読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

brightnesses

大好きなものたちをつらつらと。

160202 KちゃんNEWS(加藤)

KちゃんNEWS NEWS ラジオレポ コヤシゲ



■2016年2月2日
KちゃんNEWS


■オープニング

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎です、2月に入りまして、寒い日が続きますが、この方はどうでしょうか、シゲちゃんです!

加藤 はいどうもお。

小山 シゲちゃんね、これほんとこちらの番組サイド申し訳ないなと思ってるのが、

加藤 ああ。

小山 まあシゲちゃんが来る前に、台本を確認するんですけど、

加藤 うん。

小山 増田くんを迎えて、っていう台本がつくられてて、

加藤 いやほんとそういうとこあるよ。

小山 全編に渡って、増田くん、だったんですよ。で、俺が、いや来るのシゲちゃんですよと。

加藤 うん。え、ほんとに俺じゃないと思ってたの?

小山 そうなのよ。

加藤 じゃあ、帰ろうかな。

小山 (笑) それなのにも関わらず、

加藤 うん。

小山 今ガイさんが始まる前に、

加藤 うん。

小山 あのー、シゲくんテンション上げめでお願いしますと。

加藤 ほんとに、

2人 どの口が言えるんだっていう

加藤 話ですよね。 (小山 ね、)

小山 (笑) いいのシゲちゃんは

加藤 まあ勘違いだったんでしょうけれどなに話しますか今日は。

小山 今でもシゲがね、今日every見てくれたみたいで、

加藤 every見たよ。

小山 あのー、中継で釣りしてたねみたいな。

加藤 おー釣りしてたね。

小山 そうそうそう。

加藤 あ、小山さんはしてないけどアナウンサーとか、

小山 そうそう韓国で、ワカサギ釣りのような感じで、

加藤 氷の上で滑ってて。

小山 そうそうそう滑ってw

加藤 滑って滑って

2人 (爆笑)

小山 それ坂口キャスター可哀想だった……

加藤 いやいや全然でも変な感じになってないけど

小山 そうそうそう。

加藤 小山さんがそこ突っ込んだのになんかうけてくれなかったね。ちょっとまあ、

小山 そうなのよ。

加藤 ね。バラエティじゃないからね。

小山 そうそうそう。ちょっと僕はバラエティの方持っていくと、

加藤 うん。

小山 そういうテンションでいいんですかみたいな感じに、

加藤 なっちゃうんだね。

小山 でもなんかこう変えていかないとね。

加藤 うん。楽しく、見たいけどね。ああいうところは。

小山 報道番組、そうそうそう。だから私(わたくし)変えていきますちょっとずつね。

加藤 がんばれー。

2人 (笑)

小山 いいね他人事で。さあ、曲いこっか。

加藤 うん。 (笑)

小山 NEWSで、「星の旅人たち」。

♪星の旅人たち


■しげほめ

小山 しげほめ!イエア!

加藤 あーこれからやるんだ。

小山 褒められることに、なれてない、加藤シゲアキ先生に対し、

加藤 てごほめにした方がいいんじゃないの。

小山 いいの。これまで言われたことがないような褒め言葉をぶつけ、また新たな魅力を引き出そうという企画で僕が大っ好きなコーナーでございます!シゲを褒めていこうとシゲちゃん今日も帽子を裏返しに被ってかわいい!

加藤 (笑)

小山 かわいいねえー。ね。いいですね。

加藤 帽子なくしちゃってさあ、俺超気に入ってたあのニットさあ、

小山 最近帽子率が高いよねつば広帽、

加藤 そう帽子なくしちゃったのよ、あのニットのやつ。

小山 最近つば広帽に、伊達メガネか、まあニットに例えばサングラスだよね?

加藤 ニットあれなくなっちゃってさあ。

小山 どうしたのあれ。

加藤 なんかないんだよ。

小山 買ってあげよっか?w

加藤 買ってw ちょうだい!

小山 わかんないシゲが好きなのあるでしょだって、

加藤 いやいや大体ニット帽のバランスなんて一緒じゃん。

小山 いやいや

加藤 小山さんのあれ、

小山 あのやつ?

加藤 高そうなやつ。

小山 高そうなやつw ああいう形でもいいの?

加藤 わかんない。どうなんだろ。

小山 あるでしょ?シゲちゃん褒めていくよ。「加藤くんの顔が、女子の私でも憧れるほど美しすぎます。目は二重で、涙袋もあり、鼻はしゅっとしていて、」

加藤 ちらっと見るんじゃないよ!涙袋をちらっと見るんじゃないよ。

小山 「口は形が綺麗です」

加藤 そうですかあ?

小山 「そして一番憧れるのは、キリっとした、眉毛です」。は~~そうね、眉毛はちょっとこう若いときからいじる癖あったね。

加藤 いじる癖?

小山 う~ん高校、シゲが高校生ぐらいからさ、もう眉毛に関してはちょっと気にしてたじゃん、シゲ。

加藤 俺でも基本してないよほっとんど。

小山 でもなんかね、

加藤 下抜くぐらいよ。

小山 シゲが高校生んときに、あのーWINK UPの取材のときよ。

加藤 うん。

小山 眉毛をね、抜いてたのよ。シゲが。

加藤 うん。

小山 ませてんだなって思って。

加藤 なんで?小山さんなんて、もっとやってたっしょだって。

小山 いやいや俺は、

加藤 野球部なんて、もうほら、基本的に細いじゃん眉毛。

小山 いやいやw 俺は、野球部の中でも、ボーボー、型だから、

加藤 基本でも、薄いんだよね。そもそも眉毛が。

小山 そうそうそう。

加藤 俺ほらもう、すごい濃くなってっから。

小山 そうか。やらないとあれなんだ。

加藤 うん。

小山 どうなの?自分がやっぱ美人だなっていう自負はあんの?

加藤 ないよ。

小山 へえ~?

加藤 ないっすよ。

小山 かわいいねえ。

加藤 (笑)

小山 そうなの?

加藤 ないないない。

小山 どの辺がでも、整ってきた、と思う?

加藤 思わないよ。年々やっぱ老いとの戦いですよ。そんなのもう。

小山 いやいやでもシゲはね、昔やっぱりこう、雑誌の笑顔等々(とうとう)も、ちょっとつくってた笑顔あったじゃない、

加藤 うん。

小山 いつもの形みたいな。

加藤 うん。

小山 昔はね?Jr.んときは。

加藤 はい。

小山 だから最近のね、こう……茶目っ気あるね、

加藤 うん。

小山 にこにこした、写り?雑誌等々。

加藤 頑張って上げてんね。

小山 いやいやいや、素敵だなと思って見てますよ。

加藤 ん~ん~ん~。

小山 やっぱりね、

加藤 うん。

小山 かっこよくなってってんだろうな~。シゲかっこいいって俺の友達も結構言うもんなあ。

加藤 マジ?

小山 聞くわよく。

加藤 それ嬉しいな。

小山 いや男が言ってるから俺の友達が。

加藤 うん。それ嬉しいよ。

小山 男が男にかっこいい嬉しいでしょ?

加藤 嬉しい。

小山 イライラして聞いてるんだけどさ。

加藤 なんでだよw

小山 (笑)

加藤 どっちなん、どういうスタンスなんだよw

小山 そうそうw

加藤 感情がもう、

小山 いやいや俺のシゲがね、

加藤 うん。あ、そっちなの?

小山 そうそう。嫉妬の方だから。

加藤 そっちか。 (笑) 感情が忙しいなこの人は。

小山 「シゲアキ先生の服装が、言葉にならないほどかっこいいです」わかるよ。「清楚で真面目なんだけど、若くて、男らしい服装で、シゲアキ先生のためにつくられたのではないかと思ってしまうほどマッチしていてとても素敵です」

加藤 なーにで知ってんのよあたしの私服の格好、

小山 いやいやいろいろだから出てるときないんですか。

加藤 あ~。

小山 あっ、でもさ例えば、衣装だとしても、シゲの、そのニュアンスとか、

加藤 あー。

小山 好みに寄せて、スタイリストさんも選んでくれてるじゃない?

加藤 うーん。

小山 そういうのもあるんでないかな?

加藤 そうか。そうかもね!

小山 そうだと思うよ。

加藤 うん。

小山 だってビビット……のさ、とか、

加藤 そうね。わりと寄せてるね!寄せてる寄せてる。俺の普段好きなブランドとかで集めてくるもんね。

小山 俺ね昨日のシゲのねえ、ファッションが好きだったねえ~。

加藤 なに?昨日会ってないよ。

小山 あ、月曜だ月曜。一昨日。あのー、タートルネックよ、

加藤 あー。

小山 茶色と黒のボーダーのタートルネックを着て、

加藤 チェスター?

小山 で黒のチェスターを

加藤 小山さんもチェスター好きだもんね。

小山 そうそう。黒の、

加藤 俺だから小山さんとチェスター被りしないように気をつけてるんだけど、ときどき被る。

小山 そうそう。で、つば広帽に、伊達メガネ。かっこよかったねえ~。

加藤 (笑) 振り付けのときとかさ、

小山 うん。

加藤 だから髪の毛をつくんないときはいいのよ。もうつば広帽で。

小山 まあそうだね。

加藤 髪の毛をさ、帽子で行って、ボサボサでさすがに家から出れないわけよだから、

小山 だからねえ、

加藤 帽子で行って、あーのー髪の毛つくったら、鞄に入る帽子じゃなきゃいけないわけ。

小山 なるほどね!

加藤 だから1日髪の毛セットしない日しかつば広帽がね、ノーつば広帽よ。ハットって言いなさいよ。なんでずっとw

小山 つば広帽でしょそれは。

加藤 小山さんだっておんなじの持ってる

小山 四銃士的にはつば広帽、

加藤 まあそうだけどさ、

小山 そうそうそう。

加藤 小山さん持ってるっしょ?つば広帽。

小山 いや持ってんのよでもねえ、髪が短すぎると、つば広帽似合わない。

加藤 あ~~、あるね!

小山 そうなのよ。

加藤 髪のバランスがあるね。

小山 でもシゲは偉いのはさ、ダンスだけのリハんときだけでもさ、ちゃんと、おしゃれしてくるじゃん。

加藤 なんか俺やなんだよあのなんか、今日は誰とも会わないからジャージで来た、みたいなの。

小山 そうだから俺と手越まさにそれだからね。

加藤 それだから俺はね、ちゃんとした方がいいと思う。

小山 まっすーもそうだよね。最近は。

加藤 まっすーもそう、えどういうこと?

小山 だから家からさあ、そのまま、スウェットとかで来るじゃ、え、あでもあの人あれが私服?

加藤 もともと私服がスウェットみたいなんだから、、

小山 あれがそうかあ!あれ私服なのかあ!

加藤 でもあるよね、そういうときもね。

小山 ややこしいなあ。シゲはね、しっかりそのまま、誰かと食事行くんだったら行けるようなファッションだから。

加藤 行ける行ける。行けるし行くし結構。

小山 そうだよね。

加藤 うん。

小山 あれも結構すごいなと思って。

加藤 それは結構気をつけてんだー俺。

小山 もう1枚褒めます。

加藤 ……もう1枚褒めますw 読みますでしょw

小山 うん、褒めますよ。「先日地元紙に、加藤さんのインタビューが掲載されていて、その中の、『職業は、加藤シゲアキ、と説得力を持たせて言えるようになりたい』というお言葉があまりにもかっこよすぎて」

加藤 ああ……なりたいだからね。なりたい。

小山 「全身全霊で褒め称えたく、メール、しました。」

加藤 みんな見てんなあこまけえとこよお。(高め)

小山 職業は、加藤シゲアキ

加藤 って言うじゃん、そういうことほら。

小山 いやかっこいいっす。え、プライベートは加藤シゲアキじゃないんすか?

加藤 え?

小山 プライベートは、加藤シゲアキのシゲアキは漢字の方なんすか。

加藤 かん、漢字の方です。

小山 が、プライベート?

加藤 そうっすねえ。

小山 仕事は、やっぱカタカナの方でいきたい、

加藤 カタカナの方になってますかね。職業ね、だからほら、アイドル、とかさ、作家とかいろんなことやってるけどまだまだ増えるかもしんないじゃん。

小山 まあそうだね。

加藤 うん。だからね。

小山 漢字の加藤成亮と、カタカナの加藤シゲアキの大きな違いはどこなの。

加藤 漢字の加藤成亮は大体病院。……(笑)

小山 具合悪いわあ。

加藤 具合悪いとき。

小山 具合悪いわあ。

加藤 本名だからさ、

小山 そうだなあ。

加藤 漢字はさ。うん。

小山 いやいやでもねえ、漢字の加藤成亮さんと、

加藤 ムズいんだよどう使い分けるかが意外とほら、そうめっきり違ったらさあ、

小山 うん。

加藤 いいんだけど。漢字で書かない、

小山 そうだね。

加藤 微妙なときあんだよ。

小山 病院……どうすんの、アンケ、でもそうか、そうだよな。

加藤 なんかあの会員証とかつくるときどっちかなっていう。

小山 そうだよね。

加藤 例えば飲食店の会員証とかは、カタカナ、

小山 別に、本人証明書が必要なければ、

加藤 そうなの。

小山 いいんだもんね?

加藤 そうなの。難しいのよ意外と。

小山 そうね。

加藤 みんなどうしてんだろうと思う。横山くんとか。

小山 ああそうか。

加藤 うん。ちょっと聞いてみたいね。

小山 そうねえ。

加藤 うん。

小山 ……褒めたよ。

加藤 あ、褒めたのねありがとうございますいつもいつも褒めていただいて。

小山 うん。今日もセーターがね、いい色で。

加藤 ありがとうございます。

小山 うーん。

加藤 タートルネック小山さん着ないんですか?あんまり。

小山 いやあるのよ。1個あるのタートルネック

加藤 タートルネックってさ、結構難しいっしょ。

小山 タートルネックは、もうチェスターしか合わないと思っている。

加藤 ……あー、ま、襟高い系とかね。

小山 かー。か、革ジャン。かなあ。

加藤 あ、革ジャン。いけるじゃん。

小山 うん、いけるいける。

加藤 うん。

小山 でもタートルネックーの、なんか、

加藤 昔さあ、やじゃなかった?タートルネック

小山 いややだったしー、首気になるし、暑いし、でもやっぱねえ、おしゃれだよねえタートルネック

加藤 今ちょっと1周してよくなってきたっしょ。

小山 うん。

加藤 うん。

小山 着れちゃう。

加藤 着れちゃう。

小山 タートルネック、ちょっと服屋で見てる自分いるもんね。

加藤 あー。

小山 俺いけるかなと思って。

加藤 あー。

小山 あー。そうそうそう。まあでもシゲちゃんはね、いつも、今日もおしゃれだよ、みんな。

加藤 ありがとうございますw いつも。

小山 超おしゃれ。

加藤 いや小山さんも素敵な、

小山 いやいやいや、

加藤 お召し物じゃないですか。

小山 今日はね、いやいやあたしなんかそんなもうほんとにそこで拾ったもの着てますから。

加藤 (笑) どういうキャラなんだよ。

小山 (笑) 以上しげほめのコーナーでした。

加藤 よくわからないんだよこの人がもう。


■慶一郎の部屋

小山 慶一郎の部屋!さあ、シゲちゃん。

加藤 はいはい。

小山 アルバムがリリースするってことが言えるわけですよ。

加藤 ああなるほどね。まあツアーがあるってことで薄々感づいてる方も多いんじゃないかなとは思いますけれど。

小山 タイトルは「QUARTETTO」!

加藤 「QUARTETTO」。

小山 3月9日、サンキュー!の日ですね!発売されます。

加藤 英語で書けますかQUARTETTO。

小山 QUARTETTOクワァルルテットーだからね。うん。

加藤 (笑)

小山 だから最初にさあ、俺はこの、みんなでタイトル決めたじゃん。

加藤 うん。

小山 でほんっとになんかもう、7つぐらい出してさ、

加藤 うん。

小山 こうみんなで決めていくわけですよ。多数決とかで。

加藤 うん。

小山 俺は最初にこれを気にしたときにー、読めるのかと。

加藤 読めるか、まあQでUだからねえ。

小山 そうそうそう。……クワァルテッ、まあQUARTETTOかな、っていうところでね。まあでも、これ意味があるんですよ。QUARTETTOっていうのはね。

加藤 うん。

小山 4人で奏でるっていう意味があったりとか。四重奏(よんじゅうそう)だったりとか。

加藤 四重奏(しじゅうそう)っていう意味ですからね直訳はね。

小山 うん。そうそう。そういうのがあるんでね、僕達には結構、意味としては、当てはまっていると。

加藤 これはいいっすよね。

小山 うん。あとまあ今回タイアップにね、していただいた曲もたくさん入っているということでー。……結構ねえ、粒揃いだと思いますよ。

加藤 そうっすねえ意外とこういうとあれだけど新、曲、というよりもさあ、まず結構いろんな曲でさあ、アルバムが埋まってく喜びってあるじゃん

小山 そう。そうそうそう。

加藤 今までさあ、そんなにシングルも出せてないでアルバム出したりとかしてたからさ。嬉しいっすよね。

小山 そうね。知らない曲の方が多かった、イメージだけど

加藤 そうシリウスとかもさ、初めて聴けるわけでしょ、AとかBとか。

小山 そうですよ。

加藤 うん。

小山 これもライブで、やりますんでね。

加藤 やりたいっすねえ。うん。

小山 さあそしてツアーもね、まあこれを引っ提げてってことになりますけれどもー、えー3月の26日、札幌、スタートで。

加藤 うん。

小山 回っていきますので皆さん是非ともね、遊びに来てほしいなと思います。

加藤 もう1年経つんだね、Whiteからね。

小山 早いねー。

加藤 早いねえ。

小山 早いなあ。

加藤 わりとこないだだった気がするけどね。

小山 そうそう。

加藤 うん。

小山 まあ今回も、まあ衣装は基本的にまっすーがやってくれていて、

加藤 うん。

小山 構成今回曲順はさあ、早く、まあ

加藤 決まったね。

小山 こっから、変わってくかもしれないけど、かなり早く決まって、

加藤 てか準備が早い、今年はいつもより。よかった。

小山 いいこと。

加藤 うん。

小山 ねー、でこっからリハーサルをたくさんして、

加藤 うん。

小山 皆さんに会う準備をしときますので。

加藤 そうっすね!

小山 是非とも遊びに来てくださーい。

加藤 うん。

小山 ではここで1曲聴いてください。NEWSで「ヒカリノシズク」。

♪ヒカリノシズク


■エンディング

小山 今夜ももうお別れの時間ですが、今夜もさすがの加藤さん、大爆笑でしたね。

加藤 とってつけたようなね!増田から急ーに変えたからね、

小山 書いてあるんだもん。ガイさん大爆笑だった?……笑ったよねえ。

加藤 どっかあった?そんなポイント。

小山 うん。今日1笑ったもんね、これね。……番組では皆さんからの(略)からも投稿できます。お相手はNEWSの小山慶一郎と、

加藤シゲアキでしたー。

小山 このあとはのりさんでーす。ばいばーい。

加藤 ばいばい。



■コヤシゲえええ!かわいい。なんてかわいいんだお二人さん。「いやいや私なんかそんなもうほんとにそこで拾ったもの着てますから。」が今回の私的一番つぼ。リビングで1人でがっつり声出して笑ったよ。1人っきりだったからよかったもののおかげさまで完全に怪しい人ですよ。あ、でも「漢字の加藤成亮は大体病院」と、それからの「具合悪いわあ」も好き。笑

しげほめは安定してるよね。てごほめやったら手越さん照れちゃうかなw ますほめだと満更でもなさそうな感じで受け止めそうw ていうか帽子裏返しにかぶるってどんな!?あと小山さんの高そうなやつが気になりますね。笑

チェスターコート私持ってないんですけどあれ着てたらおしゃれに見えるよね。かっこいい。2人ともスタイルいいからなー。つば広帽w

カルテットのスペル書けますかってとこの小山さんの発音うまく表せなかったw