二十歳だ二十歳。

手越 二十歳かぁ。

小山 でもこのNEVERLANDの中では結構ありそうだけどねぇ。

手越 NEVERLAND、か、カップルでしょ?

小山 でも、男性におすすめの曲だから。

手越 は~~。

小山 カップルでっていうか男性に、おすすめ。

手越 男性かぁ。

小山 うん。

手越 今回のアルバムかぁ。

小山 でもいいしぃ、別に今までの楽曲でもいいんだよ。これまでの楽曲で男性におすすめ。

手越 俺やっぱなんか男っぽいなぁっつったら俺やっぱWORLD QUESTとかさぁ。

小山 あーそうねぇ。そうね。

手越 男性、って感じするけどね。やっぱサッカー関係の曲はやっぱ男って感じするよね。男臭い感じがするよね。

小山 あぁでもそうかもしんない。

手越 うん。

小山 応援歌としてね。男性にも聴いてもらえる曲だと思います、ま、NEVERLANDもね、結構ね、男性、好きな曲あると思うけどねぇ。

手越 いやあるでしょBLACK FIREもそうだけどさぁ、(小山 うん。)それこそなんだろう片想いの、消えたファーストラブとか言ってる曲だってあるでしょ?

小山 なるほど?

手越 ねっ?

小山 うん?消えたファーストラブ、

手越 ORIHIME!

小山 ORIHIMEな。(同時)

手越 ORIHIMEは、だって自分の、初恋の曲、男からの、僕のファーストラブとか消えたファーストラブって言ってるでしょ?

小山 そうね。

手越 Silent Loveとかも好きだけどね。

小山 確かに。

手越 うん。

小山 あとまぁ、Brightestとかもね?

手越 あぁ、そうっすね?

小山 NEWS、としてはまた新しい楽曲だし。

手越 そうっすねぇ。

小山 まぁおすすめあるんでNEVERLAND是非聞いてほしいですね。

手越 うん。

小山 入口としてはね。

手越 そうね。

小山 さぁ続きまして、先日、息子のお迎えに保育園まで行くと、子供たちが、オーケイ、テイ、と、言っていたので、

手越 ほ~お!

小山 何が起こったのか息子に聞いたらクラスの女の子が、イッテQを見て覚えてきて、その日で、流行ったらしく。

手越 ほう。

小山 みんなで言っていました。

手越 嬉しい。

小山 見ていて可愛かったので、とりあえず、ナイスぅ~(↑)も教えておきました。

手越 お~いいねぇ。

小山 他にも、園児、おすすめの、てごちゃんの語録があれば教えてください。園児です。

手越 園児!

小山 おはよう先生、テイ!ありますー、(手越 園児おすすめ~。)あと、ナイスぅ~(↑)も、園児。可愛い子たちだよ、ちっちゃい子たち。

手越 えぇ?園児におすすめぇ~?

小山 2歳3歳。せんせ~!

手越 先生~~!ぼ、僕、MAXっす~!(↑)

小山 どういうことどういうことどういうことどういうことw

手越 何がw

小山 どういうことどういうことw どういうことw

手越 何がw

小山 先生僕、MAXっすどういうことw

手越 いやもう今日とにかくMAX。

小山 あ~、いいと。

手越 今僕もう成長の過程のMAXにいますと。

小山 モチベーション今、いいと。

手越 ええ。

小山 成長のMAXにいる。

手越 ええ。

小山 先生MAXっす?

手越 MAXっす!

小山 w

手越 せんせ~!(↑)僕(↑)、MAXっす~!(↑)

小山 (笑)

手越 MAXっす(↓)じゃないからね、MAXっす~!(↑)どうでしょう。

小山 やべえよw 女の子、女の子もちょうだい?

手越 女の子?

小山 女の子は、うん。

手越 女の子はねぇ、(小山 先生、)せんせ~!(↑)せんせ~!(↑)てごにゃん、どこー!?

小山 いやいやいやいやいやw それもうい、まず意味わかんないしw

手越 (笑)

小山 ちょっとじゃあ、

手越 言い方これだよ。

小山 うん。

手越 てごにゃんどこ?じゃないよ。てごにゃん、どこぉ~!?

小山 全部上がんのな、基本的には。

手越 そうそうそう右肩上がりだから。 (笑)

小山 じゃあちょっとね、是非ともね、息子さんに教えてほしいなと。思います。

手越 是非是非。

小山 それではここで一曲いきましょう。

手越 おお。

小山 NEWSで、「流れ星」

手越 キラキラ。

小山 (笑)

♪ 流れ星


■エンディング

小山 はい~最後にもう一枚読んでいきましょう~。

手越 あららら。もう一枚いっちゃお。

小山 ええ〜こんばんは。NEWSのコンサート当たりました。

手越 おお!おめでとう!

小山 楽しみで仕方ありませんただ一つ不安なことがあります。

手越 どうしたの~?

小山 私は踊りが下手です。

手越 ほうほう。

小山 映像を見て、振りを、真似するということが出来ません。NEWSの皆さんと、一緒に振りを、踊るファン、多いですよね。

手越 は〜。

小山 私はどうしたらいいんでしょうか。

手越 はぁ〜〜!

小山 踊んなくてもいいんだよ?

手越 いやそうよ?

小山 そうそう。

手越 別に俺らと、ライブって、観に来てるわけじゃん。

小山 そうそうそうそう。

手越 もちろん一緒に、セイホ〜とかコールアンドレスポンス〜とかはもちろんすげえしてほしいし、全力で、なんか歌って〜!とかっていうとこで歌ってほしいけど、別に、俺ら、俺らの振りを見て、それを見てほしいのであって、もちろん一緒に踊んのも全然オッケーだけども、別に一緒に踊ってほしいわけじゃないからね。

小山 そうなのよね。

手越 そうだから全然踊れないなら踊れないで、

小山 そうそうそう。

手越 全然問題ないよ。

小山 結構さ、難しいもの踊ろうとするときがあるじゃない。

手越 うん。

小山 すげえなと思うけど、いんだよここは見てくれて、っていうね。

手越 そうね。そう、だから一緒に参加してほしい曲と、ここはもう俺らがかっこつけてんだから、見といてよ、っていう楽曲あるもんね。

小山 そうそう。だからその辺は、だから結構煽り曲とかだったり、まぁABOとかはみんなで踊って楽しいけどね。

手越 そう楽しいね。パーティチューンとかね。

小山 う〜ん。うん。是非ともね。まぁあの〜、踊らなくていいんですよ。

手越 全然いいよ全然。

小山 のって楽しんでいただければ。

手越 あの子踊ってないな〜なんて全然思わないから。

小山 うん。番組では(略)。ここで僕たちからのお知らせです。

手越 どうしたの~?

小山 いやいやw 僕たちからの、ね。NEWSのニューアルバム、「NEVERLAND」が、来週水曜3月22日にリリースです。

手越 あらららららもうちょいちょいちょい。

小山 これ東京のねぇ、桜の開花日と一緒なのよ。

手越 ええ〜〜!

小山 驚いてるw

手越 結構、結構外れない?あれ。

小山 いやいやいやw

手越 (笑)

小山 4月1日からは、もうツアーも始まりますので。

手越 ええ。

小山 NEVERLAND聴いていただいて、(手越 いやぁ楽しみ。)来ていただければなと、(手越 ほんと楽しみ。)思います。

手越 うん!

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

手越 手越祐也でしたぁ~!

小山 ばいば〜い!



■流れ星いい曲だ〜!!少プレで、手越くんのとき使えないトーク多いから曲をフルサイズにして尺埋めてるって言ってたの笑ったw



170307 KちゃんNEWS(増田)

ラジオレポ コヤマス




■KちゃんNEWS

2017年3月7日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、世の中は卒業シーズンということで、この春、

増田 暮れ~なずむ~街の~

小山 卒業される方。おめでとうございます。

増田 ひか~りと 影の~

小山 ゲストは、この方です。

増田 増田♪ (笑) ぴったり。

小山 ぴったし。

増田 ぴったりでしたね。

小山 いい語呂でしたねぇ。

増田 増田で~す。どうも~。

小山 いや増田さんもね、金八先生卒業ということでね、

増田 はいはい。

小山 まだ繋がりあるんですか?

増田 ありますよ。

小山 どうなの?そのやっぱりこう、一緒にやっていた平さんの結婚とかやっぱり。

増田 嬉しい、よね。

小山 だって、いろいろともうさ、将来のことで、あのときから、今確立してる子たちいっぱいいるでしょ。

増田 そうそう。だからみんな当時から、ほんとに、仲良かったからね。ほんとの学校行ってた感じ?

小山 そうそうシゲ見ててもさ、ほんと仲良いんだなと思ってさ。

増田 逆にシゲもそうだもんね。

小山 うん。

増田 だから学校の友達、みたいな。

小山 そうだよねぇ。

増田 うん。

小山 いやいやだから卒業シーズンですからねぇ。

増田 うんだから俺金八先生の卒業~式のシーンを撮っ……る日でー、実際の中学校の卒業式行けなかったからね。

小山 あーー、そうなんだ。

増田 だからほんとに、超たくさんの人が集まる、シーンだから、実際にそういう日しか多分、(小山
そうだよなぁ。)撮影のスケジュールが取れなくて、ほんとのw 学校の卒業式行けないっていう。

小山 でもなんか比べるものじゃないけど、まぁ同じぐらいさ。

増田 そうそう。ほんと同じぐらい。

小山 それ自分の中ではさ、

増田うん。

小山 思い出になってるわけだよね。

増田 そうだね。同じ、

小山 高校の卒業式は行けたの?

増田 高校は行けた。

小山 高校は行けたんだ。

増田 あのー結構、序盤で泣いてたね。

小山 泣くんだまっすーw

増田 (笑)

小山 わかるわー泣くわー。

増田 序盤で泣いてた。

小山 まぁね、皆さん卒業される方、おめでとうございます。

増田 そっかおめでとうございます!

小山 そしてここで一枚、慶ちゃんまっすーこんばんは。

増田 こんばんはー。

小山 中1の女の子ですけれども。えー、私来年度から転校するんですが、慶ちゃんまっすーは転校の経験ありますか?

増田 ほぉ。

小山 また転校生には自分から話しかけますか?

増田 なるほどね。

小山 ある?

増田 転校ない俺。

小山 実は私転校あるんすよ。

増田 あ転校あんの!?

小山 高校んとき。僕はねぇ、なんか~、私立行ってたんだけど、芸能活動駄目だったのよ。

増田 うんうんうん。

小山 で地元の高校転校した。

増田 あっ、そうなんだ。

小山 そう。いやでもしんどいよ。高2で転校だから。

増田 あ~。

小山 高1でつくりあげてる関係性に入っていくって、

増田 そっかそっか。ちょっと、人見知りされるんだもんね?

小山 そうそうそうそう。

増田 学校で。

小山 でも中1でしょ?まだ大丈夫よ。

増田 うん。

小山 全然間に合う。

増田 う~ん。ど、どんな感じなの?初めてって。

小山 いやだから挨拶しましたよ?何々~高校から転校してきました、小山慶一郎です。改めてよろ、でもさ。地元の高校行ったから、半分ぐらい知ってんのよ。

増田 あ~。

小山 だから、

増田 それはちょっとずるいわ。

小山 ちょっとね、茶化される。うぃ~、みたいな。

増田 おかえりみたいな?

小山 うぃ~みたいな。

増田 うん。

小山 へいジャニーズや。みたいな。

増田 あ~怠いわそれ。怠い。

小山 いじり。怠いよ。

増田 う~ん。

小山 俺の学校高校がねぇ、もうほんとに、まぁ、もちろん制服がベースなんだけど~、ちょっとヤンチャな人たちもいて。

増田 おぉ。

小山 ヤンチャな人たちのいじりが酷かったね。

増田 酷いね。

小山 踊れよぉ~!

増田 あぁ~やばいやばいw

小山 (笑) マジ勘弁してよみたいな。

増田 やばいわ。やばいわ~。

小山 そうそうそうそう。なんかそんなのありましたけどね~。

増田 なるほどね~。でもまぁ学校の転校とかはね、まぁほんとに仲良い、だから俺まぁ高校の入学式とかのあとは結構すわっ、だからもうみんなが知ってるわけじゃん。

小山 あぁまぁそうね。

増田 増田だっていうのは知ってて、高校に増田が入ってきたってなってる状況で、そっからだから毎日会うわけだから。これちょっとこんなかで誰か……誰だ。どれだ。俺と、

小山 友達にw

増田 俺をそうそうw 仲良くなれそうなの誰だっつって、

小山 そうだね。

増田 でもまぁそれで、(小山 そうねぇ。)仲良くなりましたよ何人か。

小山 厳選が必要だもん。そうなんだ。ということで、ここで、一曲いきましょうNEWSで「EMMA」!

♪EMMA


ふつおた

小山 ふつおた参りま~す。

増田 ほい。

小山 私は高校3年生の18歳です。進路も決まり残りは卒業式だけです。

増田 うん。

小山 私は高校卒業してやりたいことがたくさんあります。その中の一つが、髪を染めることです。

増田 ほう。

小山 今までに染めたことがなく、初染めにわくわくが止まりません。

増田 あ~、初染めね。

小山 そこで、小山くん増田くんに質問です。お二人は初めて髪を染めるとき~は、どんな気持ちでしたか。また染めてから、気をつけていること、特に、赤髪の増田くん。何かアドバイスをください。

増田 ほう。初めて染めたのいつ?

小山 初……俺は、ジャニーズの、こ……あの~……オーディションの日。

増田 え、あ、

小山 忘れもしない2001年、えー1月21日に染めました。人生で初めて。

増田 あ~覚えてんだ。

小山 あっ、俺の意思で染めたのはそれだけど、小学校1年生のときに親に染められてたわえり、

増田 (笑) ヤンキーのやつ。ヤンキーのやつ。

小山 うん。あの、え、襟足だけ。

増田 やべえ!w (笑) やべえ。

小山 パーマかけられて襟足だけ金髪にさせられてた。

増田 やべえヤンキーのやつだ。

小山 俺の中の初染めはもうだから、オーディションの日よ。

増田 あ~自分でね?

小山 オーディション行く前に、なんかジャニーズってきんぱ、なんか髪明るくしなきゃいけないと思ってたの。

増田 はいはい。

小山 だから、

増田 あ、あ、それピアスもそうだよねだから。

小山 そうそうそうそうそう。

増田 うん。

小山 そのときだからイヤリングしてったんだけど開けてなかったから。コンビニで、染めるやつ買ってやったんだけど。まっすーは初染めいつよ。

増田 俺それこそ金八んとき。

小山 あそうだっけ。

増田 金髪先生に出るから多分染めたんだったと思う。

小山 マジで?

増田 だから中3の……ときだよね。金八先生の多分、(小山 そうかぁ。)オーディションの前後ぐらいかなぁ。

小山 そうか。どうする初染めまず何色がいいかね。

増田 いやいや、やや、やや茶髪ぐらいでいいんじゃない?

小山 いや俺もそう思うわ。

増田 う~ん。

小山 だからまぁ~~、軽く、茶色くていいんじゃない?したらもうちょっと、

増田 小山ぐらいの色とか綺麗じゃない?女の子で。

小山 あぁいいと思うよ。僕はねぇなんか。誰から見ても茶髪に、見えるんだけど、そんな明るすぎない、ようにしてくださいって言ってあるわけ。

増田 うんうんうん。だから普通の自然な、(小山 そうそうそう。)そういう、染めてなくてもそれぐらいの人いるよねぐらいのやつ。

小山 うんそうそうそう。注意する、こと?染めるのに?

増田 染め、たあと。

小山 増田さん染めたあとどうしてんすか?

増田 う、無造作です。

小山 染めてから気をつけること、例えばさぁ、えっとー、例えばさぁ、染めた日は髪洗わないしょ。

増田 染めた日は洗わないね。

小山 落ちちゃうからね。

増田 うんうん。

小山 そうそう。とかね?

増田 でもそれはでも、赤とかの場合じゃないの?だけじゃないの?普通の色でもそうなの?

小山 俺も、染めた日は、髪、だからそのまんま、美容室で、夜行ってるから、(増田 そうだね。)髪洗って、ま帰って寝るだけだけど。

増田 うん。

小山 いやだから、まぁ、そんなに……だからまっすーとか手越みたいに特殊なことしなければ、そんなに大変なことはないよ。

増田 うん。そうだよね。

小山 うん。

増田 まぁでも、俺も別に大変なことないけどね。

小山 いやでもさ、維持が大変じゃん。だって、

増田 俺そんなにだから、俺髪の毛のプリンってよく言うじゃん?この根元が伸びてきてるプリン、がどうのこうのって結構嫌がる人多いけど、俺プリンになってんの別に、嫌じゃないんだよね全然。

小山 まプリンはプリンっぽくておしゃれなときもあるしね。

増田 そうそう。

小山 さぁ続きまして。先日放送されたまっすーが動物園に行って、苦手を克服するという番組を見ました。

増田 あーおう!

小山 私は小さい頃動物と触れ合うのは少し苦手だったので、多々共感する、場面が、ありました。

増田 あぁ~ありがとうございます。

小山 その後まっすーの動物に対しての気持ちは変わりましたか?何か進展があるようでしたら教えてください。

増田 うんキャラパレですよ。これも。

小山 キャラパレで行かれたと。

増田 ロケ動物園行って、なんかすごい触れ合えるよみたいな。うんだからあんま別にだからその~。動物園とかで、ライオンとかを見てんのが好きなのよ。

小山 あ~。

増田 キリンとかさ。

小山 だから大人んなって行く動物園面白いもんね。

増田 そうそうそうそう

小山 観察しちゃうじゃん。

増田 そうそう遠くで、すげえな

小山 すげえなってなるじゃん。

増田 って見たいんだけど、あんまこうだから、

小山 触れ合わなくていいの?

増田 ベロベロ舐められたりとかもしたくないのね。

小山 (笑) シゲんちとか行ったらぁ、シゲんちの犬めっちゃ舐めてくるよ。

増田 あ~。

小山 それやでしょ?俺すげえ舐められてるときに、俺これ誰かと間接キスしてんだろうなって思うね。

増田 あシゲとかね。

小山 シゲの、までもシゲの実家だからシゲのママ
かなとか思うとさ。

増田 あぁ。

小山 ちょっと、気まずくなる。

増田 顔舐めてくんだ。

小山 顔すごいくる。

増田 あ~。いやそれ愛情表現なんでしょ?

小山 うん。あ出てきた?あこれ……ww

増田 な、なんだ?なんだっけ。

小山 あ、アルマジロだ!

増田 いや違うよ。アルマジロは、匂い嗅いだの。アルマジロのお腹んなか超くせえの。

小山 (笑)

増田 びっくり。

小山 えこれ。

増田 そうそうそうそうアルマジロちょ、なんか、

小山 わ~あったかいって言ってる。

増田 そうそうアルマジロあったかいのよ。びっくりしない?こんな殻でさ、アルマジロってあのカッチカチのイメージの、

小山 なんだアルマジロ、アルマジロ可愛いじゃん。

増田 いやアルマジロあったかいんだよ。怖くない?

小山 今後でもふれあい系のなんかあったらいけるはいけるんでしょ?もうだから。

増田 いやいや。変わってないすよ別に。

小山 (笑)

増田 進展ないっすよ別に。え、小山触んの別に平気?

小山 俺は全然大丈夫だよ。触んの。ただなんか噛むんじゃねえかっていうさ、

増田 あー怖いやつね?

小山 なんか、よくあるじゃんライオンと触れ合うみたいのでさ、噛まれてる映像とかたまにあんじゃん。

増田 うんうん。

小山 シャレになんないやつ。

増田 うんうん。

小山 そういうことがあり、俺だからジェットコースターとかもそうなのよ。

増田 う~ん。

小山 なんかたまにさぁ、上とかで止まってる映像とか見ちゃうじゃん。

増田 うん。

小山 だから信じてないわけ。

増田 あ~。なるほどね。全部を、信じてないんだ。

小山 信じてないの俺。止まったらどうしようとか。

増田 まぁでも動物はそうだよね。

小山 だってさぁ、意思なんかわかんねえじゃん。

増田 うん。

小山 どうすんのアルマジロがめっちゃその~、お腹んとこか、こうぐって噛んできたら。

増田 いや~でもアルマジロだから医師と話して臭かったもん~。

小山 w

増田 あれで、そんなに臭い、と思ってないと思う。

小山 いやだから丸まってっからここ蒸れてんだろうね。

増田 だから蒸れてるし、ちょっと毛ぇ生えてんだよね。

小山 あぁ。

増田 だから多分その、蒸れちゃって。

小山 そうね。

増田 あ~いや~臭かったなぁ。

小山 w

増田 どんな臭いだったか覚えてないけど臭かったのは覚えてる。

小山 w じゃあここで、一曲いきたいんだけど、アルバムより初オンエアだから。

増田 あ~ちょっと。大丈夫?

小山 大丈夫大丈夫w

増田 気を取り直していきましょう。

小山 大丈夫大丈夫。

増田 はい。

小山 聴いてくださいNEWSで、「NEVERLAND」。

♪NEVERLAND


■エンディング

小山 お別れの時間です一枚読んでいきましょう~。

増田 はい。

小山 以前から思っていたんですが、まっすーは、髪の毛が伸びるのすっごく早くないですか?髪の毛が伸びるのが早い人は、エッチな人か、頭を使ってない人って聞いたことがありますw

増田 大丈夫だよ。

小山 まっすーは、どっちですかw 教えてくださ~い。

増田 誰情報だよ。

小山 まっすー怒らないでね。怒ってね。だって。

増田 可愛いな。

小山 可愛い。

増田 (笑)

小山 可愛いな。結局可愛いな。

増田 なんだそれ可愛いな。

小山 う~ん。

増田 うん。いやいやいやいや。だから髪伸びんのって

小山 エッチなのか、

増田 いや、待って。正直待って。あの~、いろいろね。結構、過去ね。俺の雑誌とかで、あの、ラジオでもそうだし、多分ウェブでも言ったことあると思うけど、俺髪伸びんの早いわけずっと昔から言ってる。

小山 うん。

増田 ずっと言ってる。俺だから、美容院、1ヶ月に2回ぐらい行かないと、髪の毛ロン毛になっちゃうから、結構、美容院行ってますよって言ってるのに、俺、見てないのかな?

小山 やべ。

増田 俺の、ラジオとかその~、

小山 やっちゃったトウコ。

増田 雑誌もそうよ。全部。アイドル誌とか。見てくれてないのかな。

小山 やべえよほんとに。

増田 どうなってんだよ。

小山 いやいやだから、まっすーのこと好きになりだした人かもしんないじゃん。

2人 (笑)

増田 最近?

小山 最近。最近まっすー見て、かっこいいなの人かもしんない。

増田 そっか。その割には髪伸びんの早えなみたいな。

小山 w

増田 ここ1、2ヶ月で。

小山 あいつエロいのかな。頭使ってないのかな。みたいな。

増田 どっちでも、だっどちらにしてもちょっと失礼でしょうよ。

小山 w

増田 あの、浅いなら、尚更ね。

小山 (笑)

増田 昔から知ってくれてんならまだしもね。

小山 (笑)

増田 最近ちょっと好きになり始めてあいつエロいのかなっておかしいしょ。いきなりのねぇ。ちょっとどうなんですかこれ。

小山 (笑) いいじゃーーん。

増田 どう思います?皆さん。

小山 いいんだよいいんですよ〜。

増田 みんなは、みんなはどう思いますか?

小山 いやいやいいと思うよ〜。

増田 でも早いよね確かに俺ね。

小山 早い早い。

増田 うん。

小山 コンサートでどんな髪型するかって案決めてんのもう?

増田 決めてない。

小山 まっすーコンサートんときちょっと変えるじゃん。

増田 ……およよよよ。

小山 w どんな声出してんw

増田 およよよよよ。コンサートってでも、あまぁでも染め〜一回病院行くかもね。

小山 まぁそうだな。結構赤強めで来るもんね。

増田 う〜ん。しかもなんかそんなに行けなくなったりするじゃない。あの頻度的に。だからまぁ、初日はちょっと、ねぇ。こんな感じで、ツアー乗り切るか、みたいなものの、原型ではあるよね。

小山 そう。だから俺初日にもしかしたら俺なんか、染めてたら、ま染める時間俺ないんだけど。赤にするわ。 (笑)

増田 え、小山が?

小山 赤2人いたらやでしょ?w

2人 (笑)

小山 金髪もあるしもう赤2人いるグループやだよねw

増田 いや金髪もやでしょ。

小山 金髪もやだね。引っ張られてる感あるよね。

増田 いやなんかじゃあ俺が、俺は別に金髪とか全然ある、あるタイプじゃん。小山も。

小山 あそうだね。

増田 でも、俺とか小山が例えば金髪にしたら、手越が、何寄せてきてんの?

小山 そうだななるなるなるなるw

増田 空気感、

小山 なるなる。

増田 出してくる、感じがもうやだから出来ない。

小山 気まずい気まずい。そうそう。

増田 金髪はみんなのものだよ。(かわいい)

小山 そう。あ、あれ。愛菜ちゃん。

増田 金髪はみんなのものだよ。(愛菜ちゃん)

小山 そろそろ、いきますか。

増田 はい。

小山 番組では(略)。ここでお知らせです。

増田 お知らせだよ。(愛菜ちゃん)

小山 さん、き聞いていただいたNEVERLAND!

増田 w

小山 これがねぇ、

増田 アルバムだよ。(愛菜ちゃん)

小山 テーマ曲だからね。

増田 アルバムだよ。(愛菜ちゃん)

小山 いつ、発売なの?

増田 ん?3月、22日だよ。(愛菜ちゃん)(似てる)

小山 w

増田 あちょっと今似てたね。最後。

小山 似てた似てた最後似てた。

増田 だよ。(愛菜ちゃん)

2人 うん。

小山 いつから、あのライブ始まんの?

増田 4月1日だよ。(愛菜ちゃん)

小山 それは、なん、なんていう日だっけ4月1日は。

増田 ん?嘘つく日だよ。(愛菜ちゃん)

小山 (笑)

増田 (笑)

小山 やだ。さぁ、

増田 午前中だけなんだよね。エイプリルフールってね。

小山 えっそうなの!?マジで?

増田 確か。夜嘘ついたら、駄目なの。確かね。

小山 あそうなの?

増田 確か。

小山 じゃあ起きてすぐなんだ。

増田 ライブ中駄目っすからね。

小山 いやされてるわいつも。

2人 (笑)

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

増田 増田貴久でした!



■愛菜ちゃんの真似の3月22日だよが本当にすごく似てた!!!