読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の片隅で君と出逢った

頑張ってる君が好き

160315 KちゃんNEWS(加藤)




■2016年3月15日
KちゃんNEWS


■オープニング

小山 こんばんはNEWSの小山慶一郎ですアルバムがリリースされて1週間が経ちました皆さん聴いてくださってるでしょうか、ゲストは、愛するシゲちゃんです!

加藤 どうも。

小山 どうもシゲちゃん。

加藤 うん。

小山 首を寝違えております小山。

加藤 なんか動き変だなと思ったらそういうことですか。

小山 あ~~。どうもね右ー、

加藤 よく寝違えるねあなた。

小山 あたしどうやって寝てるかしらこれえ。

加藤 寝違え山慶一郎だよほんと。

小山 いや、寝違え山慶一郎としては、(加藤 うん。)やっぱ枕が合ってないんじゃないか、寝違え山慶一郎としては。だからちょっと、あのー私たちこう美的で、あのー連載させていただいてるじゃないですか。

加藤 あー。

小山 あれ割かし、自分で、何やりたいみたいなこと聞かれるじゃないですか。

加藤 うん。

小山 今一回こう睡眠で、アポ取り中で。

加藤 あそうっすか。そうなんだ。

小山 どうにか枕つくれないかと。

加藤 ああ~~い。

小山 でさ、あのーー、枕ってさ、つくりに行きたいっていう希望はすごくあるけど、まなかなか、なにか絡まないとさ、

加藤 うん。

小山 行きづらくない?

加藤 いいよね、美的さあ、(小山 うん。)すげえ聞いてくるじゃんなんかやりたいことありますかっつって。

小山 うん。

加藤 俺全然わかんないのね。

小山 うん。

加藤 どうしようかな、ってw

小山 やなんか、俺がネタで聞いたのは、

加藤 うん。

小山 加藤さんに睡眠の、枕のことを、ちょっと、振ってみたら、加藤さん加藤さん枕がい、いいと。

加藤 俺枕もうね、結構持ってんのよ。前、変ラボで、(小山 うん。)先生、あの睡眠やったじゃん寝言んとき。

小山 うん。

加藤 あの先生が送ってくれたのよ。

小山 すごいじゃん。

加藤 で小山も、昔俺に枕くれたじゃん。

小山 僕誕生日プレゼントに、シゲさんに枕あげたんですよ。

加藤 あれ使ってるから、

小山 マジで!?

加藤 使ってるよ。(強め)

小山 ええ~!言ってよお~。

加藤 だから、枕いっぱいあんのよ。

小山 嬉しいじゃあ~ん。

2人 (笑)

加藤 なんかね。

小山 あそうなんだ。俺だから枕すげえ欲しい、今日ほんとい、痛かった、everyタイム4ですのあと、僕バーチャルがこっちにあるんすよ、左側に。痛い。

加藤 もうなんか枕の問題だけじゃない気がする。(小山 え)ストレッチとか、

小山 マジで?

加藤 俺こないだぎっくり背中ってのになったのよ。

小山 ぎっくりゼウス?なに?なに?

加藤 ぜなか。

小山 ぜなか?

加藤 背中、背中。

小山 あ背中?

加藤 ぎっくり腰って、腰だけじゃなくて、背中も腰もあんだって。

小山 マジ?どうなんの?

加藤 動けない。そーんな感じ。バキッ!ってなって。

小山 痛。

加藤 超痛いよ。あっ、腰はなんなかったけど、あこういう感じなんだなと思って。よかったライブ前で。

小山 びっくり背中?

加藤 ぎっくり。

小山 あぎっくりw (笑)

加藤 びっくりってなんで?ぎっくり腰のな、流れで言ってんだからさ。

小山 まとまんないなあ。さあ、えーそして先週出演していただいた手越から、

加藤 うん。

小山 加藤さんにメッセージ来てまして、ダメ出しですと。

加藤 ああ。

小山 「シゲがー、革靴やブーツを履いたときの、踵をコツコツ鳴らす音、うるさい!」とのことです。

加藤 ああ~。なるほどね。

小山 もうね、ずっと気になってんだって。

加藤 俺鳴らして歩いてる。じ、わざと。鳴らすの好きなの踵を。

小山 ……あっのさw ぴよぴよいう、あの、靴じゃないんだから。

加藤 カーンカーンカーンって言わすのが好きなの。

小山 それはなに、音はじゃ、自分で自覚してんの。

加藤 うん。

小山 鳴ってんなと。

加藤 うん。

小山 でもそれさ、言わばちょっとこうー、気になる人からしたらさあ、

加藤 いやそーんなこというとあなたね、

小山 ああ。

加藤 ほんっっとにね、

小山 (ちっちゃく笑ってる)

加藤 俺も最っ近、ほんっとに気になる小山さんの食べてるときの音。

小山 (笑)

加藤 うるっっせえのなんか、こんな豚汁(とんじる)うるさ、うるさく食うかねみたいな。もうなんかね、熱い、豚汁がケータリングで出て、それを食べ、てるんだけど、は、まず熱いから、ハフハフハフハフガフガフガフガフ

小山 いや豚鼻はしてないw

加藤 いやいやマジこんなんよ。

小山 豚鼻はしてない。

加藤 でそのあともなんか、豚汁だから、も、

小山 やっぱね、everyを、やってると、食べレポ、が多いわけですよ。

加藤 いーーよ。2人しかいない楽屋でそんなさあ。

小山 w いやちょっと、やっぱTVサイズで、加藤さんに熱さ伝えていかなきゃと思ってー、

加藤 いーやいやだって、もう素だったじゃんあんときとか。

小山 いやいやだからちょっともう、

加藤 だから熱いんだったらふーふーしなよっつったら、ふーふーも熱いの、ふー!ふー!

小山 (笑)

加藤 昨日、一昨日かな、ラーメン食べてたでしょ、NHKで。あっれもうるさくてさあ。

小山 (笑)

加藤 俺笑っちゃったもん。

小山 (笑)

加藤 こいつ食べてるとき超うるせえと思って。

小山 ちょっとTVサイズなっちゃった、食べ方が。

加藤 いーやもうさあ、本読んでたり静かにしてる部屋でさ、

小山 いやいやほんとに。

加藤 あんなにすすんなって。

小山 いやいやちょっとお水いただいて、

(じゅーって音)(語彙力)(結構でかめ)

加藤 ほんとそんなのよ。のどごしの音すげえんだから。

小山 (笑) 気をつけますね。

加藤 ちょっと、そうだよ、俺はまだいいけどあれ、気をつけて(小山 一応か、)もう31歳なんだから。

小山 一応踵ま、次ね、多分増田さんがローテーションには来そうなんですよ。

加藤 うん。

小山 増田さんになにか最近思うこと、一言伝えておきたいなってこと、

加藤 少しもないです。

小山 いやいやそれ一番つまんないじゃーん。つまんないしそれを言う、のも言いづらいよまっすーに。

加藤 頑張れって言っといて。

小山 頑張れ。

加藤 あ、頑張ってるねって言っといてじゃあもう。

小山 きついわ俺まっすー来て、え加藤さんから一言貰ってます、「頑張ってね」こっから広がんないよ~。もうちょっとトピックス欲しいわあ~。

加藤 逆になんかある?まっすーの話。

小山 前回としかも同じなんですよ頑張ってねは。

加藤 嘘前かもやったのそれ。あなにこのシリーズやってんの?

小山 や……加藤さんは、

加藤 頑張ってるわ!って言うんでしょどうせ、あいつ。頑張ってるわ!

小山 あ言う言う言う。

加藤 へっへー。

2人 (笑)

小山 言う言う。なんかもうちょっとこう……まっすーなんだからトピックスないとこう広がりづらいわ。

加藤 ないよ。ないの逆に。どう?最近のまっすーは。

小山 俺が増田に?あれはどうっすか、あのリハーサルをみんなでしてー、リハーサルが全部終わったあとからのやる気が出てくるって言うのは。

加藤 あそうなの?

小山 昨日だってそうじゃないですか。みんなでやってて、終わってから、いきなりこう昔の曲を思い出して、

加藤 やりたそうだね。でも俺そこ、参加してなかったからなあ。

小山 いたじゃない。

加藤 うん頑張ってるなあって思ってただからw ……じゃあいいっかな。

小山 特になしということですか

加藤 特になーしでいいですよ。

小山 じゃあ頑張ってるなにしとくね。一応ね。

加藤 ヒルナンデス面白かったよって言っといてじゃあ。

小山 あそういうことが優しいんじゃないですか?

2人 うん。

小山 じゃあヒルナンデス面白かったよ、にしときます。はい、ということで、1曲ですかね?ここでNEWSで、「QUARTETTO」。

♪QUARTETTO


■しげほめ

小山 しげほめ、最終回!……お疲れさまでした。

加藤 あ終わるの?やったじゃん!(小山 いやいやいやw)やった!

小山 いやいやー、朗報じゃないんだよ。

加藤 嬉しいよこのコーナー。

小山 これなんでかっていうと、(加藤 うん。)いろんなのが今最終回を迎えてんのは、加藤さんに理由があるんです実は。

加藤 なんでなんで?

小山 あたしたち、一つの、話題で、ほぼ半分尺がいってしまうと。

加藤 うんw

小山 いうことで、あんまりコーナーを刻んでも、こう熱く出来ないんで、だったらコーナーを減らして、例えばふつおたを熱くしていくとか、そういったこう裏事情があるわけですよ。

加藤 あ、い、いいっすよ全然。

小山 でもしげほめに関しては、もうほんとに俺はもうね、涙ながらに訴えたよ。やだと。

加藤 (笑)

小山 やりたいと。何故なら俺は加藤シゲアキを愛(小山 でもじ、)、愛しているんだと。

加藤 そっかそっかほんとだ全、あ、すごいね。終わってくね。いやいいじゃんスッキリして。

小山 なんで一番テンション上がっちゃうのここで。違うんだよ。でも、こう、リスナーの方から、シゲのことを愛してる、しげほめってことをたくさんいただいてますから。今日最終回。ほんとにね、涙なくしては、出来ないんじゃないかと思ってますけど。いきましょう。

加藤 (笑)

小山 「最近ビビットのコーナー内で、ウマシゲ、を流行らせようとしている(加藤 あら。)加藤さんとても可愛らしいです。」

加藤 (笑)

小山 「若干、どや顔気味で言っているから、照れなのかわかりませんが、笑っている姿が微笑ましいのです」

加藤 うん。

小山 すいませんね、金曜日私(わたくし)、少しゆっくり寝られるんで、

加藤 うん。

小山 あんまり、ちょっとこう、拝見してないんですけど。

加藤 うん。

小山 どういうことなんですか、ウマシゲっていうのは。

加藤 まあそういうのやってるだけですよ。食べ物食べてウマシゲ!っつってほら。

小山 あっ、美味しい~!みたいなこと?

加藤 そうそうそう。

小山 おお!ウマシゲ~!って言ってんの?

加藤 そうそう。

小山 えーやってやって。ちょっと。

加藤 ウマシゲ。ぐらいですよ。

小山 マジで?

加藤 これウマシゲシゲだね、みたいな。

小山 うまうましげ?

加藤 ウマウマシゲだねとか。

小山 ああ、

加藤 モテシゲだねとか。そういうの。

小山 どっちが、重なってもいいんだ。

加藤 いろいろやってます。ウマシゲMAX

小山 うましげまっくす?

加藤 いろいろ、いろいろ遊んでます今。

小山 は~~。僕らの知らない加藤さんが。いるけどそれ、

加藤 あれだろうね、コメントに飽きてきたんだろうねw (笑)

小山 でもそういうのいっこあるとつょっと楽~は楽でしょ?なんかちょっとそれのさ、

加藤 うん。

小山 こうデフォルテ感で、伝わるじゃん。

加藤 デフォルテ感?

小山 ウマシゲー!か、ウマシゲ、でさ、だいぶ変わってくるじゃない。

加藤 デフォルテ感ってどういうこと?

小山 だから強くすればするほど、

加藤 デフォルメって言いたいんですか?

小山 デフォルメですね。

加藤 (爆笑) 

小山 いやいやいやいやいや、

加藤 あのすごい胸元の話かなと思ってねえ、デコルテの話をし、デフォルテというのは、

小山 あたしはデコルテは今……

加藤 (爆笑) デフォル「メ」ですかね。

小山 そうなんですよお。でもこれを、今流行らせてるんじゃないかということで、可愛らしいですねというお話でございますよ。

加藤 ありがとうございます~。いろいろほら、ねえ、もう、一人のきか、コーナーだからちょっと飽きないようにいろいろやんないとさあ。

小山 でも知ってる?こうやって僕のさ、ミスをさ、気づいてくれたり突っ込んでくれるのシゲちゃんだけじゃん。

加藤 うん。

小山 そういう風に言ってくれてるときのシゲ、すげえ好きなの。

加藤 (笑) ちょっと今顔赤かったけどね。恥ずかしかったでしょちょっと。

小山 俺シゲに、(加藤 うん。)あのそういう風に言ってもらうとき結構顔赤くなる。

加藤 (笑)

小山 続きまして、えー 「私は、シゲがたまに出す、高い声が好きです」わかるよー。

加藤 わかるの?俺出すかなあ。

小山 「普段は、声が低めのシゲが、小梅……」さんか、

加藤 小梅太夫

小山 うん。「の物真似を、している、のは、もうたまらなかったです」

加藤 ああ~。

小山 「ちょっとマニアックすぎるかもしれませんが、慶ちゃんならわかってくれると思い、応募させていただき」わかるわからないことなんてないんだから私は。

加藤 (笑)

小山 あとね、みんなちょっと勘違いしてんのは、(加藤 うん。)シゲ声低くないから。

加藤 喋ってるときは低いけどー、

小山 うん。歌とかたっけえよ!大体今「QUARTETTO」もー、聴いてもらえばわかるけどー、シゲ、大体、あのー「シリウス」なんて、頭サビ(加藤 上ハモ、)手越の上ハモだからね。

加藤 まあね、ファルセットだけどね。小山さんの方が低いとこ出るもんね。俺(小山 俺、)低いとこ出る、もう……あの聴こえなくなっちゃうからさw 歌に溶けて。

小山 そうそうそう。俺低い方は出るんだけど、高い方が逆に、シゲより出ないから、

加藤 うん。

小山 意外と皆さんこれご勘違いをね、されてると思うんですけど。

加藤 そうだよ。それもっと言って、ほんとに。

小山 そうね。

加藤 シゲ声出るかなあ、って言われるのほんとやなんだけど。

小山 いやめっちゃ出てる。なんならたっけ!

加藤 ね。

小山 うん。

加藤 結構出るよね。

小山 そうそう。チクショウってどうやんすか。

加藤 チックショーー!!(高め)

2人 (笑)

小山 ああー!すげえ。

加藤 (笑)

小山 すげえ俺今、

加藤 やべえ、俺今日歌リハだったんだよ。

小山 すーっげえ。

加藤 喉いてーんだよ。

小山 紙靡きそうだったもん今すっごい、風圧が。

加藤 (笑) しょうがねえからやったけどさ。

小山 すげえな。声出しした?したんだな。どういきゅう?

加藤 いきゅう?

小山 いきゅうって言ってるけど。

加藤 (爆笑)

小山 俺今

2人 いきゅう?

小山 って言ってるけど。

2人 (爆笑)

加藤 いきゅう?

小山 チックショーがね。入っちゃってるけど。

加藤 (笑)

小山 「さて加藤さん、最近加藤さんを雑誌やTVでお見かけする機会が増え、特に、思うんですが、かっこいい、可愛い、美しい、色気があるなど、私が知っている世間で一般に使われるような褒め言葉は加藤さんを褒めるためには物足りない、いやむしろ(加藤 (笑) やめろよもう。)それらの言葉たちは加藤さんのために存在しているような気、さえ、するんです。(加藤 新しい芸。)どんな言葉を使っても足りない、加藤さんの素晴らしさをぞ、かわ、これからもとどまることを、がないんだろうと思い、嬉しい反面、心配です」

加藤 しげほめ芸じゃねえかよそれもう。

小山 いやあ~、これいいねえ。

加藤 もうそれで落ちちゃってるよこのメールで。

小山 そうだよね。かっこいい、えー、可愛い、美しい、色気がある、(加藤 ないですよ。)まあ、もう、そういうことじゃないんだと。

加藤 そんなことないっすよもう。

小山 そんな言葉なんかは、元々加藤さんの中にあった言葉だと。

加藤 (笑)

小山 もっとないのかということですよねえ!

加藤 いや小山さんにだって当てはまるんじゃないですかその言葉たち。

小山 いやいやあたしなんかは全く一つもないですよこんなもの。

加藤 (笑) なんなのそのw

小山 加藤さんのためにね、これ出来てるメールですから。

加藤 今日終わってくれてよかったわもう。

小山 いっやいやw (笑) シゲちゃんの魅力っていうのはね、こうやっぱ溢れ出すものがあるからねえ~。

加藤 まあね!

小山 ダムかな。うん。

加藤 (笑) 

小山 うーん。うん。

加藤 溢れ出すってことだけでw

小山 溢れ出す。

加藤 すごくチープな答えでしたけど。

小山 うん。ダム加藤かな。

加藤 ありがとうございますそう言ってもらえて嬉しいです頑張ります!

小山 そうだねえ。いやでもね、コーナーを締め括るにふさわしい、ほんとに最後加藤さん、のことを代弁するようなね。

加藤 わかったからいこうもう、慶一郎の部屋いこう!

小山 どうですか皆さんに、こう褒められて。

加藤 いや嬉しいですもっと褒められるように頑張ります!

小山 いやいやもうそういうことじゃないんだよ~もうちょっとこう、やっぱりねえ、

加藤 次いこうよ~もう。

小山 やっぱまだ一方通行、

加藤 うるせーなあww いーからもう。

小山 (笑) えーこれまでにないような視点で加藤シゲアキを褒めてきたこのコーナー一旦、最終回となります。引き続き、ふつおたに、えー送っていただければ、どんどんシゲちゃん褒めますんで、お願い致します!

加藤 はい。

小山 以上しげほめ最終回でした。


■慶一郎の部屋

小山 慶一郎の部屋!さ、

加藤 なんの話すんの?

小山 ええとー、まあリリースされますよね「QUARTETTO」が。まあされて。まあ3月26日から、全国ツアーが始まるということなんでございますけれども、今のところのまあ、進行状況等々、含めまして、シゲちゃんから報告があれば、みたいな感じですかね。

加藤 報告?

小山 なんかこう、ここまでは進んでるよ~なんつって。

加藤 振り付け、やってる感じですかね。まあ、僕はあと、歌リハ今日やって。いい感じだな~と。聴いてもらえてると嬉しいですけどねえ。

小山 ね~嬉しいですよねえ。

加藤 うん。

小山 でも今~、CMも流れてますけれども、すごい斬新な。

加藤 ねっ!

小山 曲をなが、さず、

加藤 そうっすねえ~。

小山 まあ曲なんだけどもほぼ、踊りを見せるみたいなことなんだよね!

加藤 そうそうそう。

小山 うーん。

加藤 いやいい試みだと思います。(小山 ねえ!)かっこよかったし面白かったし。

小山 さあ、それに、加え、変ラボが!

加藤 あ~いよいよね!

小山 はい。

加藤 嬉しいですよ。

小山 4月の7日木曜日から、えー24時59分からスタートということで。

加藤 うん!ついにね!NEWS4人になってから最初のレギュラー嬉しいですね!

小山 はい。嬉しい限りだけどまあどんな実験をしていくのかという、

加藤 怖い、ところもありますけどね。

小山 いや怖いシゲちゃんが次なにを食べるのか。

加藤 いやいや小山さんがどこで裸になるのか。

小山 ほんとだねえ~。

加藤 う~ん。

小山 裸と食うだもんね私たちね。

加藤 ね。まだ言えないけどね、あるもんねまだね。

小山 あるね!

加藤 いやまだ言えないことがいっぱいあるね!

小山 あ~!いっぱいあるねシゲちゃん!

2人 いやあ~! (笑)

小山 はーい、1曲参りましょうかね、おっ!慶一郎の部屋もこれで最終回!あらららら。これは私(わたくし)、

加藤 小山さんの企画ww

小山 初耳でございますw

加藤 あらららら。

小山 までもここで、話さなくても、ふつおたで皆さん書いてくれますから、そっからね派生して、いろんなことを、発信していければと、思います。

加藤 これは?言うの?今。

小山 あもういっこ言いますか?

加藤 うん。

小山 あとあのーー、私(わたくし)、えー(加藤 私(わたくし))先程知りました。

加藤 はいはいはい。

小山 えー、NEWSの、LIVE TOUR 2015 WHITEが、あーの今年の、4月20日に、発売されることになりましたー。

加藤 はいやいやいやい。

小山 ま、いつされるのかと皆さん、待っていたと思いますけれども、

加藤 いろいろあって遅くなっちゃいましたけど。

小山 はい。

加藤 うん。

小山 まあちょうど、ライブでいうと、静岡から、福岡の間に、

加藤 うん。

小山 発売されるますね、4月20日と(加藤 イーヤ!)いうことで。

加藤 イーヤ!

小山 これもあのー、ソロのね、PVが入ってますから。

加藤 そうーっすね。

小山 うん。

加藤 まっ、あのー、初回通常盤もどっちも入ってんすけどー、

小山 うん。

加藤 初回盤はMC。

小山 うん。

加藤 通常盤は、そのソロの、ミュージックビデオの、メイキング。が入ってます。

小山 よく知ってますね。

加藤 はい。小山さんの、見てないんで僕まだ。てかみんなの見てない。

小山 俺も見てないわ。

加藤 楽しみだね。

小山 ね!

加藤 うん。

小山 その辺も皆さん、えー(加藤 はいはい。)いよいよということで。

加藤 はいはい。

小山 是非とも見てほしいなと思いまーす。ここで一曲、NEWSで「Wonder」。

♪Wonder


■エンディング

小山 さあお別れの時間ですけれども、えー、手越が自分のコーナーが最終回になったことについて、打ち切りだ打ち切りだ、ってうるさいんですがw 打ち切りではないですもんね。

加藤 打ち切りじゃないの?

小山 打ち切りじゃない。

加藤 どうしたのこんな一気に終わらせて。

小山 いやだから、あなたが、一回、原因になってんのよ。

加藤 なんで?

小山 えいやいっぱい喋るから。

加藤 でも手越は別に関係ないじゃん。

小山 手越も喋んのあの……関係ないこと。

加藤 増田だけの企画が残んの?じゃあw

小山 まっすーのは残すちょっと。ね?ちょっと様子見る?

加藤 一人だけますおことか、あま妄想キッスも手越のもんみたいなもんだもんね。

小山 ままそうね。だから、読むものはかなり変わ、減るよね。番組では皆さんからの葉書、メールをお待ちしておりますガールズトークと妄想キッスシチュエーションと、ますおこ、世間が増田についてきたですからまっすーの2個残る、まどっかで、いっごぐらい、ね、最終回にしますかね。あとふつおたの方、これもうふつおたがね、かなりこう~振り幅を、(加藤 うん。)多く持って、待ちたいと思いますのでよろしくお願いいたします。葉書の方は(略)。というわけで、今夜のお相手は、NEWSの小山慶一郎と、

加藤 加藤シゲアキでしたー。

小山 ばいばいっ!

加藤 ばいばいっ!



■こやしげちょーかわいいんだけどなんなの??なんでそんなかわいいの??ねえ??加藤さん大好き小山さんとなんだかんだ満更でもなさそうな加藤さん。ときどき入る小山さんの謙遜好きw

踵鳴らして歩きたいのすごいわかる。私もヒールある靴履いたときすっごい鳴らしたい。わかる。

ぎっくりゼウスやらびっくり背中やら笑ったw ぎっくり背中とか怖いね~どう気をつければいいのかわかんないけどとにかく気をつけようと思いました。健康大事。

しげほめ終わっちゃったの寂しいな~!変ラボは放送なさげだけどNEWSな2人はこっちでも放送あるのかな……あるといいな……。ていうか変ラボもやってよ!!

あ、NHK、って出てきたとことこふつーに聞き流してたんだけど少プレの打ち合わせとかなのかな?後々ツイッターで少プレこやしげか?みたいなツイート見てそこでやっと「あ!」ってなった。私、なんか勝手にJUMPかな~とか思ってたからまさかNEWSが来るとは思わなかった!頑張ってください。私の月1の楽しみさよなら……って思ってたけどNEWSなら見ます。でもKAT-TUN見たいけど(。´Д⊂)