読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる君が好き

 

 
 
とにかく驚いている。
 
LINE、Facebook、連日の手越くんの流出に心配していたら、もっと大きな話題が突然降ってきて、一気に世界が変わった気がした。
 
 
聖くんの件、わたしは朝の情報番組を見ていて知った。え?って言った。は?ってなった。驚いたし、信じられなかったし、今でも夢なんじゃないかって思ってる。夢だったらいいのにと思う。
 
そんな疑われるような環境に身を置いてしまっていたことにはバカって思うけど、聖がやってないって言うからわたしはそれを信じて待ってる。今わたしに出来ることはそれしかないから。ただただ聖が思いつめてないか心配。何があっても嫌いになることは絶対にないからこれからも応援し続ける。待ってる。1秒でも早く戻ってきてほしいし、歌を聴かせてほしいし、笑顔を見せてほしい。
 
 
どれを見ても、聖の名前の前についてるのは「元KAT-TUN」で、それがどうしても嫌だった。INKTって書くより元KAT-TUNって書く方が話題性?知名度?そういうの的にいいんだろうなってのはわかる。でも、嫌だ。
 
3人に迷惑がかかるから元KAT-TUNって書いてほしくないとかそういうことではなくて、聖はもうKAT-TUNには迷惑かけたくないからって10周年おめでとうツイートしてもすぐ消しちゃうような人なのに、何見たってそんな聖の思いに反するみたいに「元KAT-TUN」って書かれてて、現KAT-TUNの3人は何も言っていないのにそのせいで「頑張ってる3人に迷惑かけんなよ」みたいなことも言われちゃったりしてて、きっと聖はそれを知ったらすごい自分のこと責めるんだろうなとか、これまでKAT-TUNのかの字も出さずに頑張ってきた聖の思い報われないなとかいろいろ考えたら、もう本当に悲しい。
 
それから、「やっぱりか」「そんなに驚かなかった」みたいなコメントもいっぱい目にした。やんちゃそうな見た目とか、過去の噂とか、そういうので全部判断されちゃうのが、わたしは本っ当に悔しくて。
 
記事も読んだし動画もわたしの住む地域では放送されていなかったからTwitterで見たけれど、許せないなんて言葉も、そんな簡単には言ってほしくなかった。
 
田中聖容疑者」って表記も、当たり前みたいに容疑者容疑者って連呼されるのも、なんだか悔しくてたまらない。


なんかもう、悲しくて悔しくて、どうしていいのかわからなくて。

全然文章に纏まりないし、自分でも何書いてるかも全然わかんないけど、誰かに読んでもらいたいとかそんなことじゃなくて、ただこの気持ちを飲み込みたくはなかったから。いつか、そんなこともあったなぁって軽く笑いながら読み返せる日が来ることを願って、今の思いを書き綴っておこうと思ったからこうやって書いています。
 
 
どうか、聖の居場所をなくさないでください。聖が守ってきた場所、やっと見つけた譲れない場所が、これからもずっと聖の居場所であることを願ってる。
 
バンド仲間さんとかのツイートを見てほっとした。味方、たくさんいるよ。だから大丈夫。
 
信じてるよ。大好きだよ。応援してるよ。
だから、負けないで。絶対帰ってきて。
待っています。
 
 
 
 

170523 KちゃんNEWS(増田)




■KちゃんNEWS

2017年5月23日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、NEWSの全国ツアーも残りあと僅かとなりました、ゲストは増田くんです!

増田 どうも~、増田貴久でぇ~す。

小山 どうもまっすー。

増田 やってまいりましたよ~。

小山 ということでねぇ、(増田 はい。)残るは和歌山広島東京だけとなりました。

増田 なるほど。もう、あっという間でしたねぇ。

小山 回ったねぇ。回ってきたねぇ!

増田 回ってきたね。

小山 アリーナも半分以上もう終わり、(増田 うん。)残すは3ヶ所ということでですねぇ。

増田 和歌山初だし、

小山 和歌山っていったら、(増田 うん。)はいご飯なんですか。

増田 あのねラーメンが有名だって聞いた。

小山 っはぁ!(可愛い) これねぇ、俺もだからさぁ、そこピンと来てなかったのよ。

増田 うん。

小山 そんなピンと来てなかったでしょ和歌山でラーメンって聞いたらあそうなんだって思うけどさ。

増田 うんうんうん。

小山 で、その、和歌山に、ちなんだメールが来てるんですよ。

増田 あ、いいね。

小山 えー地元の和歌山でライブが、開催されることになりすごく嬉しいです。

増田 ありがとうございます。

小山 全国からNEWSファンの方が和歌山に来てくださるので是非、和歌山ラーメンを食べていただきたいと思っています。そこで、

増田 現地の人あんまいないのかな。

小山 和歌山ラーメンを食べるときの心得。

増田 心得?何それ。面倒くさいね。

小山 を教えますw 和歌山では、

増田 w

小山 ラーメンではなく中華そばといいます。

増田 あラーメンじゃないの?最早。

小山 あそうなんだ。

増田 うん。

小山 そしてテーブルにある、早寿司(はやずし)、(増田 うん。)かっこ、鯖押し寿司や、ゆで卵は好き勝手に食べてください。

増田 えー。

小山 えー。でお会計の伝票はないので、(増田 おお。)帰り際に、自分が食べた、中華そばと早寿司2つ、卵いっこなどと自己申告してお会計してください。

増田 ほう。

小山 以上マスターしていれば大丈夫です。

増田 あ簡単ね。

小山 是非、NEWSの皆さんも、和歌山ラーメンを食べてください。

増田 うん。

小山 ということで、(増田 うん。)あぁ~、お~、可愛いじゃん。このスタイルでー、中華そばと、鯖の押し寿司とゆで卵は、基本置いてあるってことでしょ。

増田 へぇ~え。炭水化物オン炭水化物になるんだね。

小山 すごいよね。しかもさぁ、鯖の押し寿司なかなかでかいね。

増田 うん。だし、鯖の押し寿司~、が、その、なんかアテみたいな感じでいるんだね。

小山 そうだね。鯖の押し寿司にラーメン食うのか。

増田 うん。

小山 そうか。

増田 なんか……なるほどね。

小山 なるほどね。 (笑)

増田 うんw いやでもちょっと楽しみですねご飯。

小山 いや食べようよ。どうせ行くんだからやっぱ和歌山ラーメン食べなきゃだよね。

増田 ね。えちょ今心得とか言われたからちょっとねぇ、日和ったけど。

小山 (笑)

増田 うん大丈夫そうっすねぇ。

小山 意外と簡単そうだったよね。

増田 うん。

小山 まぁビッグホエールはねぇ、初めてですからね。

増田 うん。楽しみだねぇ。

小山 ま近辺何があるかもちょっとわからないですけれども(増田 うんうん。)はい。

増田 ね。

小山 いきたいと思います。

増田 お願いします。

小山 じゃあここで一曲いきましょうNEWSで、「チュムチュム」。

♪チュムチュム


ふつおた

小山 ふつおたー!

増田 ふつおたー。

小山 さぁふつおた読んでいきますよー。

増田 やってまいりましたねぇー。

小山 えーー先日、小山くんがジャニーズウェブにツアー中の移動の飛行機の中でのメンバーの様子を書いてくれました。

増田 ほう。

小山 貴久くんが、音楽を聴きながら、コーヒーを飲んでいると聞いて、想像しただけで、鼻血が出そうでした。

増田 うん。

小山 ツアーで、貴久くんと、NEWSの皆さんに会えるのがすっごく楽しみです。

増田 うん。

小山 ということです。

増田 あ~。音楽聴きながらコーヒー。あ~。あんまでも、(小山 いや俺が、)そんな一緒じゃないですよね移動ね。

小山 最近はね。

増田 最近。

小山 俺がたまたま見たときは、まっすーはあの~、音楽いつも聴いてるじゃん。

増田 はいはい。ヘッドホンでね?

小山 ヘッドホンで。

増田 はい。

小山 でヘッドホンで音楽聴いてんだけど寝てるよね。

増田 ま確かにね。

小山 基本、

増田 でも、俺基本的には飛行機乗って寝ながら移動してる間に首痛めるタイプだから。

小山 (笑)

増田 俺マジ前ビビったのがさぁ、まっすーってこう、こうやってコーヒーま右手に持って、(増田 はいはい。)でヘッドホンしてんだけどこのまま寝るんだよ。

増田 あぁ(小山 コーヒー持ったまま。)下向いてね。

小山 そう!

増田 うん。考えてるスタイルね。

小山 あのコーヒー、落ちたことない?

増田 ないっすね。

小山 すごいね!

増田 うん。

小山 マジこのまんま一回、頭コクってなったときあったわけ俺見てて。

増田 うんうんうん。

小山 あっ、落ちるって思ったけど、ここはちゃんと握力入ってない。

増田 いやそういうときのための小山じゃん。だって。

小山 いや俺はww

増田 だってそれは、気づいてくれてるわけでしょ?その、危ねえ、

小山 めっちゃ見てるもん俺だって。

増田 危ないなって思ったときに、ま最悪こうね?

小山 いやま手ぇ伸ばすけどぉ。飛んでる最中、

増田 あれ、あれよ。お父さんがテレビ見てて、あの~、勝手にテレビ消したら、見てたよぉ、みたいな。

小山 (笑) そうだな。

増田 寝てたじゃん!みたいな、スタイルと一緒で、俺これ寝てると思ってこう俺のコーヒーをねこう、優しさで、一回机においてあげたら、いや飲んでるよ!みたいなね?

小山 いや でしょ、怒られるしょどうせ。

2人 (笑)

増田 う~ん。

小山 やまっすーあと飛行機の前にやっぱ食べ物かなり買っちゃうからぁ、

増田 買っちゃうんだよねぇ。

小山 腹減ってね!っていうのに買っちゃうんだもんねぇ。

増田 俺と小山とシゲだっけ。

小山 そう3人並んでね。

増田 俺と小山とシゲが3人並んでるときにぃ、(小山 うん。)一回……朝何時だったんだろうねあれ。

小山 あれ早かったよ7時……

増田 集合ぐらいだったっけ?

小山 ぐらいだったんじゃない?うん。

増田 朝7時集合くらいとかでめっちゃ早くてだからもう5時起きとかなわけですよ。

小山 うん。

増田 早いく、起きて、中からお、身体起きてないんだけど、(小山 そうそうそう。)なんか身体に入れなきゃいけないと思って、あの飛行機乗る前だからね、

小山ら絶対まカツサンドは売ってるからね、いつでもね。

増田 あと天むすかな?

小山 天むすだね。

増田 う~ん。だからみ、みんなカツサンドはいっこずつ買って、俺はプラスで天むすも買ったんだよ。で、

小山 であんま腹減ってねっつってんだけどね、あの人は。そうそう。うん。

増田 あん、あんま腹減ってねえなあ、とかいいながら、とりあえず乗っても、眠気まなこでね。

小山 うん。

増田 カツサンドも、たらふくこう胃袋詰め込んで。

小山 うん。

増田 結果食べ終わったあとに、まやっぱ腹減ってなかったなぁ、っつって。

小山うんw 

増田 うん。

小山 そう食べ終わったあとに腹減ってなかったなぁっつって今度ね、天むす開けだしたの。

増田 うん。

小山 で天むす~、

増田 食べる~?なんつってね。

小山 そうw

増田 でみんなもいる~なんつってね、いるんか~い。っつって。

小山 (笑) 

増田 みんなも食っちゃってね。結果みんな腹、

小山 結構食ったよね朝からねw

増田 うん。あれ、食べましたね。で、いで、移動してからも食いましたしね。

小山 そうそうそう。いや〜、だから増田さん俺飛行機ん中の印象だからコーヒー持ってんのと、めっちゃ食うこの人と思ってる。

増田 うん。小山とかはちゃんとあのスリッパに履き替えるタイプなんだよね。

小山 w シゲもね。

増田 シゲもね。

小山 (笑) 

増田 うん。

小山 わかるわかる。

増田 うん。

小山 まっすーあんま、

増田 俺履き替えないもんあんまり。

小山 でしょ?シゲちゃんっとやるよね。

増田 ちゃんっと履き替えるよね。

小山 なんか、一回、家みたいな感じ

増田 にするよね。

小山 でも俺シゲのやなところは、靴脱いだあとに靴下が雑なのよ。

増田 あ〜、わかる。

小山 あの、

増田 靴下まで脱ぐよね。

小山 そう。靴下脱ぐんだったらさ、靴下ちゃんと重ねてさ、(増田 うん。)折ってさ、(増田 はいはい。)靴ん中に収納してほしいじゃん。

増田 はいはい。

小山 なんか脱いだまんま靴ん中にぽって投げるわけ。

増田 うんうん。

小山 あれ嫌いでー、でもそれをやる俺やじゃん。

増田 直してあげる感じね?

小山 そうそうそうそうそこまでは。

増田 うん。なんなんだよと思うもんね。

小山 個性出るなぁ〜〜。

増田 シゲバッグとかもね。

小山 あ〜〜。

増田 下に床にボンと置いて、(小山 そう。)中身半分出てるんすよ。

小山 そう!

増田 すごいよね。

小山 でー、CAさんが、飛ぶときに、あーのー、(増田 どかしてください。)抱えてくださいみたいなもう何回乗ってきてんのお前ww

増田 初めての飛行機みたいな感じのねぇ。

小山 そうそうそうそうそうそうw あるなぁ〜まぁ移動って

増田 個性出ますねぇ。

小山 個性出ますねぇ。

増田 う〜ん。

小山 さぁ続きまして、ま今回のツアーは、各地方に最低一泊はしていますねと。そこで質問なんですが、宿泊用の荷物は、今回のツアー用として、最初につくって、ツアー中は荷ほどきしないのか。

増田 うん。

小山 その都度、(増田 あぁ。)荷造りしてるのかどちらですか?

増田 あ〜。

小山 また一回の荷造りにどれくらい時間かかりますか。

増田 なるほど。俺もうまんまだね。バッグまんま。

小山 あっそう。

増田 うん。

小山 まっすーもバッグでかいけど中身そんな入ってない?実はあれ。

増田 入ってない。しかもね、俺、まぁ前マネージャーさんと、検証したけどー、俺が一番荷物少ないって言ってたよ。

小山 マジで?

増田 だって俺ちっちゃいこれぐらいのバッグいっこだけじゃん俺。

小山 うん。

増田 あの担いでるやつ。

小山 しかもちょっと軽そうなんだよねぇ。

増田 軽い軽い。二本指で持てるぐらいの、重さぐらいだよね。

小山 だから多分、まぁこれまぁいろんなとこで話してきたけどー、印象的には絶対まっすーが一番持っててー、

増田 そうそうそうなんなら部屋持ってきちゃうみたいなね?うんー。

小山 そうそうそうw あの部屋ごと、全部みたいな。

増田ドライヤーも持ってきてるみたいな。うん。

小山 それ全部やってんの俺だからね。逆にいうとね。

増田 うん。小山の次手越が荷物多いかなぁ。シゲか。

小山 手越、だから、あ、シゲも多い。

増田 小山ってバッグ2個持ってるよね。トランクみたいなのと、ちっちゃいトランクみたいなのとぉ、

小山 そうそうそう。でも最近は、ちょっと減らそうと思ってトランクやめたんだけどー、俺多分ねシゲと手越はぁ、帰ってからなんもしてないんだと思うあれ。だから、もうそのまんま持ってきてんだと思うんだよね。

増田 あぁ、俺もそうだよ?

小山 えマジで?

増田 うん。

小山 俺一回帰って一回ゼロにするよ。

増田 ええっ!

小山 w

増田 一回全部出すの!?

小山 一回全部出して、

増田 やば!

小山 一回何事もなかったかにして、地方行くときに、また、ゼロから用意するの。

増田 やば。俺なんなら多分トランクで行ってるんだとしたら、(小山 うん。)トランク多分玄関に置きっぱなしだと思う。

小山 マジ?

増田 部屋ん中に入れないと思う。

小山 だからトランクんときも、一回帰ってきたら、トランクから全部出して、トランクを一回収納する場所に戻して、

増田 トランク一回拭く?それ。

小山 拭かないw 拭きはしないけど。

増田 マジかぁ。

小山 うん。だから俺なんだよね一番ね。実はね。

増田 多いよね。俺でも、まんまだわ。もうまんま。なんなら中身ももうなんにももう見ないかも。

小山 マジで?

増田 洗濯物とかもさぁ、別にもう、会場に預けてきちゃうじゃん。

小山 あっそうだね。最近はそうしてくれてるからね。

増田 だから出すものがないよね逆に。

小山 だから助かるよパジャマとかもさ、会場に預けられるから洗ってくれんのよ衣装さんがね、助かるよね。

増田 パジャマ持ってってんの?

小山 え、パジャマ持ってってないの?

2人 (笑)

小山 え、マジで?

増田 持ってってないよ。

小山 えっ。俺、だから、ホテル入るときに、パジャマを、会場の方に連絡してほんっと申し訳ないんですけど、パジャマだけ部屋に入れといてくださいと。

増田 あぁあぁ会場にあるようなね。

小山 あるようなやつ。えっ、ぱじ、え、何で寝てんの。

増田 ジャージ。

小山 えマジ、それパジャマじゃねえの?

増田 いやいやリハ着、リハ着してるやつと一緒。

小山 あ、そのまんまね?あじゃやっぱ駄目、俺だなぁ。

増田 だってその分一着多いわけだもんね。

小山 その分膨れるよだから荷物は。パジャマ持ってくんだから。

増田 やばいね化粧品みたいなのも持ってってる?俺なんにもそういうのいっこも持ってってないのよ。

小山 えーー化粧水から、乳液まで全部持ってってます。

増田 やべえよ。

小山 5本ぐらい。

増田 やべえ。そういうだから、身体に塗る系のやつで5本ぐらいあんの?

小山 全部ある。でそれを全部手越も使うから。

増田 あ一緒に使ってんのね?

小山 ちょっと持ってくときに、手越のためとか思って持ってってるとこもある。俺正直、

増田 あぁほんとの、超ちっちゃい旅行用じゃなくて、

小山 そう。

増田 ビンで持ってかないと。

小山 うん。

増田 不安だもんね。

小山 使うなっていうのはあるかな。まぁまぁだからまぁ俺が荷物一番多いのかな。うん。

増田 それちょっと広めてほしいね。うん。

小山 そうだね〜。

増田 俺のイメージね。荷物多そうな。俺も、なんかコンビニのビニール袋で行ったり、行ったりするからねぇ。

小山 俺なんか昔聞いたけどV6の森田(増田 剛くん。)剛くんがさぁ。ね!

増田 俺それに憧れてんの。

小山 うん。

増田 剛くんが海外行くときにー、パスポートー、と、なんか小銭が入ってる、あのコンビニのビニール袋だけで来たって聞いて、

小山 (笑)

増田 いや俺それが男だな。

小山 かっけえなぁw それかっけえよなぁ。

増田 そう。超かっこよくないっすか?コンビニのビニール袋に、なんか小銭とパスポートとなんかもういっこぐらい入ってるぐらいの、

小山 (笑) いや、まぁどんだけ削ってももうちょい持ってくぜ。

増田 うん。だって、

小山 行ければいいんだろうねぇ。

増田 いや行ければいいしー、だって別に確かになくていいならなくていいもんね。服はだって向こうでライブするんだったらー、全部あるわけじゃん。

小山 確かに。でホテルもさぁまぁ、シャンプーリンス、ぐらいはついてたりするしね。

増田 うん。歯ブラシもあるだろうしね。

小山 あるしね。

増田 いやでも、

小山 うんそれはそうだよなぁ。

増田 爪伸びたらどうするとかねぇ。

小山 そうそうそうそうそうそうw

増田 (笑)

小山 あるんだよ俺も爪、(増田 あるよね。)爪切りどうしようかなとかある確かに。

増田 爪切り一番悩む、ラインだよね。

小山 でも切ってきゃいいんだけどさぁ。

増田 うん。

小山 でももしかしたらなんか途中ささくれとか出来たりとかさぁ、いろんなことw

増田 w いやもう荷物多くなる人の典型だよそれもう。

小山 そうそうそう。まなんかあったら僕に聞いてくれれば大概持ってますからねぇ。

増田 そうだよねぇ。

小山 はい。じゃラストもう一枚いきましょう。えーグッズのパーカーを買ったんですが、サイズ感が、制服の上から着るのにちょうどよく、

増田 制服の上から。

小山 うん。シルエットがとっても可愛くて、学校に早速着て行っています。

増田 うん!

小山 周りからもそのサイズ感と、袖の鍵が可愛いねととても好評でしたぁ。

増田 あ〜、嬉しいっすねぇ。

小山 いいね。制服の上に着てくれてんだ。

増田 制服のうえい、ね。

小山 うえいにね。

増田 うえいに。

小山 うえいに。

増田 嬉しいっすね。

小山 これだからぁ、えでもすごいねNEWS感が。

増田 ね。どうなんだろう評判は。Tシャツと、パーカーは今回つくらしてもらってさぁ。まぁ、い、色でいうとちょっとさぁ、あの、メンズライクというか。

小山 そうだねぇ。

増田 うん。

小山 どっちかっていうとね。

増田 うん。

小山 Tシャツもね。

増田 Tシャツも。

小山 う〜ん。

増田 今回ロックTにしましたけどね。

小山 どうなんだろうねぇ〜。でもほら、メンバーの顔が写ってるTシャツっていうのは、(増田 うんうん。)久々じゃない。

増田 そうです、いや初めてだよ。

小山 初めてか。

増田 初めて初めて。初めてで、俺は伝説に残そうと思ってね。

小山 来た〜。

増田 言いましたけど。

小山 もうこれ次むずいねまたつくるとき。

増田 次もだからぁ、どうしましょうね。

小山 (笑) でもさぁそんなこと言ったらまぁこうやってグッズ買ってくれてるの嬉しいけどさぁまぁ、15周年になるじゃない。

増田 うんうん。

小山 今年の9月15日から15周年目、突入で、

増田 あなるほどね。

小山 うん。

増田 だから15、周年とかなるわけだからね、俺らも。

小山 そうだよ。

増田 うん。

小山 すごいなぁ〜。

増田 すごいすねぇ〜。

小山 だって、結構今NEVERLANDさ、ほんとつくりこんでさ。

増田 やもう〜、俺はTシャツ、15周年例えばライブやります。

小山 うん。

増田 もういちごTだから。

小山 だよねまぁいちごTだよね。

増田 いちごTだろうね。

小山 もう〜、ライブも、ストロベリー的なもういちごいちごでね。

増田 いちご推しで。う〜ん。

小山 w

増田 でもう最後ね、ライブでこうみんなでこう、顔にドーン!なんつってね。

小山 いちごのw

増田 クリームだらけでね、ありがとう〜なんつって。うん。

小山 (笑)

増田 う〜ん。

小山 毎回大変だなコンサートw

増田 いちご投げたりしてね。サンキュー!っつっていちご投げてね。うん。お客さん、

小山 (笑) ちっちゃいやつw

増田 ちっちゃい、ちっちゃいいちごね。

小山 べちゃあ!

増田 べちゃあっつって。

小山 (笑) いやでもさぁ、その15周年に向けては今いい、こうライブの積み重ねが出来てる感じがするじゃないすか。

増田 そうねぇ。だから今にしか出来ないコンサートみたいなのってやっぱ、つくっていきたいと思うしぃ、

小山 そうねぇ。うん。

増田 NEVERLANDは結構、(小山 や〜、)全体的にグッズもそうだしぃ、内容もそうだしちょっとこうね。ちゃんとこう歴史に残るものが、

小山 いいね。

増田 出来てるんじゃないかなって思いますけどね。

小山 いや出来てる気しますけどね。

増田 いや〜ありがとうございます。

小山 はい。さぁここで一曲いきましょう、NEWSで「EMMA」。

♪EMMA


■エンディング

小山 さっ、お別れの時間ですけども、もう一枚読んでいきましょう〜。

増田 いきましょう〜。

小山 私の学校には一輪車がたくさんあり、一輪車の授業があります。

増田 一輪車。

小山 そこでいつも、男子って一輪車をやると、痛いのかなと思っています。

増田 おぉ!

小山 そこで質問です。一輪車って乗れますか?また、痛くないんですか?教えてください。

増田 なんちゅう質問選んだのよ。

小山 いやいやいや。

増田 ガイさんよ。 (笑)

小山 ただほらモモちゃんはさ、(増田 ガイさん。)気になってんだよ。

増田 15歳で?

小山 中学1年生。

増田 うん?中1?

小山 こうやってもう一輪車得意な増田さんに聞くしかないじゃないこれは。

増田 いやいやいやいやマジで、俺一輪車乗ったことない。

小山 (笑) これね、シゲが乗れるでしょ。

増田 そうそう。シゲはねぇ、確か竹馬と一輪車どっちも乗れんだよね。

小山 (笑)

増田 確かね。じゃなかったっけ。

小山 上手いんだよね。

増田 で、みんな、あれ?竹馬乗れないっしょ?

小山 竹馬乗れない。

増田 俺も竹馬も一輪車も乗れないんだよね。逆になんであれ練習したんですかね?

小山 あれなんだろうね。

増田 俺その小学校んときに練習するタイミングを別に、

小山 でも一回ぐらいさぁ、棒に掴まって一輪車跨いだことあるべ。

増田 はぁ〜〜。

小山 それもない?

増田 いやぁでも〜、あるかなぁでも乗ったことはあるかも。の、な、乗っかってみてー、もうすぐすとんてなって、(小山 無理だって?)俺はその、俺が乗る、乗り物じゃねえっつって。

小山 (笑) 俺が乗る乗り物じゃねえと。

増田 俺が乗る乗り物じゃねえ。子供の頃に。うん。乗らねえってなって。

小山 でも想像でいいわ〜。痛いんすかねぇ。

増田 痛いでしょうねぇ。

2人 (笑)

小山 まぁ乗るポジションによるでしょうねぇ。

増田 まぁポジションによるでしょうねぇその人それぞれでしょうねぇ。

小山 そうねぇ。

増田 う〜ん。

小山 はい。まぁ中学1年生が気になってるということですからねぇ〜。

増田 なるほど〜。

小山 はい。

増田 うん。

小山 番組では(略)。ここで僕たちからのお知らせです。

増田 うん。

小山 ま今週末はね、和歌山に行きますので。

増田 和歌山。

小山 はい。まぁ5月ラストの。ライブになりますんでねぇ。

増田 そっかそっか。

小山 はい。楽しみにしていてください!

増田 お願いします!

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

増田 増田貴久でしたぁ。

小山 ばいばい。

増田 のりさ〜ん!






170516 KちゃんNEWS(加藤)




■KちゃんNEWS

2017年5月16日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、ゲストは、シゲちゃんです!

加藤 どうもぉ~~。

小山 お願いいたしますぅ~~さっ、なんか前に、シゲがツアー中に、ちょっとエッチな夢を見ると。

加藤 言ったっけ俺そんなこと。

小山 いう話を、してたんでしょ?そうそうそう昔。

加藤 あぁ。あそう。

小山 それで、さ、どうですか最近夢見ます?ツアー中。

加藤 ……エッチな夢見てないねぇ。

小山 見てないw あぁあぁ、大人なったのかなちょっとなんなんだろうね。

加藤 今すごい悲しくなった俺、見れなくなったことに。

小山 エッチな夢を?

加藤 エッチな夢を。なんでだろうなぁ。見た?最近。夢とか覚えてないなぁ俺もう。

小山 夢は覚えてないなぁ。夢見ねえな最近。

加藤 いや忘れてんだよ見ても。

小山 エッチな夢も見てないなぁ。エッチな夢って……?もうエッチな夢見たって言うことが恥ずかしいもん。

加藤 (爆笑)

小山 (笑) 俺さぁ、エッチな夢見たんだよねって言う、33歳恥ずくない?w どんな?っつって。いやあのさぁw いやいやちょっと恥ずいしょこれ。

加藤 (笑) まぁまぁなんか性癖出るしね多分。

小山 でるじゃん。

加藤 多分。

小山 夢ん中は、自由に出来るわけだから。

加藤 うん。

小山 そうそうそう。

加藤 そうかぁ。

小山 そう。まぁねぇ~。

加藤 そんなこと言ったんだ俺全然覚えてないや。

小山 そうそう。までもなんか、でもシゲもなんか今コンサートツアー中の過ごし方みたいのがさぁ、みんなもうどっ、もう個性があるじゃん。

加藤 うん。

小山 もう自分が、自由に。

加藤 うん。

小山 だからシゲもシゲ、の過ごし方って、もう超わかるよ見てて。多分俺とまっすーと手越は多分シゲの過ごし方わかるから。

加藤 え~言ってみて。

小山 えいや例えばだからその、あの~ちゃんと~、スタッフさんと飲みに行ったりとか、(加藤 あぁあぁあぁ、夜ね。)まそういう、そうそう。

加藤 うん。

小山 なんかこう入ってからのね、(加藤 うん。)あぁの~、しっかりこうウォーミングアップ、というか、

加藤 うんうんうん。

小山 マッサージするとか。

加藤 うん。

小山 あとこう、最近俺が知ったのは、あの~本番30分前の、軽い筋トレ?

加藤 あ~w

小山 w

加藤 やってるしょ?小山さんも。

小山 俺もやってるけど、なんかシゲあ、なんか、ツアーの過ごし方これ、この人決めてるな、なんかルーティンっぽくしてるなっていうのは、

加藤 してるしてる、してる。

小山 あるしょ。

加藤 あの~、みん、メンバーは多分知らないんだけど、俺去年だから、ずっと縄跳びやったりしてて。

小山 うん。

加藤 今年は縄跳びじゃなくて、ラダーっつって、こうわかる?棚、

小山 うんうんうんうん!

加藤 この梯子みたいなの、(小山 うん。)を、紐、で、そこを渡るっていうのやって毎回。

小山 うん。

加藤 なんかその、トレーナーさんがおし、やってくれるから、

小山 どこでやってんのそれw

加藤 駐車場とか。

小山 あマジで?

加藤 うん。

小山 違う一回ね、なんかねぇ、あの~~メンテナンスっていうかこうマッサージしてくださるところからー、シゲががいなくなんのよ。10分ぐらい。

加藤 それそれ。

小山 あ そこか!

加藤 そう。ラダーやってんだよ。

小山 そうか。

加藤 出来る限り尽くしてね。頑張りたいっていう。

小山 そう。でも、4人、みんな準備、するもんね。徹底的に。でもほらありがたいことに今回追加公演で、1日2回。

加藤 ね。

小山 一ヶ所目の2公演はさ、無知だったからさ、

加藤 うん。でもなんか体力ついてきたなって思うよやっぱ。

小山 ついてきた。俺月曜日に、やっぱ、everyあるわけじゃん?

加藤 うん。

小山 朝起きたときに、あの、別になんか、やぁべぇ!っていう体力じゃないんだよね。

加藤 うん。うん。

小山 いけるし、

加藤 いやほんと面白いけどねやっぱ30からまだまだ身体って変わるなっていうね。

小山 わかる。

加藤 思ってる。

小山 多分シゲも30ぐらいだから今、いろいろとやり出してるじゃない。まぁ身体つくったりとかさぁ、

加藤 そうそなんか、あの25ぐらいから、30に向けてつくってたのよ。

小山 うん。

加藤 このあとどうしようかなってところあるけど、(小山 うん。)なんかこんな変わるんだったらこのまままだまだ、面白いなぁみたいなぁ。

小山 30になってからの方が身体の変化に自分で気づけるわ。

加藤 気づける気づける。

小山 ねっ。

加藤 いやだから、もう、これ、いやあれかもしんないけどw その努力しないと、変わり、変化も早いじゃん。

小山 うん。

加藤 努力してれば努力も変わるけど、やっサボると、

小山 うん。

加藤 なんかすごい、がっかりするというか、多分そういう努力とかもさ、しなきゃいけないよねだから美的とかもさ、今ありがたいことにそういう、ね?連載もやらせてもらってるから、なんか、まそういうスキンケアとかも含めてなんか、やるようになった。女子力高いと思う俺。だいぶ。

小山 あのさ美的やり出してからさ、ちょっといろんな、美的情報がさ、得やすくなったよね。

加藤 そうそう。だしさぁ、最初はなんかその~、俺とかもさ、いやいや男、たるものそんなもん、ギリ化粧水だみたいな気持ちでいたんだけどぉ、まぁやらせてもらったからにはさぁ、ちゃんとやんなきゃいけないじゃん。

小山 うん。

加藤 って思ったら、やったらやったで楽しいのね。そういうケアとかさ。

小山 シゲがね~、よくパックしてるわ最近顔に、

加藤 (笑)

小山 よくパックしてる。そうそうそう。

加藤 そうだよなぁ~。

小山 いや俺もだから、あの少年倶楽部のロケでさ、プレミアムのロケで、手越と青森行って、あの~、シゲにさ、パックをね。お土産でね。

加藤 あ、買ってきてくれたね。ありがたい。ねぶたパック。

小山 そうそうそうそうw (笑) この子ねぇ~、加藤さんそういうのしてねぇ、なんかこうクリクリした目でこっちを見るわけですよ。

加藤 (笑)

小山 可愛いとこあんだよねぇ~。

加藤 (笑)

小山 一曲いきましょうかねぇ。

加藤 いきましょう。

小山 はい、NEWSで、「Silent Love」です。

♪Silent Love


ふつおた

小山 ではふつおたいきましょう~え~CDTVのさくらガールで、一瞬映った、シゲアキさんの美しいうなじに心奪われました。元々男性のうなじには、色気を感じていたのですが、シゲアキさんは特別です。思い出すだけで激しい動悸に襲われます。小山さんならこの気持ちをわかってくださると思い、メールを送らさせていただきました。
ライブでも美しいうなじを、お目にかかる、れることを楽しみにしています。

加藤 なんだそのメールw 嬉しいけど、なんでそれチョイスしたんだよ。うなじ?

小山 なんだろこれ。うなじ。

加藤 うなじ~~。どうっすかねぇ、そんなに自覚ないけどなぁ。

小山 でもだから、激しい動悸をしてるから~、

加藤 いや~、俺自分のうなじ好きじゃないなぁ。

小山 あそう!?

加藤 うん。

小山 自分のさぁ、身体でさぁ、まよくあるよアイドル誌でも。どこが好きですか。なんて言うんすが。

加藤 えぇ~困るめっちゃ困る。俺別に自分の、身体全然好きじゃない、からぁ、

小山 いやなんかチャームポイント、とか言われるじゃん。

加藤 うん。

小山 どうすんの?俺は、今まで、一重ですって言ってたのに二重んなっちゃったからぁ、

加藤 二重んなっちゃったw

小山 そうそうそうそうw

加藤 (笑) てい、ちゃんと言っとくと、整形じゃないんだよね?w

小山 そうなのw

加藤 (笑)

小山 この歳でさすがに整形しないよね。

2人 (笑)

小山 うん。

加藤 ほんとすごいふ、ふ、

小山 すごいしょ。

加藤 ね。なんなんだろ。

小山 わかんない。やっぱ年かなぁ~。

加藤 w 皺なんだろうな。

小山 皺なんだろうな。

加藤 (爆笑)

小山 皺が目に入ってんだな。うん。

加藤 ちゃんとやんなきゃね、ケアをね。

小山 そうだよ~美的は大事だよ。

加藤 なんだろう俺、

小山 どうっすか?好きなとこ。

加藤 首とかって言ってる。首長いからぁ。そうだから先週の話じゃないけど、やっぱ、逆にこう、昔は嫌いだったけど今とかはもう声とか言うけどね。

小山 うん。

加藤 人と違うから、

小山 そうだねシゲの声はもうシゲの声として、

加藤 なんかこないだだから、(小山 うん。)声でバレるって言われたの。

小山 う~~ん!

加藤 お店行ってたら。加藤さん、って俺気づかれないみたいな話になって、その先週のさわやかハンバーグじゃないけど、

小山 うん。

加藤 顔では気づかない。っていうか多分テレビと違う、って思ってんのかもしんないけど、声でバレるっていう。

小山 シゲの声はすげえ、特徴的だよ。

加藤 うん。 (笑)

小山 特徴的だし、だから手越も声でバレるよ。

加藤 これ手越は単純に声がでかいよね。

小山 でかいしー、ほんとだからそれこそ、

加藤 あと声独特のほら、フレーズ好きじゃんあの人。ポーポーとかさ。すばら。とかすぐ言うじゃん。

小山 いやマジほんっとだからさわやかハンバーグは創業39年ですよ。だから大きい声でねぇ、言ってましたよ。サンキューー!!って。

加藤 (笑)

小山 もうほんとに困りましたね私は。

加藤 ジャングルポケットじゃん。

小山 も~~、困った。心から困った。

加藤 ジャングルポケットじゃねえ。パンサーか。

小山 パンサーだよ。

加藤 うん。

小山 サンキューをねぇ。爽やかにねぇ、言ってましたねぇ。

小山 言ってました?

小山 はい。そして、えー、突然ですが、私は加藤さんのことを、よく知りません。

加藤 あれ。

小山 ごめんなさい。ですが!

加藤 うん。

小山 先日加藤さんの夢を見ました。夢では加藤さんと、恋人という設定でした。

加藤 お。

小山 色気漂うワイルドな加藤さんでした。

加藤 うん。

小山 それからテレビで加藤さんを拝見する度に、思い出し、ドキドキしています。

加藤 うん。

小山 これは加藤さんに恋しているのでしょうか。

加藤 そうだね。(かっこいい)

小山 加藤さんを、好きになっても、いいですか。

加藤 いいよ。(かっこいい)

小山 今夜も、加藤さんと夢で会うことが出来るように、ドキドキするような一言を、よろしくお願いします。

加藤 ……戦力外通告。(かっこいい)

2人 (笑)

小山 やめとけよ。

加藤 (笑)

小山 先週聴いてる人わかる。

加藤 (笑)

小山 やめておけ。

加藤 戦力外通告って言いたいんだよ。

小山 言いたいんだよね。言いたい。

加藤 いや嬉しいですよ。ありがとうございます。

小山 いやでもそういうのあんだろうな?全然意識してないしー、

加藤 いやわかるしょ?そういう、昔若いときとかね、芸能人の人見て。

小山 あるあるあるある。

加藤 ちょっと急に、気になったりとかさ。

小山 そうそうそうそう。なんか、加藤さんを好きになってもいいですかってよくない?

加藤 いいね。

小山 うん。

加藤 嬉しい。

小山 嬉しいよね。このなんか、

加藤 あんまり知らない、んだね。でも。知って?シゲ、シゲを。

小山 (笑) や、だからぁ、知らざるを得ない、状況になってしまったんだよこれで。

加藤 う~ん。

小山 ドキドキしてるからぁ、もしかしたら、違うメンバーを応援してた可能性もあるよね?

加藤 そうだよね。夢見て変わったってこと?

小山 うん。

加藤 はえ~~。

小山 そうだなぁ~。

加藤そればっかりは俺の努力でなんにもならないね。なんか。

小山 (笑) でもほら、ライブには、来て、くださってるようですから。

加藤 あそうですか。

小山 はい。

加藤 他のメンバーのファンだったのかなww

小山 いやだ、だと思うけどぉ、

加藤 いや小山さんのファンなんじゃないのこのラジオ聴いてるぐらいだったら。

小山 いやいやいや僕のぉ、

加藤 感じじゃない?

小山 感じじゃ、ミナマウス。まっすーじゃない?ミナ、マウス。

加藤 いやw わかんないけどw へぇ~。嬉しいっすね。嬉しいっす。

小山 ヒントねえかなぁ。なんかいろんな、個人情報にヒントねえかな。

加藤 (笑) メールアドレス見るなって。

小山 アドレス見てます今。はい。うわぁ~、ないなぁ。

加藤 ヒントない?ノーヒント?

小山 ノーヒント。そういうの出るよねぇ。

加藤 うん。

小山 アドレスには。

加藤 嬉しいっすけどね。

小山 嬉しいっすけどね?続きまして。先日、ジェネレーションギャップを感じる出来事がありました。それはバイト先の2歳年下の子と話していたときのことなんですが、その子にテレホンカードは見たことがないと言われました。

加藤 あぁ。

小山 私は小学生の頃、親への連絡用としていつも、ランドセルにテレホンカードを入れていたので、びっくりしてしまい、2歳差ながら、これも、ジェネレーションギャップなのかなと思いました。お二人は、ジェネレーションギャップを感じたことはありますか良かったら教えてください。……テレホンカーード使ってたっしょ?

加藤 使ってたっしょ。

小山 俺も使ってた。

加藤 使ってたよ。だから知ってるよ。でも俺あれ知らないの。ポケベル。

小山 俺もだからピッチからだからなぁ。

加藤 ないしょ。だからポケベル世代、って多分すごい短いんだけどー、

小山 うん。

加藤 ポケベル世代のポケベルの好きすぎ、好きすぎ感。

小山 うん。ポケベルのw ポケベルのポで、よだれ垂らすのw

加藤 (笑)

2人 (笑)

小山 まぁいいけど。うん。

加藤 まぁw ポケベルの世代の人ってポケベルの話すげえ好きなんだよね。

小山 そうだね。

加藤 でもわかんないじゃん。そもそも

小山 番号で言っても、つうじるわけだからね?

加藤 あだからそもそも、(小山 うん。)そのポケベル世代はテレホンカードがさ、好きじゃん。

小山 そうだね。

加藤 もれなく。

小山 もれなくね。うん。あるなそれはな。

加藤 だよね。あれ、ポケベルでも、テレホンカードってやるよね。

小山 じゃないとだって、

加藤 10円入れてくことになるもんね。

小山 すぐ、終わっちゃうわけでしょ?あとなんかあるかね、ジェネレーションギャップ。

加藤 アニメとか?

小山 アニメねぇ~。だからそれこそさ、わかんないけど例えば僕ら今回Brightestって曲でさ、

加藤 あぁ、あぁあぁあぁ。うんうん。

小山 提供していただいてさ、(加藤 うん。)m-floの、Takuさんと、LISAさんがね?あの~一緒につくってくれたっていうので、まぁ僕ら世代だから、すごいなLISAさんが。

加藤 う~ん。

小山 と思うんだけどもしかしたら、m-flo、は知ってても、そのLISAさんとか、

加藤 僕たちほど温度がないかもしんないよね。

小山 そうそう。

加藤 俺と小山さんなんてもう、車ん中で何度見たか。

小山 そうそうそうそうそう。

加藤 ゲットンゲトンゲットンゲトン。

小山 そうそうそうそうw

加藤 擦切れるぐらいとはあのことだよねほんと。

小山 そう。だから結構、うちらがさぁ、まぁ、もちろんライブでもさ、やらしていただいてるわけですけれども。まどれだけの方にこれが伝わるかなってことも思いながら、さらにまぁ僕らのパフォーマンスで好きになってもらえたらいいなって一番なんだけど。

加藤 そうだね。それできっかけにm-floもう一回好きになってもらえたりとかしたら最高だよね。

小山 そうそうそうそうそう。だから今回の、なんかそのナレーション部分とかね、

加藤 うん。

小山 あの~、部分は結構、Takuさんがやってくれてたりするんだよねぇ~。m-floを知ってると、より今回の、NEVERLAND楽しましか(?)みたいなのは。でもこれもジェネレーション、だからほら最近まっすーがさぁ、なんかニュース見て言ってたじゃないその、松田聖子さんの、

加藤 うん。

小山 娘さんが沙也加さんってことを今の人たちは知らないとかね。

加藤 なるほどね。

小山 ジェネレーションギャップ。

加藤 いやでもそういうのもだからもう、こっちも努力しなきゃ若い子たちのさ、JK、JCが今何が好きかっていうか。……何が好きなんだろ。

小山 なんすか。JCが。もうここ駄目だな。もう。

加藤 (笑)

小山 年齢層が上すぎる。

加藤 (笑) 今何?

小山 あっ、それなんだっけ。

加藤 見して見して。

小山 これなんだっけ。

加藤 卍?

小山 卍ってなんだっけ。

加藤 マジのことマジ卍。 (笑)

小山 卍っつうのね。

加藤 なんなら、マ!だったじゃん。

小山 あっ、そうだそうそうw

加藤 (笑) 俺ら。

小山 そうだそうだ。卍か~。いやだからもうちょっっといよいよわからん、くなってきたな俺。

加藤 何が流行ってんだろねもうアプリとかもさぁ、

小山 うん。

加藤 全然違うだろうし。

小山 そうねぇ。そういうのもしなきゃいけなくなるなぁ。

加藤 う~ん。やっぱ漫画とかう~ん。

小山 ではここで一曲いきましょう、NEWSで、「Brightest」。

♪Brightest


■エンディング

小山 さぁエンディングですけれどもー、私は今年で、高校1年生になりました。

加藤 うん。

小山 しかし、全く、女子高校生のノリについていけません。

加藤 ほう。

小山 自撮り、変顔、流行り言葉など、どれも私には理解できません。やろうよ、と言われたとき、私はいいやと断って、しまいます。周りの雰囲気を壊しているのではないか、そのままでいいのかと不安になります。どうすればいいでしょうか。

加藤 あ~、俺もそういうとこあったなぁ、高校んとき。やなんかみんなが好きなものは嫌だっていう時期あった。でもねぇ~、あとあと振り返ってみると、

小山 うん。

加藤 やっときゃよかったな~って思う。

小山 (笑) え、なんだろ、なんかきっかけだもんね。

加藤 うん。

小山 要は。仲良くなるきっかけだったりさ。

加藤 とかさぁあと照れもあるじゃん。

小山 うん。

加藤 なんか、ほんと俺所謂さ、文化祭とかでさ、ちゃんとやって男子って言われるタイプだったわけ。

小山 あ~。

加藤 そんな面倒くさいしって思ってたんだけど、今振り返ったらね、全力でやっとけばよかったなって思う。楽しかっただろうな~って。

小山 そのときしか出来ないしねぇ~。文化祭ってほんと楽しかっただろうね。

加藤 楽しかっただろうねぇ~。

小山 楽しかっただろうねぇ~もっと参加すれば良かったわ~。

加藤 ほんとそういう、学校行事とかぁ、

小山 うん。

加藤 もっとやっときゃ良かったな~ってほんと思うよ。

小山 ひとまずやってみてー、違ければ違うでいいんじゃない?

加藤 うん。

小山 う~ん。

加藤 俺だから、GWとかにさぁ、もう、毎年、その地方に、中高大、俺一貫だからさぁ、おんなじし、仲間といたわけよ。中学校から大学まで。

小山 うん。

加藤 で、まぁずーっとおんなじ連れだったんだけど、まぁ、大人んなって就職して、神戸とかに転勤になった奴がいて。

小山 うん。

加藤 だからGW、まぁ盆正月だけ帰ってくるから、逆にそのきっかけで、必ず年3回は集まるの。

小山 うんうんうん。

加藤 6人ぐらいの、仲間で。

小山 うん。

加藤 やっぱね、毎っ回おんなじ話してんの。毎っ回昔話すんの。

小山 あっそう。

加藤 だからそんときに、共有できてる思い出が、ないときもあんのね俺。仕事してたから。

小山 あぁ~、うん。

加藤 そう思うとぉ、なんかねぇ、あとあと、話すから。

小山 そうかぁ。

加藤 なるべく思い出は多いほうが楽しい。と思う。

小山 そうだねぇだからあれやっといたほうがいいんだなぁ。

加藤 小山さんだって高校の友達とかいないっしょ。

小山 全っ然いない。

加藤 大学の、タッキーだけでしょ?

小山 そうそうそうw

加藤 (笑)

小山 タッキーぐらいだねぇあとタッキーとまぁ中学校の友達は2人いる。

加藤 あぁそう。会う?

小山 連絡取るよね。会うってなったら難しいわぁ。野球部の監督やっちゃってるからそいつ~。

加藤 あそうなんだw

小山 う~ん。だから、イチイさんもね?そういうの聞くと、まぁあとあと大人になったときにね、

加藤 あと写真はいいよ。撮っといた方が。

小山 あ~とっといた方がね。

加藤 自撮りしときな?あの昔の、古~い俺、プリクラとか、

小山 うんw 取ってるよねw

加藤 撮ってたじゃん。

小山 うんw

加藤 やっぱその、それって友達のを見ても盛り上がるわけ。もう、俺らぐらいのときって、みんな大体ギャル男とかいた、じゃん。

小山 うん。

加藤 ギャル男通(とお)ってんだよね。

小山 あとそのプリクラ帳みたいのとかね。

加藤 あぁそうそうそう。

小山 みんな持ってたもんね。うん。

加藤 それを、なんかこないだ撮って、友達が見せてくれて、うわ超ギャルじゃんみたいな。今は美容師の店長とかで、まぁ割とイケメンなんだけど、もう昔めっちゃダサい髪の毛してるわけ。それとかの、なんかふた、夫婦、今は夫婦だけど、当時カップルだったときの、プリクラとか。

小山 うん。

加藤 でそれで、俺も、調べて、小山さんと沖縄で撮ったプリクラww

2人 (笑)

小山 あった?

加藤 あったよ。

小山 あった?

加藤 ギャル男。

小山 すごいね。

加藤 もう、超うけるなと思って。

小山 昔のケータイとかをだから、一回、もう一回さぁ、

加藤 うん。

小山 充電して開いたら、出てくんだろうねぇ。

加藤 やばいよねぇ。でも面白いよ。だから撮っといた方がいい写真は。

小山 そうねぇ。

加藤 やっぱり。

小山 だってイチイさん。明日からめっちゃ撮ってくれたらいいなぁ。

加藤 今はやな思い出でもさぁ、

小山 そうね。

加藤 いい思い出になるんじゃなーい?時間経つと。

小山 さぁ番組では(略)。お知らせです、えー次は和歌山。初めてですね~(加藤 うん。)和歌山で、やりますんでー是非とも、来る方は楽しみにしてください!お相手は小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでしたぁ。

小山 ばいばい!



■コヤシゲ週がまたあっという間に終わってしまった……!

私も学校行事とか全然参加してないタイプだったなぁ。加藤さんを好きになってもいいですか。に対してのいいよ、がイケメンすぎて惚れた。




 

170509 KちゃんNEWS(加藤)




■KちゃんNEWS

2017年5月9日

 

 

■オープニング


小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、GWも終わってしまいましたが~、この方来てくれましたゲストはシゲちゃんです!

加藤 はいどうも~~久しぶりな感じがするね。

小山 はいどーも。そうね。まぁ久々かもしれませんが、まぁライブツアー中だからね。メンバー間は。

加藤 会いますね。

小山 会いますね~~。

加藤 うん。

小山 いやだからそれこそ静岡公演があって、まぁ私誕生日があったから、

加藤 おめでとうございます。

小山 あぁありがとうございます。あの~、1公演目と、(加藤 うん。)2公演目があってね、こう1公演目のMCで、僕ちょっとざわ、ざわざわというかそわそわしてたんですなんかやってくれるんじゃないか。

加藤 あー明日誕生日だから、っていう話になって、(小山 そうそうそう。)じゃ小山さん、1人で、ブルゾンちえみやって、(小山そうそうそう。)33歳に繋げてみたいな。

小山 そう。

加藤 くだりになったの。

小山 そうそうそう。

加藤 で小山さんを、ちょっと前に出したわけですよ。

小山 うん。

加藤 ステージのね。

小山 うん。うん。

加藤 まぁそしたらやっぱ当然俺らはけるっていう流れになって、ただただはけたんだけど、小山さんは何を思ったかケーキが出てくると、想像してしまい、

小山 (笑)

加藤 ただただ俺はw 悪戯w 俺は悪戯で隠れてんのにw 

小山 3人がね。

加藤 でしばらくして、生身のまま出てきたから、ケーキないんかい!っていうツッコミね。

小山 そうそうそうそうそうそうそうw

加藤 いや笑ったねあれは。

小山 いや、ブルゾンちえみさんを、なんか振りでやらされて、あぁもうなんか、ちょっと空気を持っとこう。(?)

加藤 うん。

小山 で、後ろ振り向かない方がいいんでしょ?なんていって。やりますわなんて俺がやってって前歩いてって後ろ振り向かなかったの。

加藤 うん。

小山 で後ろ振り向いたら、あもう、案の定3人いないわけ。やってくれたなと。

加藤 (笑)

小山 あぁこれはなるほどと。

加藤 ケーキの流れだと。

小山 うん!Happy Birthdayかかり出すかなと思ったら、3人生身で出てきてね。

加藤 うん。なんにも。

小山 ないんかいと。 (笑) 

加藤 ないんかい。俺らはそんなこと全く考えてないから、普通にただただ悪戯心だったんだけど、(小山 そうそうそう。)小山さんの、勝手な妄想はね。

小山 (笑)

加藤 いや面白かったっすよ。ただ、ま2公演目には用意してたんすよ。

小山 そうそうそう。

加藤 だってそれはそうじゃない。

小山 うん。次の日だからねる

加藤 ケーキだって。しかも……その、ケーキ何回も出してもね同じくだりやってもしょうがないから3公演のうち一回よ。やっても。

小山 うん。

加藤 え、普通にそう思うと思うんだけど小山さんなんか自分から、勝手に想像して、勝手に振りつくって、

小山 (爆笑)

加藤 (笑) 自分で掘った落とし穴に落ちる人みたいな。

2人 (笑) 

小山 馬鹿だねぇ。

加藤 馬鹿だったねぇ。

小山 ほんっとそこなのにねぇ。

加藤 で2日目でも、その、くだりを知ってる、から、

小山 そうね。

加藤 で、てか、俺がやったのよ。あの~、ケーキの準備とあの~、どんなケーキにしますとか(小山 マジで?)盆栽とか。

小山 マジで?優しさだね。

加藤 盆栽のケーキだったでしょ?

小山 うん。

加藤 2公演目出てきたのが。

小山 うん。

加藤 だから、テゴマスには言ってなくて、その、間に言ったの。ケーキ用意してるからって。言って、やってたの。で、案の定だからそうその流れをもう忘れてるからさ、逆に全くさ、自分の誕生日に触れないわけ。なんか。NEWS今年15周年だよね、いやそんなことよりよ。

小山 (笑)

加藤 あなたの誕生日もうケーキこ、もう今回はあるのにみたいた、大幅にMCさぁ、オーバーしたでしょ?だからなかなかその話いかないから、(小山 違うなんかね、)強引に俺、ケーキの話にしたの。

小山 なんかね、予防線かな。傷つきたくなかったんだ。

加藤 (爆笑)

小山 (爆笑)

加藤 傷つきたくない?

小山 そうそう、

加藤 もう同じ、

小山 もうw

加藤 悲しみたくない。

小山 もうケーキなんて言って、ほんとに2公演目でない場合、傷つくから。もう俺は誕生日に触れない。だからメンバーも、なんかケーキないから、触れると、ちょっと自分らも、ちょっとこう気まずくなっちゃうかなみたいな感じで、あ触れない感じでいくのかなと思ったら、シゲがなんか誕生日の話しだして。

加藤 そうそう。だからお祝いやろうよ15周年、て言って、いや、祝うんなら、あなたの誕生日でしょ明日の。って言った瞬間にいいタイミングでスタッフがね。

小山 いいねぇ。

加藤 Happy Birthday流してくれて、

小山 そうそうそうそうそう。そうあのあとみんなで分けて美味しくいただきましたんでね。ありがとうございますほんとに。

加藤 いやさわやかハンバーグも行ったんだ俺。

小山 それこそね?だから静岡の、1日目の夜に、俺と手越でさわやかハンバーグに、

加藤 まファミレスみたいなね。

小山 行ったんですよ。

加藤 うん。

小山 でまぁ美味しかったしー、なんかいろんな話MCでして。でシゲも行ってくれ、ばいいのにと思ってたらいや行こうかなって思ってるんだって話だったじゃない。

加藤 うん。

小山 で結局行ったんでしょ?

加藤 行った。だから、車で行ったからね俺ら静岡まで。

小山 うん。

加藤 で、マネージャーと2人で……なんかね、マネージャーもね、食べたそうだったのよ。

小山 (笑)

加藤 ちょっと俺がさわやかハンバーグ行こうって言う待ちみたいなちょっと顔してたから、しょうがねえなみたいな。

小山 (笑)

加藤 で、でも一番近いところさすがに多分、MCでも喋ったから、でちょっと寄ったんだよね。そしたらもうね、みんな青いパーカー着てて、

小山 (笑)

加藤 やべえなと思って、

小山 ファンの方がたくさん、

加藤 そう。帰り道の、ちょっと離れたとこの、わざわざ一回高速降りて。

小山 うん。

加藤 行ったんだけど、で降りた瞬間そこはいなかったんだけど一人だけいたの白いパーカー、

小山 おぉ!

加藤 全然NEWS関係ない青いパーカー。

2人 (爆笑)

小山 青なだけ?

加藤 うん。それもさぁ、なかなかドラマがあって、なんかま入って一番角が空いててたまたま。でまぁほんとに普通のおじさまたちがいっぱいいたりとか家族連れとかがいて、まぁ当然美味しかったんだけど、隣のね?席が空いたわけ。そしたら多分静岡に住んでる人なんだろうね。そのエコパまで多分、くるまでいってんだよ。だから、に、ふた組ぐらい、ほんとにファンの方が来たの。

小山 あっ、来たんだ。

加藤 うん。

小山 へぇ~。

加藤 そしたら店員さんがぱーってきて、あ、隣の席は、あの空けておきますんで、って言われて。

小山 おおw

加藤 お、お姉さまに。

小山 うんうん。

加藤 あっ、気づいてたんだと。

小山 うん。

加藤 全然そんな、普通に、対応してくれてたから、(小山 うん。)あれ割とサービスでやってくれるじゃん。

小山 そうね。

加藤 切ってくれたりとか。

小山 ぐって押しつけてくれたりとかね?

加藤 とかするから、すっごいホスピタリティで、あすごい気づかれてたんだっていう。

小山 うん。

加藤 で思ったわけ。多分だけど、前日に、小山と手越が、来たっていうのは、もうさわやかハンバーグで多分シェアされたねあれは。

小山 (笑) 冗談w

加藤 で今度加藤来たでおいと。

小山 (笑)

加藤 ちょっと離れたとこだけど来たでおいと。

小山 うん。うん。

加藤 でw 多分その情報教諭があってw

小山 そうね。

加藤 もうすごかったもんもう最後に、ソース選べるじゃん。

小山 うん。

加藤 で2つとも頼んだわけ。

小山 オニオンかね。うん。

加藤 か、デミグラスか。どっちのソースが美味しかったですか!?みたいな。 (笑)

小山 (笑)

加藤すいません、っつって。ありがとうございま
ーっつって。どっちも美味しかったです~みたいな。いや、すごいんだよほんとに。

小山 あ、親切なんだよね。

加藤 すげえ親切。

小山 そう。

加藤 うん。

小山 いい距離感でいてくれてさ。俺らが俺と手越、俺と手越はもうずっとだって、なんなら青いパーカーで言ってるから。

加藤 そうだね。

小山 背中にNEWSって書いてある。

加藤 (笑)

小山 フード被ってマスクしてさ、変装してるのに背中にNEWSって書いてあるからさ。ややこしいんだけど。いや~でもねぇ、やっぱこう静岡行って、え一回食べてみたかったのよ。

加藤 うん食べてみたかったね。美味しかった。

小山 ね。だから、うん。

加藤 うん。2人で向かい合ってハンバーグ食ってるとかww

小山 でなんか写真くれたじゃん。あの~、跳ねないようなやつ。

加藤 うん。

小山 あのスタイルになっちゃうしょ?

加藤 最初に、MCで出した、そのハンバーグの、写真が、こう、跳ねるから、油で。

小山 うん。

加藤 最初こう紙でね、かからないように、こう盾をつくるわけよ。油羽の。それを、2人がやってる絵だったわけ。

小山 俺と手越がね。

加藤 もう完全にその写真は、婚姻届な写真のわけ。結婚しますっていうパターンの、撮影の仕方でw

2人 (笑)

小山 いやよかったよほんとに。何かね、さわなかハンバーグさんから何かお仕事来たら面白いのにね。

加藤 (笑)

小山 そのときはチーフ受けてください。お願いします。

加藤 なんでその、限定的な。いや面白かったよ。

小山 (笑) さぁそれでは一曲いきましょう、NEWSで「Wake Up」。

♪Wake Up


ふつおた

小山 はい、ふつおた読んでいきましょう~まずは、突然ですがお二人に質問があります。私は自分の声が嫌いです。

加藤 おぉ。

小山 声質とかもそうだけど、ビデオなどで改めて自分の声を聴くと、想像以上に低くてがっかりします。ラジオや歌のお仕事をしているお二人は自分の声のことをどう思いますか。またNEWSやジャニーズ内で、入れ替われるなら誰の声になってみたいですか。……なんかそういう経験ある?その声聞いたときにさぁ、

加藤 でも全員あるよね。多分、例えばカセットテープに録音した声が、想像と違うっていう。

小山 あるわぁ。

加藤 もうさぁ、この仕事してると自分の声を普通に聴くから、最早何の違和感もないけどー、

小山 そうね。普通に生活してたらそうだよね。

加藤 どうなの小山さん、俺はだから、なんかあの~、歌ったとき声がやっぱちょっと独特だったから、ハスキーとかも、若いときから言われてたし、

小山 うん。

加藤 あんまりなんか、それはそれで好きなんだけど、ジャニーズには向いてないな、って思ってたずっと。

小山 うん。

加藤 だけど、まぁ。なんかもう長いこといるとそんなことも考えなくなるし、

小山 うん。うん。

加藤 まぁそれはそれで、人と違うっていうのは、短所であれば長所にもなる(小山 うん。)っていうところもあるじゃないすか。だから小山さんは、どうなの?

小山 声質はだから、俺はキャスターやりだしてからは、(加藤 うん。)ちょっと変えるじゃない。なんかこう~、丸みがあるものから、ちょっと角が出るような喋り方っていう、

加藤 そうなんだ。ちょっと輪郭をはっきりさせるんだ。

小山 そうそうそう。そう、する、と、まぁ、なんか声質云々っていうよりどうやったら聞こえやすいか、みたいな方で、

加藤 うん。

小山 まぁシゲも言ったように、俺とかシゲはもう自分の声聴き慣れちゃってるから、違和感がないじゃない。ただ普通~に生活してて例えばじゃあ、なんかカラオケ動画で撮ってたとかさ。

加藤 うんうんうん。

小山 歌声聴くとかさ。

加藤 うん。

小山 で例えばそのビデオ撮ってて声聴くっていうときには、思ったよりっていうのあるだろうねぇ。

加藤 あるだろうねぇ。

小山 う~ん。

加藤 レコーディングしててもやっぱり最初から納得できる歌声になるってのはなかなかないしぃ、

小山 そうね。

加藤 ねぇ~。

小山 どう?ジャニーズ内で入れ替わる。この人の声いいなぁ。

加藤 ……ええ~?でもねぇ~……い~やぁ、みん、もちろんその先輩方は、

小山 もちろんのことね?

加藤 もちろんのことだけどねぇ。誰かなぁ。

小山 誰かいるかなぁ。

加藤 なんか全然真逆、っていう理由でいくとやっぱ二宮くんとかぁ。

小山 あ~~、そうだねぇ。

加藤 二宮くんの声とかいいかなぁ。

小山 素敵だよね、歌声含めね。

加藤 うん。

小山 確かにそうかもしんない。

加藤 誰?

小山 俺誰だろうなぁ。どっちかっていうと俺ワイルド系、(加藤 あぁ。)みたいな方じゃないからぁ、

加藤 逆に長瀬くんとか?

小山 そうそうそう。長瀬くんとか、は、そうね。

加藤 でもあの、東山さんの声もいいよね。

小山 あっ、

加藤 俺だから、バースデイもすげえ好きなの。

小山 うわ、かっこいい。あぁ、あの~、やっぱり、舞台でさぁ、喉鳴らしてきてさぁ、そこがもうなんか、

加藤 身体から鳴ってる感じね。

小山 音、もう身体が鳴ってる声してるもんね。

加藤 うん。戦力外通告。みたいなw

2人 (爆笑)

小山 何回も言ってきたもんね。

加藤 わかるしょ。

小山 うんわかる。

加藤 (笑) なんか戦力外通告って言ってるイメージあるわ。

小山 戦力外通告。あ~。

加藤 (笑)

小山 くるなぁ~。

加藤 Show must go on.

小山 いやいやそれは光一くんw

加藤 (笑)

小山 変わってきてんじゃん。いやそうだなぁ~。

加藤 うん。

小山 それ東山さん出されたら東山さん、そりゃそうだわ。

加藤 あの年齢で、あんなに綺麗な声をずっと維持してるっていうのはやっぱすごいよね。

小山 やっぱ舞台やってて発声とかすごい意識されてるんだろうね。

加藤 う~ん。

小山 そう思ったら坂本くんとかもそうだよね。

加藤 そうだね?

小山 舞台発声っていうのはやっぱちょっと独特だよね。

加藤 若い子はいる?自分より後輩。

小山 後輩で?

加藤 俺わっかんねえなぁ自分で言ったけどー、あんまわかんねえなぁ。

小山 後輩で?……でも健人とかの歌声とかも甘いよね。

加藤 あぁ甘いね。

小山 甘い……あの~、CMでさぁ、雪だるまつくろうみたいなやつ……歌ってるとき、可愛いなと思った声が。あと誰だ。

加藤 へぇ~。

小山 最近ほれ静岡だったら松島くんが見にきてくれたじゃない。

加藤 うん。

小山 松島くんとかもこうなんか、ピュアな声してるね。

加藤 ピュアな声してるね。

小山 うん。

加藤 でもなんか、大人んなった~と思うわ。

小山 あぁ~。うんうん。

加藤 今日も、アイドル誌の撮影だったんだけど、表紙がSexy Zoneで、まぁ松島もそうなんだけど、もうマリウスとか、(小山 うん。)なんか。敬語使っちゃうよね、会ったら。

小山 (笑)

加藤 もうあんなに仕上がったらw

小山 あぁ。

加藤 (笑)

小山 仕上がってる。

加藤 17歳!?っつって。

小山 うん。

加藤 マジかよマジオランジーナ?と思って。

小山 (笑)

加藤 マジオランジーナじゃ~んて、思った。

小山 そうだな。

加藤 (笑)

小山 まさにそうだな。

加藤 うん。いやいいよ。

小山 いや~、Sexy Zone……、

加藤 後輩も増えてきちゃってさ。

小山 後輩も増えてきたねぇ。

加藤 だからさぁ、(小山 う~ん。)そうマリウスの話になって、2000年生まれなんだって。こないだじゃない!?w

小山 マジ?えっ、じゃあ2020年東京オリンピックのときに二十歳なの?

加藤 そうだね。

小山 すごいね。そう思ったら。

加藤 2000年って俺もうジャニーズだったよ。99年だから。

小山 マジか……。

加藤 マジかだよ。マリウスマジかだよ。

小山 マリウスまじかだな。

加藤 うん。

小山 いや~~~、

加藤 いや~そうよ。

小山 ねぇ~。

加藤 後輩たちもたくさん増えてきてね。

小山 ねぇ~。頑張りましょうね私たちもね。

加藤 ねぇ~。うん。

小山 では一曲いきましょうNEWSで、「U R not alone」。

♪U R not alone


■エンディング

(BGM : 背中越しのチャンス)

加藤 のりさんドラマ出てんだよね~、なんかね~。

小山 そうだよ。のりさんはぁ、亀梨くんと山Pのドラマに出てんだよねぇ。

加藤 見てたらさぁ、のりさんじゃん!っつって。1話見てたらさぁ、全然喋んねえののりさん。

小山 (笑)

加藤 台詞もらえないのかなのりさん。

小山 なんかねぇ、僕俳優なったんで、みたいな感じで来たよね一回のりさんねぇ。

加藤 喋ってたのかな。俺は1話見てて、気づかなかったけど。喋ってた?……1話なかったよね。

小山 あ1話なかったんだ。

加藤 2話ぐらいから、ちょっと喋ってた。なんすか?盛り上げ役みたいな。

小山 まさかのドラマですよ。

加藤 もうちょっと個性出してほしいなのりさん。暴れてほしいな!かき乱してほしい。

小山 いやいやいやw いや台本あるからな。

加藤 (笑)

小山 限界あるよな。はい、えー私は春から高校生になったんですが、同じ学生の人が、500人くらいいて、全員の名前を覚えることができません。名前を早く覚える方法はありますか。またNEWSの皆さんは先輩や後輩の名前を覚えるときにどうやって覚えましたか。

加藤 先輩や後輩は別に覚え……(小山 それはもうね。)ってか覚えられない、後輩はいるよね、でもね。

小山 いやだからジャニーズJr.までいっちゃったら、

加藤 うん。ちょっと難しいね。

小山 いやちょっと、正直、申し訳ないけど、難しいところは出てくる。

加藤 うん。

小山 いやみやこと、見たことあるよってことはあるけど、

加藤 まそれはね。

小山 フルネームとか言われちゃうとね。

加藤 うん。

小山 いやでも俺らも多分そうだったと思うんだよね昔はね。

加藤 そうだね。うん。名前どうしてる?

小山 名前はねぇ、

加藤 小山さんって名前、忘れるイメージあるわ。

小山 俺は、

加藤 覚えないよね最初からあんまり。

小山 でも聞いて、(加藤 うん。)すぐメモる。

加藤 あ偉いね。

小山 ケータイに。あと特徴と。例えばガイさんだったら、今日だったらニット、眼鏡、ガイさんとか入れとくわけ。

加藤 あぁあぁあぁあぁ。

小山 じゃないと覚えられないから。

加藤 連絡先交換するぐらいだったらそうだけどぉ。

小山 そうだねぇ~。

加藤 だから静岡でスタッフと飲んだりしたじゃん。

小山 うん。

加藤 とかやっぱ、あんときもさ、いつもいるんだけど名前聞いたことないなぁっていう人とかさぁ。あと一遍に、言われたらさぁ、もう諦めるよね。

小山 そうだなぁ。あのね、すごい、静かめの人がいたわけよその、みんなでスタッフさんと飲みに行ったときに。でしずき、静かめの人が、実は僕加藤さんのソロ曲が好きなんです、って人がいたの。その人の名前、

加藤 あぁそうそう。応援してますって言ったんだ。

小山 応援してますって言ったのか。

加藤 うん。

小山 お名前なんていうんですか?って言ったら加藤ですって。

加藤 (笑) 加藤が加藤を応援してた。

小山 マジか。しかもなんかそういうこと言わなそうな雰囲気の人なのよ。嬉しいよねああいうときね、なんかね。

加藤 システムデザインっつって音の、そのスピーカーの位置とかをやってるすごい大事な、は、初めて話したよね。

小山 そうそう。でそのときは、なんか俺は結構、スタッフさんがいたら、こう席とか移動して、いろいろ話したりいろんな人と話そうと思うんだけど、加藤さんやっぱこう、移動するタイミングを見失う人だから、加藤さんを応援してる加藤さんが、加藤さんの話をしたときに、シゲ来い!と。

加藤 うん。

小山 でシゲ来いつってシゲそこに移動してからその人と話し合って、

加藤 そうそうその、そっち辺とね、いろいろ喋って。

小山 そうそうそう。だからいろんな方と今喋れて。

加藤 いや嬉しかったよ。なんか小山さんのおかげで。

小山 いやいや。こんなにスタッフさんと近いコンサートっていうのは。まぁ前回もそうだったかもしんないけどよりね。

加藤 でもそのときも名前全部わかんなかったから、表で貰う、よ今度。

小山 それいいね。

加藤 うん表にして、っつって。それはそうやってちゃんと頑張って覚えないと、

小山 そうだな。

加藤 申し訳ないんだけどね。

小山 そうだね。

加藤 あとど忘れしたときに、チェックできるっていうのも大事だし。

小山 確かに。

加藤 名前呼ばれるって嬉しいよね。俺さだから、ちょっと話広がっちゃうけど、嫌われる勇気やってて、椎名桔平さんに、シゲアキ、って呼ばれたとき、(小山 うん!)超嬉しかったもんね。

小山 あ~、わかる。うん。

加藤 いやぁ!椎名桔平さんが俺のこと呼んでる!みたいな。キュン!って。

小山 (笑) しかもね、シゲアキ!

加藤 シゲアキ!

小山 キュンってした?

加藤 キュンってした。

小山 (笑)

加藤 シゲアキ。かっけえ!っつって。

小山 いい声で言われたんだ。

加藤 いい声で言われた。

小山 いいなぁ。

加藤 嬉しかったなぁ。

小山 シゲアキ。

加藤 (笑)

小山 えー、では番組では(略)。えーお知らせですが、今週末土日は名古屋で、公演ですねもう半分以上終わりまして。

加藤 そうか。

小山 は~い名古屋も頑張っていきましょう!

加藤 うん。

小山 お相手は小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでしたぁ。

小山 ばいばい!



■1人でそわそわしてる小山さん可愛すぎません?笑 椎名桔平さんにシゲアキって呼ばれてキュンってしちゃう加藤さんもめっちゃ可愛いね?そんな2人にキュンです。

そして突然の背中越しのチャンス!私ものりさんもっと喋ってほしい(笑)




170502 KちゃんNEWS(手越)




■KちゃんNEWS

2017年5月2日

 

 

■オープニング

 

 



小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、GW、真っ只中ということでゲストは、てごにゃんで~す!

手越 どうもぉ、黄金週間でぇす。

小山 どうもw 黄金週間やってまいりましたw

手越 ええ。

小山 ということで、手越さん。私(わたくし)、33歳なりました。

手越 おめでとぉ~~!!(拍手) プレゼントあるんだよぉ〜~!!

小山 どうもぉ!ありがと~う!サンキュー!

手越 こちらでございますぅ〜!!

小山 マジ?あっマジで言ってんの?あっはっは~!

手越 ナイスぅ~!ナイスぅ~!

小山 あらっ。あらっ。

手越 そうなんですよ。

小山 マジで?

手越 はい。

小山 あ〜ありがとう。

手越 おめでとうございますぅ~。

小山 サンキュー!(↑)

手越 33歳。

小山 イエーイ。

手越 あーい、すばらすばら実用的。

小山 オケーイ実用的だね。

手越 実用的。

小山 ありがとうございます。

手越 ええ。

小山 いつもね、えー、こういうのいただいてまして。

手越 はい。

小山 まぁあの、音で、まぁなんかいろいろ想像していただければと思います。

手越 そうですね。いいですね。

小山 はい。

手越 どうなんですか33歳の抱負こう33歳は2年連続のさ、24時間テレビのメインパーソナリティーとかもありますからもう。

小山 そうなんですよ。

手越 どうですか。

小山 や、33歳は、だからその~、ま、いっこね?グループ……を代表してさ、

手越 はいはいはい。

小山 24時間テレビを、に臨むっていうの一つ大きなお仕事いただきましたから、そこでね、ちょっと自分の、あの~良さを出して、いければなという風に、思ってますよ。

手越 なるほどカズヤカメナシ、

小山 はい。

手越 そしてショウサクライと、一緒に、

小山 そうですよ。はい。

手越 ケイイチロウコヤマと。

小山 あの日テレキャスター陣が選ばれたようですよ。

手越 ええ~、why?

小山 w 

手越 俺soccer!

小山 (笑)

手越 ニホン テレビ soccer caster。

小山 (笑)

手越 why? why!?

小山 (笑) この話好きなんだよ俺。

手越 野球の亀梨、サッカーの手越、why?

小山 why?w (笑)

手越 (笑)

小山 俺これ好きだわぁw

手越 チクショー。

小山 う〜ん。

手越 チクショーだな。 (笑)

小山 はい。えー33歳もね?

手越 いやーね。

小山 あのよろしくお願いいたします。

手越 はいおめでとうございます〜。

小山 どうもぉ!ではここで一通読んでいきましょうかねぇ?

手越 いきましょう。(拍手)

小山 千葉県のリンリンリンさん。

手越 リンリンリン。

小山 私は手越くんが

手越 おリンリンリンリンリリン リンリンリンリンリリン

小山 いやいいんだよw

手越 (笑)

小山 いいですか?

手越 ええ。

小山 え〜私は手越くんのことが好きなんですが、

手越 ありがとうリンちゃん。

小山 手越くんの彼女になりたいと(手越 はいわかりました。)思うのではなく

手越 おほほほ!

小山 手越くんの娘になりたいと思っています。

手越 娘!

小山 これって変ですよね?手越くんが大好きです!17歳。娘だって。

手越 17歳。娘?それ娘の場合親子になるわけじゃない。

小山 なるよ、なるよ?

手越 いろいろ大丈夫なのかな。

小山 いやいやw 何を心配してんだよお前。

手越 w 

小山 どこを心配してんだよ。

手越 その法律的なもん、

小山 うるせえ。

手越 大丈夫かがw

小山 喋るなあんまり。うんw 

手越 しん、じゅええ(?)、

小山 やめろ。

手越 そうか。 

小山 でもJK。17歳。JK。

手越 んーっと、待って、娘になれるかどうか、の面接をしに、とりあえず、えっとメールアドレスを……

小山 やめろ!w やめろ、お前、やめろ。

手越 (笑)

小山 17歳!

手越 えっ?

小山 いや〜、

手越 可愛い。娘になりたいんだ。

小山 娘になりたい。

手越 いや〜でもほんと、二十歳とかんなって、あの新歓コンパとか行くとか言いだしたら俺マジほんと着いてくからな。

小山 いやっ、そうでしょ?

手越 リンリンリンちゃんもう心配すぎて。

小山 どうなの自分がさ、パパになってさ、二十歳になった娘、大学に入るとか、

手越 はい。

小山 ちょっと、パパ、あのなんか、サークルの〜お食事会に誘われたからちょっと行ってくる練って言ったらどうなるのそれ。

手越 うんうんうんうんうん。い、いやいやまぁ、しょうがないよ。それは付き合いもあるだろうから。

小山 うんうん。

手越 見るよ。

小山 (笑)

手越 客を装って。

小山 (笑)

手越 それもチャラチャラチャラチャラした男が、よっしゃシャンパンとかテキーラなんていこうぜい!なんて言った瞬間に俺出て行っちゃって全部横から行って飲み干してやる全部飲み干してやるよ。

小山 (笑)

手越 ベロベロんなって娘を連れ帰ってやるよ。

小山 (笑)

手越 そんな奴もうそんな奴は。飲ませねえぞ!俺が全部飲んだるぞぉ言うて。

小山 超盛り上がるからでも。

手越 (笑)

小山 手越来た〜!みたいなね。

手越 (笑)

小山 やーべぇ手越来た〜!ってなるよ。

手越 (笑)

小山 だってその頃手越だから、二十歳の子だと50とかだからね。

手越 そうだよ。

小山 やべえ。

手越 やばいこっちゃやでぇ。

小山 金髪で50だったら、

手越 絶対運動会1位になってやっからな徒競走。

小山 (笑)

手越 パパの部。絶対1位になってやっから、

小山 パパの部?w

手越 任しとけ。1位で、駆け抜けて、娘に、自慢してやるよ。あの1位の金髪私のパパだからと。

小山 (笑)

手越 待っとけ〜い。

小山 うるせえなぁ。

手越 (笑)

小山 ほんとによく喋るな、一曲いきましょう、NEWSで「流れ星」。

手越 おぉお願いしま〜す!

2人 (爆笑)

♪流れ星


ふつおた

小山 さぁふつおた参りましょう〜。

手越 オッケいきましょう〜。

小山 まずは、え〜お二人は、今流行っている、愛してるよゲームを知っていますか。

手越 おおっ?

小山 ルールは、1人は愛してると言い続け、相手はそれに対してもう一回と言い続ける。その過程でどちらかが照れると負けというゲームです。

手越 うん。

小山 是非2人でやっていただきたいですw

手越 うん。……やこれなに、面白いの?これ何歳の子が送ってきてんの?

小山 えっとねぇ、

手越 10代でしょ多分。

小山 17歳。

手越 あーでしょ?だから、高校とかだと盛り上がるけど多分、もう二十歳超えた飲み会でもう盛り上がんないと思うわ。

小山 愛してる。

手越 もいっかい。

小山 愛してる。

手越 もう一回。(やや甘え)

小山 愛してる。

手越 もういっかい♡(甘えた感じ)

小山 馬鹿かお前w

手越 何がw 何がw

小山 なんなんだよ。

手越 何がw

小山 なんなのイラついてくんだよ。

手越 (笑)

小山 なんだ。恥ずかしくねぇ、イラついてくる。うん。

手越 これ男女でやって盛り上がんのかね。

小山 なんだろうねこれね。や、男女だったら盛り上がんじゃない?

手越 かなぁ。いやでももう、わかんない、俺らもう20代後半30代前半でしょ?

小山 うん。

手越 盛り上がるか?

小山 でもこれ男女男女でやってたら、ちょっとなんかキュンキュンしたりするんじゃない?

手越 俺正直ファン以外のタイミングで愛してるっていうタイミングねえもん。

小山 愛してるよぉ〜!愛してるぜぇ〜!ってね。

手越 うん。

小山 すげえなこんな、ってかアユミちゃんはだからもし手越なんかと、愛してるよゲームしたらもう倒れんじゃない?

手越 ね。しよ。

小山 でも愛してるって言われて、もう一回って言う女の子がちょっと照れるんじゃない?

手越 かなぁ。

小山 だって、言われる女の子って照れるでしょ多分。

手越 まぁね。

小山 だからそれをもう一回って言うのが照れんだろうね。

手越 やろうやろう?

小山 やろうやろうw

手越 やろう?

小山 じゃ次いこう。

手越 うん。

小山 えー二十歳のユーミンさん。

手越 ユーミン。はーるよ〜〜♪

小山 やいい!そのユーw

手越 遠きはーるよ〜〜♪

小山 ちょっとお前失礼なモノマネするからそれ。

手越 何がw

小山 なんでこのw 鼻縮め…….ww

手越 違うw 俺剛くんとかもそうだけど、顔つくんないと出来ない人なのよ。

小山 (笑) ちょっとユーミン

手越 真顔で出来ない。

小山 わかるよユーミンさんの特徴わかるけどね?

手越 わかるでしょ?うん。

小山 え〜私は最近人生の4分の1が終わったなぁもっと楽しみたいと考えています。

手越 ほぉ。二十歳で?

小山 なるほどね。人生80年だと。

手越 はぁ。

小山 え〜、人生いつ何があるかわからないし、一度しかないので楽しんだがちだと思うんですが、

手越 おぉいい考えじゃな〜い。

小山 どうしたら楽しめるのかよくわかりません。

手越 ほう。

小山 今でも十分楽しくて幸せなんですが、これから就職活動もあり、不安なこともまくさんあります。

手越 ほう。

小山 手越くんなにか、アドバイスお願いします。どうしたら楽しめるのか。

手越 好きなことを全部やる。やりたいことを全部やる。誰の反対にあっても全部やる。

小山 これでもさぁ、難しいことがさ、まぁそれかなり行動力バイタリティが必要になってくるわけじゃない。

手越 もちろん。

小山 そのなんか体力も使うし、それこそ、まぁ、動かなきゃいけないわけでしょ?

手越 うん。

小山 それは全部やって、手越は動くと。

手越 うん。

小山 やってみると。

手越 うん。やるやるやるやる。失敗したと思ってもやる。

小山 なるほどね。じゃあ、なんか動くというか、今ちょっとぽって浮かんだものは、もうやった方がいいんだ。

手越 絶対やる。例えば今、どこだかに旅行に行きたい。

小山 うん。

手越 したら、オフを探して、一緒に行ける奴を探して、行くよね。

小山 なるほどね。

手越 行く。

小山 じゃあ今なにかしたいってものを、全部叶えてっちゃうんだ。

手越 全部やる。

小山 そうすると、

手越 まスケジュールを見て隙を見つけてやる。

小山 はぁ〜〜。だからそれだよね。なんかスケジュール合ってもさ、行くってなったら結構さ、一回迷うじゃん。

手越 あ~〜、俺迷わねえんだよなぁ。

小山 休みきた、よし行くぞ!いやぁでも家で休んでよう。で結果行けばよかったってなるのそれは確かにね?

手越 だからその場合よし休みきた。

小山 うん。

手越 朝になります、あ今日これ行っちゃおうかな。

小山 うん。

手越 何人か電話しますと。行ける?無理。行ける?無理。行ける?行ける。行くぞと。

小山 うん。

手越 車乗って行くぞと。もう宿探せ!っつってもう行きながら探すもん。

小山 あ〜もうそのまんまもう行くんだね。

手越 うん。行く。

小山 いや〜だからそれがだから多分いいんだ満足度が……あるんだろうね?そうするとね?人生にね?

手越 でも今ね、二十歳でしょ?

小山 うん。

手越 これから例えば、わかんない、結婚する、子供できるっつったらどんどんどんどんさぁ、自由に、あれやっとけばよかった、これやっとけばよかったって絶対出てきちゃうわけよ。

小山 そうね。

手越 制限かかるからさ。

小山 うん。

手越 で今わかんない、彼氏がいるかわかんないけど1人なわけじゃん。

小山 うん。うん。

手越 てことはもう今はなんでも出来るわけよ。

小山 そうね。要はね。

手越 なんでも出来る立場にいるわけよ。

小山 そうね。

手越 でもやっぱ両親とかさ、いろんなこと経験した大人っていうのはさ、あれはやんない方がいいこれやんない方がいいってどんどんどんどん、これやっちゃ駄目あれやっちゃ駄目よ、増やしてくわけよ。

小山 うん。

手越 だからやっぱ二十歳のときなんか、失敗いくらでもしていいじゃん。

小山 うん。

手越 罪を犯さなければ俺何やってもいいと思うのよ。

小山 うん。

手越 極論ね。

小山 うんうんうん。

手越 だから、だったらもう好きなことやって、好きなことやったからこそ、そっから得た失敗を、伝えられる、知識がつくわけじゃん。

小山 そうねぇ〜。

手越 同じことしようとしてる子に、私はこれやったときにこういう失敗したよ、っていうのを、やった奴にしかわかんない今の奴とか大人って、大して自分がやってきてないのにも関わらずあれやっちゃ駄目って結構制すんのよ。

小山 うんうんうん。

手越 拘束しちゃうのよ。

小山 そうね?うん。

手越 それは俺良くないと思うんだよね。

小山 だから確かにやなことやって、失敗して凹むより、好きなことやって失敗した方がまだいいもんね。

手越 俺はそっちの方がいいと思う。

小山 そうだよね。

手越 うん。

小山 それは確かに、仰る通りだわ。

手越 うん。だから、もう二十歳なんて怖いもんないわけだからぁ、もう好きなことやってー、

小山 ねぇー。

手越 もう伸び伸びと、笑って暮らす〜のが一番な年齢だと思うけどねぇ。

小山 そうですって。

手越 うん。

小山 ユーミン!頑張ろう。

手越 いや好きなことやってほしいな〜なんか。

小山 いやぁ〜いいじゃないっすかぁ。

手越 海外行きたいなら海外行けばいいと思うしさ。

小山 いいねぇなんか、

手越 うん。

小山 お悩み相談、いいね。

手越 (笑)

小山 電話、電話とかもいいかもね。たまにはね、電話繋いであげてもいいかもね。

手越 いやだからさ、俺さ、言ったじゃん、一回さ、俺バラされたけどさ、

小山 うん。

手越 なんかウェブで連載がどうのこうのみたいな話〜でさ、バラされたじゃん札幌かなんかで。

小山 (笑)

手越 俺はなし、誰にも話してないのに。

小山 うん。

手越 それもなんか、そういう、きっとなんかその、行き詰まった子とか、いろんな、まぁ男性女性問わず、他のファン、グループのファンも問わず、やっぱこれ、思い切って出来ないなと俺みたいに、好き勝手こうなんだろう。

小山 うん。

手越 楽しそうだ、って思われるじゃん。

小山 うん。

手越 そういう生活できてない人が多分多いんだろうなと思って、少しでもポジティブにして帰してあげたいなってなんかお悩み相談のウェブをやってもいいかなって(小山 めっ)ちょっと思ったところがはず始まりなのよ。

小山 めっちゃいいじゃん。

手越 ってところが若干始まりなの。

小山 しかも、あのウェブも、例えば、ファンの方から、悩みとかを、聞いたりとか、東山さんとかそうしてるから。

手越 あ聞いた聞いた。ウェブの人に聞いたのよそれも。

小山 そうそう。

手越 出来るよ〜って言われて。

小山  やんなよ。

手越 だから今だからその、おぉなるほどなって思ってる段階。

小山 いつからやる?いつから。決めよ。

手越 ちゃうちゃうちゃうw

小山 えーっとほら、いろいろあの〜、

手越 なるほどなって段階なの。

小山 いろいろと立ち上げるの時間かかんのよ。

手越 ああそうなんですか?w

小山 あの、僕も、5月1日から、自分のメンバー愛リニューアルしたわけ。

手越 お〜そうなんすか。

小山 そう。でKEIICHIROってやつに変えて、

手越 ほぉほぉほぉほぉ。

小山 ま不定期なんすけど。

手越 はいはいはい。

小山 だから〜、いろいろと、それも、あの準備するのに一ヶ月以上かかるんすよ。

手越 あ〜なるほどそうなのね?

小山 なんで手越さん今から始めたらいつから出来る?え〜、

手越 w いやいや、

小山 5月だから6月7月だわ7月1日(いっぴ)ぐらいから出来るねこれね。

手越 あーいや違うはいはいはい。

小山 (笑)

手越 はいはいはいはい。

小山 やっぱほら、夏んなると、新生活始めて、ある程度経って、一番こうなんつうの?ま五月病も終わり〜、(手越 あぁまぁまぁまぁ。)ちょっとまた夏ちょっと暑くなってきた、なんかどうしようかな、8月からやりましょう!

手越 (笑)

小山 (笑)

手越 決めるんじゃないよ!いやでもほんとね、後輩へのさ、それこそ例えば最近後輩との繋がりも出来てきてさ、例えば歌教えたりとか、曲提供してあげたりとかさ、特に俺、異端児〜の生活をしてきてるから、ジャニーズ事務所ん中のアイドルとしても。

小山 うん。

手越 だから、いろんなこれはオッケー、これはした、しない方がいいした方がいいっていうのいろんなことやっぱあるわけよ。

小山 超いいじゃ〜ん。

手越 それをやっぱさ、後輩にも今もう伝える立場に、もう今年30だしなってきてると思うし、やっぱリスナーとかファンにも、人生として、伝えられる立場になってきてんな、とはちょっと思ってるっていうだけお伝えします。

小山 超ニーズあると思うよ。よし(手を打つ)、今からタイトル考えよう。どうする?どうする?

手越 (笑) やめろやめろ。

小山 異端児?異端児?

手越 後戻りできなくなるやめろ。

小山 どうする異端児手越?どうする?

手越 なんだそれw なんだその角が立ってるタイトルは。

小山 え〜〜、どうしようかなぁ。だから、いろんな相談に乗ってくれるっていう、やでも、いいんじゃない?なんか、どうしようかねぇ。考えよう考えよう。うん。8月から皆さんじゃあ、

手越 ポジティブ相談所とかな。

小山 あぁ〜いいねいいね!う〜ん、じゃあそれはもう、7月からやった方がいいかもしんない。

手越 (笑) はえ〜よ!

小山 そしたら、4人連載やってるったら素晴らしいことだからね。

手越 (笑)

小山 よし決まった!よしいこう!ここで一曲いきましょう、(手越 やめろやめろ!)NEWSで「シリウス」です。

手越 おぉある意味シリウスな空気になるよ。

2人 (笑)

シリウス


■エンディング

小山 はい、エンディングでございま~す。

手越 エンディングぅ~~。

小山 エンディング読んでいきましょう〜〜。

手越 どうしましょどうしましょ何いきましょ〜。

小山 東京都小山くんからで、(手越 は?)手越くんいつからウェブを始めるんですか?っていう子が今、

手越 おいちょっと待て待て待て待てw おい。ふざけんなよ。

小山 (笑)

手越 なぁ。何が東京の小山くんじゃねえんだよw 違えだろw

小山 いつからウェブを始めるんですか。

手越 なんで自分のやってる、KちゃんNEWSに自分が送ってんだよ。

小山 違うかw すいません。早速ですが、手越くんにお願いがあります。

手越 どぉしたの言ってごらんなちゃぁい。

小山 あ〜〜、来ちゃったなぁ。

手越 なんだなんだ。

小山 ギャグだねぇ!

手越 おぉなるほど。

小山 宮城牛タンタン来ましたねぇ。そして、静岡お茶茶きました。で笑いに厳しい大阪府民が。皆さんの大阪のギャグを考えてほしいというこでも、もうでたもん勝負でいいんじゃない?

手越 う〜んいきましょうか!

小山 今週また大阪!

手越 はい行くぞオーケイオーケア!!

小山 イェーイ!!

手越 たこや、きぃ~~!!(きぃ〜だけ高め)

小山 うるさいうるさいうるさい

手越 いきましょうこれで。もう仮面ライダーのね、

小山 うるさいうるさいw

手越 相手役みたいな感じで。

小山 うるさいw

手越 ショッカーみたいな感じですよ。たこやきぃ〜〜!!

小山 たこやきーを、(手越 もうショッカーよ。)もうショッカーでやればいいのね?

手越 ショッカー。もうだから、誰かをこうなんか、襲いに行く感じここをなんか手とかをガオーみたいな感じで、たこや、きぃ~~!

小山 うるっさいw

手越 これやってください。

小山 メンタル強いなと思うのは、

手越 これやってください。

小山 もう一回出来るところがすごいよね。

手越 これは、もう。

小山 いや、一回ならわかるよ。もう一回出来るところがやっぱ俺、

手越 もう男子問わず。キーがちゃんと、

小山 メンタルの強さだよね。

手越 もう駄目よ。駄目駄目。まぁ女の子とか、可愛い子だって、たこや、きぃ~(弱め)、じゃなくてたこや、きぃ〜〜!!だからこれでいってください。

小山 わかったもう三回はいい。三回はいらない。

手越 これでいってください。これでいってください手もガーッと

小山 お腹いっぱい。

手越 ガラガラガラ〜っていうの入れてください。

小山 すっごい。

手越 これです。

小山 うん。あとナチュラルに会話中にダメよダメダメって言うのやめてくれる?

手越 (笑)

小山 ナチュラルにダメよダメダメ入ってくるからほんっとに。

手越 ええ〜これでいってください。ええ〜。もう今、すーごいね、ライブ中ただでさえ喉使うのにすげえ小山、慶一郎のKちゃんNEWSはすげえ使うんだよ喉。すげえ。

小山 (笑) さぁ、

手越 レストが出来ない。ライブの間なのにレストが出来ねえよレストくれ。

小山 (笑)

手越 (笑)

小山 えー、番組では(略)。(メールアドレス言いながら笑う) 怖い怖いw 怖い怖いw 怖い!怖いw 肩甲骨めっちゃ回してる。怖い。

手越 (笑)

小山 怖い怖い怖い。

手越 (笑)

小山 怖いんだけど。

手越 何が?w

小山 人面魚みたいになってるの。顔が。

手越 (笑)

小山 怖い。こういう人面魚いるよね。

手越 いるいるいるいる。

小山 怖い。なんでジョーンズだったの。

手越 え〜〜。

小山 あっ、あ、ジャックスパロウだっけ。あの〜、

手越 はい。

小山 新シリーズが、やるじゃないっすか。

手越 えっ!

小山 パイレーツ。

手越 パカパーカ。(?)

小山 (笑)

手越 ウォーセットパカパーカ。(?)

小山 (爆笑)

手越 おお。パカパーカ。……なにw

小山 動画ねえから。

手越 何がw

小山 ほんとにこれ動画じゃねえからな。忘れんなよラジオやってんだよ。

手越 そうかw そうかw

小山 そんな動いてくれるけど。

手越 ジャックスパロウの、酔っ払ったところのジャックスパロウを今やりましたけども。大好きだから俺ジョニーデップ。

小山 コンサートのぉ、だからえーと準備してる間のー、アップの音とかが手越はサントラなのその。

手越 サントラかけるんすよ僕。

小山 そう。

手越 はい。ハリーポッターもかけてたし、ファイナルファンタジーもかけてたし。

小山 上がるね。

手越 パイレーツオブカリビアン。素晴らしいオーケストラだもん。

小山 やばい。

手越 やっぱあの映画とかゲームの音楽。

小山 そうそうそう。

手越 うん。

小山 いやだからちょっとそれだけ言おうと思って。

手越 そう、あ〜いやぁ〜、見よう見よう絶対見る。

小山 うん。で今週末は大阪でコンサートございますんで楽しみにしていてくださ〜い。

手越 いきましょういきましょう大阪!

小山 お相手はNEWSの小山慶一郎と、

手越 手越祐也でしたぁ!

小山 ばいば~い!

手越 ばいば~い!


 

■SOUND TRIPPER
2017年5月1日

 

山下 今日はNEWSで、えー一緒だった、小山慶一郎くんの、お誕生日です!おめでとう!(拍手) えー小山くんは、いくつになったんでしょうか。俺のいっこ上だから、33歳。みみちゃん。 (笑) 可愛い!最近は会ってないですけどでも、あの~、カウントダウンコンサートとかね、で顔を合わせることはありますよね。はい。でもね最近はほんとにこう、ニュースキャスターとしてもお馴染みの。ええ。まあでもほんとにこう、真面目な、あの~、好青年だと思います僕は。ちゃんとね、ニュース、キャスターやることになったーって、その当時からずーっと政治の勉強、経済の勉強、をほんとに真面目に取り組んで、きたからこそ、こう今のね、あの~、ポジション確立されているのかなという、風に思いますけども。小山くんは~、どんな人?でも優しいですよすごく。あの~、ま、おに、優しいお兄ちゃんって感じですかね~。ま自由奔放な、手越、がいてw それをなんかこうしっかり、僕がグループに在籍しているときから、もう手越が、慶ちゃん慶ちゃん、っつって、めちゃめちゃ、悪戯してた、っていうか、それを笑ってなんかもうしょうがねえなみたいな感じで、見守ってる感が、ありましたね。はい。ということで、小山!そして、今日お誕生日の皆さん、おめでとうございます!素敵なバースデーを、お楽しみください!

 



■もうなんだかよくわかんないけど楽しそうw すっごく楽しそうw

ちょいと遅くなったけど、小山さんお誕生日おめでとう!アイドル小山さんもキャスター小山さんもどっちも大好きですこれからも頑張ってください応援してるよ!山Pもお祝いしてて嬉しかった!




 

 

 

170425 KちゃんNEWS(手越)

 

 

 

■KちゃんNEWS

2017年4月25日

 

 

■オープニング

 

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、ゴールデンウィーク直前皆さんどうお過ごしでしょうか、ゲストはお祭り男手越祐也くんです!

手越 イエイイエイ行こうぜ~い!

小山 イエーイ!お願いしますw

手越 お祭り祭り祭りぃ!

小山 w ありがとうございますw

手越 いーえとんでもない。

小山 よろしくお願いいたします。

手越 どーも。

小山 さぁ、NEWSの全国ライブが、3ヶ所終わりました。

手越 終わりました。

小山 札幌、福岡、宮城。

手越 はい。

小山 来ていただいた方ありがとうございました。

手越 ありがとうございま~す!

小山 まぁあの~、場所によってね、

手越 はいはいはい。

小山 あの~、前日に行ったりとか。

手越 はい。

小山 ま人によって次の日残ったりとか。

手越 ありましたね!

小山 その日帰る人もいますけれど。

手越 はい。

小山 まぁ基本的にはですねぇ、まぁ僕は、前日に行ってる、俺とシゲなんか結構行ってるんですけど。

手越 そうだね金曜~羨ましい限りですよ。

小山 だっ……あそっか。行けないんだ。

手越 俺金曜の夜~結構遅くまで毎日仕事がありまして毎週。

小山 アースだ。

手越 行けないのよ行きたくても。

小山 そうだ。

手越 そうなのよ。

小山 俺なんで手越行かないんだろう今回、

手越 行きたいよ。俺だって。

小山 あずっと思ってたそれだ!

手越 行けないのよ。もう。便がないのよ。

小山 そうだ。

手越 そうなの。

小山 だから僕なんかはさ、その、ライブが終わって、まぁ次の日everyがありますから、

手越 そうだね。

小山 その日に帰る、

手越 無理だもんね。

小山 そうそうそう。

手越 早朝便になっちゃうもんね。

小山 次の日帰ってもいいんだけど、ちょっとまぁそのまま日テレに入ったりとかするとちょっと大変かなと思って、

手越 そうだなぁ。家で飲みたいわな。

小山 まぁでもなんだろ。ツアーをやるごとに、まぁ、ありがたいことにこう自由にさせてもらってるというかね、誰と一緒の部屋だったっけ。あなた。

手越 俺誰と一緒だったっけな。えもうそれ相当前じゃない?

小山 えだから、じゃあ、9人時代。3人部屋だった。

手越 え、

小山 すごいなぁ。

手越 懐かしいねぇ。そんな時代もあったね。相部屋の時代あったね。

小山 あったね。

手越 うん。

小山 そんときなんかさぁ、言ったらさぁ、言わばこう気を使うじゃない。後輩だから。

手越 超使うよね。

小山 まぁ増田、が先輩なわけだから。

手越 うん。

小山 別にまぁ、そんなあれでしょ?風呂入るタイミング、寝るタイミング、テレビ、とかもう、諸々さ、やっぱ3人がで、なんとなく気使わなきゃいけないじゃん。

手越 使うね。

小山 でもさキャプテン気質だったわけじゃんあなたは。サッカーで。

手越 うん。うん。

小山 ってなるとその3人部屋そんなに、気持ちいい、もんじゃなかったんじゃないの?

手越 気持ちよくないでしょ。

小山 (笑)

手越 絶対一人がいいもん俺。

小山 そうだよねw

手越 うん。

小山 俺もやだったわ~3人部屋。

手越 ぜってーやだよ。風呂も待たなきゃいけない、朝起きる時間も変わるしさ。

小山 そう。あと、

手越 ごそごそ動かれたら起きちゃうのによ。

小山 わかるわ~。寝てるときの、みんなの癖な。

手越 あ~そうでしょ。

小山 わかるわ~。

手越 特に増田貴久なんかな、僕雑誌で話してるけどさ、家出る仕事の2時間前に起床してんだよ。

小山 (爆笑)

手越 もう最悪だよ。

小山 (爆笑)

手越 俺はもうさ、ホテル出る10分15分前でいいのよ。2時間前からもう音すんだぜ。

小山 (笑)

手越 ごっそごっそごっそごっそ。

小山 それはやだわw

手越 もう最悪だよ。最悪。

小山 それは最悪だわ。

手越 まだ寝てえし。メイクする女の子でも2時間前に起きねえよ。

小山 (笑)

手越 さすがに。

小山 いや~、今ありがたいことにね、(手越 うん。)一人部屋にしてもらって。

手越 一人部屋は楽だわ~!

小山 はいありがとうございますほんとに。

手越 楽!

小山 さぁ一通読んでいきましょう。福岡、え~追加公演に参加しました。

手越 おぉ~!なるほど!

小山 NEWSの皆さんとてもかっこよくて、可愛くて、夢のような時間でしたがオープニングで手越くんのズボンが脱げるというハプニングがありましたが、(手越 ありましたねぇ。)他にライブ中に起こった思わぬハプニングはありますかまた私たちの全力ジャンプはどうでしたか、教えてください。

手越 ほぉ。

小山 ありましたねぇ~。

手越 脱げたねぇ、アン・ドゥ・トロワで。

小山 まぁ、最初のオープニングの方っていうのは、下に衣装も着込んでて、ま上にね、あの~、すっと脱げるようなものとか着てたりするんですけど。それが脱げちゃったんだよね。

手越 そうね。

小山 俺それ早めに俺が見つけてしまって、もう僕は結構ツボに入っちゃって、

手越 うん。

小山 でも手越さんめっちゃかっこつけてるんすよ。

手越 もうしょうがないよね。

小山 めっちゃかっこつけてるけど、ズボン脱げててw (笑)

手越 そうそうそうそう。あれもう1枚穿いてなかったら完全にもうぼ、僕がいるからねそこに。

小山 (笑) いるね。

手越 もうほんとにファンの皆さん卒倒~!するSHOT~!なっちゃうからね。

小山 (爆笑)

手越 (爆笑)

小山 (咳込み)

手越 (爆笑)

小山 いい加減にしなほんとにw (掠れ)

手越 (爆笑)

小山 俺が今ちょっと、息できなかったから喋れなかったけど、

手越 (笑)

小山 いい加減にしろほんとお前。いやハプニングなんて付き物ですよだって~。

手越 あるよライブって。

小山 ライブだもん~。

手越 あるある。

小山 でも、そのハプニング込み込みのやっぱコンサートですから。

手越 そうね。

小山 それも全部楽しんでいただきたい。

手越 しょうがないよね、人間がつくってるもんだからさ。

小山 そうなんすよ。

手越 そうなのよ。

小山 機械じゃないからねぇ~。

手越 そうそう。いいのよ怪我人が出なきゃいいのよ。

小山 それほんとそうですね。

手越 そうそうそうそうそう。

小山 まぁあとその全力ジャンプっていうのは、

手越 weeeekだね。

小山 まweeeekだね、weeeekで、とにかく俺らが跳んでくれ!っていうのに対して、ほんとに跳んでくれてるのかって検証をしたくて、すごくみんなに跳んでもらったっていう。

手越 すごいみんなに軽いプレッシャーをかけてからのweeeekだったんだよね?

小山 そうそうそうそうそうそうw

手越 したらみんなすげえ素直に一生懸命跳んで可愛かったっていうね。

小山 いつも俺が、ジャンプーワンツー!ってこう振るんだけど、やっぱ長いから、みんな跳ばなくなってるのよね。

手越 weeeek長えなぁ。もうスクワットみたいなもんだもんな軽い。トレーニングみたいだもんなあれ。

小山 そうだねぇ。是非あの~、今週末ね、静岡ありますから。静岡の皆さんも是非飛んでほしいなと。

手越 はい。

小山 思います。

手越 いいじゃないですか静岡。

小山 じゃあここで、一曲いきましょうNEWSで「ミステリア」。

手越 おぉん、なにぃ、これぇ。

小山 w うるさいなw

♪ミステリア


ふつおた

小山 ふつおた参りましょう~。

手越 オッケーいきましょう。

小山 福岡県の、手越くんはコラーゲンさんw

手越 あぁすんごぉいピチピチぃ!

小山 いいねぇw 

手越 もぉ、すごぉい、

小山 いw

手越 うわぁぁ。

小山 やめろ。

手越 (笑)

小山 お前ほんとそれやめろよ。ほんとに。

手越 何が何がw

小山 俺は免疫あるけど、(手越 何がw)知らない人びっくりしちゃうから。

手越 何がw

小山 その声はほんとに。

手越 あぁなんですかw

小山 なんかね、この声ね、高速でね、(手越 (笑))代々木インター付近になるとこの声出すのよ。

手越 そうそうそう、出ちゃうの。たまにね。

小山 代々木インター付近。

手越 そう意識してないんだけどね。

小山 最近ね、霞ヶ関付近でも出たの。この声が。

手越 (爆笑)

小山 びっくりしたほんとに。

手越 意識してないんだけど出ちゃうの。

小山 大きめのインターだと来るんだよね。

手越 なるほどなるほど。

小山 うん。ということでですね。私は手越くん大好きなシングルマザーです。

手越 おっ、そうなんだ。

小山 うん。毎回NEWSのライブは息子と2人で行ってコラーゲンいただいてます。

手越 ええ!嬉しいピチピチになってるかなちゃんと。

小山 で今回の、NEVERLANDも息子と2人で、福岡公演に参戦しました。

手越 おぉ!嬉しい。

小山 今回手越くんのソロ曲がやばくて、(手越 おぉ。)11歳の息子はよく理解出来てなく、(手越
(笑))どういう意味と聞かれてどう答えていいのか悩みました。

手越 あ~難しいねw うん。

小山 どう説明したらいいのか、教えてくださいまずこれいっこね?

手越 うん。

小山 ちなみに息子は小山くんの大ファンで、今回初めて、応援うちわを自分でつくり参戦しました、

手越 お~、可愛い可愛い可愛い。

小山 ありがと~!(可愛い) ばっちり、読んでくれたようで指差してくれたようです。涙してました。あよかったぁ~、気づけてw

手越 可愛いねぇ。

小山 さぁ、手越さんね、ま今回ソロ曲、ま息子11歳の息子が、ママぁ~、I'm comingってどういうこれどういう意味なの~?手越くんがサビでいけ、天までいけって言ってる。

手越 あぁ。

小山 ど、どういうことなの~?

手越 や、まぁだからその~、なんだろう、ほんと歌詞のあれとしては、もう自分をもっと開放して、もうとにかく突き進んでいこうぜって曲ではあるわけよ。

小山 うん。

手越 っていうことを表現したい曲ではあるんだけども、だからまぁそのなんだろう、小学校のときとか幼稚園のときって言うのはさ、やっぱりさ、なんだろう、子供っていうのは、コウノトリでしたっけ。

小山 はいはい。

手越 が運んでくると思ってるじゃん。

小山 うんうん。

手越 ま実際違うわけじゃないすか。

小山 アウト~~!!

手越 オーケ~~イ!w 

小山 (笑) 

手越 帰りま~す!

2人 (笑)

小山 惜しかったな~!

手越 惜しいなぁ~ゴールまでいけなかったな!

小山 惜しかったな~!ギリギリ、

手越 くっそぉ、手前に落とし穴あったなぁ。

小山 うん。これをだから11歳の息子と聴いてる、(手越 くそぉ、)この方は、

手越 くそぉ!

小山 ママコウノトリってw (笑)

手越 悔しいなぁ!もうちょっとだったのになぁ、落とし穴あったなぁ。

小山 これは~アウトだなぁ~。

手越 ゴール手前で。

小山 ちょっとねぇ、是非ともねぇ、(手越 くっそぉ。)これまぁライブ見に来ていただけると、(手越
そうだな。)こうね、曲~にさらにアップデートしてね、やばいんでね。まぁ楽しみに。

手越 まぁそうっすね。ま演出、

小山 見に来てほしいなと、思います。

手越 まぁ中学生高校生ぐらいときたらやっとわかるかな歌詞の意味が。

小山 そうだね、わかる、

手越 で英語も習ってくるとよりわかってくると、まぁ英語そんな英語習わねえわ。

小山 (笑)

手越 習わねえわ。ごめんごめん。習わねえわ。

小山 (笑)

手越 インサートとかエレクトとか習わねえわ。

小山 習わねえよw

手越 うん。

小山 言わないしょ。

手越 リピートアフターミー、エレクト。

小山 (笑)

手越 言わないな。ないないないないない。こんな授業聞いたことねえわ。

小山 絶対言わないよ。

手越 なかったなかった。

小山 さぁ続きまして、私は手越さんが大好きで(手越 あぱ!)尊敬しているんですが、

手越 嬉しい。俺も好き。う~ん。

小山 w 私にとって、眩しすぎるのか、他のファンの子のように、手越くんや、てごにゃんという呼び方が出来なくて、手越さんと呼んでしまいます。

手越 (笑) ほうなるほど?

小山 6歳も年上の人を好きになったのは初めてだし、私の中で手越さんは、一つの、言葉なんですと。

手越 言葉ほぉ~。

小山 へぇ~。でも友達になんで手越さんなの、関係が遠くない?と言われて、最近悩み始めました。

手越 うん。

小山 手越さん的には手越さんと呼ばれるのどう思いますか?またファンの人からなんで呼んでほしいか知りたいです。

手越 はぁ~。

小山 ちなみに他のメンバーはさらに年上とか、手越さんと同い年なのに、小山くん、シゲ、まっすーと呼べます。あ~俺らのことをね?

手越 あ~。

小山 慶ちゃんは恐れ多くて呼べません。っていうことなんですけど。

手越 確かに、他の3人が一番呼び方安定してるよね。

小山 まそうね。

手越 ま、小山くん、っていう子もまぁまぁ、(小山 まぁまぁまぁ。)いるとは思うけどほぼ慶ちゃんじゃん。

小山 そうね。

手越 でまっすー、増田くんもいるかもしれないけどまっすー。

小山 まっすーはね?

手越 でもうシゲはシゲ、とか。俺安定してないね。

小山 確かに。

手越 手越くん、てごにゃん、祐也祐也くん。

小山 でもこの子は手越さんって呼んじゃうんだって。

手越 あぁそう!

小山 すごいね。でも23歳だからアカリさん。

手越 うん。うんうんうん。

小山 ほんとに照れてるパターンだろうね。

手越 あ~。

小山 例えばじゃあアカリちゃんと2人っきりになりました。

手越 あぁ。

小山 で手越さん、って呼んでて、でも、なんか自分の中ではなんか名前、変えていいよっていうときにはそのどういう感じでアカリちゃんには言ってあげる、

手越 えぇ~?

小山 手越さ~ん、って言われたら。

手越 いや普通にだから、それでも嬉しいよ?

小山 うん。

手越 やっぱりその、別に呼び方なんて決まってるわけじゃないからなんでもいいしさ。

小山 うん。

手越 とりあえずでもわかんない。膝枕してもらう。

小山 なんでだよ!w

手越 何w

小山 なんでそのあとになんで、なんで下から手越さんじゃなくて。

手越 何が?w 

小山 おかしいじゃんなんでだよ。
 
手越 何が?w
 
小山 なんでそういう流れになんの。
 
手越 なんでw
 
小山 手越さん私手越さんって呼ぶのどうしましょう。う〜ん、じゃあ一回膝枕しようかおかしいじゃん!
 
手越 (爆笑)
 
小山 どういう流れなのそれ。
 
手越 (笑)
 
小山 おかしいだろそんなの。
 
手越 こんなに距離が近くなっても手越さんなの?っていうかさ。
 
小山 そ、じゃあ距離を縮めてからね?

手越 縮める縮める。

小山 それじゃ膝枕したときには、何になるわける手越さんじゃなくてなんて、
 
手越 えこの状態で呼んでみて?って呼んでみる。言ってみる。

小山 あぁじゃそこで試すんだ。

手越 試す試す。
 
小山 あ〜。正解は?
 
手越 ん?正解?
 
小山 ん。
 
手越 え祐也くんとかじゃない?

小山 あ〜〜。それ嬉しい。それだとちょっとデレっとすんでしょ?
 
手越 デレっとするデレっとする。なんだよぉ〜!って言ってぎゅっとやる。
 
小山 膝枕したまんま?
 
手越 うん。
 
小山 うわぁ〜、腹立つわ~。

2人 (爆笑)

小山 腹立つわ〜。
 
手越 俺例えば赤ちゃんみたいな感じがいい。
 
小山 そうだな。
 
手越 そうそうそう。
 
小山 ちょっと甘えたかったりすんでしょ?あなた。
 
手越 そうそう、俺甘えたやなの。俺俺もあるよ?あ俺俺じゃないw オラオラw
 
2人 (笑)
 
小山 お前は詐欺師だったのか!
 
手越 (爆笑)
 
小山 お前はほんとにw
 
手越 (笑) オラオラもあるんだけど、基本、少人数になると甘えたい方だからどっちかっていうと俺。
 
小山 だから年下でもいいわけでしょ?
 
手越 いいよ。
 
小山 年下でも、自分の甘えた姿を、

手越 あ、全然甘える。
 
小山 全然見せられるでしょ?
 
手越 全然甘える。年上でも甘えるし。
 
小山 いいねぇ〜〜。
 
手越 うんw
 
2人 (笑)
 
手越 面白い!面白い!
 
2人 (笑)

小山 ねぇ、ねぇ、怖いw
 
手越 (笑)
 
小山 怖いw 
 
手越 何がw 

小山 ねぇw やめてよw

手越 何が何がw
 
小山 怖いw
 
手越 嘘w
 
小山 浜松町で怖かった今。
 
手越 (爆笑)
 
小山 恐怖。背中が、浜松町でぞわっときた今。
 
手越 あぁそうですかw
 
小山 うん。いきますw
 
手越 はい。
 
小山 最近悩んでることがあります。
 
手越 来い来い来い。
 
手越 付き合って3年になる彼氏がいるんですが、なんか最近帰りが遅かったり、私の前で電話に出なくなったりと、彼氏の行動が怪しいんですがこれってやっぱり浮気してるんでしょうか。
 
手越 うん。
 
小山 どう聞いたらいいかわからず悩んでいます。
 
手越 はい。
 
小山 先生。
 
手越 ちょっと待って、3年その彼氏がごめんなさい、あの、
 
小山 はいはい。
 
手越 彼氏が、平均よりモテる男なのか、
 
小山 あ〜〜。

手越 例えば容姿が人よりかっこいいとか、人より、あの社会的に成功してる?
 
小山 うん。
 
手越 それ次第にもよってちょっと、なんとも言えないんだけど。
 
小山 あ〜〜、その入り口はね。
 
手越 会ってないんだけど。
 
小山 あぁ、じゃ仮にだよ?残念ながらというか。
 
手越 うん。

小山 そこはなかなか、辿り着けない場所だったとした場合は?
 
手越 これを言うのほんと申し訳ないけど、人より長けてるもんとか、モテる人と付き合う以上やっぱね、それはもう覚悟するべきだと俺は思うわ。
 
小山 う〜ん!そうだね?
 
手越 みんな綺麗事は言うよ?浮気なんか絶対に良くない。
 
小山 うん。
 
手越 絶対に、そんな1人のことを大事にしなきゃ駄目だよ!
 
小山 うん。
 
手越 って言う。
 
小山 うん。
 
手越 し、俺はそれが100点満点だと思う。
 
小山 うん。
 
手越 それは大前提の上だけど、無理だって。
 
小山 (笑) なるほどね?
 
手越 うん。
 
小山 無理っすか。
 
手越 うんそれは結婚とかしたら別かもしれないよ?
 
小山 うん。
 
手越 やっぱり子供がいたり家庭があったりとかするから。
 
小山 うん。
 
手越 もちろん結婚するまでの手前でね、付き合う期間が絶対大事だっていうのも、もちろんそうだし、浮気しないのは100点満点だし、1人のこと愛すのは素晴らしいことだと思うけど、
 
小山 うん。
 
手越 う〜ん、案外難しいんじゃねえかなって思う。
 
小山 だからある程度ちょっとだからこう〜〜、ま寛容に。

手越 うん。
 
小山 いた方がいいと。その方が傷つかないと。
 
手越 俺はそう思うけどね。じゃなかったらもう、もう何て言うんだろう、あの〜そんな、高嶺の花は、付き合っちゃあかん。
 
小山 う〜ん。なるほどね?
 
手越 うん。
 
小山 その人と付き合ったからには覚悟が必要ですよと。
 
手越 やっぱりリスクは、
 
小山 あるんじゃないかと。
 
手越 そう〜やっぱ、ね、素晴らしい男性になればなるほどやっぱリスクは背負う(しょう)べきだと思う俺は。
 
小山 そうね。
 
手越 でもだからって浮気を、肯定するわけじゃない。それは。
 
小山 うんうん。わかるわかる。これ今度はあの〜、リスナーの人集めて、やろ。恋愛相談を。
 
手越 あ俺もう講演会開ける?
 
小山 あの〜、やろうやろう。あの、前、前一回やったじゃん。シゲと。あの手越バージョンやろう。相談会。
 
手越 あもう、何でも乗れるよ。
 
小山 公開、収録。
 
手越 何でも答えるから俺。
 
小山 公開収録しよう!
 
手越 うん。俺が隠すの嫌いだから何でも答えるから。
 
小山 よし。
 
手越 もうみんなをポジティブにして帰してあげるわ。
 
小山 よし。
 
手越 相談所をやったら。
 
小山 じゃあここで一曲いきますよ?
 
手越 うん。
 
小山 NEWSで、「NEVERLAND」。
 
手越 まさに知らない領域。
 
小山 うるさいなw
 
♪NEVERLAND
 
 
■エンディング
 
小山 さエンディングですけれども、(手越 エンディング。)えー仙台公演で、手越くんが、飛行機を降りるときのBGMを真似していたと聞きましたw
 
手越 おおANAね?
 
小山 私は、今、客室乗務員、ANAの、を、目指してると。
 
手越 おお。
 
小山 専門学校で勉強しています。是非、聞かせてほしいです。
 
手越 あぁ。
 
小山 いいすか?
 
手越 あぁw (このあと聞き取れず)
 
小山 すいませんじゃあANAの方で。

手越 えぇえぇいきま〜す。パーーン、パンパーンパパーン。
 
小山 (笑)
 
手越 パンパーンパパーン。パンパンパンパパーーン。パーンパーン。パカパカパーン!パーンパーンパパーン、パーン、パパーンパーンパパーン。パーンパーン、パーンパーンパーンパーンパーンパパーン。以上でございます。
 
小山 うまw
 
手越 以上でございます。ANA葉加瀬太郎さん作曲の、ANAのソングですもうほんとお世話になってます、ほんとは。
 
小山 あ〜〜、俺これ、やべえやべえ、面白え〜〜。
 
手越 えぇラウンジもよく行きますしね。
 
小山 あそうですね。
 
手越 JALANAほんとお世話になってますから。
 
小山 JALANAさんほんっとにツアー中お世話になってますからね〜。
 
手越 ほんとお世話になってますから。素晴らしい航空会社ですからね。海外に行くときに、ときのロケとかで、どこ航空会社?JALです。あ、ANAです、やった!と思う。
 
小山 なるもんね。
 
手越 なる。
 
小山 安心だしねぇ。
 
手越 まぁなる。素晴らしい。
 
小山 あ〜〜、面白かった!
 
手越 (笑)
 
小山 大好きこれ。
 
手越 ええ。素晴らしいですねぇ。
 
小山 え〜番組では(略)w (笑)
 
手越 あいあいあいあいあいあいあいあいあい
 
小山 怖いよぉ。
 
手越 あいあいやいやいやいやいやいやいやい
 
小山 怖い!
 
手越 (笑)
 
小山 怖い!浜松町は怖い!
 
手越 (爆笑)
 
小山 Tシャツの、首を出すところに、顔を突っ込んでる。怖い!
 
手越 (爆笑)
 
小山 怖いよみんな。
 
2人 (笑)
 
小山 えー今週末は、静岡でコンサートでございますお待ちしておりますねお相手はNEWSの小山慶一郎と!

手越 手越祐也でしたぁ!

小山 ばいば~い!
 
手越 オッケ〜イ茶ぁ飲むぞぉ!
 
小山 w
 
 

 

今井翼のto base
2017年4月20日

今井 今井翼的、ベスト3。はい、これは僕今井翼が独断と偏見で、あらゆるもののベスト3を決めてしまおうというコーナーでございまして、え今回、選んだテーマは、こちら。ジャニーズの中で、この人、いい人だなぁって、思う人。えーということでこれは、えーー、東京都はキョウちゃんから貰いましたありがとう。はい、でなに、内容としては、えー、腰痛で通っている整体の先生が先日の、放送された、ナカイの窓を見たようで、翼くんって、すごいい人って、感じだねぇ、テレビから、いい人っていうのがすごい伝わってきたよって言っていました。そうですかいや~、ありがとうございます。で、その、いい人翼くんが選ぶジャニーズでのいい人は誰でしょうかと。いやいやでもほんとにねぇ、なんか、ああいうナカイの窓~~でのなんか、なんか自分のなんか気持ちってやっぱ中居くんといられる安心感とやっぱ、お世辞抜きに、やっぱこれはリスペクトっていうことなんですけど当然。やっぱなんか、常に引き出してくださる、っていう、ことがあってああいうなんか時間が、芽生えてるんだと思い僕はすごい感謝してるんですねぇ。うん。

で、本題のこの人いい人だな。や、うん、大体、もう浮かんでますよ。……いい人ねぇ。いい人っていい方っていうより、あの、人がいいって言い方のほうがもっといいよね。う~ん。人がいいんだよね。あ~~~……。人がいい。どうします?ジャニーズの中でもやっぱさ、世代ってすごく、広いじゃないすか。割とじゃあ若手で、はい。いきましょうか。はい。う~ん。まぁ、桐山くんは論外かな。もう腹黒い腹黒い。もうあの歳あのキャリアにしてもう高笑いするような業界人になってしまった。はぁ~~悲しい。 w そうねぇ若手かぁ。若手で、う~~ん。まぁやっぱ独断と偏見だからね偏っちゃいますけどぉ。あぁ。はい!決まり!あの~、ま、あのベスト3、ランキングではなくてこれもう、ほんと、3名。お三方発表しますよ。

お一人目。中丸。なんだろう。ほらあの、日曜日やってるシューイチ。なんか見てても、なんか、ねぇ。元々のそのKAT-TUNの活動を通しての彼の、なんかそのポジショニングにしても、なんか、表現の仕方、とか、なんか、受け取り方とか。すごくこう、なんていうのかな。その空気の中でクッションになれる人ってすごく僕は重要だと思ってて。うーん。もちろんね、彼は彼の存在、というのはとってもあるし。うーん。なんだけど、なんかすごくこう、一緒にいて、気を遣わないでいられるような、空気感を持った子だし。う~んなんか、人がいい印象がありますね。う~ん。すごい努力家だしねぇ。

はい、で、お二人目。まっすー。NEWS。うん、彼も裏表ないね。この間ね、道端でばったり会ったの。僕車運転してて、彼が遠くに立ってて、僕はもうね、遠目でわかったの。赤い髪してて、なんかちょっと、ファッション的に、なんかまっすーっぽいなって。だから向こうは向こうで、なんだよあのドライバーずっと俺のこと見てんなってそれはそうなるじゃん。だって仕事柄さ、見られるお仕事だしさ。だし男が男をこれだけじーっと遠くから見てるわけじゃん?運転しながら。でちょっと赤信号で止まったらまっすーの横だったの。うぃーっつって。うぃーっつって。そしたらわぁ!ってなって。でなんかおはようございますみたいな感じで。なんだろうなぁ、なんか、まぁ、あー、なんか、そのシチュエーションに限らず、現場で会っても違うシチュエーションでも、なんかいつも変わらないっていうか。うん。なんだろうすごく優しいんだよねまっすーって。思いやりがあるし。うーん。真面目だしね。彼こそ。うん。

でね?もう一人。もうこの人は殿堂入りですよもう。塚ちゃん。ほんとにねぇw 俺人がよすぎて騙されんじゃねえかってねぇ、あの、昔から変わらずこれは塚ちゃんを。見るたびに心配する思いに駆られるっていうか。そういう思いがすごく僕の中で、あるんですよね。なんかねぇ、ハートもいいし。笑顔もいいし。うーんなんか心意気もいいし。うーん。そうだよ、なんか、塚ちゃんこそ、その、共にJr.時代を、過ごした感じと、変わらない気がするね彼は。う~ん。そう謙虚だしねぇ。塚ちゃんね。また会いたいなぁ。

うんまぁでも、この3人ちょっとなんか。だから同時に会ってみたい。うん。ね。ということで。今日はこんな感じで。以上、今井翼的ベスト3のコーナーでした。

 



■SOUND TRIPPER

2017年4月28日
 
 
山下 今日は、同じ、P仲間。お笑いコンビ、おかずクラブの、ゆいPさんのお誕生日です!(拍手)おめでとうございます!同じPとしてやっぱ、負けてられないっすね!もうライバルでしょうね。はい。ちなみに先日放送された、とある、テレビ番組での発言によると、ゆいPさんの好きなジャニーズは……NEWSとのこと!残念!(笑) なんでも全員めちゃくちゃいい人、っていう感想だったそうです。いやそうだよ、俺は知ってるけどね。なんかそれぞれキャラがあってほんとに、個性豊かで、ね、あの、いいバランスだな、という風に、思いますけども。まゆいPさん、NEWSももちろんですけど、ま同じP仲間だし、元同僚として、やっぱりそこは、僕もよろしくお願いします!はい。ということで、あっ、そうそうこないだコンサートで。なんか手越が、山P誕生日おめでとう!って言ってくれたみたいで。手越ありがとう!着実に大人になってるぞ。(笑)はい。ということで。えーゆいPさん、そして、今日お誕生日の皆さん、おめでとうございます!素敵なバースデーを過ごしてください!
 

 


全体的に小山さんがかわいい、癒された(笑) 増田貴久なんかはのくだりと大きめのインターになると出ちゃう声のくだりが面白かったです好き。

 

翼くんのラジオ初めて聴いた!中丸くんと増田くんのお名前が出たと聞いて聴いてみました。声好きだわ~~私低い声好きなのかな?ってなんかふと思った。ただ1人ラジオだと文字数半端ないので私の段落分けてみた。略してるとかではありません。

 

NEWSのお話でたので山Pラジオも追加しました。一つの記事に3つ纏めたらタグがうるさい(笑) 逆転レボルシオン!青春アミーゴと同じような歌詞ところどころ入ってて嬉しい!

 

 

 



170418 KちゃんNEWS(増田)

 

 

 

■KちゃんNEWS

2017年4月18日

 

 

■オープニング

 

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、やってまいりました、スペシャルウィークでございます~!

増田 イエ~イ!

のり イエイ!

小山 ゲストはこの方、まっすー!

増田 どうも~、増田貴久で~す。

小山 どうもぉ~。

のり まっすー!

小山 いやいや、のりよw

のり あっw

小山 のりよ!

増田 あれ?

のり すいません。

小山 いやいや先週も出てたし。

のり だから先週も出たから今週もいいのかなみたいな感じでノリで来ちゃう、

小山 いやいやどんだけ来んの?

増田 毎週いるんすねやっぱ。

小山 毎週、

のり いやーやっぱりそういうとこありますよ。うん。

小山 先週聴いてくれた、リスナーさんからしたらもう一週間餃子食い続けてるからね今。

3人 w

のり ほんと餃子大好きなんですよね!まっすーといいね!

小山 (笑)

のり たまたま餃子の話題今日も食っちゃってますけども、大好きですほんとに。

増田 また今日も食べてるんすね。

小山 でものりさんからしたら、(のり はい。)スペシャルウィークの重要性は、パーソナリティーやってるからすごいわかってるわけでしょ?

のり 大事です!今日はほんとにやっぱりラジオのお祭りですからね!

増田 はい。

小山 そうでしょう?

増田 まっすーの良さ引き出してくださいね?

のり まっすーの良さね!w ま任してくださいよ。

増田 はい。

のり 先週まではね、ちっさー、になっちゃったけど、

小山 あぁそうねw

のり 小さい人間だからね。

小山 う~ん。ちっさーね?うん。

のり まっすー頑張ってくださいよいきましょうよ!

増田 はいいきましょういきましょう。

のり ええ。

小山 じゃあまずメール読んでいきたいと思いますー、

増田 はいいきましょう!

小山 えーー、まずはですねぇ、

増田 スペシャルウィーク

小山 スペシャルウィークですので、以前の放送で手越さんが酔っ払ってまっすーの唇にキスをしたと聞きました。

増田 ええ?

小山 まっすーはどんな気持ちでしたか?そのときの状況を詳しく教えてください。あのー少年倶楽部プレミアムという番組で、沖縄に、行かしていただいたんすよ一周年の記念で。

増田 うんうんうん。

のり はい。

小山 で、まぁあの~、食事会を夜しまして。まそこもオンエアちょっとされたんすけど、そこでみんなちょっとね、お酒を、(増田 うん。)結構いただきまして。

のり うん。

増田 うん。

小山 まぁここまでですー、あ放送はというか、収録はってなったあともみんな飲んでて。

増田 うん。

のり はい。

小山 なかなか手越くんがね、いききりまして。

増田 うん。

のり ほう!

小山 もう、酔っ払いきりまして。

のり へえ!

小山 ま~~、彼はね。あのー、たくさん、スキンシップを求めてくるタイプですから。

のり ほぉ!

小山 ま僕~、はもちろんのこと、加藤さんもそうだけどキスされてですねぇ、まっすーにもいくわけだけどまっすーはもう、断固拒否をするっていう。

のり なんで、

増田 いやしてないす俺してないす。

小山 やっぱちっさーだから、

のり (笑)

小山 あのー、(笑)

増田 なんでそんなねぇ、手越と、なんで手越と

のり いいじゃないメンバー同士でさぁ、

小山 ねえ!

のり 俺それちょっと今

小山 そうそうそう。

のり すげえ、それ超ちっさーなとこ見ちゃったなぁ。

3人 (笑)

増田 そんなところでねぇ、奪われてたまるか

のり いーいじゃんねぇ!

小山 でもねまっすーも、結構、そんときは酔っ払ってたのよ。

のり うん。

増田 う~ん、そうですか?

小山 結構ねぇ、テンション高めで。

のり うん。

小山 なんか、

増田 なんかみんな酔っ払ってたよね、(小山 まぁね。)増田 いい感じでね。

のり うん。

小山 のりさんお酒飲む人?

のり 馬鹿みたいに飲みますね。

小山 あ、馬鹿みたいに飲むの?

のり はい。

増田 馬鹿なんだ。

小山+のり (笑)

のり そこだけとっちゃったらおかしいから。

小山 ばっかーなのね?

のり ばっかーみたい、ばっかーじゃない。

小山 (笑)

のり 馬鹿みたいに、飲むの。ばっかーです。ばっかーさん。ばかすか。

小山 (笑)

増田 オテンキばか。

のり オテンキばか。もうただの馬鹿じゃないか。

3人 (笑)

のり ただの馬鹿じゃないかそれじゃ!

小山+増田 (笑)

のり お酒飲みますよ。

小山 何一番多いんすか?

のり 僕は焼酎が一番好きですかね。

小山+増田 あ~。

のり ビールと焼酎ぐらいですかね。

増田 わかる。

のり ワインとか、なんか、よく大人が飲むじゃないすか。

小山 はいはいはい。

のり よくわかんないんすよワインの良さとか。

小山 なるほどね。

増田 へえ。

小山 焼酎が、一番。

のり はい。ほんと浴びるほど飲みますね。

増田 焼酎。

のり はい。

小山 好きそうね。よ、よ、逆に酔わない酔っ払うと手越はこうなります、のりさんは酔っ払うとどんなかん、

のり 長いっす。

小山 あ、長いんだ。

のり なーっがい。

増田 最高何時まで飲んでたんすか?

のり お昼の12時ぐらいなの。

小山 うわぁ~。

のり レコメンが1時に終わるじゃないすか。

増田 うん。

小山 はいはい。

のり そっから、飲み始めてお昼の、12時くらいだったりとか。

小山 うーわぁ~。

増田 じゃあほぼ12時間だ。

のり そうっすねたまに悲しくなりますもん。

増田 えー。

小山 やなるでしょ。

のり ねぇー。だからそれだけ人と、寂しいんでしょうね!

小山 寂しいよね。

のり だからだんだんだんだん、スタッフも飲んでくれなくなってきて。

小山 w 長いからでしょ。

のり 長いから。

増田 へぇー。

小山 さくっと終わんないんだ。

のり さくっと終わんないっすね。しつこいです。

増田 なるほどね。

小山 じゃああの、すいません。

のり はい。

小山 帰れよ。

のり えっ!?

小山 いやいやいやいやw 

のり ここからじゃないの?

小山 いやいやもう帰れよ!w 結構出たよ。だっえ先週半分以上出てるからね。

のり やった。

増田 ばかさん、ばかさん、

小山 (笑)

のり ばかさんじゃないんだって。ばかさんじゃないすから。

小山 今回も、三分の一は出てるからね。

のり ありがとうございますすいません!スペシャルウィークですからね。

小山 はい!

のり お邪魔しました!

小山 ありがとうございました!

増田 ありがとうございました!

のり ありがとうございました!

小山 このあと、このあといい感じに繋ぎますんで。

のり お願いしますね!

小山 はーいどうもー!

増田 お願いしまーす!

小山 はいじゃあ一曲いきましょう、NEWSで、「NEVERLAND」!

♪NEVERLAND


ふつおた

小山 ふつおたいきましょうー。

増田 ういー。

小山 この二週目だから、先週読んでないもんねほぼねふつおたね。だからねw 読んでいきましょう。

増田 はい。

小山 私は小さい頃から父に、さきぴょん。と呼ばれています。

増田 うん。

小山 最初はそこまで気にしてなかったのですが、そろそろ恥ずかしいのでやめてもらいたいです。

増田 うん。

小山 でも父を傷つけたくないし、どう伝えたらいいかわかりません。どうしたらいいですか?お二人も、さきぴょんって呼ばないでください、恥ずかしいので。……わかったよぉ~~。(↑)

増田 はい、呼ばないです。

小山 さき、ぴょ~~んw

増田 はい、呼ばないですけど、(笑)

小山 って言われると呼びたくなっちゃうじゃん。

増田 あ~なるほどね?お父さんに。

小山 でも呼ばないね。いやー、でもそういう、年頃になるんだろうなぁ~。

増田 でも真面目なテンションで言わなきゃいいんじゃない?別に。

小山 うん。あでも真面目なテンションじゃないと、いいって思っちゃうんじゃない?けっ、だから、や、お父さんもう、私もう中学校1年生になったから、さきぴょんって呼ばれるとちょっと、恥ずかしいんだ、ってもうちゃんと言えばいいんじゃないかなぁ。

増田 ぴょん、ぴょん、がぴょんぴょん飛んでいっちゃったらいいと思うんだ、みたいなね?

小山 あ。さきぴょんのぴょんいらないからぴょんぴょん。

増田 うんぴょんぴょんもう飛んでっちゃってぴょんぴょん。

小山 よりぴょん残りそうだけどね。

増田 ぴょんだけになっちゃったりしてw

小山 w ぴょん!って。いやー、どうだろうなぁ。

増田 うん。

小山 ちゃんと伝えたらいいんじゃない?傷つかないと思うよ。

増田 でもだってあるもんね。男の子もさ、ママって呼んでたけど、途中からお母さんに変えるタイミングみたいな。

小山 うん。

増田 意外と自然に、行くはずだけど、

小山 そうね。

増田 まお父さんがね、

小山 うん。

増田 ぴょん。どうしたらいかね。

小山 カンニングの竹山さんいるじゃん。

増田 うん。

小山 今でもママって呼んでるらしいよ。

増田 へぇ~。

小山 パパママ。もうめちゃくちゃおぼっちゃまだからあの人。

増田 そうだよね。

小山 そうそうそう。

増田 変えるタイミングがないっていうのはあるよね、でもね。

小山 そうねぇ~。

増田 なるほどねぇ。

小山 母親のことは、お母さん?

増田 うん。

小山 母ちゃん?

増田 お母さん。

小山 そうだよねぇ~。でもなんだろうねでも言えばいいんじゃない?

増田 うん。

小山 まぁさきぴょんも確かに恥ずかしくなるわな?

増田 うん。確かにね。かまぁこのメールを、あこのラジオをね、ま、き、聴いてもらうっていう。

小山 そうね。小山増田からもお願いします。さきぴょんのぴょんを、どうか、

増田 ぴょんだけにするかも、

小山 いやぴょんだけにしたらじゃ、さっきの嫌がらせでしょw

増田 うん。

小山 サキちゃんだったらいいんじゃない?

増田 あぁいいね?

小山 うん。サキちゃんにしてあげて、(増田 なるほど。)ほしいなと思います。

増田 はい。

小山 お父さんお願いします。

増田 お願いします。

小山 続いて、え~、私はこの間、見事、第一志望の高校に、合格することが出来ました~。

増田 うん。お。おめでとうー。

小山 そして私は去年、貴久くんが、言っていた、合格のご褒美はチュー以上に、もっと、感じさせてやるよ、というのを思い出しましたw

増田 ん?

小山 なので、全国の合格した受験生の皆さんに向かって、合格のご褒美、欲しいです。貴久くんお願いしますw

増田 なになに?w どういうこと?w

小山 いやだからw 

増田 ん?

小山 あなたが、

増田 うん。

小山 あなたさまが、

増田 うん。

小山 合格のご褒美は、チューとか異常に、去年ね?もっと感じさせてやるよと。

増田 うん。

小山 だからバンビーナの言葉を用いて、あの~、(増田 言ってた?)仰ったらしいのよ。

増田 俺そんなこと言ってた?

小山 うん。だから、今日はですね?あのーもっと感じさせてやるよをエコーをつけますんで、(増田 はい。)ご褒美に、ま恥ずかしい、P.S. いつも見たいに笑っちゃ駄目だよ?ほんっとにご褒美待ってます。貴久くん大好きですと書いてあるので、

増田 うん。

小山 全国の皆さんにー、

増田 うんうんうん。

小山 あのこのスペシャルウィークに、

増田 はい。

小山 こうちょっとー、ね、ご褒美あげてほしいんすよね?

増田 あー、ごめんなさい。ちょっと今日調子悪いんです。

小山 いやいや、じゃあいいよ、これは、エンディングにやろうよ。最後に。エンディングに、もうその言葉で締めよう。

増田 なるほどね?

小山 うん。

増田 一番最後にね?

小山 そうそうそう。

増田 あーオッケーっす。

小山 だからあのー、ミーチョルポさんもちょっと、寝ずに待っててね。

増田 はい。了解です。

小山 うん。最後にやるから、

増田 ちょっと調子悪いからな、今日出来ないかもな。

小山 いや調子悪くても言わせるからね。俺が絶対言わせるから。続いて、突然ですが私には夢があります。

増田 うん。

小山 それは、まっすーに、怒られることです。

増田 おう。

小山 私は、ときどきKちゃんNEWSで、リスナーの方がまっすーに、怒られているのを、聴いて、すごく羨ましいなと思っていました。

増田 おぉ。

小山 ですが、どうしたら怒られるのかが思いつかなかったので、まっすーが好きすぎる私に是非怒ってくださーい。

増田 うん。

小山 もし良かったら名前を呼んでくれるとありがたいです。

増田 お。何ちゃんだっけ?

小山 マリナちゃん。

増田 マリナちゃん。

小山 怒ってマリナちゃんに!

増田 こら!

小山 あ!

増田 マリナちゃんこら!

小山 (笑)

増田 待てこら!

小山 (笑)

増田 うん。

小山 なんかキャッ♡ってなってんの想像つく。

増田 あ〜。ねいいんですか?こんなんで。

小山 うんワッ♡てなってそう。

増田 スペシャルウィーク大丈夫っすか?今。

小山 いやいいんじゃない。俺もうちょっと本気で怒るわ。おいマリナお前よ〜みたいな。

増田 ないんすよね、そういう〜スイッチないんすよね〜。

小山 w あぁそういうブラックまっすーはいないの?

増田 いないんですよねぇ〜。

小山 マリナよっつって。

増田 いないんです。

小山 良かったねマリナちゃん。

増田 こら!

小山 マリナ。

増田 おこだよぉ。

小山 あぁ怒られてるねぇ〜。はい。

増田 怒るよ。

小山 w どう?もう一通?

増田 芦田愛菜だよ。(愛菜ちゃん)

小山 w

増田 もう一通読むよ。もう一通読むよ。(愛菜ちゃん)

小山 じゃここで、一曲いきましょうNEWSで、「U R not alone」。

♪ U R not alone


■エンディング

小山 さぁそろそろお別れの時間ですが、先程もね、あったんですけれども、あの、ま皆さん、受験勉強頑張って、合格〜した方に、増田さんが、去年ね、合格〜のご褒美のチュー以上に、もっと感じさせてやるよと。

増田 そんなこと言ったの?

小山 と、言ったんですよ。じゃあその、言ったときのオンエアを今一回流しましょう。

増田 うん。

小山 こちらです。

小山 本気でやって本気でやって本気でやって。

増田 え?w

小山 本気、本気w

増田 もっと、感じさせてww

2人 (笑)

小山 言ってるんです。

増田 いや言って、いやわかんない、聞けてないじゃん俺は聞けてないよ。

小山 いやいや言ってるんです。

増田 リスナーさんは聴けたかもしれないけど俺には聴けてない。

小山 オンエアには乗っかってるんです。

増田 ほんと?言ったかなそんなこと。

小山 なので、それをですねぇ、今日は言っていただこうと。

増田 言った?そんなこと。

小山 思います!なので、え〜〜、

増田 夢でも見たんじゃない?

小山 じゃあちょっと今、気持ちつくってつくっといてもらっていいっすか?

増田 俺そんなこと言ったか〜?

小山 えー番組では(略)。ここでお知らせですけれども、次回は、4月29日30日の静岡です。

増田 ん!

小山 楽しみにしててくださ〜い。

増田 お願いしま〜す♡

小山 じゃあまずは先にお相手はNEWSの小山慶一郎と、
 
増田 増田貴久でしたぁ。
 
小山 ではこのあとのりさんなんですが、では皆さん合格した方にですね、最後増田さんから一言、ありますので、お聞きください。どうぞ!
 
増田 もっと、勉強しろよ。
 
小山 いやいや違う違う、違うねん、違うのよ。
 
増田 うえ〜い。
 
小山 もっと、感じさせてやるよ。じゃないと終わらせない、
 
増田 いやいやもう、
 
小山 終わらせないよ?
 
増田 のりさんになってますよね?
 
小山 なってない。はい、いきましょう。
 
増田 もっと、勉強しろよ。
 
小山 (笑) まっすーっぽいな。
 
増田 うん。
 
小山 じゃあね、あの〜、ミーチョルポさん。まだ負けずにメール送ろう。じゃあ、もう言わないから、この人に言わせるw のりさん。どうぞ。



■キスマイRadio
 
2017年4月19日
 
宮田 私はこの前、舞祭組の皆さんが音楽番組で道しるべを披露していた歌や、パフォーマンス、その姿を見て、感動して思わず泣いてしまいました。
 
千賀 お〜ありがとうございます!
 
宮田 元気を貰える曲がすごく好きです。そのあと、舞祭組のパフォーマンスから最後まで見ていたのですが、気になっていたことがあるので質問します。
 
千賀 なんですかぁっ?
 
宮田 番組のエンディングで、NEWSの手越くんが、新生活を始める人にメッセージを送っているとき、その後ろに千賀くんが立っていて、すごい手越くんのことを見て、笑って、にんまりと、見ていました。手越くんが好きな友達もそこを見ていたらしく、友達と、がっつり見てるね、好きなのかな、と話していました。あのとき、なんであんなに見ていたのか教えてください!
 
千賀 いやいやいやw 俺てご担だもん。
 
宮田 (爆笑)(拍手)
 
千賀 (笑) てご担だもん俺。
 
宮田 いやそうだね!w
 
千賀 手越さん大好きだから。
 
宮田 千ちゃん好きだよなぁ〜。
 
千賀 いやでもねぇ、それねぇ、(宮田 うん。)俺もあとから見て思ったんですよなんか。
 
宮田 あぁ。
 
千賀 俺全然意識してなかったんだけど、(宮田 はいはい。)手越さんが喋るってなったらさぁ、注目しちゃうじゃん。で何言うかなぁってさ、すごい楽しみだからさぁ、
 
宮田 わかるわかる。
 
千賀 にやにやしちゃう、
 
宮田 うんうん。
 
千賀 で俺見てたらさぁ、その、手越さんを見ながら、こうにやにやしながらすげえこう、唇をペロペロ舐めてたわけ。俺。
 
宮田 (笑)
 
千賀 なんかちょっと怪しかったの。
 
宮田 いや怪しいな!w
 
千賀 いや、そういうつもりで見てたわけじゃないんだよ。
 
宮田 うんうん。うん。
 
千賀 手越さん何言うかなぁっていうのは楽しみに、こう聞いてて、まそれが、顔に、表情に表れちゃったってだけなんだけど、けど怪しい表情をしてた。
 
宮田 怪しい表情してたねw いやぁあのさぁ、楽屋もさぁ、隣だった、わけじゃない。
 
千賀 はいはいはい。
 
宮田 あのパーテーション?パーテーション一枚仕切って、隣が、舞祭組と、NEWSだったじゃん。
 
千賀 うん。
 
宮田 でこう挨拶行こう、って俺と千ちゃん2人で行ってさ、手越さん、メイク中だったじゃん。
 
千賀 うん。
 
宮田 でも千ちゃんどうしても挨拶したくて、増田くんに呼んでもらってたもんねw
 
千賀 そうそうそう。まっすーに呼んでもらったんだけど、まっすーと挨拶してないまま、手越氏を呼んでもらったからね。
 
宮田 (爆笑)
 
千賀 (笑)
 
宮田 でもねぇw わかるんだよその気持ち!何言うかわくわくするんだよねなんかねw
 
千賀 そう〜。わくわくなんかそのときもね?
 
宮田 うん。
 
千賀 なんかメイク中だったんだけど、結構時間あったじゃん。
 
宮田 あったね。
 
千賀 だけどそのメイクをしてもらいながら、弁当を食ってるっていうのも、ちょっと笑っちゃったの俺。
 
宮田 (笑)
 
千賀 なんか、その、(宮田 確かにw)別に別々にしてもね、その時間があったわけじゃない。
 
宮田 うんうん、うん。
 
千賀 すっごいドライヤーで頭乾かしてもらってるときに、なんか焼肉弁当食っててw すげえ風当たってるから、もうなんか、肉がちょっとびらびらしてるわけ。なんか。
 
宮田 おおw (笑) こないださぁ、家でね?それこそ佐久間と、うちでテレビ見てるときに、手越さんが出てたわけよ。
 
千賀 おお。なんの番組?イッテQ?
 
宮田 なんかねぇ、あの、ガヤ芸人50人が、ゲストをおもてなしするみたいな。
 
千賀 あぁあれかぁ!
 
宮田 そうそうw
 
千賀 はいはいはいはいわかるわかる。
 
宮田 で、手越さんがこう、出た瞬間に、こうアニメ見よう、って話してたんだけど、もうそれじゃなくて手越さんを見る方になんかシフトチェンジしちゃって。
 
千賀 まぁそうだよね。偉大だからね、手越さんは。
 
宮田 でもそこでもなんか、モテは場数だ、ってw モテは場数だ、っていう、
 
千賀 その場数言っちゃうんだね?いやそこがすごいよ。神だよマジで。
 
宮田 すごい面白いなぁみたいな。
 
千賀 いや名言集出したら多分相当売れると思うよ。
 
宮田 いやぁ、俺も買うもん。
 
千賀 うん。俺も買う。絶対買う。
 
宮田 ね。
 
千賀 手越さんカレンダー欲しい。
 
宮田 (笑) はいはいw
 
 
宮田 松岡修造さんの。
 
千賀 松岡修造さんの感じ。
 
宮田 はいはいはいw わかるわ〜面白いよなぁ〜。あ、そっか以前ね!あの〜少クラプレミアムに出たときも、(千賀 うん。)手越担、てご担宣言してて。
 
千賀 いやもちろんですよ。
 
宮田 なんかちょっと千ちゃんと手越さんの共演がなんか、
 
千賀 いやぁ〜、それでもねぇ、
 
宮田 したいなぁ、見たいなぁ。
 
千賀 手越さん前にしたら多分喋れなくなると思う。絶対。
 
宮田 (爆笑) なんかさぁ、あのNEWSもラジオやってるわけじゃない。
 
千賀 うん。
 
宮田 で、キスマイRadioもあるわけだからさ、なんか、共演出来そうじゃない?なんか。それで。
 
千賀 まぁでも、手越さんに聞きたいことはいっぱいあるよ。
 
宮田 おぉ〜!
 
千賀 まぁさっき言った、その、あのモテることは場数だ、っていう話をしてらっしゃったけど、その場数の部分もちょっと、掘りたいし。
 
宮田 (笑)
 
千賀 (笑)
 
宮田 あっ、そう確かにね。ちょっと気になるっちゃ気になるねw おっ、なんかちなみに、Hey!Say!JUMPの、山田も、手越さんと共演したいらしいよ。
 
千賀 あっそう!
 
宮田 (笑)
 
千賀 俺山田と仲良いからもう3人でやりたいね。そしたら。
 
宮田 なんか、いいじゃんなんか、手越担ジャニーズ集めて、(千賀 あいいねぇ。)僕たちは、手越ジャニーズですみたいな。なんか。
 
千賀 なんかこう、手越さんの後輩だけじゃなくて、あの先輩とかが手越担なってくれたら、(宮田 あ〜!)それも面白いけどね。
 
宮田 それなんかさぁ、キンキの光一くんもさぁ、いやお前すごいな!みたいな。いやお前、子猫ちゃんってよう言えんなぁみたいなさぁ、すげえいじられてるじゃんなんかw
 
千賀 いじられてる。
 
宮田 なんかそこの共演もなんか、見たいね。
 
千賀 ま確かにね。
 
宮田 うん。
 
千賀 う〜ん。
 
宮田 いやぁなんか、人集まりそうだねぇ。
 
千賀 いやぁ手越さんのその、メンタルの強さといいますか。
 
宮田 うん。
 
千賀 芯の強さ尊敬してますので。
 
宮田 (笑) なんかね、そういう共演があったら、いいですね。
 
千賀 うん!はい。
 
(略)
 
宮田 さぁ、今夜もね、お別れのお時間ですが。
 
千賀 はい!
 
宮田 今日は、手越さんの話が、だいぶ盛り上がりましたねw
 
千賀 手越さんの話と、やっぱ卒業の話?
 
宮田 卒業の話ねw
 
千賀 う〜ん。良かったねぇ、やっぱ手越さんと、共演したいですね!
 
宮田 うん。
 
千賀 うん。
 
宮田 そうだねなんかゲストで、一回さぁ、俺と千ちゃんやってるときさぁ、来てくれたよね。手越さん、ねぇ。
 
千賀 一回来てくれたぁ。手越さんとのぉ、エピソード、自分はあるんですよね?
 
宮田 はいはいはい。
 
千賀 前も言ったと思いますけど、(宮田 あぁ。)その、まぁ痴漢に遭いまして。その痴漢を、ばっと、お尻を触ってる手を!ばっと掴んで。てめぇなにやってるんだよと。
 
宮田 はい。
 
千賀 言っていただいて。えー次の駅で、手越さんとその人と降りて。
 
宮田 (笑)
 
千賀 で俺はその、電車に残って。行って。
 
宮田 やっぱ、俺たちのスターでいてほしいですね手越さんはね!
 
千賀 はい。
 
宮田 (笑) 
 
 

■増田さんの愛菜ちゃん好きだなぁ(笑) U R not alone!GReeeeNみすごいよねザ・GReeeeNだよねすごく好きです。もっと勉強しろよ笑うw
 
キスマイのラジオで手越さんのお名前出たのでちょっくら文字起こしするか!と軽い気持ちで始めたら思ったより長くて大変だったw 手越くんへの思いの熱さが伝わりましたw NEWSとKAT-TUNしかほとんど聴いてないから違うグループ新鮮!